FC2ブログ

2015.05.19 (Tue)


「サンモニ」関口宏に放送人グランプリの愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「サンモニ」に森本敏氏初登場の変

 あの反日左翼番組で有名なTBS「サンモニ」の関口宏が「放送人グランプリ」に選ばれたそうな。
左翼メディアの仲間同士で選んだグランプリならそうなるだろうと納得する。

放送法に明らかに違反する違反電波を日本中に撒き散らしているTBS「サンモニ」。
「自分は中庸だと思っていたが、自分より左側の人が居なくなって、いつの間にか一番左側になった」と述懐した。
しかし、当ブログで散々取り上げた「パックイン・ジャーナル」の愛川欽也は最近他界したものの、TBS「News23」は筑紫哲也亡きあと小者ながら岸井成格がバリバリの左翼であるし、テレ朝「報ステ」のテレビ芸者古館伊知郎も健在である。
鳥越俊太郎もどこやらで頑張っている。

ZAKZAK(2015/5/18)
関口宏、サンモニ「いつのまにか一番左に…」 2014年度「放送人グランプリ」


 放送関係者でつくる「放送人の会」の2014年度「放送人グランプリ」に選ばれたTBS系の情報番組「サンデーモーニング」。16日、都内で行われた贈賞式での番組司会者、関口宏(71)の発言が、波紋を広げている。

 関口は「28年前に番組が始まったときから、中庸の精神で真ん中のつもりでやってきましたが、いつの間にか、左の方にいた番組がなくなって、一番左みたいになってしまいました。でも、最初の思いは変わっていないつもりです」と語った。

 同番組は、特集の「風を読む」の内容などが偏向しているとの批判も多い。2003年には当時の都知事だった石原慎太郎氏の韓国併合に関する発言を改変した問題や、今年1月には群集心理を特集し、安倍政権をヒトラーになぞらえて炎上した問題があっただけに、関口の発言にネット上も敏感に反応している。

 「自分で言ってるんだから、そういうことで確定」「極左と言うより反日番組だと思う」「河野洋平がテレビ出演する唯一の番組だから、それだけで相当なもの

 放送法には「政治的に公平であること」と定められているが、「自ら左みたいになったと言ってしまったことは問題がないとはいえない。とはいえ、今の視聴者はノーガードで見ることはないので、そういう番組だということを理解している」とマスコミ関係者。

 日本をおとしめる内容が評価されたのであれば、それこそ“喝”だ。


(引用終わり)

17日のサンモニは今までの慣例を破って、安保法制の整備に理解を示す森本敏氏がコメンテーターとして登場した。
安保法制の大転換であり、事実上の憲法改正だ、その前に憲法を改正するかどうか民意を問えとイチャモンを付ける岸井成格毎日新聞特別編集委員その他のコメンテーターの面々を相手に森本敏氏は孤軍奮闘。

今回の安保法制の整備は憲法を改正しないで済むギリギリのところだと解説した。

反日0119

関口宏(司会)
「今の状態でそれが必要なんですか?」

森本敏
「安全保障環境が急速に変わってきた。ロシアや中国が力で現状を変更しようとし、イスラム国家も国際社会を不安定にしている、悠長に構えることは出来ない。日米安保条約の片務性もある」


と真っ当な解説。

しかし、他のコメンテーターはこの件については何もコメントしないので、議論がかみ合わない。

番組も反対する街の声や、古賀誠自民元幹事長や孫崎享などの反日勢力のコメントVTRを多用して反対一色。

いままで「サンモニ」は一方的な意見のコメンテーターだけ出演させていたという放送法違反の声に圧倒されて、今回はじめて森本敏氏を出演させたが、司会が肝心の議論をかみ合わせることも無く、単なるアリバイ作りに森本氏は利用されたにすぎなかった。

「喝!」である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:36  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015.05.19 (Tue)


こんにちは橋下徹氏


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

政界復帰の可能性大

 橋下徹大阪市長が、大阪都構想の住民投票に敗れて政界から引退するというので、「さらば、橋下徹氏」と書いたが、何やら政界に復帰するという噂が出てきた。

なかには、政界は引退するが国政に転進するという意味不明の見出し記事もある。

民主党は早くも橋下氏に触手を伸ばしているという。
2万%出馬しないと言って出馬した橋下氏のことだ。
弁護士業に戻ると言っても誰も信用しないだろう。
テレビ界で活躍すれば何億にもなるというから、地味な弁護士業に戻るとは思えない。
マスコミも政界も橋下氏を放っては置かないだろう。

⇒ZAKZAK(2015/5/19)
橋下氏、与野党が争奪戦突入 都構想敗れ「政界引退」も国政転身に含み


 地方自治体の首長から中央政界に転身し、安倍首相のサポートに回ってくれれば憲法改正を急ぐ安倍首相にとっては有難い話かもしれない。
現に、産経新聞の雑誌「正論」のインタビューで「今後の連携に含みを持たせ」ているらしい。

⇒ZAKZAK(同上)
安倍首相、橋下氏との連携に含み「リーダーシップ注目に値する」


 安倍晋三首相は18日午後、雑誌「正論」のインタビューに応じ、政界引退を表明した維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)について、「新しい試みに挑戦してきた政治家だ。『大阪都構想』を住民投票まで持っていったリーダーシップは注目に値する。『憲法改正を進めるべきだ』という考えは、私と一致している。今後とも強いリーダーシップや国民に訴えかけていく力を生かしていただきたい」などと絶賛し、今後の連携に含みを持たせた。
 ◇
 安倍首相のインタビューの詳細は、雑誌「正論」7月号(6月1日発売)に掲載予定。


(引用終わり)

いわば橋下孫悟空が安倍観音様の手の平の上でうまく立ち回ってもらえば憲法改正への道も早まるかもしれない。

当ブログでも御紹介した⇒「安倍官邸の正体」の著者である田崎史郎氏は、菅官房長官が橋下氏を放っては置かないだろうという。

⇒ニュースの深層(同上)
橋下徹・大阪市長はこのまま消え去るのか? 菅官房長官は放っておかないだろう


「菅官房長官は記者会見で自民党大阪府連が民主、共産両党と合同で街頭演説会を開いたことについて『まったく理解できない』と厳しく批判。この発言で局面が変わり、自民党支持層内で賛成が増えたという。橋下は菅に御礼の電話を入れ、(以下略)」

「菅は橋下がどんな不利な立場になろうとも、一貫して橋下を支持し続けている」

「菅が評価するのは、橋下の改革姿勢と、メディアと堂々と渡り合い、かつメディアを活用して自分の考えを拡散していく、たぐいまれな能力だ。政治家にとって、メディアとの関係はつねに悩ましい問題の一つであり菅には橋下がメディアを活用できる、たった一人の政治家と映っている」

「燃え尽きたかのような橋下と、橋下を表舞台に復活させたい維新議員と安倍官邸首脳陣…。現段階では、橋下が翻意する可能性はゼロに近い。しかし、来夏の参院選、あるいは次期衆院選に向けて、橋下への働き掛けが水面下で静かに繰り広げられることになるだろう」(田崎史郎)


(引用終わり)

橋下氏とて一国の首相が官房長官とともにラブコールを送れば、満更でもないだろう。
一弁護士として一生を終わるのか、希代の政治家安倍首相を支援して日本を動かし歴史に一頁を飾るのか。
答えは明らかである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:51  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |