FC2ブログ

2015.06.28 (Sun)


百田氏が沖縄2紙は「本気で潰れろ」と


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


渦中の百田尚樹氏が大阪の講演で本音を吐いた。
沖縄二紙の抗議を受けて、「最初は冗談口調だったが今は本気で潰れたらいいと思う」とヒートアップした。
その意気やよし。
講演後の記者の取材は無視したがそれでよい。
どうせまともな取材もせずに、引っ掛けの質問で百田氏から失言(左翼マスコミにとって)を引き出そうとするに違いないからである。

⇒産経ニュース(2015/6/28)
沖縄の二つの新聞「本気でつぶれたらいいと思う」 百田氏が大阪で発言


 作家の百田尚樹氏は28日、大阪府泉大津市で講演し、自民党勉強会での「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない」との自らの発言に触れ、「その時は冗談口調だったが、今はもう本気でつぶれたらいいと思う」と話した。
 講演を聞いた人によると、共同の抗議声明を出した沖縄タイムスと琉球新報に対し「おかしな話だ。私の話を何も聞いてない。伝聞にすぎない」と批判。さらに「まだしばらく2紙とはやりあっていかないといけない」と述べた後「本気」発言をした。
 百田氏は講演の最初で、勉強会での発言について報道陣が冒頭取材を終えて退出後にオフレコで述べた一言だったとあらためて強調した。
 講演では、発言が報じられて炎上し、腹が立ったため短文投稿サイトのツイッターに「私が本当につぶれてほしいと思っているのは、朝日新聞と毎日新聞と東京新聞」と投稿したとも話した。
 講演会を主催した泉大津青年会議所は、報道陣の取材を認めなかった。講演後に百田氏が会場から出る際、共同通信の記者が質問したが、百田氏は応じず、車に乗り込んだ。


(引用終わり)

百田氏は集団的自衛権と憲法改正の必要性について分りやすく説いている。
反日左翼は「憲法は国家権力の暴走を防ぐもの」などと勝手に解釈しているが大間違いである。
憲法はその国の成り立ちから生まれる姿かたちを示すものである。

安保法制案を巡る国会審議は、枝葉末節の個々の具体的なケース(事態)の定義にはまり込んで、本来の目的を見失っている。

産経ニュース(同上)
百田尚樹氏、集団的自衛権で持論展開 「解釈より国民守るにはどういう憲法が正しいのかが大事」



百田氏は報道陣に対し、集団的自衛権についても、以下のように語った。

 集団的自衛権について、憲法には自衛権があるとは一言も書いていない。交戦権は保持しない。他国にやられた場合には、交戦権がないので、本当は抵抗はできない。自国を守ることはできないと書かれている憲法。その憲法を是とするなら、自衛隊も集団的自衛権もだめ。なんも抵抗はできない。それでええのかと。

 憲法の解釈がどうこうというより、国民の命と国土を守るためには、どういう憲法が正しいのかというのが大事なのであって、そういうことは誰も書かない。
産経新聞は書くかもしれないが。朝日新聞や毎日新聞は絶対書かない

 憲法は、その国の持つ、文化、歴史観、死生観、宗教観など、国家の民族の持つ、最も基本のもので、自国民がつくるべきもの。

 他国が別の国を侵略して、主権を奪い、憲法を押しつけられた国は、歴史上2つしかない。ドイツと日本。ドイツは、戦後70年近くの間に、59回憲法を改正し、自国の憲法にしている。日本は一度たりとも改正していない。
自国だけの兵力では強大な他国には立ち向かえない国は、集団的自衛権を持っている。典型的なのがNATO(北大西洋条約機構)。ドイツは、ポーランドが仮にロシアに攻め込まれたら、ポーランド防衛のために、自国民の命を犠牲にして戦わないといけない。ドイツが攻められたら、NATO加盟国はドイツ防衛のために戦う。

 ある国が、NATO加盟国の一国を侵略する場合は、NATO加盟国全部を的にまわさないといけない。これは大きな戦争抑止力。そのために世界中の国が集団的自衛権を有している。
 もちろん、リスクはありますよ。ドイツは、ポーランドが攻められたときには、自国の軍隊を犠牲にして他国を守らないといけない。
 日本はそんなリスクは負いたくない、日本はやられた場合はアメリカに助けてもらいたい、けど、アメリカがやられても、アメリカを助けるのは、堪忍してもらいたいと。それでもお願いしますというのが日本の野党なんです。
 世界では通用しない。
 集団的自衛権はだめ、認めないと言ったら、日本は自国だけで、強大な帝国に対抗できるだけの軍事力が必要。だから、今の軍備をもっと大きくしないといけないし、核(兵器)をもつ必要もあるかもしれない。でも、それはだめだと、野党の人たちは言うてる。意味が分からない。


(引用終わり)

野党の多くは日本が軍事力を強化することに反対である。
なぜなら中国がそれを望んでいないからである。
そう考えれば取りも分り易い。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:53  |  安保法制  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.28 (Sun)


百田発言を奇貨とする野党と反日メディアの愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


沖縄タイムズと琉球新報に抗議文を出され、反日メディアの袋叩きに遭っている百田尚樹氏に産経新聞がインタビューした。

事件の本人から聞く話は反日メディアが如何にして百田氏の発言を自分の都合のいいように曲解し、何も知らない国民を騙そうとしているかが良く分る。
百田氏の発言を「言論弾圧」とする反日メディアこそ「言論弾圧」の加害者であるということを国民は知るべきである。

与党の安保法制案を潰そうとする野党は、安倍政権は国民に対して説明不足だといいながら、安保法制案を議論することを止めて、百田発言と若手議員の勉強会「文化芸術懇話会」を潰そうとしている。

自覚した有権者ならば、国会でのこの与党と野党の攻めぎあいのどちらが正しいか分っているはずである。

⇒産経ニュース(20105/6/28)
百田尚樹氏、福岡講演後の質疑応答詳報 「何が言論弾圧なのかわからない」「(毎日と朝日)きらいやもん…記事に嘘がある」


 講演後、百田尚樹氏と報道陣の主なやりとりは次の通り。

 --波紋を広げていることについて

 あきれてるだけ。ぼく以外の誰が言ったら、こういう騒ぎになったのかと思う。

 --自民党若手の勉強の場は公的なものか私的なものか。

 どう考えても私的なもの。

 --言論弾圧といわれている

 何が言論弾圧なのか意味がわからない。沖縄の新聞は、ぼくの(勉強会での)話を聞いていない。伝聞を元にして抗議声明もへったくれもない。(勉強の場では)じっくりと沖縄の2紙についてどうすべきかなんて意見交換していない。笑いながら「沖縄の2紙はつぶさんとな」と、こんなニュアンスは字にはできないでしょ。長い30分の質疑応答の中での一言だけ。

 --スポンサーに圧力をかけることは否定をしたのか

 これを書いてもらえないからかなわん。そんなことはだめですと。ぼくは言論弾圧はだめといっているわけです。

 --自身の言論を侵害されていると感じるか

 何を言うのも勝手だが、書き方はひどいなと思う。内輪の席で、『やっかいやなあ』とか『あの会社つぶれたらええのに』ということあるでしょう。それを、こいつこんなこと言ったと書かれているようなもの。極端な言い方だが、飲み屋の会とあまり変わらない。

-発言内容が外に出るとは想定していなかったのか

 冒頭だけ入れるが、その後の会話は取材はだめとなった。仮に聞いたとしても、それを書くのはルール違反だと思っている。普天間の話も、金目当てなんて、一言も言っていない。ところが記事に平気で書くでしょ。

 -ツイッターで、つぶれてほしい新聞は毎日新聞と朝日新聞と。その意味は

 きらいやもん。好き、きらいに意味あるんですか。あえていうと、記事に嘘がある。以前から。毎日新聞は特に、外国人向け(英文サイト)がひどかった。日本人がいかに変態で、どうしようもない民族であるということを英語で世界中に配信した

 -安全保障法案の審議に影響があると言われている

 野党は僕の発言をうまく利用している。きたないですね。一民間人の作家がいって、あくまで内輪の状況の中で、しかも、軽口で出て、雑談の中で飛び出した一言。それを正式取材もしないで、大げさにいうようなことは本来おかしい。

 ぼくは、いろんなところでいっぱいものを書いている。雑誌や週刊誌やツイッターは不特定多数に向けて書いているんで、これを問題にするには構わない。それは受けて立ちます。けれど、内輪の席で、軽口の一言だけ取り出して、その言い方がどんなニュアンスだったかとかいっさい考慮せず、その一言だけを取り上げて、大騒ぎするのは、非常に卑劣できたないやり方だと思う。

-勉強会の代表の木原稔青年局長が更迭される

 ノーコメントやそんなもんは。そんなん人の事情やもん。

 -今回マスコミの取材を受けたのは

 ぼくは取材は拒否したことない。ただ、ちゃんと書いてもらったことはほとんどない。分かってもらおうと誠実にしゃべるが。

 -沖縄の2紙への発言にどういう思いを込めたのか

 軽口に対して、あまりコメントしたくない。本音でいうと、沖縄の新聞は嫌いですよ。ただ、圧力かけてこらしめたらというのは断固否定した。

 なぜだめか。ぼくは、朝日も毎日もつぶれたらええと思っているが、圧力をかけてつぶすもんやない。書くことむちゃくちゃで、こんな新聞読んでられへんと多くの人が思ったときに、発信元はつぶれる。百田尚樹の書く本なんかあほらしくて誰も読んでられへんと思ったときに、自然に消える。

 沖縄タイムスと琉球新報2紙が足並みをそろえて、どっちが中韓寄りに書けるか、反日的に書くか、反政府に書くか、反米で書くかというのを、まるで競い合っている。米兵が事件を起こすと、喜んで書く。でも、米兵がええことしても書かない。やりかたがおかしいやろうと思います。

 -言論の自由は守るべきと

 もちろんです。私も言論人ですから。

-勉強会での発言について

 問題の2紙がつぶれたらいいのにというのは、細かくは覚えていないが、沖縄の人たちの考え方も非常に中国寄りである、みたいなことを言って、そして沖縄の新聞の論調はという話になったと思う。そのときに笑いながら、沖縄の2紙はつぶれんとあかんよねといった。それで終わり。その後、沖縄2紙についての話は出ていない。

 沖縄の中国に対する危機感がない、意識を変えるのはどうしたらいいかと聞かれた。これは難しいと、そのときに、絶対あってはならないことだけれど、あくまで仮定の上での話だが、沖縄の島が中国にでもとられたら、島民の意識も一気に変わるであろうなと、これは、もちろんあってはならない仮定の話ですと。ところが、沖縄の島が乗っ取られたら気分変わるやろうと(書かれた)。そんな言い方はしていない。


(引用終わり)

 民主党が対案も出せずに枝葉末節で安倍政権を揺さぶろうとしているなか、維新の党はようやく対案を出す模様だ。

与野党の本格的な論議で日本の安全をしっかり守る安保体制を早く作ってもらいたいものだ。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:11  |  民主党の正体  |  TB(1)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.28 (Sun)


沖縄2紙の反日報道の事実を国民は知るべし


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

百田尚樹氏の発言が正当である理由

 沖縄タイムズと琉球新報という沖縄県の二大反日新聞が、「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」と発言した百田尚樹氏に対し共同抗議声明を発表した。
「民主主義の根幹である表現の自由、報道の自由を否定する暴論」だそうな。
臍が茶を沸かす。

「表現の自由」「報道の自由」の前に「真実を報道する」責任があることを忘れたのか。
特定のイデオロギーに基づいた偏向報道は読者を惑わせ、国を危うくする。

沖縄タイムズと琉球新報こそ、その典型的な例である。

いままで沖縄の地方紙について知らなかった大多数の国民も今回の件で沖縄県の2紙が如何に左翼的であり、反日的であり、中国のプロパガンダ紙であることに気付くだろう。

その意味では百田尚樹氏の発言はまことに時宜に適うものであったと言える。

⇒IRONNA
朝日だけじゃない「反日メディア地方紙」の正体
(皆川豪志編集長)


3年ほど前に、弊社で『反日地方紙の正体』(日下公人・責任編集)という本を出しました。増刷を繰り返すなど、保守層を中心にかなり話題になったのですが、「沖縄タイムス」「琉球新報」の“二大巨頭”をはじめ、その紙面はますます過激になるばかりです

コメント:

沖縄の場合、1県1紙ではなく1県2紙が購読者数90%を分け合っており、両紙ともまるで共産党のプロパガンダ紙のようです。全てが反米・反基地・反政府・反戦平和・親中で凝り固まっています。この2紙以外にもテレビ・ラジオも同系列でニュースを流しています。これではまともな県民意識は育ちません。これでもかと県民を煽っています。若い人達はともかく60歳以上のネットを使えない世代はこの地元マスメディアを信じ鵜呑みにするしかありません。
県内では最近さすがに、これおかしいぞ?と感じ始めてこの流れを糺す組織も発足しました。しかし何十年という歴史はそう簡単には変えられないですが・・山村浩太。

花田紀凱の「天下の暴論

翁長知事が知事選で獲得した票は投票者総数70万のうちの36万、得票率は51%。沖縄県民は142万だから、約4分の1に過ぎない。これで沖縄の「民意」と言えるのだろうか
(中略)
朝日は「地域のことは自ら決めようという自己決定権」とやらを評価しているようだが、国防はすぐれて国のマター。むろん、地域との協議や補償は必要だろうが、最後は政府が決めるしかあるまい。それに辺野古の移設には県も一度、同意していた。それを「少なくとも県外」発言でいきなりひっくり返したのがルーピー鳩山だが、後に撤回、やはり県内移設しかないと認めた。

(中略)
 偏向ぶりが目に余る沖縄の地元2大紙「琉球新報」「沖縄タイムス」は言うまでもないが、大新聞やテレビは基地反対、辺野古移設反対の声しか伝えない(産経を除く)。映像も反対派の動きばかりを垂れ流す
 現在はまた、辺野古移設反対運動に加担しているが、この人からはほんとうに“元首相”の肩書きをハク奪してほしい。国と県が一度約束したことを「民意」を盾に覆そうとする。ならば、「代案」は翁長知事側が出すのが当然ではないか。


(引用終わり)

沖縄の地元2紙や反日大新聞(朝日、毎日、小東京新聞)、反日テレビ(テレ朝、TBS、NHK)の存在を国民はよく知っておくべきである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:00  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |