FC2ブログ

2015.07.19 (Sun)


TBS「サンモニ」日本は過去の韓国に近づいていると姜尚中氏


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

韓国の朴軍事政権に近づいていると暴論

毎度お馴染みの日曜朝のTBS「サンモニ」
今後数年も経たないうちに彼等コメンテーターの言い分が正しかったかどうか明らかになるだろう。

TBS「サンモニ」(2015/7/19)
新国立競技場 "白紙"
建設計画を見直し


 安倍首相の新国立競技場の見直し発言を捉えて責任問題を追求する寺島実郎センセイ、気持ち悪い猫撫で声の姜尚中センセイ、なんたらオバちゃん党の谷口真由美准教授。
いずれも責任者の追及、辞任を求めていた。

「儲からないとやらないよという人達が取り巻いてる」(寺島)

だからと言ってゼネコンは利益を無視してやれと記者会見で発言した建築家の安藤忠雄氏も無責任だ。

「然るべき人が謝罪を表明するか辞意を表明しなくちゃいけない。これをそのまま許すということは、安保法制と同じで、いったん戦争やってしまえば歯止めが効かなくなるということは当然誰でも予想できる」
(姜)


なんで安保法制にこじつけるの。

「国際公約も白紙に戻せるのか。原発も辺野古もそうなのか。白紙に戻すなら、みなさん早く全員辞めた方がいい」(谷口)

関口宏(司会)
「(新国立競技場の)この問題はお金で解決着くんですよ。次にお伝えしなくちゃいけないのは命の問題だと僕は思っております。コマーシャルの後に・・・」

「サンデーモーニング!♪♪」

安保法制衆院通過
与野党の攻防参院へ


特別委員会の採決、本会議の採決、反対する野党党首の演説、国会を取り巻く反対デモ等々、見飽きたVTRを見せた後で・・・

目加田説子(中央大学教授)
「安倍さんは国民の理解は深まっていないと言うが、むしろ逆で、国民は今回の法案の本質を見抜いていると思う。つまり憲法をなし崩しにする非常に怖いものだと良く分かっているからこそ、これだけ反対の街の声が上がってきている。60年安保に比べてたいした数ではないと麻生さんや谷垣さんは言っているが、私の実感としては若者は変わってきたなと思う。年配者の上から目線で今の若者は政治に関心が無いと批判しているが彼等自身が現状に危機感を抱いてSNSを使っているのが明らかな変化だ」


 当時はSNSなどなかったのだから比べるのは無理だ、それでもこの程度だ。
Ponkoは当時60年安保闘争で亡くなった樺美智子さんに同情したプチ左翼だったが、あの頃に比べれぱネットワークが発達した現在、今回の反対運動は比較にならないほど小規模である。
反日メディアが大袈裟に取り上げているだけである。

 石井孝明氏は⇒「異様な安保法制反対デモ、『笑劇』の現場」で、反対運動が労組などの左翼組織が中心で、しかも老人が多いと指摘し、同時に若者代表「シールズ(SEALDs」の正体を暴いていた。
民主党の枝野幸男幹事長もその仲間だと。

姜尚中
「これは立憲主義、民主主義、戦後時代の存立危機事態だ。国内の存立危機事態はクーデータだ。韓国ではクーデターを起こして軍部が憲法に違反したことを勝手にやってた。
僕も70年代、日本はいい国だナアと羨ましがってた。(今は)段々韓国に近づいていて、それでいいんですかと。
韓国は25年かかって、あれだけの血を流して民主化を勝ち取った。
日本は逆になっている。あれだけの敗戦でこれだけのものを築いて来たけれども、段々韓国に近づいてくる。もっと言えば中国に近づいている。
国民に何が出来るかとなると、やっぱり抗議の意志を明らかにするしかない。
今回のことは対米公約をありきにして、国内は消化試合だという姑息な手段を取った。
安倍さんは堂々と集団的自衛権は必要だから憲法を改正しようという議論をすれぱ良かった。
日米安保なしで日本は平和を維持できるのか出来ないのか明確にビジョンを戦わせればよかった。
残念で仕方ないのは段々かつての韓国に近づいているということだ

日本が過去の韓国に近づいているなどと日本をバカにするな!

寺島実郎
「私が気になるのは、いま日本が決めようとしてる事が21世紀の世界秩序に貢献できる事なのかと。むしろアジアに紛争の要素を持ち込んで大きな外交構想、つまりアジアを安定した構造にしていく、束ねていく構想力を見せることなしにこういうことでもって興奮してると
 敢えていいたいのは自民党もさることながら、野党第一党の迷走ということでボク申し上げたいんだけども、要するに手続き面では反対してるように見えるけれど、対案について国民に見せてない。
例えば沖縄についても自分達が政権取ってた時にこだわって、辺野古しかないという側に立っているわけですよ、民主党の首脳部はね。さらに加えて集団的自衛権についてもほぼ自民党がいま考えているのと同じような枠組みで物を考えている人が民主党のかなりの部分に存在してるわけですよ。
そういう意味で政党として国民にこういう選択肢が日本にはあるんだぞという事を見せる事が野党の大きな役割であって、ここまで見えない構造になっている理由はそこにあるんだという事をボクは言って置きたいですね」


 寺島センセイ、珍しく民主党批判。
しかし、ルーピー鳩山元首相の外交ブレーンとして、「日米中正三角形論」をルーピーに吹き込み、ヨーロッパのユーロ共同体に対抗してアジア共同体を提唱した寺島センセイらしい。


関口
「反対してる人が増えていることを政治家が掴み取れていないのかな」

谷口真由美
「そうですね。風が読めてない気がするんですね。国民の理解が進んでないと首相みずからが仰ってたけど、国会の議論を聞いていても質問と答えになってない。聞いてても分らない。浜田委員長がすごいずるいと思ったのは強行採決した後に10本束ねるのはと仰った一つ当たり10時間だ」


 これについてはNHK日曜討論で自民党高村正彦副総裁が10本束ねたと言うが、既に決まっていたものの部分的な変更だと説明していた。

岸井成格(毎日新聞特別編集委員)
「とにかく強行採決は戦後の立憲主義を壊すもので、憲法違反の疑いが濃い法案を国会が強行することなど普通ありえない。なんでどんどんこうやっちゃったのかと言うと、まだまだ本当のことは言ってない。だからQ&Aが成り立たない。
それが参議院に審議が移って何が本当の目的か、何でアメリカを優先しちゃったのかということをキチッと議論すべきだと思いますね」

関口
「ホントのことが言えないから何か誤魔化し誤魔化しという風に見えるんですね」


この番組でも中国の脅威という声はひとつも上がらない。
誤魔化している。


反日0046

この後、左翼作家の澤地久枝、鳥越俊太郎、上野千鶴子、小林よしのり、元陸自隊員、三輪明宏、浅田次郎、宮崎駿などの反対意見を紹介。
日本を戦争に巻き込もうとするこの人達の名前を忘れずに覚えて置こう。


反日0047

最後に岸井成格センセイの「戦争法案だ」「創価学会の反対が強い」という有難いご講義があった。

寺島センセイのダメ押し。


寺島実郎
「基本的な世界観として中国の台頭をアメリカと連携して抑えようという枠組みの中からこういうことを仕掛けようとしているのだと思うんだけども、そのことの限界は、経済的には中国との貿易だとか投資だとかの関係で日本経済が生きてる。微妙な関係の中で、アジアの中で日本の安定勢力としての役割ってものをしっかり描いていかなきゃいけない賢さが今問われてるわけですよ。
ですから今我々が知恵を持って立ち向かうべきテーマがずれてますよって事は言いたいですね」


中国と仲良くしていきましょうという時代錯誤、国際状況の変化に目をつぶるセンセイである。

姜尚中
「参議院は6年間保障されているので党議拘束を外すべきだ。一政治家として自分の個人信条に従って一票を投じて欲しい。ひとりひとりが何のために政治家になったのか噛み締めないと。60日ルールは政権が参議院をコケにしている。この番組を見ているならば、自分の意地を示して欲しい」


選挙での比例代表制という制度をお忘れか。
政党に投票した有権者を無視するのか。


目加田
「安倍さんは支持率に弱い。安保法案で不人気になったので支持率を回復したいために(新国立競技場の)見直しを決めた。弱さが露呈された。この二ヶ月間国民があきらめずに声を上げていく事が大事だ。
この法案はアメリカと一緒に戦争する法案だと安倍さんは正体を現さないと同じことが参議院でも繰り返されてしまう


「風をよむ」の部分でも一方的な言いたい放題。
この番組には異なる意見の出演者はお断りらしい。
放送法に完全に抵触している。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:21  |  安保法制  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.19 (Sun)


民主細野氏 自民稲田氏に完敗 新報道2001


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

プラカードより対案出せと自民稲田朋美政調会長
そのうち出すからと民主細野政調会長
民主は何でオレを敵に回すのかと維新柿沢幹事長
マニフェストに書いてあったと言ってもダメだと北川正恭氏


 今朝のフジTV「新報道2001」に登場した自民党稲田朋美政調会長は夏向けのブルーに白いジャケットを召して終始笑みを浮かべながら余裕綽綽の、しかし鋭い発言をしていた。
⇒安倍首相が稲田議員は日本のジャンヌダルクだと激賞した初の女性総理候補である。

反日0044

しかし、民主党の細野幹政調会長は詭弁を重ね、その無能ぶりを露呈した。

フジTV「新報道2001」
"国民の理解が進まぬ中・・・"
安保法安全保障が衆院通過

反日0045


細野豪志(民主党政調会長)
「採決する際に安倍総理が『国民の理解が進んでいないのも事実だ』と述べたのは矛盾している。それを断ち切る形で採決した。
ここ一週間国民のみなさんと対話をして国民はこの法案を理解したうえで結論を出したのでないかと思うようになった。自衛権の3要件が明確ではないということが国民は分かった。日本は後方支援をやるべきではないという声が圧倒的だ。理解が進んだが故に反対が増えている状況だ。この時点で国民は結論を出した」


 細野氏は「国民の理解が進んでいない」という反日メディアの論調の裏をかいて、国民は理解したうえで安保法制に反対しているという戦術に切り替えた。

稲田朋美(自民党政調会長)
「まず今国会で116時間議論してますよね。そして自民党は野党時代に集団的自衛権の一部限定行使をするということに舵を切って、それを公約に掲げて政権を奪還したわけですね。
私はやはり決めるときには決めるということで、今回採決した。その上でですね、やはり国民の理解を得るために色々な努力をしていこうというのが総理の先程の発言だったという風に思います」

柿沢未途(維新の党幹事長)
「憲法学者や法制局長官のOBの厳しい批判に答えるべく『限定性のかかった』独自案を出した。その審議がたった5時間しか行なわれていない段階で審議を打ち切り採決したのは非常に残念だ」


100時間を過ぎてから対案を出すのはいかにも遅い。
対案を出したというアリバイつくりに過ぎない。
対案も出せずに与党を批判している民主党より余程マシだが。

北川正恭(早稲田大学大学名誉教授)
「(マニフェストに書いたというが)ほんとにそうか。アベノミクスでしょ ということだ。安保ってどこで言ってたのと。これはやっぱり少し言いすぎだ。約束したのは、我々は何としてもデフレ脱却だという意識がある。なんぼ言ったって、そんなことダメでしょという違いが出てくることは否めない事実だ。与党はそういう責任を持たないといけない」


マニフェストに書いてあってもメインテーマではないからダメだとはマニフェストという言葉を流布させた北川センセイらしくもない。

稲田
「先程も言いましたように、石破茂先生のもとで徹底的に議論して集団的自衛権を行使すると公約に書いて、私も選挙で訴えて政権を奪還してます。そこからずっとこの問題は議論してますし、先程柿沢幹事長が仰ったように維新の党が対案を出されて私も協議に参加させて頂きましたけれども、非常に詰めた議論をしました。その上で、私は基本的に変わらないと思うんです。
いままでの直接攻撃された個別的自衛権では対処できない事態があるということは、維新の党が出された対案とこちらも一緒ですし、もっと言うと細野先生とも私はその認識は変わらないという風に思うんですね。
ですから、私、先程も映像に出てましたけども、プラカードを掲げられておられましたが、私はしっかりと細野先生が仰ってるような、昨年も仰っていたように、きちんと対案をですね、出して頂くということが議論が深まるとことになるんじゃないかと思います

須田哲夫(司会)
「やっぱり対案が無かったのが議論が深まらなかった一つの・・・」


司会の言葉をさえぎるように細野幹事長が・・・

細野
「あのう稲田さん、あのう喜んで議論しましょう」


稲田議員が細野先生と呼んでいるのに、「稲田さん」はないだろう。
細野センセイは女性蔑視論者か。

稲田
「はい」

細野
「有事法制の時も、そういう議論して、一年かけて自公民で案を作ったんですね」

稲田
「はい」

細野
「そういうプロセスに入るべきだと思います。さっき稲田さんが仰った、マニフェストに書いてあるからやるんだという、これは明らかに形式論です


北川センセイの自民党批判の尻馬に乗って嵩にかかって稲田氏を攻める。

稲田
「いやいや、そういうことではないです」

細野
「アベノミクス解散であり、そして消費税について国民に問いかけたわけなんだから、そこは形式論ですよ。その上で・・・」

稲田(笑みを浮かべて)
「申し訳ないですが、昨年の・・・」

細野
「もうちょっと話させてください」

稲田
「私は昨年の政権だった時もという話です」

細野
「その上で、国民が安倍政権に任せたとするならば、憲法の範囲内でやってくれという話ですから」

稲田
「そうです、はい」

細野
「そこを逸脱しているという風に憲法学者から言われている」

稲田
「それは認識の違いですね」

細野
「それでもなおかつ、このまま突っ切るという事なんであれば、きちっと国民に聞いてからにして下さい。そうでなくて強引にこのまま突っ切って参議院を通すのは、これはねえ、民主主義の仕組みからしても明らかにおかしいです

民主主義の仕組みに従って採決をして参議院に回した何処が悪い。
国民に聞けというなら解散せよということか。
安倍首相が解散と言うのではないかと民主党はハラハラ心配して青ざめていたのによく言うよ。


柿沢
「今回の採決は非常にブザマだった。それは与党だけの責任ではなくて、私達の側も非常に怒号が飛び交うような状況になったことは考えなければいけない」

細野
「今回の特徴は与野党の協議を一切やらなかった。去年の閣議決定のときもそうだ。今回の法案の提出の際もそうだ。憲法学者との対話も真面目にやろうとしなかった。自分の身内の憲法学者にだけ聞いてそのまま法律を出した。そもそも安倍政権は対話をする意志がほとんど無い。これはいかにも強引だ。やめた方がいい

稲田(笑い出しながら、しかし後半は厳しい口調で)
「私はですね、やっぱり対案を出されるというのが正しい方法だと思います。細野先生も昨年、一年前に民主党は対案を出すという風に仰っておられました。今回、このプラカードを掲げられ第一委員会室というのはまさしく言論の府の象徴ともいうべき予算委員会ですとか、党首討論ですとか、まさしく言論の府の象徴的な委員会でプラカードを掲げ、そのプラカードを打ち捨てて出て行くというのは私はおかしい、プラカードを掲げる前に対案を掲げられるべきだと思います

民主党議員が使ったプラカードを議場に投げ捨てて退席したことを反省した民主党の長島昭久議員が、ツイッターで「野球観戦の家族以下のマナー」だと呟いて野球ファンの怒りを買ったため謝罪削除したことはご存知の通り。

細野氏が何か言い出すが構わず・・・


稲田
「それから憲法学者の問題ですけれども、憲法学者のほとんどは自衛隊も違憲だと仰ってるんですね。あの9条2項を分離解釈すれば、憲法を学問として勉強すればですね、9条2項の戦力に自衛隊が当たるというのはむしろ素直な考え方だという風に私は思います。やはり基本は最高裁の判決に合致するかどうかということです」

弁護士出身だけあってこの辺は理路整然と断定する。

細野
「対案を出す用意は出来ています。近くは現実的に遠くは抑制的に、人道復興支援については積極的に。
そのもとでいつでも法案を出す準備は出来てます」

稲田
「いつ出されるんですか?」

細野(かぶせるように)
「しかし、しかし・・・与党の側にしっかり協議して一致点を見出して行こうという、そういう覚悟が無いとですね、小さい野党が対案出しても、申し訳ないけど、維新も協議には入られたけれども満足されてない思います」

稲田
「いえいえ、これから・・・」

細野
「その覚悟があるという事を示していただくことがですね・・・」

稲田
「はい」

細野
「協議をする大前提です」

稲田氏笑い出す。

平井文夫(フジテレビ解説副委員長)
「自民党は民主党と対話する気が無いように見えるが、民主党にもない。やはり対案を出すべきだ。なぜ出して欲しいのかと言うと、政権を取る気がある党は必ず対案を出して修正させる。そうしないと政権交代した時にまた一からやり直さなければ行けない。それは国民が困るから。だから必ずちゃんとした党の意見は法案に入れなければダメだ。そういないとほんとに国民は困る」

民主党に再び政権交代することなどあり得ないが・・・

細野
「私も安全保障はきちっと案を出して与野党協議するというのが持論なんです。ずうっとそうやって来た。だから周辺事態法についても準備をしてます

稲田
「出してください」

細野
「PKO法についても準備をしてます。それを出した上で協議を出来るなら是非やりましょうよ」

稲田
「はい、出してください」

余裕の稲田氏。

柿沢氏が与野党の討論のなかで自分も国民の見ている前で答弁に立ったが、こういう姿を国民に見せるのは画期的で、新しい政党政治の姿をみせられたと発言。


吉田 恵(サブキャスター)
「細野さん、細野さん、いつ対案って出すんですか?」

サブキャスターが問いかけるが、細野氏は聞こえないフリをして・・・

細野
「やっぱり結果を出さにゃあいかん。ですから維新だけが法案を出したから良しとするんではなくて、結果を出していかなきゃいけない。与野党が腹を割らなきゃ出来ない。とても自民党と維新が腹を割って協議してるとは見えない

柿沢
なんで私をここで敵に回すのか分りませんけどね。やっぱり民主党も対案を出された方がいいですよ、そこまで言うんだったら

野党分裂!!

稲田
「集団的自衛権の行使を一部限定的に許すということは、少なくともこの3人の間には私はあまり差がないと思いますので、是非対案を出して頂きたいと思います」


ここで時間切れ。

やはり民主党はダメだ。二度と政権を任せるわけにはいかない。
もっとも二度と政権を取れるはずも無いが。
対案を出す出すといいながら出せない民主党。
だって、党是の無い烏合の衆の集り、旧自民党や社会党その他の党から離脱した落武者たちが集った互助会のようなものだから対案など出せる筈が無い。

国民もいい加減目を覚まして、サヨクの安倍政権打倒デモや、反日学者、文化人の発言をこれでもかこれでもかと見せる反日メディアの意図を見抜くべきである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

14:58  |  安保法制  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |