FC2ブログ

2015.07.28 (Tue)


対案「出さない」のではなくて「出せない」民主党


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「顔を洗って出直して来い」と居直った細野氏
「自民は対案を出せ出せというな」と岡田代表


 26日のNHK日曜討論のやりとりの一部を当ブログでご紹介したが、そこで自民党の稲田朋美政調会長は繰り返し民主党の細野政調会長に対して対案を出せと要求した。
これに対し、細野氏は出していると嘘をついた。
さすがに反日NHKの司会者も、「(法律として)国会に提出していないでないか」と細野氏をたしなめた。

⇒自民稲田氏 対案出せと民主細野氏に迫るNHK「日曜討論」(2015/7/26)

 ところが日曜討論で稲田氏に論破された民主細野氏は今日の記者会見で対案を出せというのはお門違いであり、自民党(稲田朋美政調会長)は顔を洗って出直して来いと開き直った。
なんという無礼で愚かな民主党議員であることよ!

 産経ニュースは21日の記者会見で細野氏が対案を出すといったので1週間で変節したと報じているが、19日のNHK「日曜討論」でも対案を出すと言っていたので僅か2日間で変節したのである。

 礒 崎陽輔首相補佐官の問題発言と文部科学省の担当局長が事実上更迭されたことで下村博文文部科学相の責任問題を追及するという。
衆議院のときとまったく同じで、参議院でもまたまた横道にそれたテーマで政府与党の責任を追及しようとしている。
対案は出さない上に、安保関連法案に関係のないところで政府の責任を追及するという国会戦術は決して国民の理解を得られるものではない。
マスメディアがこの民主党の失態を正しく国民に伝えればの話だが。

⇒産経ニュース(2015/7/28)
朝令暮改? 民主・細野氏「『対案出せ』はお門違い」
「顔を洗って出直してこい」…1週間で発言変更


 民主党の細野豪志政調会長は28日の記者会見で、安全保障関連法案の対案について「政府は憲法違反の法律を出している。その部分で対案を出せというのはお門違いも甚だしい話だ。顔を洗って出直してこい」と述べた。
 細野氏は会見で、民主党が唯一の対案として国会提出した領域警備法案に加え、政府が今回大幅に改正する国連平和維持活動(PKO)協力法と周辺事態法の3法に言及し、「わが国の安全保障環境に従い、これらがトータルに確保されることが必要だと思っている」とも指摘した。
 細野氏は21日の記者会見で、「対案をまとめるのか」との質問に対し、「そういう思いを持っている」と語っていた。
1週間で発言を変更した形だ。
 細野氏は会見で、安全保障関連法案に関し「法的安定性は関係ない」と発言した礒崎陽輔首相補佐官について「政府の見解と真っ向から対立する見解で、政府の役職としては不適切。お辞めいただいた方がいい」と強調。
新国立競技場建設問題をめぐり、文部科学省の担当局長が事実上更迭されたことについても「責任を官僚になすりつけるのは明らかにおかしい」として、下村博文文部科学相の責任問題を追及する考えを示した。


(引用終わり)

民主党細野氏の「対案は出さない」という開き直りは岡田代表の次の発言で党としての方針であることが分った。
また、NHK「日曜討論」で、細野氏は「戦術レベルの話」だと自民稲田議員に対し、意味不明な釈明をした。
その意味は次の岡田民主党代表のブログ記事で判明した。いつ対案を出すかは「国会戦術だ」というである。
一方で、岡田氏は対案は出したとまたバカな事を言っている。
稲田氏維新の党のように法律として出せと言っているのである。

また、「集団的自衛権に反対だから対案を出さない」というのは理屈に合わない。
NHK日曜討論で稲田朋美政調会長が民主細野氏に迫ったように集団的自衛権に反対ならば個別的自衛権で日本を守れるという事を実証しなければならない。
しかし、だれが考えても稲田氏の言うとおり・・・

「周辺事態法を改正すると言うが、周辺事態法は後方支援であり、後方支援でどうやって日本の国民を守る事が出来るか」

という疑問に答えなければならない。

⇒BLOGOS(2015/7/27)
岡田克也
民主党の対案─4月に考え方は出した、批判だけというのは間違い


 月曜日(27日)から、いよいよ場所を参議院に移して、安全保障法制の議論が始まりました。これから約2カ月、熱い夏を過ごすことになるだろうと思います。
国民の皆さんの関心も極めて高くなっており、かつ政府は説明不十分と、8割の国民の皆さんが言われているなか、是非いい議論を期待したいと思います。
民主党も、衆議院でもそうでしたが、何が問題かということを論理的に、しっかりと議論していきたいと思います。

衆議院の審議で明らかになったことは、あまりにも政府・与党側が準備不足、いろんな質問に答えられない、あるいは議論が二転三転するということです。
総理が2つの事例として取り上げた、ホルムズ海峡の機雷掃海の問題が、「これは典型的な例ではない」ということになってしまったり、そして、委員会の審議が終わったあとで、イラク特措法に基づく自衛隊の活動、特に陸上自衛隊の活動についての報告書が公開されたり、非常にちぐはぐぶりが目立ちました。
ちなみに、航空自衛隊のイラクにおける活動については、いまだに報告書は出されていません。

 そういう中で、与党のほうは、民主党には対案がないということを集中的に攻撃しています。先般のNHK「日曜討論」でも、自民党の稲田政調会長はそのことを強調されていました。
そのことについて、一言申し上げておきたいと思います。
まず、我々の「対案」ということに意味ですが、「考え方」という意味では、すでに4月に我々の考え方は出ています。したがって、対案なく批判だけしているというのは間違いです。

(Ponko注: 「考え方」ではなくて維新の党のように法案として出せと言っているのである)

周辺事態法についても、PKO法についても、我々がどう考えるかということは、その中に明らかにしています。
第2に、しかし集団的自衛権の行使に関しては、我々は対案を持ちません。それは、集団的自衛権の行使が違憲の疑いが濃いということで、我々は基本的に個別的自衛権で対応する、あるいは周辺事態法で、自衛権の行使に至らない、後方支援で対応するということにしているからです
したがって、この部分について、当然のことながら対案は作ってありません。

それは当然のことで、対案があるということは、集団的自衛権の行使を一部認めるということですから、私たちはそういう立場には立っていないということを申し上げておきたいと思います。
周辺事態法やPKO法に関しては、「考え方」が4月にまとまり、法案化の作業も粗々整ってきています。
したがって、必要があれば、いつでも提出できる状況に来ているということも申し上げておきたいと思います。
ただ、それを参議院の委員会審議の冒頭から提出するということは、私は避けるべきだと考えています。

まず、国民の皆さんの8割が、政府の説明は不十分というなかで、しっかりと政府案の疑問点、問題点を指摘し、議論するということが、我々野党に求められた役割だと考えるからです。

 したがって、最初からPKO法や周辺事態法の対案を出すということはありません。今後、参議院で議論していく中で、タイミングを計るということになります。
これは、もっぱら国会戦術上の問題でもあり、先般のNC(『次の内閣』)において、私、参議院議員会長の郡司さん、特別委員会筆頭理事の北澤さん、細野政調会長、高木国対委員長、この5名に出すか、出さないか、出すとしたらタイミングをどうするかということは、一任を受けました。
これは党として決定したことです。したがって、早く出せとか、出さないとか、そういう議論は党の中で、個人的なご意見はあるかもしれませんが、すでに方針は党として決定している、その方針に基づいて、粛々と対応していくということは申し上げておきたいと思います。

 いずれにしても、「対案」を出せ、出せということしか言えない政府・与党は非常に残念に思います
まずは、政府が責任を持って出した法案を、きちんと説明しきる。聞かれたことにきちんと答える。「そんなことはありません、リスクは高まりません」ということで強弁したり、答弁が二転三転したりする、そういう姿勢を国民の皆さんは見ていて、政府の説明は不十分と言っておられる。
何も分からないで言っているのではなくて、安倍総理はじめ政府の答弁をしっかりと見たうえで、不十分だと言っておられるということを、総理をはじめ政府側もきちんと認識されたほうがいいと思っています。


(引用終わり)

岡田代表はやはり政治家として失格である。
ましてや党代表などとは・・・まあ民主党だからアリか。
何せ日本に攻め込んでくる外国の軍隊に対して、警察力(海保)で対応すればいいと発言するぐらいだからである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:26  |  新安保法案  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.28 (Tue)


民主蓮舫議員も生理的に嫌いだ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


民主が共産に接近、公明が政権離脱のいい噂

 好き嫌いで政治家を評価するはいけないと承知の上で、Ponkoの直感を申し述べれば、前記事の自民党野田聖子議員と同様に、その喋り方に生理的な拒否反応が生じるのが民主党の蓮舫議員である。
何か芝居じみて嘘を感じる。

 しかし、それは先入観であり、本当は発言者の立ち位置や発言する内容が問題なのかもしれない。
例えば蓮舫議員が自民党員で安保法制案に賛成の演説をしている所を想像すると、許せてしまう自分が少しある。

とはいえ、いま蓮舫議員は先頭に立って日本の安全を守る安保関連法案に反対しているから叩かなければならない。

同じ女性議員でも六法全書を机の前に置いて官僚や野党や反日メディアと戦っている弁護士資格を持つ稲田朋美政調会長とは雲泥の差がある。

蓮舫議員は国会での発言振りを見ていても余りにも芝居染みており、稚拙なアジテーターとしか見えない。
それを下品にしたのが同じく民主党の辻元清美議員である。

蓮舫議員は市民を装う過激左派のデモ活動に参加して「憲法9条のお蔭で日本は平和を保ってきた」とアジり、空想的平和主義の愚かさを露呈した。

 民主党は共産党との連携を強めようとしている。
マルクスレーニン主義の共産党は表向き市民の顔をしているが、暴力革命の狙いを秘めた革マル派や中核派等の所謂極左暴力集団といまだに縁を切っていないために、公安調査庁の監視対象であり、破壊活動防止法による調査監視団体に指定されている。

ニコ動でその点を指摘された共産党の小池晃氏が「公安監視対象団体なのかって、何が言いたいわけ?そういうふうになったらマズイわけ?」とブチ切れた。

 民主党がテロ組織と認定された共産党に近づき、一方で公明党が(似非)平和主義の創価学会から突き上げを食らって政権離脱の噂があり(政権与党の味を占めたコバンザメが離脱するとは思えないが)、段々政界も分りやすくなって来るのは大変いいことである。

⇒「皆さんと平和守る思い、憲法守る思いを共有する」国会包囲行動で蓮舫代表代行

 蓮舫代表代行は26日午後、市民団体が呼びかけた「とめよう!戦争法、集まろう!国会へ!7・26国会包囲行動」に参加し、民主党を代表してあいさつした。

国会正門前に設けられたステージに上がった蓮舫代表代行は、「『戦争法案絶対反対』今日はこの思いで一言だけごあいさつさせていただく。暑い1日になったが、この国会を取り囲む若い方、現役世代、戦争経験者、多くの国民は、今日の暑さよりも怒りと熱い思いを持っているのではないか」「70年前の今日のポツダム宣言の勧告を聞かなかった政権は、8月6日の広島、9日の長崎、そして15日。どれだけ多くの国民の命を失い、先輩たちが信じられない苦労をして日本を立て直した。

戦後世代の私たちは空気のように平和を抱きしめている。この平和を守り続けてきたのがまさに憲法9条だ」「いよいよ明日から参院での審議が始まる。われわれは過半数にはいかないが、皆さんの声や後押しがあれば、声を力に、極端な話、今の内閣支持率をひと桁にしたら絶対にこの法案は廃案になる。あらためて徹底抗戦を誓い、皆さんと平和の思い、憲法を守る思いを共有したい」などと力強く訴えた。(本文は民主党HPより転載)

(引用終わり)

コメント欄はこの演説を揶揄するコメントで一杯だった。
その一部ご紹介すると・・・


>今日の暑さよりも怒りと熱い思いを持っているのではないか。

まさか、赤ん坊や幼児を連れた母親は来てなかったでしょうね?
もし、そんな人が来てたらきっと注意しますよね、蓮舫さんなら」


>戦後世代の私たちは空気のように平和を抱きしめている。この平和を守り続けてきたのがまさに憲法9条だ

さっさと共産党に合流してください
そのほうが国民にわかり易い

●憲法九条の成立に唯一反対した共産党に、何故、合流?
御都合主義の変節漢仲間って事?

●大風呂敷も結構だけど、内閣支持率をひと桁にしたら廃案にできるなんて威勢のいいこと言われても、、肝心の御当人達が相変わらず政党支持率ひと桁未満の有様じゃね~。

●貴女とは何も共有したくないですよ。
おそらく大多数の日本国民がそう考えています。

>われわれは過半数にはいかないが、皆さんの声や後押しがあれば、声を力に、極端な話、今の内閣支持率をひと桁にしたら絶対にこの法案は廃案になる。

それで創価学会への揺さぶりですか?
恥も外聞もプライドもないのですね。
やっぱり民主党とは何も共有したくありませんね。

●憲法を守れば現状の平和が維持される理由と根拠を知りたいよ。

現行憲法を守っているけど、中共はA2AD戦略で島嶼を少しずつ切り取っていく
現行憲法を守っているけど竹島は韓国に攻めとられた
現行憲法を守っているけど、北方領土は占領されたまま定着した

歴史を軽く見ただけでも、現行憲法の理想主義的側面は現実に負けてる。
戦後の平和と言うけど実際は、最初から負けるよりほかない、国際紛争を直視してないだけですぜ。

●憲法9条が有効で、自衛隊がなく、日米安保条約も発効してない時期があった。

竹島が韓国によって不法占拠された時がそうだ。
日本人抑留者3929人、拿捕船舶328隻、死傷者44人という被害を出したわけだが、
なぜこのとき、憲法9条はこの漁民らの命を守らなかったのだ。
憲法9条が日本の平和を守ってきたというなら、きちんと説明があるべきだ。
島根漁民の命と財産は、守るべき日本のうちに入っていないということか。
じゃあ9条が守ってくれる国民とは、いったい、どこのどなた様なのだ。
私と私の家族は、その範疇にはいっているのか。
民主は、きちんと答えるべきだ。

●廃案にして、安全保障はどうするのか、反対だけして、後は知らん顔、
中国の挑発には、どう対処するんですか。
それで、日本の国民の生命・財産・領土・領海は、本当に守れますかね。
また、在外邦人の保護は、どう対処するんですかね?
民主党の主張は、理解不能で、日本の為、国民の為が、嘘っぽく聞こえます。


>この平和を守り続けてきたのがまさに憲法9条だ

さすが第二共産党。
本気で思ってるのなら国会議員失格。
ウソと知っていて言ってるのなら詐欺フェストの延長、これぞ民主党。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:28  |  バカ女シリーズ(続)  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |