FC2ブログ

2015.08.13 (Thu)


テレ朝「モニバ」100歳の元朝日従軍記者の妄言


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

戦争を煽った元朝日従軍記者が
今の日本は戦争前夜だと


テレ朝「モーニングバード」(2015/8/13)
100歳のジャーナリストが語る戦争と今の日本


反日0134

 この番組の「そもそも総研」はそもそも肩書きもなく正体不明の小生意気な感じの玉川 徹とか言うコメンテーターが主役の反日姿勢丸出しコーナーである。

反日0136

今日も100歳になる元朝日新聞の従軍記者むのたけじ氏はインタビューで・・・

反日0139


「今の日本は戦争前夜だ」

と言った。今国会で論議されている集団的自衛権は戦争前夜だそうだ。
(ちなみに「むのたけじ」で検索すると朝日新聞ご用達の語り部だということが分る)

反日0135

むのたけじ
「この70年間では日本人で戦死者は一人も出ないわけだ、戦争やらないから。外国人のだれも戦死させなかった。だからこの70年間は本当に日本の歴史の中では珍しい穏やかな状態なのです。
今ここになって国会では集団的自衛権だとかなんとか言って、もうあれを聞くとまったくの戦争の前夜ですものね。私らが知ってるあの嫌な軍国日本へ帰ろうとするのか。ここが分らないです」

玉川 徹
「私も含めて戦争の現場をまったく知らないわけです。そういう人達が色々な法案などを作ろうとしていますが、あなたは戦場を見てきたわけですよね」

反日0138

むの
「逃げていった連合軍の兵隊がインドネシアの農村集落を襲って女性を何十人、何百人ベッドの上に縛り付けて強姦していたの」

テロップは「いった」となっているが、この腹話術師いっこく堂の人形を思わせる老人は、はっきりと「居たの」と言った。

玉川
「それを見たんですか」

むの
「それを見た。そのベッドのたもとで沢山の女が泣いているのよ。そこに男が倒れてる。多分妻がね、強姦されるために引っ張られていくのを助けようとしたんでしょう。無残な姿。それが普通だっていうこと、戦場では。この話はしたことがないからいつかの記録のために喋って置きますが」


連合軍の敗残兵が逃げる途中でそんなことをしたというのか。
ずいぶん余裕があったものだ。
日本軍の後に付いていった従軍記者がそれを見たというのか。
それも疑わしい。
この記者はそれを見て記事にしたのか?
戦意高揚にまたとないスクープではなかったのか。

むの
「朝日新聞には何千人もの社員が居たが戦争が始まると誰も知らなかった」


新聞社ですら分らない、軍部が隠していたからというが本当なのか。本当だとすればずいぶん間抜けな記者だ。

自分の父は一介の地方公務員だったが日米開戦を予言していた。

反日0137

むの
「大戦争であればあるほど徹底的に秘密にされる。自分の国民を騙しに来る。戦争の準備をしてることを相手の国に知られちゃ困るわけだから。だから秘密保護法とか『秘密を漏らしちゃいかんぞ』という法律をつくるわけ」


やれやれ特定秘密保護法がここで出てくるか。

ここで一昨年、特定秘密保護法が可決したシーンのVTR!

しかし、「安保法制」という言葉は一度も出なかった!!
おそらく知らないのだろう。
テレ朝としてはぬかったのではないか(笑)

戦時中は新聞社が自主規制したという。
もしそれが本当なら今の新聞社は自主規制どころか、ちよっと政府が正しく報道して欲しいと要望しただけで言論統制だとか言論弾圧だとか騒ぎたてるのはなぜか。

いまの記者クラブは政府が秘密が漏れないように作らせたそうな。

反日0140

羽鳥慎一(司会)
「恐ろしいほど今の状況と合致しますね」


戦争を止められなかった自分を恥じて終戦の日に朝日新聞を退社したという。
戦争をとめられなかったどころか、従軍記者として行け行けドンドンと日本国民を煽り立てた事に罪を感じるべきだ。

赤江珠緒(キャスター)
「終戦の日に朝日新聞を止めたのは愚かだってと言っていたが、むのさんは自分の職業に対して誠実だったと思う。その誠実すら今の我々の世代はプロとして守っているか凄く感じる。行政と報道がちゃんと独立しているか。記者クラブはきちんと独立してチェックし合っているのか。職業としての誠実さすら守られていないんじゃないか」

玉川
「多くの日本人があの戦争の被害者だったことは間違いない。だけど戦争に向かわせてしまった責任をちゃんと問うて責任を自分に突きつけたのか。その辺がなにかドイツと日本の違うとこかなと感じた」


またドイツの日本の比較か。
ドイツ神話はそろそろ止めにしたらどうだ。

高木美保
「この方は自分自身に厳しいから説得力がある。(中略)権力から発せられた言葉に簡単に国民はコントロールされてしまう。その時に一番真実を言っているジャーナリストが一番孤立してしまう状況がある」

【むすび】日本人はみずからの戦争責任を問うべきでは

玉川
「反省することは自虐ではないと思う。反省しても日本人の誇りなんてなにも傷つかないと思う。
これが100歳の本当に戦争を生き抜いてきた人の真実の声だと考えて、もう一度彼の言葉を噛み締めたいと思います」


 ここまで来て初めて気付いた。
この番組は明日の安倍総理70年談話への牽制だと。

残念ながら安倍首相は圧力に屈して明日、「侵略」「反省」「謝罪」の言葉を口にするようだ。
できるだけトーンダウンさせるとは思うが、これも匍匐前進の故とあきらめるしかない。
とにかく在任中に憲法改正への道筋を作っててくれればよい。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

23:49  |  安倍談話  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.13 (Thu)


ルーピー鳩山が韓国で土下座したワケ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


反日0133

必読!百田尚樹「大放言」

 最近、こんなに面白い本は読んだ事がない。
百田尚樹氏の新著「大放言」は痛快であり傑作である。
⇒アマゾンでベストセラー1位である。

 以前から「言葉狩り」はあったが、特に最近の「言葉狩り」は目に余るものがある。
その多くは安倍政権の打倒を狙う反日メディアである。

 百田氏は最近では「文化芸術懇話会」の講師として招かれて「沖縄の2つの新聞は潰さねば」とジョークめいて言ったのを盗聴されて大バッシングを浴びた。
沖縄タイムイムズと琉球新報の偏向左翼新聞の実情を知っている者にとって全然問題のない発言である。
百田氏は後に沖縄2紙より朝日新聞を潰すべきだと言った。
これも正しい。
「放言」というより「正論」である。

言葉狩りとは発言者の文言の一部だけを切り取って、文脈を無視して読者にアピールし誤解させ、世論を誘導するデマゴーグ行為である。

朝日新聞、毎日新聞、東京新聞と関連テレビ、NHK、大部分の野党、学者、評論家などが常套手段として使う。

百田尚樹氏はその犠牲者の一人だが、至って意気軒昂、「大放言」を著した。

その一部を省略化してご紹介すると・・・

「日本は韓国に謝罪せよ」では日本が行なった悪として・・・

●教育の破壊・・・朝鮮に勝手に学校を作り無理矢理勉強させた。
●伝統文化の破壊・・・階級社会・身分制度を残虐な刑罰を廃止させた。長年正しいと思って施行してきた制度を勝手に廃して伝統を破壊した。
●自然の破壊・・・国土のほとんどの禿山に6億本の木を植えて勝手に日本風の景色にしてしまった。ダム、鉄道、橋、防波堤を作り、病院、下水道施設まで頼まれもしないのに整備した。
ヨーロッパ諸国はそんな事をしなかったので、今でも多くの国から恨まれていない。


などなど。

NHKの経営委員会のメンバーであったことから、中立公正な(これも大嘘なのだが)NHKの委員として不適切だと大バッシングを受けた。
しかし、その百田氏は委員会で大越キャスターの・・・

「在日韓国人、朝鮮人一世は強制連行で日本に連れて来られた」

という、かの有名な虚言を問い質した。
そのせいかどうか、大越キャスターは番組を降りた。

けっして放言ではないのである。
しかし、百田氏の放言(至言)を心良く思わない人間が山ほど居る。

その証拠にアマゾンの⇒カスタマーレビューでは今現在、「星5つ」が7人、「星1つ」が8人で賛否両論、大きく分かれている。

そのコメントの内容をざっと読むと、反対のコメントは「下品」だとか「大暴言」だとか集団ヒステリーを起こしている。
これ程までに必死に百田氏を叩こうとする連中はよほど心の余裕を失ったものと見える。

百田氏の放言の効果大である。

 ルーピー鳩山が韓国で土下座した。
腹が立ってブログで取り上げる気もしない。
いや、百田氏のこの本の上記の部分を読んで懺悔する気になったのであろう。

こんな時は「大放言」を読んでカタルシスを味わう事が最良の対暑法である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:25  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |