FC2ブログ

2015.01.10 (Sat)


許せぬ植村朝日元記者の損害賠償提訴

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

盗っ人猛々しいを絵に描いたような男

 朝日新聞の慰安婦捏造の張本人である植村隆元朝日新聞記者が、おのれの潔白を主張し、批判した週刊文春や西岡力教授に対して名誉を棄損されたとして1650万円の損害賠償を求める裁判を起こした。

盗っ人猛々しいとはまさにこの事をいう。

産経新聞など批判的なメディアの取材は拒否し、受け入れてくれるメディアに寄稿する破廉恥な男である。

支援する弁護士は都知事選で敗れた元日弁連会長の宇都宮健児氏や、社民党の福島瑞穂前党首ら170人の弁護団とは恐れ入った。

まさしく日本を貶(おとしめ)ようとする左翼軍団である。
植村元記者が「自分は愛国者だと思っている」とは笑止千万。

「愛国者はおれのことだと売国奴♪」

ZAKZAK(2015/1/10)
元朝日の植村隆氏「不当なバッシングに屈するわけにいかない」
弁護団は170人


植村隆記者植村隆

 「私は愛国者だ」「朝日は元気を出して」。1991年8月に、元韓国人慰安婦の証言を初めて記事にした、元朝日新聞記者の植村隆氏(56)が9日、日本外国特派員協会で記者会見を開いた。記事に「女子挺身隊の名で戦場に連行」と事実と異なる部分があったことなどから、批判が殺到し、中には過剰なものもあった。170人の弁護団がサポートする植村氏は会見で、独自の主張を展開した。

 「私は捏造記者ではない。不当なバッシングに屈するわけにいかない」
 会見の冒頭、植村氏は約20分を費やし、『週刊文春』が昨年2月6日号に掲載した「“慰安婦捏造”朝日新聞記者」という記事を批判した。
 この記事で名誉を毀損されたとして、同日、同誌発行元の文芸春秋と、東京基督教大学の西岡力教授を相手取り、計1650万円の損害賠償などを求める訴えを東京地裁に起こした。
 訴状には、元日弁連会長の宇都宮健児氏や、社民党の福島瑞穂前党首と事実婚のパートナーである海渡雄一弁護士ら、170人の代理人(弁護士)の氏名と連絡先が5ページにもわたってズラリと並んだ。
 西岡氏は提訴を受け、「言論人が言論で批判されたのであれば、言論で返すべきではないか」などと、産経新聞などにコメントした。
 植村氏は会見で、91年の記事について「当時韓国では慰安婦を『女子挺身隊』と表現していた」と説明し、意図的な「捏造」ではなく「誤用」だという認識を強調した
 とはいえ、この記事は、植村氏自身が「慰安婦の生の証言が世界に伝わって、たくさんの慰安婦が名乗り出るようになった」と語ったように、朝日が誤報として取り消した吉田清治氏の証言記事とともに、慰安婦報道の“原点”の1つだ。本質的に異なる「慰安婦」と「女子挺身隊」を混同した記事が、韓国の反日団体などが主張する「慰安婦強制連行」説につながったという批判は日本国内に根強い。
 この点について、植村氏は「当時のことを調べたら、(91年)8月11日の記事はまったく韓国で報道されていなかった。『反日機運をあおった』といわれても、あおっていない」「当時は、同じようなスタイルの記事が他の新聞にもたくさんあった」などと語った。

 今回の会見では「誤用」に関する反省の弁は一切聞かれなかった。

 さらに、植村氏は「私は、自分では愛国者だと思っている」「日本がアジアの中で信頼される仲間になるための作業をしている」と持論を述べ、朝日の慰安婦報道について「『吉田清治証言』について謝罪して取り消した。ところが、私や私の家族がバッシングされ、(朝日が)萎縮している」との見方を示した。
 確かに、植村氏の家族や勤務先への嫌がらせや脅迫は、決して許されるものではない。
 植村氏は「朝日新聞には元気を出して慰安婦問題に取り組んでいただきたい」と、古巣への“エール”も口にした。
 だが、朝日が真っ先に取り組むべきは、慰安婦をめぐって虚偽の内容を30年以上も報じ続けたという事実を、もっと世界に発信し、日本の名誉回復に資することだろう。

(引用終わり)

 今日の産経新聞は社説で「言論人ならば、言論には言論で戦え」と批判している。
大学や家族への「脅迫」は決して許されるのものではないが、大学への抗議文は出して然るべきだろう。
中には成り済ましの脅迫者も居るという。
自作自演という部分も無いとは言えまい。
しかし、これで益々朝日新聞と元植村記者に対する怒りは燃え上がって来た。
日本の名誉を取り戻すための努力もせずに批判したメディアや学者を提訴するなどとはもっての外である。
それを支援する左翼弁護団、政治家も決して許すわけにはいかない。

産経新聞社説(同上)
元朝日記者提訴 言論の自由に反している

 元朝日新聞記者の植村隆氏が「慰安婦記事を捏造(ねつぞう)した」などの指摘で人権侵害を受けたとして、文芸春秋と東京基督教大学の西岡力教授に損害賠償と謝罪広告などを求める訴えを起こした。
 裁判を受ける権利はもちろん誰にでもある。だが、言論人同士の記事評価をめぐって司法判断を求めるのは異様ではないか。
 訴状によれば、植村氏は記事や論文などの指摘で社会的評価と信用を傷つけられ、ネット上の人格否定攻撃や家族への脅迫、勤務先大学への解雇要請などを招いた。こうした人権侵害から救済し保護するために司法手続きを通して「捏造記者」というレッテルを取り除くしかない-としている。
 植村氏の解雇を求めた大学への脅迫については、産経新聞も昨年10月2日付主張で「言論封じのテロを許すな」と題して、これを強く非難した。同時に文中では「言論にはあくまで言論で対峙(たいじ)すべきだ」とも記した。

 同じ文言を繰り返したい。

 自身や家族、大学に対する脅迫や中傷と、言論による批判を混同してはいないか。
 指摘の対象となった平成3年8月、元韓国人慰安婦の証言として書かれた植村氏の記事で「女子挺身(ていしん)隊の名で戦場に連行され」とした記述については、朝日新聞が第三者委員会の指摘を受け、その事実はなかったとして、おわび、訂正している。
 その後の植村氏の記事で、この元慰安婦がキーセン学校に通っていた経歴を知りながら触れなかったことについても、第三者委は「書かなかったことにより、事案の全体像を正確に伝えなかった可能性はある」と批判していた。
 訴状をみる限り、植村氏側はこうした朝日新聞、第三者委の判断や指摘を受け入れてはいないようだ。まず朝日や第三者委の見解に、言論人として反論することから始めるのが筋ではないか。 大学や家族への脅迫を、自らを批判する記事や論文が招いたとする訴訟理由には首をひねる。
 パリでは、イスラム教の預言者を登場させた風刺画などを掲載した週刊紙が襲撃され、編集長ら12人が殺害された。
 テロの誘発を記事に求めることが認められるなら、広義ではパリの惨事も報道が招いたことになる。そこに言論、報道の自由はあるのだろうか。

(引用終わり)

朝日新聞は自分に都合のいい人達に頼んで第三者検証チームを作り、その結果を発表させてお茶を濁した。
産経抄も「こうした事態を招いたのは、慰安婦報道に関する朝日の自己検証が不十分だったため」と批判している。

 しかし、植村元記者の愚かな行為で「寝始めた子を起こしてしまった」。
朝日新聞が第三者検証チームの結論で一件落着を図ろとしたが、これでますます朝日新聞が苦境に陥る。
いや朝日新聞はどんどん追い詰めて廃刊に持っていくことがこれからの日本のためである。

産経抄(同上)

たいがいの日本人は、年が改まると「明けましておめでとうございます」と喜び合う。新年になっただけで、なぜめでたいのか、いい年になったいまでも腑(ふ)に落ちない。ただし、「おめでとう」と挨拶をかわすだけで、思い出したくもない「旧年中の出来事」を水に流し、心機一転できる効用はある。

 ▼昨年末、慰安婦や福島第1原発「吉田調書」報道の責任をとって前社長が辞任し、後を継いだ朝日新聞の新経営陣のみなさんも心機一転、新年を迎えたはずである。不祥事の決着を「旧年中」に一応つけ、世間の注目も薄れるであろう今年は、反転攻勢に打って出ようと。

 ▼残念ながらそれは淡い初夢に終わりそうである。元朝日記者で慰安婦報道に関わった植村隆氏が、文芸春秋や西岡力東京基督教大教授に損害賠償を求めて提訴し、寝始めた子を起こしてしまった。

 ▼植村氏は平成3年8月、「女子挺身(ていしん)隊」の名で戦場に連行され売春を強要された、とする元慰安婦の証言を記事にした。これらの記事について週刊文春などが「“慰安婦捏造(ねつぞう)”記者」などと報じたことが名誉毀損(きそん)に当たる、というのだ。

 ▼週刊誌の報道以来、彼の勤める大学や家族への脅迫が相次いだという。許されざる卑劣な行為だが、植村氏も小紙などの取材から逃げ回ったのはなぜか。挺身隊と慰安婦を混同したことへの謝罪がないのはなぜか。言論ではなく、法廷での対決を選んだのは、同じ文筆を生業(なりわい)とする者として悲しい。

 ▼こうした事態を招いたのは、慰安婦報道に関する朝日の自己検証が不十分だったためでもある。経営陣は、元社員を支援するのか、無視するのか。小紙同様、「言論の自由」を至高のものとしているはずの朝日にとって厄介なお年玉となった

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:02  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2015.01.10 (Sat)


保守派言論誌「言志」12月号紹介

安倍政権言志


1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 錚々たる真正保守が執筆者する雑誌「言志」は桜チャンネルの水島総氏が編集する言論誌である。
安倍首相が解散総選挙に打って出た時、本号の執筆者達は既に入稿を済ませていたに違いない。
そういう意味ではタイミングが悪かったが、安倍政権の政策に焦点を絞ったのは当った。
第一部は安倍政権を支えるキーマンのインタビューで、稲田朋美政調会長との対談が秀逸。

 安倍首相になってから海外からの日本の注目度が非常に高くなった。
ドイツのメルケル、ロシアのプーチン、インド、オースラリアの首相からも評価が高い。
という。
朝日新聞社長の国会招致は表現の自由という観点から反対だ。報道機関自らが検証するのが筋だという。
稲田氏の言う通り、国会招致はなかったが、結局朝日新聞に好意的なお仲間中心の外部検証委員会の結論でお茶を濁してしまった。

大島
「私はもともと映画監督だから感じるんですけども、腹の据わった人間というのは、やはり態度に表れるんです。稲田さんはもともからそれがあった。これがなかなか素敵だと思うし、そこが国民にも相当期待されているんだと思います」


稲田朋美首相が実現することを期待する。

 安倍首相は「女性が輝く社会」と女性の社会進出に期待しているが、保育所をたくさん作って子供を預けさせ、女性を職場に追いやればいいというものではない。
女性洲の社会進出のために、外国人家政婦をたくさん移入させるというのもいかがなものか。
よほど慎重に進めないと他国に見るような様々な問題に遭遇することになるだろう。
妊娠したら海外追放というのも人権問題になる危険がある。
安易な移民や無節操な観光客の受け入れは日本人の文化的な生活を破壊する危険かある。
他国の失敗例に学ぶべきだ。

 第2部の朝日新聞問題特集では朝日新聞だけでなく、読売、毎日の責任も問うている。
関岡英之氏は自身の経験から産経新聞にも排除の体質があるという。
三浦小太郎氏も読売の"親中" 産経の"親米"は冷戦思考の残滓だと批判しているが、朝日新聞の慰安婦問題や河野談話が河野談合であったことの特ダネやその後の朝日糾弾の姿勢は是としなければならない。

「約束の日、安倍晋三試論」を書いた小川榮太郎氏は朝日的反日勢力体質根絶するために保守派が大同団結することを呼びかけ、国民感情を味方にするために教科書運動の再興を提案していたのが印象に残った。

ただ、本誌の意図するところではないかもしれないが、米中韓との外交問題についての言及がないことが物足りなかった。                            

言志(チャネル桜 ビジネス社 2014年12月 800円)
目次

巻頭言『日本』を消したかった人々………………………………水島総

大特集 安倍政権の本当の姿
I 安倍政権のキーマンに聞く
   稲田 朋美「どこまでも日本の名誉を回復することを求めて」
   本田 悦朗「現段階での消費税増税はやはり危険すぎる」
   片山さつき「日本が戦うべき国際情報戦・宣伝戦の現在」
   藤井  聡「税収を増やしたいならばまず "第二の矢" だ

Ⅱ 女性政策と移民問題
 「女性が輝く社会」は保育所の乱造より伝統的家族像の復活で訪れる……杉田水脈
 少子化問題の解決には伝統的家族観の見直しも必要だ……………川口マーン恵美
 子育て先進国ドイツから安倍総理の女性政策を激励する………………クライン孝子
 外国人家政婦は日本女性の救世主にはならない……………………………有木 香
 公の意識が欠如した中国人移民を日本社会は受け入れられるのか………福島香織
 男性諸君、その"国際結婚"は中国人女性による詐欺かもしれませんよ!…河添恵子
 安倍政権は"女性活用"という名のもと"白色共産主義"の虜になっている…桜井裕子
 "人口減で経済縮小"という嘘から目覚め無節操な移民に歯止めを…上村シーラ千香子

第2特集 問題は朝日新聞だけか?

I 朝日誤報・捏造問題から見る戦後日本
  読売・毎日も朝日に追随した"嘘の歴史"に向き合い身をただせ! ……高山正之
  "朝日新聞問題"の元凶は外務省の謝罪外交である……………………西岡力
  国民をだまし続けた朝日新聞は廃刊に追い込むしかない………………田母神俊雄
  "朝日流自虐論" は保守メディアの中にさえ存在する……………………三橋貴明   
朝日新聞が誤報を詫びて困るのは保守派である………………… ……中野剛志
  朝日的反日体質根絶のため保守派の大同団結を………………………小川榮太郎
  すべての人間を永遠にだますことはできない……………………… ……馬渕睦夫
  日本の新聞メディアを覆う"異論は排除する"という傲慢体質……………関岡英之
  メディオクラシーを撃て…………………………………………… ………西部邁
  「ひとのふり見てわがふり直せ」……………………………………………東谷暁
  日本の新聞をむしばむ″官僚権力迎合"という病…………………………田村秀男
  戦後マスコミは朝日に限らず "知的貧困"に満ちている……………………伊藤貫
  日本人よ、自らを縛り続ける々鏡張りの部屋々から敢然と飛び出よ!……上島嘉郎
  読売の "親中"、産経の 親米" はいずれも冷戦思考の残滓である… …二浦小太郎
 今や "歴史修正主義者" とは朝日新聞のことである…………………… …田中英道
 「真の世界」を遠い外国に求める心……………………………………………西尾幹二
 侮日知識人集団の利権構造…その増殖はなほ続いてゐる…………………小堀桂一郎

Ⅱ 朝日新聞を具体的にっぶす方法
  草の根の周知・抗議活動で朝日の収入源を断て……………………………水間政憲
 朝日の広告ビジネスモデルは崩壊寸前である………………………………渡辺哲也

Ⅲ 朝日の ″犯罪" を語る
 韓国の「慰安婦証言」の信憑性を問う!………………………………………大高未貴
  朝日新聞集団訴訟に向けて
  祖国をおとしめて喜ぶ新聞は日本にいらない!………高地勝彦・荒木田修・尾崎幸廣
 
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

00:59  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |