FC2ブログ

2015.01.13 (Tue)


ローマ法王 アメリカの原爆投下の惨事は前代未聞だと


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 戦後70年の節目である今年、中韓は日本に歴史戦争を挑み、日本が過去の桎梏から逃れられないように画策している。
戦後、戦勝国アメリカから植え付けられた敗戦国日本の歴史観を日本が見直そうとすると、米中韓はレビジョナリスト(修正歴史主義者)というレッテルを貼って許そうとしない。

 新年の挨拶でローマ法王が広島・長崎への原爆投下は人類史上最も恐ろしい惨事だと指摘した。
そこまではいいが、大戦の悲劇から国連が生まれたとして国連の果たす役割に期待を示したというのがトンチンカンだ。

 共同通信のことだから法王が何と言ったのか本当の所は分からないが、その国連はいまだに日本を敵国条項から削除していないし、アメリカに次いで二番目に金を出している日本の常任理事国入りは中国の拒否権行使で実現していない。
このように、ローマ法王が期待する国連はまったく機能していない。
事務総長が韓国の潘基文というのだから国連のお値打ちも知れたものだが。

日本は日下公人氏のいうように国連を脱退して第二国連を作ればいい。
日本の後を追って参加する国々が沢山居るだろうと言っている。

それははさて置き、非戦闘員である一般市民を原子爆弾で大量に殺戮した米軍はユダヤ人を虐殺したナチスと大差はない。
その戦勝国アメリカと日本が同盟関係にあるというのも皮肉な話だが、アメリカ人は原爆投下を正当化するために歴史修正を拒み、首相の靖国神社参拝に不快感を示すのである。

 原爆投下までさかのぼるとアメリカ様が怒るから、せめて東京裁判以降の戦後の歴史を見直す必要がある。
しかし、日本人としては、アメリカが原爆を落とした事に罪意識を持たせるように常に心掛けなければならない。

共同通信(2015/1/13)
原爆投下「最も恐ろしい惨事」 法王、新年あいさつで

 【アテネ共同】「1945年8月6日、われわれは人類史上、最も恐ろしい惨事の一つを目撃した」。ローマ法王フランシスコは12日、バチカンで行った各国の駐バチカン大使ら外交団に対する新年のあいさつで広島への原爆投下に触れ、今年が第2次大戦終結から70年に当たることを念頭に平和な世界を構築するよう訴えた。
 法王は、原爆投下について「前代未聞の新しい手段で、世界は初めて人類の破壊力のすごさを経験した」と指摘。大戦という悲劇の灰から各国の間に対話の意思が生まれ、国連の創設につながったとして、世界の平和と発展のために国連が果たす役割に期待を示した
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:31  |  -アメリカ  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |