FC2ブログ

2015.06.26 (Fri)


民主辻元議員の挑発に耐えた安倍首相


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「沖縄2紙を潰せ」(百田尚樹氏)は正論なれど野党が集中攻撃

 今日も安保法制審議会は荒れた。
野党は正面から安保法制案の是非を論ずるというより、枝葉末節の搦め手から政権を揺さぶろうとしていて無様である。

まず自民党保守派の「文化芸術懇話会」で講師の百田尚樹氏(作家、元NHK経営委員)で・・・

「沖縄の2紙(沖縄タイムズ、琉球新報)は潰さないといけない」

と発言したことが問題とされた。

⇒産経ニュース(2015/6/26))
百田氏「沖縄2紙を潰さねば」 「どこかの島が中国に取られれば、目を覚ますはず」とも


 沖縄の県民はこの反日左翼の2紙しかない。
当ブログでもたびたび指摘しているように、この2紙が偏向報道で県民の世論誘導をしていることは間違いなく、これを潰さなければ沖縄は中国の属国になると危惧する百田氏の心情はよく分る。

確かに百田氏らしい自由奔放で直裁的な発言ではあるが。決して「物騒な発言」(民主党寺田学)ではない。
普天間基地が世界一危険な基地だといわれるが、最初から危険であったのではなく、基地が出来上がってから人家が集積したという指摘も、土地利権で億万長者が出来て、辺野古に移設されては金が入らなくなるので反対派に資金を提供して阻止しているというのも周知の事実である。

 民主党辻元清美議員は相変わらず安倍総理を挑発して議場を混乱させようと企んでいる。
国民のための最適解を求めての質問ではない。
単なるパフォーマンスであり、その醜さは見るに耐えない。

産経ニュースは「首相逆ギレ!」という見出しを付けているが間違いである。
安倍首相は悪意ある愚問にも耐えながら適切な答弁をしている。
厳しく反論することも必要である。


⇒産経ニュース(同上)
辻元氏「ソーリ、言い訳しない方がいいですよ」に安倍首相逆ギレ! 「安保法制と関わりあるのか?」


 但し、野党の攻撃を恐れるためか、アメリカの艦隊が敵に攻撃されても日本に危険が迫っていなければ自衛隊は行動に出ないという意味の答弁をしていることは残念である。
日米は軍事同盟国であり、同盟国が攻撃されれば即座に敵国に報復するとなぜ言えないのか。
匍匐前進は理解できるが、多少の焦慮感は拭えない。

 それもこれも自衛隊がネガティブリストの軍隊とは認められていないことに起因する。
何としてでも今会期中に安保法制案を成立させて国民の安全を確保して欲しいものだ。
そして、次なる目的は来年の参院選の圧勝と憲法改正である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:16  |  安保法制  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |