FC2ブログ

2015.07.09 (Thu)


日米VS中国、軍事衝突 「正論」8月号紹介


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安保法制に反対する野党の愚

1234反日0025

「正論」8月号は「総力特集 日米VS中国、軍事衝突のXデー」と物騒である。
国際情勢の緊迫化にも関わらず、切れ目の無い防衛を急ぐ自民党に対して屁理屈で解釈を云々する野党には緊迫感は感じられない。
より正確に言えば、民主党をはじめとする野党はむしろ無防備な日本のほうがいいと思っているのだろう。

巻頭の折節の記(高山正之)が相変わらず読ませる。

「32歳になった酒鬼薔薇が先日、『挽歌』を出し、初版10万部を売った。中身はおぞましい。自己陶酔、自己弁明に終始する。
(中略)実は彼の父母も「『少年A』この子を生んで」を出して『遺族の見舞金にした』という。犯罪で稼いだ金で見舞金もないだろう。この親子の異常をはっきり異常というべきだ」


 またぞろ反日メディアは「言論の自由」「出版の自由」などと言い出すのか。
なお、同誌には「少年Aは、更正していない」(門田隆将)も掲載。

 第一次安倍政権の「消えた年金問題」も「自爆テロだ」(中川秀直)と厳しく批判する。
掛け金をつまみ食いした自治労職員が「不倶戴天の敵 安倍晋三」を潰そうとしていたという。

「安倍はそんな不忠の職員でも行政府の長の責任ですと言った。言葉尻を捉え、長妻昭は嬉々として苛め続けた。醜い所業だった」

あの時の長妻昭議員の得々とした表情は忘れない。
しかも、政権を奪って自分が厚生大臣になったら何も出来なかった。

「(自治労)の札つき500人の公務員が巣解雇された。しかし、札付きの数はそんなに少なくない。腐ったリンゴが年金機構に潜り込んだ可能性は高い」

(Ponko注:クビにした職員を民主党政権が復職させたというコメントを頂いたことがある)

「『全員をクビにすべきだった』という声は根強かった。それが正しかったことが今度、証明された。
安倍第2次政権が今度こそ美しい日本を創る段になってまた『年金』が浮上した」

「つまり再びの安倍潰し計画には元社保庁のリンゴたちと民主党に加えて支那も一枚噛んでいるらしい。(中略)もうひとつ、それを裏付けるのが朝日の報道だ」


・・・と安倍政権の責任を批判してもハッカーが使った支那フォントには一言も触れず、犯人は日本人であるかのように伝え、わざわざ「米大手化学会社のサーバーが使われた」と書いたと天敵の朝日新聞を批判。

「お前が下手な見眩ましをかければ、ますます支那の犯行説が濃くなるのに」

自民党が推薦した憲法学者の長谷部恭男の素性もバラしている。

「彼が朝日お抱えくらい紙面を見ていれば馬鹿でも分る。なんであんなのを呼んだのかと船田元を責める前に、なぜだれも長谷部の素性を指摘し、未然に防がなかったのか。毎月何百万の文書費はなんのためだ」

朝日新聞などというバカな新聞を自民党員は誰も呼んでいなかったのでは。

連日国会で議論されている安保法制案も中国の脅威を忘れた愚問愚答になっている。
(政府は中国が脅威だと名指ししては言えない)

日・米・中注動乱時代の幕開けと中国の野望『驚愕の本質』」(中西輝政)

中国による南シナ海、南沙諸島の埋め立てや対米サーバー攻撃でアメリカはようやく目が覚めた。
マイケル・ピルズベリーは近著「100年のマラソン」で長年推進してきた対中関与政策をほぼ全面的に否定した上で「我々は(中国に)騙され続けてきた」と断じた。

太平洋はアメリカと中国で山分けすると言われて満更でもなかったアメリカが今更何を言うか。

「中国を思いとどまらせるには(安倍首相の)包囲戦略が大変有効」(72頁)

「日本は大きな視野からアメリカをはじめ自由主義陣営の国々と手を携えて、中国共産党という人類にとっての脅威と向き合っていかなければならない。それが可能になる『真実のとき』がいま、訪れようとしているのである」


「日本よ、軍備増強の決断を 米軍再編の真実」(用田和仁 元陸自)
「防衛費倍増、トマホーク配備は待ったなし!南シナ海紛争が招く日本『危機のシナリオ』(北村 淳 軍事社会学者)
「『戦争法案反対』は戦争したい国の思う壺」(潮匡人)


これらの軍事専門家の発言を野党の面々に読ませたいものだ。

「国会で憲法学者の話を聞く暇があるなら、一度でいいから現場の声も聴いて欲しい」(潮匡人 113頁)

「『新基地』という偏向用語を使う翁長・沖縄県庁」(仲新城 誠 八重山日報編集長)


尖閣諸島が行政区である石垣市は自衛隊の配備を歓迎し、計画が進んでいる。

「『基地があるから狙われる』という主張は平和主義ではなくて敗北主義だろう」

しかし、八重山では八重山毎日新聞が「中国のどこがどう脅威なのか」と居直っている。

沖縄では沖縄タイムズ、琉球新報、民放テレビ各社が「辺野古基地移設」を「新基地移設」と言い換えている。
普天間基地はそのまま残す積りか。

百田尚樹氏が潰してしまいたい沖縄タイムズと琉球新報の暴論に・・・

「何の予備知識も持たない県民の多くは、反基地派の造語をごく自然に受け入れるようになってしまうだろう。それは一種の洗脳にも似たシステムだ」

「沖縄の主要マスコミのように、中国公船の動向に対する日本人の感覚が麻痺してしまえば、まさに中国の思うつぼだろう」


15日に予定されている安保法制の採決に民主党はまた実力阻止と言う名の暴力行為で採決を妨害しようとするだろう。
先般の渡辺委員長に全治2週間の傷を負わせた暴力行為を岡田党首も枝野幹事長も正当化して反省の弁はひとつも無かった。

1234反日0016

「よもや審議終局、採決ということはあり得ないと思うが、もしそうなれば憲政史上、汚点を残すことになる」(高木民主党国対委員長)

と言ったって、何百時間も審議して来週採決という土壇場で、維新の党とすったもんだした挙句、やっつけ法案を出してももう遅い。

強行採決を憲政史上、稀に見る勢いで連発して唖然とさせたのは当の民主党。あの鳩山由紀夫内閣だった。
2009年の臨時国会では最大野党の自民党欠席のままでの強行採決が6回。
2010年の通常国会では野党の制止を押し切っての強行が6回に、自民党欠席のままが3回。

⇒失笑もの!民主党の「強行採決」批判(花田紀凱編集長)より

「極左暴力主義的体質を露呈した民主党」(八木秀次)

「今回の暴力事件は個々の議員だけでなく、民主党全体に極左集団の体質が浸透していることを疑わせる」

「民主党は左右の様々なイデオロギーの持ち主の寄せ集めとされるが、本質は旧社会党左派のマルクス・レーニン主義にあるのではないか」

「民主党の存在自体が統一戦線ということではないのか」


こんな政党に一時期、国政を任せていたことにゾッとする。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:58  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.09 (Thu)


TBSと憲法学者が日本を潰す


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「安倍は退場しろ」と小林 節センセイ

 百田尚樹氏が「本当に潰したいのは朝日、毎日、東京新聞」と言った毎日新聞のTBSは岸井成格氏を中心に反政府キャンペーンにいとまがない。

TBS「News23」(2015/7/8)
対案で足並み乱れる野党
「違憲の学者ら全国デモへ」

1234反日0023

ナレーション
「・・・こうしたなか安保法制は憲法違反だと明言した憲法学者らが法案に反対する会見を今日行なった」


1234反日0021

1234反日0019

会見出席者の顔ぶれは・・・

鳥越俊太郎(司会)、落合恵子、神田香織、沢地久枝、小林 節、村田光軍、渡辺一枝、

1234反日0020

1234反日0018

小林 節(慶応大学名誉教授)
安倍独裁政治が始まる。詳しいことは知らせないで『俺に任せろ 大丈夫だ』と。全然大丈夫に見えない。だからまさに安倍さんには退場してもらわなきゃいけません

ナレーション
「来週の週末には全国各地で一斉デモを行なうという。そのとき法案は衆議院を通過しているのか。対案を巡る動きが今後の焦点となる」

膳場貴子アナ
「安倍総理が集団的自衛権を認められるケースとしてあげた不良に襲われるというあの例え話はどう聞きましたか?」

日野桂文(政治部長)
「分りやすく伝えたいという思いは理解できるんですけども、やっぱりあまりにも単純化しすぎるんで法律から外れるってこともありますよね。ちょっと今回あまりにも単純化し過ぎたのかなって感じがします」

岸井成格(毎日新聞特別編集委員)
「それとね、あれは集団的自衛権の説明になってないように私なんか思うんですけども、いずれにしても安保とこういう例え話は馴染まないですね」

膳場
「うーん、そんななか今日維新の党と民主党が一転して共同で対案を提出しました。それでも与党は採決に向けて突き進んでいくということになるんでしょうか?」

日野
「そうですね。与党側は野党案についても審議したという形は取ると思いますし、取ると思いますけども、実質的な修正協議は行なわないという格好になって、早ければ来週採決して政府案を審議可決して参議院に送るということになると思います。
ここでひとつ問題提起をしたいと思いますが、まだまだ世論の理解が進んでないわけですし、野党の隔たりが大きいというわけですから、こういう時にはやっぱりちょっと立ち止まって考えるのが普通じゃないのかなと思います」


・・・と過去の永田町には「与野党協議会」という知恵があったと解説。

日野
「今の憲法の下で集団的自衛権というものが本当に認められるのかどうかという原点に立ち返って話し合っても良いじゃないかなと思っています」

岸井
「安保法制はほんとに国の根幹を変えるアレですからね。やっぱり憲法学者も交えた第三者委員会を設置する必要があるんじゃないかなと思うんですよね」


民主的な手続きで選ばれた安倍首相に退場しろという政治的なメッセージを発信する一握りの反日憲法学者たちが、日本という国の根幹を変えてしまっていいのか。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:40  |  安保法制  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |