FC2ブログ

2015.01.17 (Sat)


朝日、NHKらが米調査局の安倍批判に悪乗り

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

米議会調査局(CRS)がまた安倍首相は歴史修正主義者だと

 なんの権威も無い米議会調査局の報告書を利用して、NHK、朝日新聞、毎日ら反日メディアが安倍バッシングをしている。

なかでも朝日新聞の見出しは「安倍首相は歴史修正主義的」と尻馬に乗って安倍首相をバッシングしている。
「歴史修正主義」というレッテルでいつまでも日本を敗戦国として位置付けたいのがアメリカを始めとする「連合戦勝国史観」である。

 もうそろそろいい加減に日本も過去の歴史観を「正しく」修正して日本人の誇りを取り戻さなければならない。
アメリカ様の偏狭なナショナリズムに過ぎない米議会調査局の報告書を鬼の首でも取ったように喜んで、それがアメリカの総意であるかのように騒ぎ立てる日本のメディアに問題がある。

 米議会調査局は米議会の議員のために参考資料をテキトーにまとめている部署であり、必ずしも米議会の意見を反映しているわけではない。
勿論、その情報によって議員が影響を受けるという危険はあるが。
過去にも調査局は安倍首相を貶める報告書をたびたび出している。

2年前のテレ朝「モーニングバード」が「安倍首相はアメリカ国益損なう国粋主義者」という米議会調査報告書を取り上げていたが・・・

宮家邦彦
「中国の台頭を考えると、アメリカとしては日韓が仲良くしてほしい。だから日本は冷静に、誤解があれば解かないといけない。この報告書も議会図書館ですから、米政府とは全く関係ない。こんなものに一喜一憂しない方がいい

飯田泰之(駒澤大准教授)
「公式のものじゃないというのは重要ですよ」


しかし、左巻きの吉永みち子が反論する。

吉永みち子(作家)
「政治家はもっと言葉に注意してもらわないといけない」

宮家
「おっしゃる通りだが、誤解が多いと思う」

「反日勢力を斬る」(2013/5/10)

米が安倍首相を批判したとマスコミが大はしゃぎ

 安倍首相の新しい談話に期待したいが、このような四面楚歌の中で本音はなかなか言えないだろう。
時間を掛けて少しずつ匍匐前進していくしかない。
たとえ失望する結果になったとしても、安倍首相に代る日本のリーダーは居ないと覚悟して、反日メディア攻撃を続けていくしかない。

朝日新聞(2015/1/17)
安倍首相は「歴史修正主義的」 米議会が報告書で懸念
ワシントン=佐藤武嗣


 米議会調査局は15日までに日米関係の報告書を発表し、安倍政権について「経済成長を積極的に加速しようとしてきた」と評価する一方、歴史問題では「周辺国との関係を悪化させ、米国の国益を損なわせたかもしれない」との懸念を示し、戦後70年を迎える今年、安倍晋三首相の対応に「世界が注視している」と指摘した。
 報告書では、安倍首相を「ナショナリストとして知られる」と紹介。首相の過去の発言について、「日本帝国の他のアジアの国々への侵略や虐待を否定する歴史修正主義的視点を持っていることを示唆している」との見方を示した。 昨年の衆院選で自民党が勝利したことから「安倍首相が日米関係にプラスにも、マイナスにも影響を与え続ける」とも強調した。
一方、環太平洋経済連携協定(TPP)については、「交渉の成功が2015年の二国間の主要な課題になる」と交渉妥結に期待感を示した。
 また、安倍首相が昨年、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈を変更したことについては「防衛協力を発展させたい米当局者が大いに歓迎している」と指摘した。(ワシントン=佐藤武嗣)

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:12  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |