FC2ブログ

2015.07.13 (Mon)


「学者は憲法学者だけじゃない」と村田同志社大学長


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

ピンからキリまである学者

 今日の衆院特別委員会の公聴会で、いわゆる学者たちが論争したが、安保法制反対派は国際環境の変化にはいっさい目をつぶっている。
これでは安全保障は語れない。

反対派(野党推薦)
●山口二郎法政大教授(政治学)
●小沢隆一東京慈恵医大教授(憲法学)
●木村草太首都大学東京准教授(同)

賛成派(与党推薦)
●村田晃嗣同志社大学長(国際政治)
●岡本行夫(外交評論家)


 反対派は政治学と憲法学のセンセイ。いずれも左ハンドルで左側通行の面々。
一方、賛成派は国際政治、外交評論家と安全保障を語るにふさわしい面々である。

そもそも憲法が時代遅れも甚だしいのだから、その憲法に沿っているかいないかという議論は無駄である。
しかし、建前上そうは言えないから推進派は苦労している。
まさに諸悪の根源は日本国憲法だ。

村田同志社大学長が・・・

「学者は憲法学者だけではない!」

と喝破したのは見事だった。

野党や反日メディアが憲法学者の埃をかぶった主張を金科玉条のごとく有難がっているのは誠に奇妙な風景である。

⇒産経ニュース(同上)
「学者は憲法学者だけではない!」 同志社大の村田学長が中央公聴会で反論


「学者は憲法学者だけではない」-。13日午前の衆院平和安全法制特別委員会の中央公聴会で、公述人として出席した村田晃嗣同志社大学長(国際政治)が、憲法学者の多くが集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案に反対を表明していることに対し、こう反論する一幕があった。
 村田氏は「法案は憲法上の問題を含んでいるが、同時に安全保障上の問題だ。もし、安全保障の専門家からなる学界で意見を問われれば、多くの安全保障専門家は今回の法案にかなり肯定的な回答をするのではないか」と説明した。


(引用終わり)

⇒発言の詳細はこちら。

 国会での論議は歯止めがどうだのと法案の微に入り細に入りやりあっているから、国民にとっては分かりにくいものになっている。
むしろ国際環境の変化と中国の脅威から如何に日本を守るのかに論点を絞って論議すれば答えはおのずから出てくる。
分りにくくしているのは反対のための反対をしている野党でありマスメディアなのである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:45  |  安保法制  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.13 (Mon)


新国立競技場は戦艦大和か


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

韓国平昌五輪を嗤えない

 新国立競技場の建設問題を巡って12日のTBS「サンモニ」で大宅映子(評論家)が・・・

「突っ込んでったら、なんか昔の戦艦なんとやらと同じような気が凄くするんで・・・」

と言ったのはやっぱり戦艦大和のことだった。

現代ビジネス「ニュースの深層」で伊藤博敏氏が9日・・・

⇒「準備不足で発進、沈むのは確実 ニッポン劣化の象徴・新国立競技場は『現代の戦艦大和』だ」

と書いている。

冒頭、「身勝手なギリシャを笑えない」というが、デフォルト寸前のギリシャとは関係ないだろう。

「国民もマスコミも『そんなものはいらない』といい、安上がりの代替案は幾つも用意されたのに(中略)内向きの論理で突っ走っているところは(ギリシャと)同じだろう」

伊藤氏は建築エコノミスト(こういう職業もあるのか)の森山高至氏が・・・

「戦艦大和になぞらえて、当時の軍部や政府の人間たちが、愚行と知りつつも大鑑巨砲主義に流されていったのと同じだ」

と言っていると引用。
森山氏は自身のサイトで「新競技場の建設から解体に至るまでに1兆円かかる」と言っている。

大宅映子(評論家)の戦艦大和の発言は孫引きだったわけだ。

 しかし、同じ現代ビジネス「ニュースの深層」でアベノミクス推進派の高橋洋一氏は・・・

⇒「新国立競技場建設問題 民主党の『信じがたいミス』が諸悪の根源だ!」

と歴史的背景を考察し、民主党政権の責任を問うている。

安倍派であることを割引した上でも、民主党政権の負の遺産はまことに大きい。

 しかし、民主党は反省の色を見せるどころか居直って自民党政権を攻撃している。

⇒産経ニュース(2015/7/13)
民主・枝野氏が反論「ゴーサイン出したのは安倍内閣だ」


 民主党の枝野幸男幹事長は13日、2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場総工費が大幅に膨らんだことに関して、「コンペは民主党政権のときだが、それに基づいて1000億円あまりの計画にゴーサインを出したのは安倍晋三内閣になってからだ」と述べた。国会内で記者団に語った。
 さらに枝野氏は「2000億円を超える話を放置してきたのは安倍内閣だ」と指摘。「憲法解釈は、勝手に変えるのに民主党政権が決めたことを2年半も放置して変えなかった。自民党は、民主党政権で決めたことの方が憲法解釈よりも重たいと思っているのか」と皮肉った。

(引用終わり)

戦艦大和も新国立競技場も一緒くたにして、日本人の自虐精神をいたぶろうとしているのか。
何でもかんでも安保法制と結びつけて安倍政権を叩こうとすれば、国民の反発を招くだけである。
民主党が政争の具にするならば、韓国の平昌五輪を嗤えない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:32  |  2020東京五輪  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |