FC2ブログ

2015.03.28 (Sat)


安倍首相の「我が軍」答弁をひきずるTBS


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 TBSの「あさチャン! サタデー」は「みのもんたのサタズバ!」後継番組だが、みのもんた「無き」あともまだ反日左翼バリバリの偏向報道をしているようだ。
安倍首相の国会での「我が軍」発言をいまだに話題にして安倍首相を貶めようとしている。

TBS「あさチャン!サタデー」(2015/3/28)
週刊こだわりニュース
安倍首相「我が軍」発言


12345反日0017

「こだわりニュース」と言うだけあって、安倍首相の「わが軍」答弁に大いにこだわった。

12345
反日0018

吉永みち子(作家)
「安倍総理のなかでは、もうこういう理解になっていて、表向きはなるべくそういう話ではない整合性を取っていたんですけれども、やはりつい出ちゃうと言うのはありますよね、流れの中でという。まあちょっと本心が見えている。やりたことが見えている。まあほとんどそういう風に感じられるような流れの中の発言だったんだろうと思いますけども、やはりまだ日本国憲法は存在してますので、やはり憲法ときちんと整合性を持った発言をなさって頂かないと、やはりいろんなところで問題が出てくるじゃないかなと。やはり国会議員である以上は憲法を守らなければいけない義務がありますから、ほとんど今や憲法が頭の中で消えてしまっているように思える状況だなと思います」


吉永みち子氏は当ブログの「バカ女シリーズ」でたびたび登場して頂いている。
TBSが重用する左巻きのコメンテーターである。

予定通りの発言ににんまり笑った司会の佐古忠彦が・・・

佐古忠彦
「という懸念の声が出ていますが、平沢さん」

平沢勝栄(自民党)
「自衛隊は外国ではどこの国でも軍隊と見られてるんです。
ただ日本の場合は憲法がありますから軍ではなくて自衛隊だとずっと言ってきたわけですけども、今回は外国との共同訓練の中で総理の言われたことでもありまして、確かに○○(聞き取れず)という言い方はちょっとどうかなと思いますけども、私はそんなに問題にするほどのことでもないと思いますけどね、国民の皆さんからしても。
 その後すぐ自衛隊と言い換えてるんですよ。ですから私はそんなに問題になることかなと、そんなことでいちいち揚げ足取るような、それほど日本の議員さんたちはあれなのかな、もっと他にやること無いのかなという気がしますけどね」


TBSにとっては「噛ませ犬」の平沢勝栄氏、ガツンと反論する自民党議員はたくさん居るのにお呼びでないらしい。

佐古
「大塚さん、平沢さんは『揚げ足取り』だと・・・」

12345反日0020

大塚耕平(民主党)
「いやあ、これは尊敬する平沢先生のお言葉でありますが『揚げ足取り』ではないと思いますね。
安倍さんも戦争やりたがってるとは思いませんが、『積極的平和主義』の反対語をつなげると安倍さんの深層心理が透けて見えるんですが、『消極的好戦主義』と言うと何となく安倍さんのいろんな言葉の選択、今回の『我が軍』だけじゃないですけども、議員会答弁の中で出てくる言葉はやっぱりなんか『腑に落ちる』という点がいっぱいあって、やはり安倍さんには吉永さんも仰いましたけど、憲法が現に存在するわけですから、ぜひ言葉の選択も含めてキチッとお答え頂きたいと思っています」


「尊敬する平沢先生」と馬鹿にしている。どうせ噛ませ犬だと。
大塚議員も言葉遊びはいい加減止めたらどうだ。

佐古
「まあ、よく『戦後レジームからの脱却』という言葉が総理を巡ってはね、本人が言ってたくらいですから出てくるわけですけど、ただこの戦後というのはやっぱり、あの軍を否定したことから戦後築かれて来たということがあろうかと思うんですが、古賀さん」


佐古アナは自虐史観教育の落とし子であり、反日左翼である。
それにしても昨夜のテレ朝「報ステ」の古賀茂明氏といい、自民党の元古賀誠議員といい、古賀という名前にろくなのは居ない。(その他の古賀姓の方失礼!)

12345反日0019

古賀 攻(毎日新聞 論説副委員長)
「憲法9条のもとでああいう実力組織を創設するといった時に、これは通常の軍隊ではありませんという知恵なんでしょうけども、その知恵をもって整合させて来たわけですね。たぶん自衛隊は軍ではないということで、合憲性を導き出しているわけですから、国際法上は軍と見られるという事をもってして軍と言っても差し支えないと言う所まで一気に言うのはちょっと言い過ぎであろうし、『我が方』と言っとけば良かったわけですよね。それを居直るような形で『いや軍と言うんだ』というような事を言い始めると今までの議論の蓄積が壊れてしまいますよね」


「いや軍隊と言うんだ」などと誰も言っていない。
「警察予備隊」⇒「保安隊」⇒「自衛隊」と言い換えて無理に整合性を取ってきた経緯を考えれば、昨今の緊迫した国際状況のなかでは、もはや「軍隊」であることは誰しもが暗黙のうちに了解していることである。
むしろ現行憲法の異様さをあぶり出しているのだが、そちらには目隠しして安倍首相の言葉の揚げ足を取るとは、野党もメディアも国民の信を失うだろう。
こういう男が論説を書いている毎日新聞も推して知るべしだ。

大塚
これは明後日、委員会で安倍さんに自衛隊と軍隊の違いは何かと明確に質問しますので、そういうところで定義をはっきりしていきたいと思います」


 国会の貴重な時間を使って民主党はまだこんな揚げ足取りを続ける積りか。
もっと本格的な政策論争をして国民の信を取り戻すことのほうが大事ではないのか。
まあ無理な相談だが。

 この後も辺野古移設に関して佐古アナは「一切聞く耳を持たない政府」と批判し、コメンテーターと菅官房長官の「この期に及んで」という記者会見の発言の言葉尻を捉えて安倍政権を批判していた。
もういい加減にしろと言いたい。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:54  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015.03.28 (Sat)


韓国への経済支援に触れた外務省動画に韓国激怒


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 相変わらず韓国の火病は治らない。
日本の外務省が戦後ODAなどでアジア諸国に貢献したとする僅か2分の広報動画

⇒ 「戦後国際社会の国づくり信頼のおけるパートナーとしての日本」

に「日本のお陰で韓国が近代化したというのはデタラメだ、歴史歪曲だ」といきり立っている。

反日0015反日0016反日0006

 アジア諸国のひとつとして、韓国にはソウル地下鉄、昭陽江ダム、浦項総合製鉄所をODAで支援したと時間にしてわずか数秒の解説をしたたけでこの始末。

なんと笑えるのは、ソウル地下鉄1号線の開通式のモノクロ写真の提供は韓国の歴史映像館である。

いっそのこと「漢江の奇跡」も実は日本のお陰だと真実をブッチャケたらどうだ。
韓国では発禁本である金完燮の「親日派のための弁明」(1・2)を韓国語にリライトしたりして。
(「親日派のための弁明(1)」の紹介は時効でヤフーに削除された)


中国も韓国も日本の「歴史認識」を云々するが、彼等こそ間違った「歴史認識」を修正しなければならないのだ。

⇒ 「韓国人に日本を侮辱された記憶」(2009/3/1)

産経新聞(2015/3/28)
日本の支援PR⇒韓国「歴史歪曲」
外務省広報動画に反発
 


 【ソウル=名村隆寛】日本の外務省が最近公開した広報動画に、韓国メディアが「歴史歪曲」などと強く反発している。
 問題視されているのは、「戦後国際社会の国づくり 信頼のおけるパートナーとしての日本」と題した2分間の動画。戦後日本の対外協力の実績をPRするもので、韓国に関しては地下鉄1号線、昭陽江(ソヤンガン)ダム、浦項(ポハン)総合製鉄所が写真で例示され、日本語や英語、韓国語などでインターネット上で公開されている。

 ところが、韓国メディアは「韓国などアジアの繁栄が日本の援助のおかげだと言っている」と伝え、「傲慢」(文化日報)、「妄言」(YTNテレビ)などと一斉に非難。朝鮮日報(27日付)は1面に「日本、“漢江(ハンガン)の奇跡(1970年代の韓国の高度経済成長)”を侮辱するな」との見出しで記事を掲載。「『日本の支援で韓国が成長した』とでたらめな主張をしている」と強く批判した。
 同紙は「韓国の開発初期の借款の70%は欧米からのもので、経済発展は韓国政府の政策と韓国民の意志の結果」とし、「いくつかは誇張で、一方的主張」と専門家の話を交え報じた。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

14:53  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |