FC2ブログ

2015.01.31 (Sat)


百田尚樹氏 NHK経営委員辞任は残念

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

反日NHKの目の上のたん瘤

百田尚樹氏がNHKの経営委員を辞任する。
残念な事だ。
反日NHKの体質改善のために安倍首相が送り込んだ百田尚樹氏と長谷川三千子埼玉大学名誉教授や籾井会長に対して、NHKのOBを始めとする反日勢力たちが辞任を求めて署名活動までしていた。
左翼・リベラル派にとってはそれほど目の上のタン瘤だった百田尚樹氏。

しかし、その発言は全て正しかった。
NHKは改善の兆しが無ければ解体するしかない。

ハフポスト(2015/1/31)
百田尚樹氏、NHK経営委員退任へ
 
 作家の百田尚樹氏(58)が、2015年2月末の任期満了をもってNHKの経営委員を退任することが分かった。政府サイドは再任を求めたが、百田氏が辞退したという。1月31日、毎日新聞が報じた。
政府は百田氏を含む4人の経営委員の人事案を来月上旬にも国会に提示、衆参両院で同意を得たい考えだ。(中略)百田氏をめぐっては市民団体のほか、与党内からも辞任を求める声が出ていた。
(NHK経営委員:百田氏が退任へ - 毎日新聞より 2015/0131 09:29)

NHK経営委員は、NHKの事業計画や番組編集計画などを決めるメンバーで、12人の委員で構成される。国会の同意を得て任命され、任期は3年。放送法では経営委員の条件として「公共の福祉に関し公正な判断をすることができ、広い経験と知識を有する者」と定められている。

百田氏は2013年11月、前任者の残り任期を引き継ぐ形で就任したが、2014年2月に行われた東京都知事選の際に、田母神俊雄氏の応援演説で他の候補を「人間のくず」と表現し、非難された。

この発言の直後、安倍首相は百田氏の任命について、特攻隊を描いた百田氏の作品『永遠の0』が国民的ベストセラーとなっていることなどをあげ、「世代を超え読者の共感を得ている」として適切な任命だったとの認識を示していた。

なお、百田氏は31日、自身が続けていたTwitterについても「やめる時期か」とのコメントを投稿した。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:09  |  --反日NHKウォッチング  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015.01.31 (Sat)


朝日記者 外務省の退避勧告無視してイスラム国に接近

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

誰も助けに行かないからそのつもりで

 自己責任を宣言してテロ集団のイスラム国に接近して拘束されてしまった戦場ジャーナリストの後藤某は、自己責任どころか安倍首相以下の閣僚達や現地職員を解放に向けて東奔西走させ、イスラム国の狙い通り友好国ヨルダンを混迷におとしいれ、あちこちに多大の迷惑を掛けていると言っても過言ではないだろう。

 ところがこの後藤某に続けとばかりにいわゆる「クオリテイ・ペーパー」の朝日新聞のイスタンブール支局長が外務省の「退避勧告」を無視してシリアの危険地域からレポートを続けている。

 安倍首相の談話に注文をつけ、集団的自衛権に反対、特定秘密保護法に反対、原発再稼動に反対、沖縄辺野古基地移設に反対、安倍首相のやることなすことすべてに反対の朝日新聞はもう要らないから、例えイスラム国の人質になっても朝日新聞が嫌いな自衛隊は助けに行かないからそのつもりで。
なにせ朝日新聞のお好きな憲法9条は自衛隊を認めていないし、海外派遣も出来ないのである。

産経ニュース(2015/1/31)
朝日記者がシリア国内で取材 「非常に危険」外務省幹部が強い懸念

 朝日新聞のイスタンブール支局長が、シリア国内で取材していることが31日、分かった。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件を受け、外務省は1月21日、報道各社にシリアへの渡航について「いかなる理由であっても」見合わせるよう求めている。外務省幹部は「記者も当事者意識を持ってほしい。非常に危険で、いつ拘束されてもおかしくない」と述べ、強い懸念を示した。支局長はツイッターで、26日にシリア北部のアレッポに入ったと伝え、現地の様子を写真を交えてリポートしている。
 

NHKニユース(2015/1/30)
外務省 トルコ国境に「退避勧告」

外務省は、イスラム過激派組織「イスラム国」とみられる組織が後藤健二さんを拘束している事件を受けて、トルコ国内のシリアとの国境地帯で、日本人を狙った拘束事件などが起きるおそれがあるとして、危険情報を最もレベルの高い「退避勧告」に引き上げました。

外務省は、イスラム過激派組織「イスラム国」とみられる組織が、後藤健二さんの解放と引き換えに、ヨルダンで収監中の死刑囚をトルコ国境に連れてくるよう求めたことを受けて、取材を行う日本人記者がトルコ国内のシリアとの国境地帯に集まっているという情報がインターネット上で配信されているとしています。
そして、外務省は、この地域で日本人を狙った拘束や誘拐事件、テロなどが起きるおそれがあり、強く懸念されるとして、30日、この地域に出している危険情報を最もレベルの高い「退避勧告」に引き上げました。
外務省では、この地域に滞在する日本人に対し、直ちに離れるよう強く勧告しています。


1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:28  |  ISIL人質殺害事件  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |