FC2ブログ

2015.08.04 (Tue)


礒崎氏更迭なくば内閣の責任だと岸井成格氏


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「強まる国民の危機感」と煽るTBS「NEWS23」
「気鋭の憲法学者」に批判させるテレ朝「報ステ」


 「おそらく今夜、TBS『News23』の岸井成格や、テレ朝『報ステ』で古館伊知郎や雇われコメンテーターたちが厳しい安倍政権批判を展開することだろう」

と昨日の昼間予測した通り、二つの反日テレビ番組は反安倍政権をあらわにした。

TBS「News23」(2015/8/3)
強まる国民の危機感


TBSのタイトルは「強まる国民の危機感」だ。
安保法制に反対する若い学生達のデモ。
自民党の武藤議員の「だって戦争に行きたくないじゃん」は利己主義だというツイッターとフェイスブックを紹介。

ナレーション
「武藤氏の発言に野党側は一斉に反発」

枝野民主党幹事長
「こうした強権的あるいは上から目線の姿勢というものが、自民党は総裁から2回生の若手に至るまで徹底している事が次々と明るみになっていると思う」


言論に言論で戦うのは民主主義社会である。
「強権的」とか「上から目線」などというレッテル貼りで自由な討論を押さえ込もうというのは、さすがに革マル派と深い関係にある枝野氏らしい。

JNNの世論調査で「安倍内閣を支持しない」が「支持する」を逆転したと伝えた。

反日0080

岸井成格
「そうですねえ、安保法制に対して反対するデモ、そして学者、学生。それからママっていうのがありましたけど、そして高校生がね、反対の声がずうっと広がって来てるんですよね。そして強い危機感を感じるんですね。恐らく数字はそういう声を反映したものでしょうね」

膳場貴子アナ
「はい」

岸井
「やっぱり説明になってないですね。私が聞いていると釈明にも謝罪にもなってないですよ。言い方を間違えた、或いは誤解を与えたとそんな事で通る話じゃない、中味はね。立憲主義ちゅうことは聞いたことも無いとかね、習った事が無いとか、憲法の解釈を変えることは憲法違反とは聞いたことが無いとかね。どうも礒崎さんの話はこれまでずうっと講演でもツイッターでもフェイスブックでも憲法をどうも軽視している。
それが一貫して感じられる本音じゃないのかと受け取られる。
そこが問題なんです。最大の。
これはもう私はこういうことではないかと思うんですよねえ」


反日0079

岸井
「辞任、更迭なければ、内閣の責任に直結しますよということなんですよね。
自民党は今日の釈明で幕引きを図りたいというのが良く分るんですよ。おそらくそうだと思うんです。
でもそうはいきませんね。先週から繰り返し述べてきた事なんですけども、磯崎補佐官だけでなく、内閣の姿勢が今問われているわけですから、このまま辞任もしない、更迭もしないとなれば、任命責任だけではないですね。
内閣そのものの責任が問われる。そういう事態だと思います」


野党に対する最大の援護射撃である。

テレ朝「報ステ」は冒頭、司会の古館伊知郎が冒頭・・・

古館伊知郎
「だけどこの方、まだ本当に法的安定性、関係ないと思ってんでしょうかねえ、なんて決め付けちゃいけませんね」


と言った。
古賀茂明との生放送内ゲバ事件以来、古館アナはいつもこういう言い方をして逃げ道を作っている。

反日0081

この日のゲストコメンテーターは木村草太首都大学東京准教授。
「気鋭の若手憲法学者」だそうだ。
安保法制案と礒崎発言を批判した最後に・・・

木村草太
「これからもこういう発言続くと思いますね。今の法案をこのままの答弁で維持しようとする限り」

古館
「そうですか!」


と、この夜も嬉しそうな古館伊知郎であった。
しかし、国際政治に疎い憲法学者のたわ言など真に受けていたら日本は中国の属国になることは間違いない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:19  |  新安保法案  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.04 (Tue)


安保法制賛成派がフルボッコの怪


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

左翼ファシズムが覆う日本

 いい年をした男が「小木ママ」なんて呼ばれて、オネエ言葉を使ってテレビで得々と教育論をぶっているのは日本ぐらいのものだ。
巨体のマツコデラックスとミッツマングローブぐらいは言うことにセンスがあるから許すが、トランスジェンダーを売りにしてテレビで稼ぐ事ができるのは日本ぐらいのものだ。
いまやお笑いタレントの一員として日本人の劣化に手を貸している。

 許せないのは真黄色の髪をしたキモチ悪い三輪明宏。安保法制に反対だと政治的発言をしている。

さて元に戻って小木ママこと尾木直樹。

 自民党の武藤貴也衆院議員が反戦デモを行った学生集団を「だって戦争に行きたくないじゃん、というのは極端な利己主義だ」と批判したことにブログで反論している。

最近は安保法制賛成派に対する反対派の攻撃が止まない。

芸能人のつるの剛士が、ツイッターで次のように呟いたら反対派の大バッシングを受けた。

「『反対反対』ばかりで『賛成』の意見や声も聞きたいなぁって報道やニュース観ていていつも思う。賛成派だって反対派だって平和への想い、戦争反対の想いは同じ。大切なコトたからこそ若い子達だって感情的、短絡的な意見にならないために色んなこと公平に一緒に考えたいよね」

つるの君は賛成とも反対とも言っていないのにこの始末だ。

今日、NHKニユースで菅官房長官が沖縄の基地移設工事を一ヶ月中止して、翁長県知事と話し合うと伝えていた。
インタビューで聞かれる街の声は、「ほっとした」「中止して当然だ」「移設には反対だ」と反対派の声ばかり。
賛成派の声も聞きたいなあとPonkoだって思う。
それが自然だ。

原発再稼動もそう。
反対派の声ばかりで賛成派の声は聞こえない。

ということは、今や民主党、反日メディア、リベラル左翼のファシズムが日本を覆っているということである。
いったい何時になったら日本は70年前には持っていた正気を取り戻す事ができるのだろうか。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:23  |  新安保法案  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.04 (Tue)


民主党 言葉狩りはいい加減にやめろ!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


「戦争に行きたくないは利己主義だ」 は正しい


 自民党の武藤貴也議員が安保法制に反対する学生をツイッターで批判したと野党や反日メディアが騒いでいる。
シールズという怪しげな団体(大手ブログがその正体を暴いている)が安保反対デモで「戦争に行きたくない!」と叫ぶのは利己的だと言ったのは正しい。

 もし戦争が起こり、祖国や愛する家族の生命が危うくなれば、立ち上がって戦うのは男の使命だろう。
戦後教育はこのような祖国を愛する自然の感情や自己犠牲の精神が芽生えことを阻止してきた。
占領国アメリカにとって不都合だったからである。

ところが、反日メディアのひとつである毎日新聞は昨日と今日、同じ記事を2回も手直しして報じた。

⇒毎日新聞(2015/8/4)
自民議員:学生を非難 「戦争行きたくない」は利己主義 「圧力」発言の勉強会出席



⇒毎日新聞(2015/8/3)
自民党:武藤貴也議員、安保反対学生をツイッターで非難


同じく反日メディアの共同通信も・・・

⇒共同通信(2015/7/3)
「戦争反対」は利己主義? 自民議員が若者団体批判 
 

 民主党の枝野幹事長と維新の党の柿沢幹事長が武藤議員の発言を批判し、国会で問題にするという。
これこそ彼等がよく口にする「言論弾圧」ではないか

そして、何よりシールズの若い学生が馬鹿なのは、当ブログでも指摘したように、安保法制案は戦争するためではなくて、戦争しないための法案であるから、戦争が怖いなら賛成すべきだということだ。

同じことをネット情報に詳しい木走正水氏がブログで書いている。

BLOGOS(2015/8/3)
「高校生のみなさん。徴兵制に反対なら安全保障関連法赤に賛成すべきでは」


「永世中立国」のスイスを例に取り、スイスには徴兵制があり国民皆兵制を国防戦の基礎としていると説く。
自宅に武器を用意し、核シェルターがある。
他国が侵略してきたら国民が全員で戦うのである。
「戦争怖い」などと言っておれない。

なぜならスイスは集団的自衛権を採用せず、完全な個別的自衛権で国を守ろうとしているからである。
スイスのパンが不味いのは、今年採れた麦は非常時に備えて備蓄し古い麦でパンを作っているからだ。

徴兵制の是非を問う国民投票では、有権者の73%が徴兵制の廃止に反対したという。

高校生のみなさん、まずいパンを食べて徴兵制に賛成し、いざとなったら国民全員が命をかけて戦う集団的自衛権のないスイスがいいか、それとも美味しいパンを食べて、徴兵制も無く、自衛隊に国を守ってもらうのがいいか、
良く考えてみよう。

・・・という要旨である。

もちろん、自衛隊に国を護ってもらうためには、自衛隊員の命を尊ぶネガティブリスト方式を採用し、万一散華した場合は英霊として靖国神社に祀り、その名誉を未来永劫讃えなければならない。

来年から選挙権持つ若者達は冷静に判断して行動して欲しい。
反日野党や反日メディアの言動に騙されてはいけない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:31  |  新安保法案  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.04 (Tue)


礒崎氏再招致?馬鹿な!仕事をしろ!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

自公の溝深まったと毎日新聞

 反日メディアの毎日新聞は、礒崎陽輔補佐官の陳謝で収まった国会を再び混乱させようとして、公明党は礒崎氏続投に反対している、自民党の谷垣幹事長も不快感を示している、自民・公明の溝が深まった、野党は再招致を求めているなどと報じた。

⇒毎日新聞(2015/8/4)
礒崎補佐官参考人招致 続投、与党の溝深まる


「与党の公明党内では『首相や法案が大事なら礒崎氏は早く辞めるべきだ』(幹部)と反発が収まっていない」

「公明党幹部は『これは公明党を取るか、礒崎氏を取るかという話だ。首相が礒崎氏を守ったということは、公明党をないがしろにしたということ。我々はお膳立てした。野党は首を取りにいくべきだ』と踏み込んだ」

自民党も一枚岩ではない。谷垣禎一幹事長は3日午後の記者会見で、礒崎氏の質疑について『きちっと釈明して、しっかり対応されたと思う』と評価したが、参院中堅は『今日辞めれば、野党も攻めどころを失ったが、明日になると首相が集中砲火を浴びてしまう』と今後の審議への影響を懸念した」

「野党各党は、礒崎氏が続投の意向を表明したことに一斉に反発した。特別委終了後の理事懇談会で、野党側は『過去に膨大な暴言がある』(北沢俊美筆頭理事)などとして、礒崎氏の参考人招致を再び要求。礒崎氏の辞任を求め続け、首相の任命責任も追及する姿勢で足並みをそろえた」


(引用終わり)

自民や公明の一部議員の声を名前を伏せて取り上げ、扇動する毎日新聞。

消えた小火に再び油を注いで国会を混乱させ、参議院での安保法制案の審議を妨げようとする毎日新聞の魂胆がみえみえである。

巧みに民意を誘導して国会を混乱に導こうとする毎日新聞は反日勢力のひとつであることを証明している。

安倍首相は民主党と反日メディアの世論誘導をものともせず、粛々と安保法制案の成立を急ぐべきである。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:14  |  新安保法案  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |