FC2ブログ

2015.01.27 (Tue)


人質の自己責任論に反発する古谷経衝氏の愚

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「自助」「自立」が求められる日本人

 古谷経衝という若い評論家がいる。
保守派であり、ネトウヨの分析者であるという。

イスラム国人質事件は今日現在、残念ながら人質の一人は命を失い、残る一人の救出に政府は全力を挙げている。

そんななか、古谷氏は外国で危険にさらされている同胞に対して「自己責任だ」と冷たくあしらうのは日本が中世に戻ったようで 「涙がでるほど、情けない」 と嘆いている。

「自己責任論」で中世に退行する日本(2015/1/26)

 しかし、戦後の日本人が失ったもののひとつに「自己責任」がある。
それは紛れもなく戦後教育の欠陥によるものだ。
戦後民主主義は個人の「自由」と「権利」を強調するあまり、それに伴う「責任」の概念がすっぽりと抜け落ちてしまった。
自己主張することが良しとされ、日本古来の「和」の精神が忘れられた。
「和」とは他人との「和」であり、国民としての「和」である。

「個人」を追求するあまり、所属する「国家」の概念を失った。
それはアメリカの占領政策が功を奏した結果でもある。

古谷経衝氏は言う・・・

「国家に貢献しないものは、庇護する必要はない―。この考え方を突き詰めれば、例えば生活保護の受給者そのものを蔑視したり、社会的弱者を嘲笑する、という昨今のネット上の風習に行き着く」

 しかし、生活保護受給者そのものを理由無く蔑視する風習はネット上には無い。
不当な受給者が居ること、しかもそれが法律に規定された日本人ではないことが多いことを問題にしているのである。
それは国費の無駄遣いであるだけでなく、生活保護を当然受けるべき人達に迷惑を掛けていると言う意味で二重に不当な行為なのである。

「今回の場合、2人の日本人がシリアに赴いたことは、今回の出来事が発生した「原因」の一つですが、「だから何をされても文句をいえないはずだ」というのは、テロリストの責任を減じ、結果的にはこれを擁護することになります」

 「自己責任だから死んでも当然」と言う事が「テロリストの擁護になる」とは詭弁である。
自己責任を問うことは決してテロリストを容認することではない。
外務省の警告を無視して危険な異国に足を踏み入れたという事実に古谷氏は一言も触れていない。
しかも、後藤健二さんは「私は自己責任で行く」と入国前にビデオで語っているのである。

 しかし決して「自己責任」で自己完結しないのが今回の事件である。
先にも書いたように、二人の行為は国のまつりごとに多大の影響を与え、日本の国益を損じている。

勿論、人質は無事に帰ってきて欲しい。
しかし、現在でも後藤健二さんを英雄視しているマスメディアは、帰国したら一層英雄に祭り上げるだろう。
有名人として母親とともに、全国あちこちで左翼・リベラル派が企画した講演会で講演し、世界平和が、憲法9条がと言い募ることだろう。
イラク人質事件の生還者の前例もある。

「その一方で、身代金を一旦おくとしても、相手の自尊心や名誉に訴えるといった説得や、身代金に代わる代替案の提案といった交渉を行うこと自体は、現状の日本が選べる数少ない選択肢です」

これこそテロリストに屈した言動である。

 自己責任論を否定し、生活保護と結び付ける意見が多々見られる。

「自己責任論」が与える私たちの暮らしへの影響 ―社会保障・生活保護を中心に―(2015/1/26 藤田孝典)

自民党はセイフティネットの充実を計る一方で、「自助」「自立」の精神を国民に求めているのは当然である。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:53  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(13)  |  EDIT  |  Top↑

2015.01.27 (Tue)


イスラム国を利用して安倍批判するなと元テレビアナ

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


イスラム国人質事件を利用して、古賀茂明元経産官僚がた余りに酷い安倍首相批判をした事について24日「古賀茂明、テレ朝『報ステ』でイスラム国にシンパシー」をアップしたが、同様の思いをした人も多かったようだ。

1234523.jpg

元フジテレビの長谷川豊アナは若者らしくもっとストレートに古賀氏を批判している。

イスラム国を「利用」して安倍批判をするな!(2015/1/26)

その一部を抜粋してご紹介すると・・・

「私はアイアム・ノット・安倍、そんなプラカードを掲げたい!」

いや!何言ってんだ?このおっさん(涙)!!そもそも、何なんだ?その英語(涙)?意味が通じないとは言わないが、訳すと「僕は安倍じゃありません」なんだが?とにかく…ちょっとこういった意見に本気で反論したいんだが…よく考えてほしい。

何が悪い?
何が問題だ?

安倍さんがおかしい?そんな訳ないだろ?何を言ってんだ?この人は?今回のテロ集団の誘拐・脅迫行為は、ただの犯罪行為でしかない。それをもっとちゃんと理解した方がいい」

「この古賀というおっさんは本気で何を言ってるんだ?東京都に暴力団がいたとする。それを取り締まるために、警察の予算を増やしましたよ、と。それって当然のことだ。しかも、軍備を増強するんじゃなく、イスラム国を名乗るテロ集団の脅威から逃れるための、苦しんでいる方々のために人道支援の資金を出しただけだ。安倍さん、何かおかしなことしたのか?」

「よく考えるべきだ。だれが悪いのか?安倍さんが悪い?後藤さんが悪い?湯川さんが悪い?政府の対応が悪い?エジプトでの演説が悪い?外務省の訳が悪い?
回答を教えるのでよく聞いてほしい。悪いのは…
イスラム国を名乗るテロ集団と、本質を理解できないアナタの頭の中である」

古賀さんというかなり左方向に全速力なおっさんの妄言も、「そういう意見もある」と言えなくもない。で、あるならば、キャスターを務める古館氏が「ただ、反対にこういう意見もありますね」と紹介しなければいけないのが放送法に従って放送しているキーステーションの務めである。しかし、当該放送でそのような明確なフォローが出来ていたようには思えない。
あれじゃ、ただのサヨク意見の垂れ流し報道じゃないか、と批判されてしまうと思う。

中でも、「安倍総理は本当は空爆をしたい」発言は許しがたい言葉だ。日本はお金は出したが、あくまで「人道支援」のための資金援助しかしていない。全然目的が違うじゃないか。安倍総理は何も戦争をしたがってる人間じゃない。そういうサヨク的な妄想はもうそろそろ慎むべきだ。特に第2次安倍内閣以降の安倍氏はそんなこと、本当に一言も言っていない。なのに、なぜみんなで選んだ一国の総理の足を引っ張るために「作り話」をするんだ。

「だれが苦しいって、捕まった後藤さんが言わされている「安倍が殺したんだ」「安倍の間違った選択のせいで」という文言。今、一番傷ついて苦しめられているのは安倍さんに決まってる」

「情けないことに、まんま「アイアムノット安倍」とか馬鹿な動きや声を上げている連中が少なくないという。可哀想に。安倍さん、今は相当に苦しいだろう。負けないでほしい。もし同じ立場だったら、筆者ならきっと心が折れそうになるだろう。しかし、そんな連中は、別に今回のケースをを利用しているだけで、おそらく普段から「反安倍」「反自民」なだけだろう。気にしなくていい。官邸の人たちはみんなで安倍総理を支える時だ。総理ではなく、一人の人間として守ってやってほしい」


(引用おわり)

もう一本は・・・

「イスラム国広報活動に利用される日本メディアにモノ申す」

テレビ局に身を置いた人間として、最近のテレビメディアのイスラム国報道の無責任さに対してストレートに若者らしい感情をぶっつけている。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:24  |  ISIL人質殺害事件  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2015.01.27 (Tue)


テレ朝の青木理・石原良純バトルが面白い

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

左翼・リベラル派の存在意義は?

 前エントリーで朝日新聞を思いきり擁護した青木理(元共同通信記者)のインタビュー記事をご紹介したが、この青木氏と元お天気お兄さんの石原良純クンが引き起こすテレ朝「モーニングバード」での時々見せる小さなバトルがいつも面白いと観ていた。
バトルというより軽いジャブに過ぎないが・・・

青木氏が偏向イデオロギーをコメントすると、時々脇から石原クンが反対意見を述べるのである。
これが如何にも素人目線でチラリと物事の本質を言い当てている事があるので面白い。
番組のやらせかもしれないが昨日の小さなバトルをご紹介すると・・・・

テレ朝「モーニングバード」(2015/1/26)
日本政府「イスラム国」との交渉
今後のシナリオは?

12345>021.jpg

青木理(元共同通信記者)
「(前置き省略)一歩引いて考えると、日本というのは中東諸国に比較的親しまれて来た。親日で日本大好きというひとが多かった。なぜなら非キリスト教国で経済発展を成し遂げたということもあるし、イスラエルに肩入れして軍事介入した歴史も無い。今回、一貫して見ていくと、やっぱりかつてのブッシュ政権のイラク戦争やアフガン戦争を支持したり、今回誤解されてるとは言え、資金援助するという所が反発を受けている。欧米にくっついているだけじゃないかと思われ始めている。そういう路線を行くべきなのか、それとも中東に関しては もう少し引いた日本独自の外交戦略を持っていくのかということを考える契機にしなくちゃいけない」

12345022.jpg

石原良純
「でも、そうして一歩引くという事になったら、大いなる成果ですよね、イスラム国にとっては」

青木(苦笑いしながら)
「うーん、そういう風に考えるかどうか・・・」

石原
「そういう考え方もあるし、だからホントにこれは巧妙な仕掛け方だったなという気がするし、今後の事で聞きたいんですけども・・・」


と中東の専門家に話を振る。

石原はコメンテーターよりも司会者の才能があるのではないか。
素朴な庶民目線でイデオロギーにまみれたコメンテーターの虚像を視聴者の目に晒すとか。

左翼・リベラル派は今回の事件を利用して、安倍首相の積極的平和外交を批判し、貶めようとしているという点で共通点がある。

「欧米にくっつかず」「日本独自の外交」をせよというなら、憲法を改正し、軍隊を持ち、アメリカ依存から少しでも自主防衛路線に転ずべきだが、そうでないところに彼らのロジックの矛盾がある。

なぜか?

彼等のロジックが中国を利するとすれば、彼らの存在の意味が分かるというものである。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:37  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(13)  |  EDIT  |  Top↑

2015.01.27 (Tue)


朝日バッシングは下らぬとテレ朝青木理コメンテーター

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 前エントリーで朝日新聞を集団提訴するニュースをご紹介したが、一方ではこのような動きを「下らない朝日バッシング」だとして朝日新聞を擁護する男が居る。

下らないワイドショー番組であるテレ朝「モーニングバード」の常連コメンテーターの青木理(元共同通信記者)である。

そのインタビュー記事を載せたのが、安倍首相を親の仇とばかりに連日貶めている日刊ゲンダイ。
とにかくそのアンチ安倍ぶりが病的なのだ。
口を極めて安倍首相を罵(ののし)る記事は狂気の沙汰である。

1234019.jpg

 世間ではアサヒ芸能と日刊ゲンダイがヨタ新聞として並び称されているらしい。
アサヒ芸能は読んだことが無いから知らないが、日刊ゲンダイはニュース特集版の見出しを見ただけで、あ、これは日刊ゲンダイの記事だなとすぐ分かる。

少し長いが、日刊ゲンダイの異様な青木理インタビューをPonkoの合いの手を入れてご紹介する。

日刊ゲンダイ(2015/1/26)
青木理氏「朝日叩きは社会が変質する中で起きた歴史的事件」

(なお元の表題は・・・

青木理氏「朝日バッシングは変質社会で起きた歴史的事件だ」

となっている。)

 昨夏来の朝日新聞をめぐるバッシング報道は、異常と言っていい。従軍慰安婦など誤報についての朝日側の対処に問題があるとしても、週刊誌やネットに「国賊」「売国」という言葉が飛び交い、記事を書いた記者が個人攻撃までされた。「抵抗の拠点から 朝日新聞『慰安婦報道』の核心」(講談社)を緊急出版した反骨ジャーナリストの青木理氏は、この問題を歴史修正主義がうごめく中での「歴史的事件」だと憂えていた。

――先日、朝日新聞が「信頼回復と再生のための行動計画」をまとめました。朝日としてはこれでひとつの区切りということでしょうが、どうご覧になりましたか。

1234020.jpg


 一刀両断にはしにくいけれど、率直に言ってしまえば、くだらない話だよね

――くだらない?

 今回の「朝日バッシング」の原因を考えれば、確かに朝日側のミステークがあった。吉田証言の記事を長年放っておいたミス。その記事を取り消したのに謝罪しなかったミス。バッシングに対処する過程でも池上コラムの掲載見送りなどの致命的ミスがあった。だから朝日に責任がないとは言わないけれど、そもそもこの騒動は朝日を叩きたい連中が仕掛け、じわじわと強まった圧力に朝日が屈してしまった色彩が濃い。その“総括”として朝日がいくら「行動計画」なるものを作ったって大した意味はない。朝日の人たちにしてみれば、「何とかこれで許してください」ということなんだろうけれど。

――一連の朝日バッシングを「歴史的な事件」とおっしゃっています。

 なぜこの時期に朝日がこれだけ叩かれたかといえば、まずは安倍政権の存在でしょう。現首相は朝日を露骨に敵視してきた。きっかけのひとつは、たとえばNHK問題(編集部注=NHKが放送した慰安婦問題に関する番組で、安倍らが事前に政治的圧力をかけたと朝日が報道、朝日VS安倍・NHKのバトルになった)。失敗に終わった第1次政権期、朝日に激しく批判された恨みもあるだろうし、根本的には、戦後民主主義的な価値への憎悪もある。この本の取材で朝日の若宮啓文・元主筆も言ってたけれど、彼は政界のサラブレッドでありながら、妙なコンプレックスみたいなものがある。つまり東大とかリベラル、あるいは進歩的知識人や文化人が大嫌い。その牙城のような朝日にガツンと言わしてやりたいとの思惑があった

(安倍首相を二流の私立大学出だと批判することは自ら天に唾するようなものだ。
東大=官僚=朝日新聞 に対するコンプレックスがあるなどという分析はまさに噴飯ものだ。
朝日新聞に対する集団訴訟を起こした原告団長の渡部昇一上智大名誉教授は安倍首相がいわゆる一流大学卒ではないからこそ自由な視点と豊かな発想を持つことが出来たとその著書で称賛している。
青木理も慶応大学の文学部では大きなことは言えまい)


――安倍VS朝日の延長線上で、ここまでバッシングが拡大したということでしょうか。歴史修正主義の広がりという点ではどう

(日刊ゲンダイ編集子は「歴史修正主義」だと聞いたようなレッテル貼りをするのが小賢しい)

現政権の背後にはもちろん、歴史修正主義のうごめきが横たわってます。かつての戦争にはいろんな見方があるんだろうけれど、基本的には悪いことをしたという反省の下、迷惑をかけた隣国に申し訳ないと思い、二度と海外で武力行使しないというのが戦後70年の歩みだった。かつての自民党だってそういう立場が主流だったのに、過去はもう忘れたいという連中が増えた。保守的というより、薄っぺらで反知性的なタカ派みたいな連中が増殖し、その極北が現首相です。しかも冷戦体制が崩壊し、いわゆる55年体制が過去のものとなる中で政治的なリベラル陣営はほぼ壊滅し、労働組合だって息も絶え絶え。そういう状況下、戦後民主主義的な価値をいまも表象している代表格が朝日だとみなされ、誤報というミスに乗じて一斉に攻撃が襲いかかった。逆にいえば僕は、そうした圧力に耐え切れなくなった朝日が慰安婦問題の一部記事取り消しに追い込まれたという方が正確だと思っているけれど、いずれにせよ、日本社会が戦後70年経って歪んだ変質を遂げつつある中で起きた歴史的事件だと考えています。

――それにしても、「売国」とか「日本をおとしめている」など、言葉の使われ方が異常です。それもメディアがメディアに対してそうした言葉を使っている。

(メディア同士が批判し合うのはおおいに結構。小さい産経新聞は怪物の朝日新聞に食らいついた。その度胸は称賛に値する)

 メディアの報道は、権力の監視を大きな役目とする以上、常に“国益”を損ねうる。しかし、政治の不正だろうが社会の問題点だろうが、あるいは自国の恥部だろうが、メディアがそれを果敢に暴くことで問題が顕在化し、改善に向けた議論が活性化し、将来的には“国民益”とか“市民益”につながっていく。これがメディアの仕事です。こんなこと、保守も進歩もリベラルも関係なく、メディア人共通の常識だったはずですが、そのタガが完全にハズレてしまった。

(メディアスクラムという国民に偏向思想を植え付けるタガがハズれただけのこと)

――メディア自身に病巣があるという見方もできますね。

 メディアに誤報はつきものであり、それに気づいたら速やかに訂正するのは大原則ですが、もっと悪質な誤報に頬かぶりしているケースなんて山のようにある。例えばイラク戦争。当時のブッシュ政権は「大量破壊兵器の脅威」をあおって侵略戦を繰り広げたけれど、そんなものはなかった。つまりブッシュ政権の言い分を垂れ流した報道はすべて誤報です。いくつかの欧米メディアは後に検証したけれど、日本の新聞は知らんぷり。数々発覚する冤罪事件だって、捜査当局の情報を垂れ流した記事は誤報だらけですが、きちんと検証したり訂正したなんて話、ほとんど聞かない。それは僕だって例外じゃないし、この仕事をしていたらみんな似たようなものなのに、素知らぬ顔で朝日の誤報をことさら叩く。異常です。当たり前だと思っていたことが当たり前じゃなくなっている。異常が常態化している。

(みんなやってるんだから朝日新聞だけ叩くな てか)

――一連の朝日バッシングで、結局、高笑いしているのは安倍首相ではないでしょうか。目に見えるような形で自らの手を直接下したわけでもなく、朝日が批判にさらされ、自滅した。福島原発事故をめぐる吉田調書の問題でもそうです。

 去年のメディア報道の中で、朝日の吉田調書すっぱ抜きは間違いなく最大の特ダネでしょう。なぜ「所長命令に違反 原発撤退」という部分に焦点を当てたのかは僕も疑問に感じるけれど、政府が隠す調書を公にしたこと自体、ピカイチのスクープだった。なのに朝日はその記事を取り消してしまった。修正や訂正なら分かるけれど、取り消しという虚報扱いしてしまったのは、メディアとジャーナリズムの将来に禍根を残します。

(真相は政府が吉田調書を隠したのではなくて、吉田氏は後に公表しないという約束で聞き取りに応じた。「僕も疑問に感ずる」などと白ばくれるな)

――吉田調書は、いったん原発事故が起きたら、指揮命令系統が利かず、メチャクチャになってしまうという現実をまざまざと見せつけました。あのスクープは、今後の原発再稼働をストップさせるほどの重要証言だったはずですが、そうならなかった。

(原発再稼働ストップだと? 民主党政権下で菅直人元首相の愚かさと吉田所長の命を張った非常事態の対応の重要証言だろう)

 5月20日に朝日がスクープして約3カ月、どこも調書を入手できなかったのに、朝日バッシングが始まった8月に産経が入手し、読売などが続いた。官邸のリークでしょう。しかも産経や読売は、調書の本質ではなく、朝日記事が間違っているという部分に焦点を当てた。政権にとっては一石三鳥でしょう。原発事故の凄惨な本質はさほど語られず、調書を非公開としてきたことも批判されず、憎き朝日叩きの材料に矮小化できたんですから。メディアは権力に踊らされた。戦後ジャーナリズム史に残る大敗北です。

――そんな安倍政権下で、日本社会の変質が「上部」から「下部」まで広がっているということですね。

 街角でヘイトスピーチをがなり立てている在特会やネトウヨといわれている連中など、さほど大きな力を持っていると僕は思いません。むしろ深刻に捉えるべきは、一般の人々の間にそうした空気がうっすらと積み重なるように醸成されているらしき現状です。嫌韓本や嫌中本があふれ、週刊誌が嫌韓や嫌中をあおる。テレビだって隣国の事件をことさら大きく扱い、「日本では考えられませんね」みたいなことを平気で語る。こういう状況が続くと、隣国を嫌悪し、自国を優越視する不健全な空気が拡散します。そういう「下部」構造が、安倍政権のような「上部」構造を支える。安倍政権なんて今後どうなるか分からないけれど、人々の間に広がる排他と不寛容の風潮は、一度蔓延すると容易に消せない深刻な病です。戦後70年を迎えて歴史修正主義や排他、不寛容のうごめきが強まっている現状は、心底憂鬱です。

(ヘイトスピーチ、在特会、ネトウヨの連中と批判するが、日本人が正しいナショナリズムに目覚めたのは中国と韓国のお蔭である)

▽あおき・おさむ 1966年、長野県生まれ。慶大文卒。共同通信社で社会部、ソウル特派員。06年からフリー。主な著書に「日本の公安警察」「トラオ」「誘蛾灯」「青木理の抵抗の視線」などがある。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

01:20  |  安倍バッシング  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |