FC2ブログ

2015.07.12 (Sun)


民主辻元議員のブーメラン隠したTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

新国立競技場を語りながら安保法制に反対しよう

 民主党の辻元清美議員が安保法制の衆院特別委員会で盛んに安倍首相を攻撃している。
見ていてウンザリする。

 10日の新国立競技場の建設を見直せと安倍首相の責任を追及したが、デザインを採用したのは民主党政権だと安倍首相の返り討ちに遭い議場の失笑を買った。
いわゆる民主党お得意のブーメランだが、今朝のTBS「サンモニ」はその部分を見事にカットして編集したVTRを流した。

TBS「サンモニ」(2015/7/12)
新国立競技場の建設
責任の所在は?見直しは?

1234反日0027

辻元清美
「安倍総理どうですか?この競技場、見直されたほうがいいんじゃないですか?」

安倍総理
「辻元議員が仰った気持ち、もしかしたら多くの国民の皆様がそう思って居られるんではないかなと、そういう意味では私もそう思います」

安倍総理
「これは国際コンペをやって、新たに新しいデザインを決めて、それで基本設計を作っていくということでは時間が間に合わない」

ナレーション
「安倍総理は国民からの批判を認めましたが、計画の見直しには否定的な考えを示しました」


このナレーションでは国民の批判を無視して計画を続行するというネガティブイメージを視聴者に植付けようとしている。

ナレーション
「そんななかこの建設案の責任を巡って・・・」

下村文科相(デザインを選んだ安藤忠雄氏に対し)
「なぜザハ・ハディド氏の案を選んだのか、是非何らかの形で堂々と自信を持って発言していただきたい」

ナレーション
「責任の所在は曖昧なまま、麻生財務大臣は・・・」

麻生太郎財務相(記者会見で)
「(ハデイド氏案を)決めたのはオレたちじゃないんだから。だろう?」

記者
「責任の所在が不明確だということが話題になってますが・・・」

麻生
「そりゃあ、担当された方々、オリンピック委員会とか当時の文科省とか、その当時の民主党の内閣で決められた話なんで・・・


ここで初めて民主党の名前が出てきた。
しかし麻生氏独特のベランメエ調で、自民党がいかにも不遜な政党であるかのような印象操作。
ネット上ではこの麻生氏の発言と自民党を不遜、反省しないと攻撃する左翼の論調が噴出した。

ナレーション
「責任の所在が曖昧なまま競技場の建設は進んでいくのでしょうか?」


だから決めたのは民主党政権だと言っているではないか。

関口宏(司会)
「何だか変な事になっているようですが・・・」


女子アナの説明の後・・・

関口
「はい、ねえ、日本は借金大国ですからねえ。そんななかでこのお金をまたどっから引っ張り出してくるんだという話になってて、なんだがみっともない話になってきましたねえ」


寺島実郎センセイが、日本がかつてオリンピックを開催する予定だったが、日中戦争が勃発したために返上した。
日本の今の状態はその時と同じ様相を呈してきたとこじつけて安倍政権を批判した。

寺島実郎
「(前略)むしろね、本気で今一番東京オリンピックで心配してんのはね、時代の空気の作られ方っていうのかな、その1936年のベルリンオリンピックの後の4年後のオリンピックは東京でやる筈だったんですよ。
ところが日中戦争が始まりですね、オリンピックどころじゃないってんで返上したんですね、日本は、かつて。
で、その時の時代の空気っていうのは、こう調べていてですね、日本がいま国際社会に向き合っているスタンスがね、例えば軍事っていうものに対する強烈な志向を見せ始めたり、それから何か国家主義、国権主義的な空気を漂わせてきたりですね、オリンピックがですね、やれるのかということさえ、何と言いますか、不安としてよぎるっていうかね、僕はそういう状況になってるんじゃないかなと思います」


オリンピックはどの国も国威発揚の機会である。
日本が大東亜戦争に突入した時代と今の時代が似ているとこじつける寺島実郎センセイのアナクロには呆れる。

大宅映子(評論家)
「さっき安倍さんが、『批判は分っている』と。良くないのも分ってるのに突っ込んで行くという所がどうしても解せない
デザインそのものを安藤さんの責任にするというのも如何なものかと思うのは、途中で1500億円では無理だと分ったところでやり直せばよかった。どうしてそれが出来ないのか。突っ込んでったら、なんか昔の戦艦なんとやらと同じような気が凄くするんで、だれが責任をもって決断するのかそれも分らない。なるべく早く変えてもらわなければ」


「昔の戦艦何とやら」の意味不明。
日本の軍国主義批判と結びつけるようにあらかじめ打ち合わせしたのか。

大崎麻子
「ほんとに次世代への余りにも大きな負の遺産だと思うんですよね。オリンピック招致活動の時に、今の子供とか若い人達に夢を、東北の被災地の方々に希望をみたいな論調で取り上げてた所があると思うんですけど、それが夢と希望どころか、将来にわたって建設コストもそうですけど維持費がものすごくかかって行く。そのコストも含めてツケを次世代に回していくというのは非常に無責任だと思いますし、特に日本は教育とか保育にかける公的支出は凄くすくないのに、こういうことをやるのかということは、次世代に対して非常に無責任だなと思いますね」


そういえば、2020年東京オリンピック開催が決まったとき、「サンモニ」のスタジオはお通夜のような沈んだ雰囲気だったと当時ネットで騒がれたことを思い出した。

関口
「岸井さん、これ取り下げるワケにはいかんですかねえ。まだ時間はあるような気がするんだけどなあ」

岸井成格(毎日新聞特別編集委員)
「そう思うんですけども、だからひとつはね、責任の所在がほんとにこのオリンピックの招致については不明なんですよね。国なのか都なのか、あるいは民間なのか、あるいは安藤さんに色々責任があるのか、またく分らない。だけどそのまま突っ込んでっちゃうというのはね、余程何か力が働いているのか。表に出せない裏があるんだろうなと思いますね。疑わざるを得ないですね
こんだけ問題がある、非常に無理だと分っていて突っ込んで行ってしまう。普通は絶対ありえないですよ、こんなこと」


ブンヤの癖に陰謀論で済ませようというのか。
真相を解明するのがブンヤの仕事だろう。

関口
「でもなんか始まると、どんどん突っ込んじゃうのが日本人の体質でしようね」

岸井
「それもあるかも知れませんが、一度決めたこと変えられないとかね。そんな理屈があるのかもしれませんけれども、ちょっと異常ですね。なんかありますね」


何があるのか来週の日曜日までに調べて教えてくれ。

プロデューサー(事前の打ち合わせ)
「はい、今週の『サンモニ』のキーワードは『突っ込んでいく』にしましょう。

 まず寺島センセイが日本はあの時のように日本は戦争に突っ込んで行くでというイメージをつくります。

次に、大宅センセイに撃沈された軍艦大和を引用して無駄な戦争というイメージを膨らませて頂きます。

続いて大崎さんに、ツケを次世代に残すなと連呼して頂いて、日本の借金を思い出させていただきます。

最後に岸井センセイに安倍政権は安保法制であの時のように戦争に突っ込んでいくのには何か裏があると視聴者を不安にさせ、ネガティブなイメージを完成させてもらいます。

今週はオリンピックを語りながら安倍政権へのネガティブなイメージを視聴者に植え込む手法で行きましょう」

全員
「了解しました」

【追記】⇒10日の辻元議員の質問と安倍首相の答弁を見ると・・・

辻元清美
「安保法制の話は後でしますけど、オリンピック競技場の建設は見直したほうがいいんじゃないかと思うんですが、どうもこの安保法制を押し切ろうとしている姿と新国立競技場に突き進もうとしている姿、両方ダブって私には見えるんですね。安倍総理どうですか、この競技場見直しされた方がいいんじゃないですか?」

安倍総理
「さすがに辻元議員ですから、我々が進もうといしているイメージをうまく描いておられると思いますが
(議場から失笑、以下民主党政権が決めたに続く)

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:34  |  -テレビ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |