FC2ブログ

2015.08.19 (Wed)


「安倍政権を潰すな」 Voice9月号


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


反日0145

 思わず拍手したくなるようなタイトルだ。
しかし、内容は間接的に安倍政権を応援する記事が並ぶ。
ボイスの商魂逞しいが、必読の書であることは間違いない。

その中で感心した所、面白かった所をご紹介すると・・・

巻頭言「国土防衛」(養老猛司)

「日本の文化では、主体を置かず、状況で動く。だから文章には主語を置く必要がない。


(中略)

戦争責任という言葉が日本でじつは意味をもたないのも、そのためであろう。
あの状況では戦うしかなかった。そう思っているから、その責任といわれても、状況に責任を負わせるしかない。では当時の状況を完全に説明できるかというなら、そんなことは初めから不可能に決まっている。だから『戦争責任があいまいだ、ドイツを見ろ』となるわけだが、欧米なら話は簡単である。『ナチが悪い』『ヒトラーが悪い』で根本的には済んでしまう。欧米全体が「主体という共同幻想」をもつからである」


(戦争を反省したドイツを見習えという主張をよく見掛けるが、ヴァイツゼッカーの名演説はヒトラーとナチスに責任を被せてドイツ国民に罪はないと言っているのである)

「安保論議がやかましい。これも状況依存の典型か。憲法第9条を拳拳服膺するかきり、自衛隊の海外派遣は違憲であろう。じゃあなぜあえて違憲の法律を作るのか。状況が変わったからだ。現に政府はそういっているはずである。
それなら今回の安全保障に関する法律を作ったのは、北京政府とイスラム国だといっていいであろう。
その背景にアメリカを加えてもいい。
国際的な『状況』が違憲を要請している。政府に『平和憲法を守る気』なぞ、そもそもない。そんなことをいうのは、左翼かぶれに決まっている。万事は状況に依存する。そう考えるのを『現実的』という」


(まことに痛快な一刀両断である。そういえば日本に初めて赴任したキャロライン・ケネディ大使はオバマ大統領に『安倍首相は右翼の歴史修正主義者というよりリアリストだ』と報告した。
今回の安倍談話もそのリアリスト振りを示した。爪を隠しながらまだ匍匐前進しているのである)

「私見だから、乱暴をいわせてもらう。日本の本土防衛はそもそも磐石である」

(その理由は、沿岸部の原発があるから、いざとなったらこの最終兵器を使えという。ベトナムもアメリカに勝ったという。日本人の覚悟を問うているようだ)

言葉や法律が国を守るのではない。国民の腹である。イラク派遣だけで自殺者が30人近くでる軍が、外地でどれだけ働けるのか。神風特別攻撃隊を銃後で送り出した世代の老人だから思う。もう一度『本気で』防衛を考えていただきたいなあ、と」

(いまの参院審議会の質疑は「言葉の定義」や「歯止め」にこだわる一方で、共産党は自衛隊が安保法制の制定を見越して訓練をしていると機密文書を公開して政府に迫った。いずれも愚挙である。
あらかじめ訓練することになんの咎があるのか)

「憲法学者の変節と無責任」(百地 章)

「説得力欠く憲法学者たちの違憲論」「小林節教授の度重なる変節」「国家観なき戦後の憲法学者たち」などのサブタイトルをご覧になっただけでも分るように、似非学者たちが日本の安全保障を危うくしている。

「集団的自衛権の解釈をやり直せ」(上念 司、倉山満 対談)

倉山
「当時、国際的に違法では無かった侵略戦争を、日本に対してのみ違法としてしまうのですから」

倉山
「そもそもおかしいのは『戦争責任』という言葉です。繰り返しますが大東亜戦争時、侵略戦争は違法ではありません」

上念
日本の戦争を『平和に対する罪』とか道徳的な悪というのであれば、連合国軍のドレスデン爆撃や東京大空襲、原爆投下は日本軍以上の犯罪です

衆院の安保法制質疑時間を野党9、与党1としたことについて・・・

上念
「明らかに異常でした」

倉山
「しかも、そうなるように仕向けたのは自民党です」

上念
「馬鹿だよね」

倉山
『私は馬鹿ではなく、自民党内に作為的な裏切り者がいる、と踏んでいます」

上念
「安倍内閣を再び潰そうとしている」

倉山
「そう、誰だって朝から一日中、辻元清美の話を聞かされたら、頭が変になりますよ」

上念
「たしかに」

倉山
「おまけに参議院ではコニタン(小西洋之・民主党議員)が待っているわけだから」

上念
「ああ、クイズ王の小西さんですね。君は一生アメリカ横断でもしてしなさい、と」


(つづく)


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

17:55  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.19 (Wed)


台湾の馬鹿総統が慰安婦問題にご執着


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日本は歴史戦に勝て!

 日本に有りもしない慰安婦問題を解決しろ(賠償金を払え)と執拗に迫るのは韓国だけかと思ったら、中国の傀儡政権である台湾の馬鹿、いや馬英九台湾総統も同じことを言い出した。
その根拠が朝日新聞の告白ででっち上げと分ってしまった慰安婦性奴隷説のクマラスワミ報告書というから呆れる。

 周到に準備された安倍談話は反日勢力を除いて世界中から評価されたが、欧米の反日メディアと中韓それに台湾がなにやら居心地悪そうにしながら安倍談話を批判している。

産経は残りの任期1年を切った馬英九氏が功績作りに慰安婦問題を取り上げたと見ているが、いまさら慰安婦問題で実績を上げられるはずはない。
安倍政権は台湾に友好的だが、それは中台を分断するためであり、韓国への見せしめでもある。
政敵の民政党も慰安婦問題にご執着のようだが、いつまでも反日プロパガンダを唱えていては世界の潮流に遅れを取ると思わないのか。

⇒産経ニュース(2015/8/)
台湾・馬総統、慰安婦問題に執着 日本の謝罪要求 レガシー作りの思惑も?


 【台北=田中靖人】台湾の馬英九総統が、安倍晋三首相の戦後70年談話を受け、慰安婦問題で連日発言し、日本政府に正式に謝罪するよう求めている
 馬総統は18日、訪台した自民党青年局一行と総統府で会談し、「慰安婦に対し明確なおわびがなかったのは遺憾だ」と述べた。その上で、「一人の友人として日本にさらなる取り組みを求める」と謝罪を促した。
 台湾当局は14日夜、総統府の報道官と外交部がそれぞれ談話を発表し、首相談話を肯定的に評価した。馬総統は翌15日、当局談話になかった慰安婦問題での要求を追加して発言。16日には、総統府で行政、立法、司法の各院長を招いて台湾人元慰安婦の記録映画の上映会を開いた。
 馬総統は鑑賞後、目に涙を浮かべながら、台湾でも慰安婦募集の強制性をめぐる議論があることについて、「そのような議論は非文明国の証しだ」と批判。慰安婦は「性奴隷だ」と述べた。ただ、その根拠は、朝日新聞が虚偽だと認めた「吉田証言」を証拠として引用した1996年のクマラスワミ報告書だった。
馬総統は93年の法務部長(法相に相当)就任以降、一貫して元慰安婦を支援してきた。総統に就任以来進めた中国優先政策に昨年末の統一地方選で強い反発が出たのとは異なり、慰安婦問題は野党、民主進歩党の蔡英文主席も関心を示している。一連の発言の背景には、野党も反対しないテーマで、残り1年を切った任期中に何らかのレガシー(政治的遺産)を残したいという思惑もありそうだ。


(引用終わり)

安倍首相は70年談話で・・・

「インドネシア、フィリピンはじめ東南アジアの国々、台湾、韓国、中国など・・・」

と台湾を中韓の先に言及して外交専門家を驚かせている。
「日米韓」の中国包囲網ではなくて「日米台」の中国包囲網ではないかと。

ZAKZAK(2015/8/18)
専門家も驚いた台湾 “厚遇” の背景 日米台による中国包囲網への布石か


 アメリカも訪米した民進党の総統選候補者、蔡英文主席を厚遇して中国を牽制している。
こうなると韓国はいよいよ置いてけ堀である。

「新・悪韓論」の著者、室谷克美氏は・・・

「韓国としては文句がつけられない内容だった。談話発表から、朴氏の演説まで1日、政府の組織を挙げて分析したはずだが、真正面から批判できなかった。
韓国は後出しジャンケンでも負けたわけだ。(中略)
すごい談話だ


⇒朴政権「70年談話」に反論できず…室谷氏「日米を刺激したくない計算も」(2015/8/18)

と激賞している。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

15:59  |  台湾  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |