FC2ブログ

2015.05.09 (Sat)


日米同盟強化で焦る韓国


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

韓国は蚊帳の外かと

 安倍首相の真摯かつ周到に用意された演説で日米関係は強化された。
その安倍外交の成果に韓国は孤立化したと焦慮感をあらわにしている。
そしてその矛先はいまや朴槿恵大統領に向けられている。

 産経新聞の黒田勝弘特派員によれば、東亜日報が米国の世論調査で「68%が日本を信頼、49%が韓国を信頼」という結果になったと報じたという。
これでも数字がおかしい。両国の差はもっと大きいはずだ。

 しかし、日本が嫌いなのは中国と韓国だけで、東南アジアの他の諸国は80%が日本に好感を持っていると意外なことに、事実も報じている。
韓国のメディアも今頃になって、ようやく気がついたのか。

⇒産経新聞(2015/5/9)
【外信コラム】ソウルからヨボセヨ 韓国より日本を信頼


 先の安倍晋三首相訪米に際し「アベが歴史で謝罪しない!」といって連日、非難報道を繰り返していた韓国マスコミがこのところ多少、正気を取り戻しつつある。興奮の後に反省といういつもの反日報道のパターンではあるが。

 反省点の一つとして出ているのが、日米同盟強化の中で「韓国外交は孤立しているのでは」という不安だ。政府の外交姿勢が過去に執着し過ぎた結果だと批判しているが、慰安婦問題を押し立て日本批判をあおってきたのは韓国マスコミだから、政府批判の前にまず自己批判すべきだろう

 その意味で4日付の東亜日報の「米国が見る韓国と日本」という1ページ特集は自己批判かもしれない。米国の世論調査を引用し「“日本を信頼”が68%で“韓国を信頼”は49%…米国民は当然視」と伝え、さらにアジアで日本を好感していない国は韓国と中国だけで、東南アジアなど他の国々は軒並み80%前後が日本に好感と紹介している。

 つまり韓国マスコミは安倍氏の訪米で米国の日本批判の話ばかりを伝え、“日本憎し”の報道をしたが「実は実際の米国民は韓国より日本の方を信じている」と軌道修正しているのだ。日本との過去の問題に目をくらまされ、世界や国際情勢がちゃんと見えなくなっている韓国国民は気の毒である。(黒田勝弘)


(引用終わり)

反日メディアによって「世界や国際情勢がちゃんと見えなくなっている」日本国民もまた気の毒である。
韓国の反日姿勢はもはや遺伝子に組み込まれており、今後とも止むことはないであろう。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

22:48  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |