FC2ブログ

2015.06.13 (Sat)


野党が暴力で議会を妨げる愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

民主党の革マル派体質が現れた

 12日の派遣法改正審議での民主党の暴力と、着席しないで野次を飛ばす様子はテレビメディアで報道され、国会での野党の低レベルに視聴者はあきれたことだろう。

 しかも「委員長に飛びかかる」担当者は誰とか指令メモの存在も暴露された。
Ponkoは騒動のVTRのなかで、議場に入場しようとする安倍首相に対して民主党の山井和則元厚労政務官が遠巻きにして叫んでいるシーンを見て、やはり安倍首相には近づき難く遠吠えしているなという印象を受けた。
そうしたら、「安倍首相には手を出すな、委員長には飛び掛れ」という指示メモが配置図とともに記されていたという。

おかげで委員長は頚椎捻挫で全治2週間の怪我をした。
革マル派の暴力そのものである。

反日0132

反日0131
○○○(安倍首相にビビル民主党某議員)

ハフポスト(2015/6/13)
「委員長に飛びかかる」民主党、文章で指示か
「悪質なのに不逮捕特権?」の声も【派遣法改正審議】


衆院厚生労働委員長の渡辺博道委員長(自民党)は6月12日、派遣法改正審議で委員室に入る際に民主党議員に入室を阻止された。民主党は事前に「委員長にとびかかる」などと書かれた文書を議員に配布。採決を阻止するよう指示していたとみられる。FNNニュースが報じた。
文章には、国会内の見取り図と「委員と動員」「総理大臣」には「ヤジ」るが「手を出さない」、「委員長入室阻止、控室に入らないように注意」、採決時には「委員長にとびかかるのは厚労委メンバーのみ」、「プラカードを掲げて叫ぶ」などと書かれている。

この日、同委員会では労働者派遣法改正案の審議が行われる予定だった。しかし、民主党議員らは同法案の審議と採決に反対。産経新聞によると、朝から国会内に若手議員らが集まり、委員室前の人員配置を書き込んだ図面を用意して対策を練っていた。山井和則元厚労政務官は「体を張ってがんばろう!」と気勢を上げていた。

この騒動で、渡辺委員長は全治2週間の頸椎(けいつい)捻挫を負い、携帯電話を紛失したと主張している。

一連の報道について、Twitter上には「ありえない」「組織的な実力行使ですか」などのコメントが出ている。国会議員は会期中は逮捕されないことをふまえ、「こんなに悪質でも不逮捕特権?」というコメントもあった。


(引用終わり)

民主党岡田代表
「来週にはこういう原因を作った与党が考えることだと思う」


全然反省しないで自民党に責任を転嫁している。
野党は「年金問題を先に議論すべきだ」と主張してこの始末になったが、年金問題で第一次安倍政権を崩壊させた夢が忘れられず同じことをし繰り返そうとしている。
拙い戦術であり、国民は民主党と共産党にそっぽを向くだろう。

青山繁晴氏は今回の年金問題は日本年金機構に中国のスパイの手が伸びていることを示唆している。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:40  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.13 (Sat)


元自民党議員の老害がひどい


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 今日の産経抄が忘れていたことを思い出させてくれた。

 自社さ連立政権で社会党の村山富市社会党委員長を担いだ河野洋平氏の悪行。
暗躍した小沢一郎。
村山談話と河野談話という大きな2本のトゲを日本の喉に突き刺して、いまだに日本を苦しめている両人が日本記者クラブで互いに互いを賞賛し合ったとは恐れ入る。

 本来ならば二人は国賊として公開処刑か国外追放をして然るべきだ。
野党はもとより、自民党のOBが安倍政権の足を引っ張っている。

 一概に年寄りが悪いとは言わないが、前出のエズラ・ボーゲル名誉教授といい、今の時代老害があまりにも多すぎる。

 そうかと思うば、一方ではこれも前出の民主党小西洋之議員のような非常識かつ不勉強な若者が現役政治家の中に紛れ込んでいる。

民主党がいくら夢よもう一度と願っても、政権奪回は無理である。

安倍首相はブーメランの民主党の妨害行為や元政治家の老害に屈することなく「粛々と」憲法を改正し、強い日本を目指して行くことに期待したい。
中国と朝鮮半島国を除く世界中の国々がそれに期待しているからである。

産経抄(2015/6/13)

 梅雨本番のじめじめした日が続くと、戦後もっとも醜悪だった政権交代劇を思い出す。今から21年前、当時は実力者だった小沢一郎氏の強権的手法に反発して社会党が連立与党を離脱、行き詰まった羽田孜内閣は総辞職し、6月29日に首相指名選挙を迎えた。

 ▼このとき、自民党総裁だった河野洋平氏は、社会党の村山富市委員長を首相に推した。反発した海部俊樹元首相が自民党を離党、小沢氏らによって瞬く間に対抗馬に担ぎ上げられ、僅差で村山氏が勝った。自民、社会両党とさきがけによる自社さ連立政権が誕生した。

 ▼数合わせの離合集散は、政界の習いとはいえ、これほどの野合はかつてなかった。主義主張がまったく異なる自民党と社会党が手を組んだのだから、両党の熱心な支持者はあっけにとられた。政治不信が一気に進み、村山氏は首相在任中、衆院を解散して国民に信を問えなかった。

 ▼そんな河野、村山両氏が先日、仲良く並んで日本記者クラブで会見した。ご両人とも高齢にもかかわらずお元気で何よりだが、独善ぶりは相変わらずだった。

▼お年寄りの中には、自分たちがしたことが最高で、若い世代がやろうとすることは何でも気にくわない、という方がおられる。ご両人はその典型で、20年前に出した自虐史観丸出しの「村山談話」と慰安婦問題に関する「河野談話」を互いに褒め合い、安倍晋三首相に継承するよう迫った。

 ▼河野氏と同世代で、自社さ政権樹立にうごめいた武村正義亀井静香両氏も安全保障関連法案に反対を表明した。山崎拓氏を含めた彼らに共通するのは、現政権への憎しみが強く、中国や北朝鮮・韓国に異様に寛容な点である。「老兵は死なず、ただ文句を言うのみ」では、あまりに情けない。

(引用終わり)

産経新聞の阿比留瑠比記者は「極限御免」のなかで「村山、河野両氏の善意と真実の勘違い 日本人の名誉を傷つけているのは、どっち?」と辛辣に両氏を叩いている。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:14  |  安倍バッシング  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |