FC2ブログ

2015.06.24 (Wed)


韓国高裁が日本企業にまた賠償命令


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

8億円の経済援助「はした金」と金慶珠

 日韓国交正常化50年を記念して22日、日韓双方の大使館で記念行事が行なわれ、それぞれ安倍首相と朴大統領が出席し、とりあえず親善を繕ったが、現実には韓国の反日行為はますますエスカレートしている。

 韓国の光州高裁は24日、三菱重工業に対して1審と同じく戦時中の強制徴用を理由に約6300万円の支払いを命じた。
2012年に韓国の最高裁が「韓日請求権協定で韓国人の個人請求権は消滅していない」との判断を初めて示してから日本企業への訴訟が相次ぎ、これが3件目。

日韓基本条約で日本は8億ドルを払うことで全て決着し、個人の請求は認めないはずだったのにこの始末。

金慶珠東海大准教授は「そこまで言って委員会NP」でこの8億ドルは日本にとっては大金かもしれないけれど、ベトナム戦争でアメリカから受けた金に比べれば「はした金」めいたコメントをして会場が騒然となった。

https://www.youtube.com/watch?v=83qeufhiX-U

(59.00 あたりから)

金准教授は日本人の反韓感情を盛り上げるまたとないコメンテーターである。

 朴大統領は三権分立を楯に、韓国最高裁の決定を見過ごしているが、いかがなものか。
日本政府は韓国に進出している日本企業に全員撤退を命じたらどうかとすら思う。

なんら対抗手段も取らずに日韓親善とうそぶいて日本企業に罰金を払わせる積りなのか。

⇒産経ニュース(2015/6/24)
韓国の女子挺身隊訴訟 二審も三菱重工に賠償命令


 【ソウル=名村隆寛】戦時中に朝鮮半島から徴用され、名古屋の軍需工場などで働かされたという元女子勤労挺身隊員の韓国人女性と遺族の計5人が、三菱重工業に賠償を求めた訴訟の控訴審で、韓国の光州高裁は24日、1審と同じく同社に支払いを命じる判決を言い渡した。

 判決は同社に対し、女性4人に1人あたり1億2000万ウォン(約1320万円)~1億ウォン、遺族1人に1億208万ウォンの計5億6208万ウォンの支払いを命じた。1審では、女性4人に各1億5000万ウォン、遺族に8000万ウォンの支払いが命じられていた。

 三菱重工側は、日韓請求権協定(1965年)で韓国人の個人請求権は消滅したとする日韓両政府の合意に基づき、1審を不服として控訴していた。日本企業を相手取った韓国での戦後補償訴訟で、高裁が賠償が命じられたのは、2013年の2件に続き3件目。

 韓国では、日本での訴訟と同様に、請求権の問題が解決されたとの認識のもとで、原告敗訴の判決が続いていた。しかし、2012年に韓国最高裁が、新日本製鉄(現・新日鉄住金)と三菱重工業を相手取った別の訴訟で、初めて個人の請求権を認める判断が出された。
 それ以降、情勢は一変。韓国では「請求権協定で個人の請求権が消滅していない」とし、請求権を認める判決が相次いでおり、現在では日本企業敗訴の流れが定着している。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:33  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |