FC2ブログ

2014.12.25 (Thu)


第三次安倍内閣発足 各紙社説を検証する

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


第三次安倍内閣が発足した翌日の今日、主要各紙は社説でどう評価したか見てみよう。

●朝日新聞 「第3次安倍内閣 ―数におごることなかれ」     
●毎日新聞 「第3次安倍内閣 異論に耳傾ける政治を」

●読売新聞 「3次安倍内閣 経済再生と好循環を完遂せよ」
●産経新聞 「第3次安倍内閣 強い日本へ加速する時だ」

この見出しを見ただけでも、朝日・毎日タッグと読売・産経タッグの対立は明らかである。

 朝日・毎日は「(選挙に勝ったと言って)驕るな」とか「国の借金をなんとかしろ」とか「異論に耳を傾けよ」と安倍長期安定政権に好意的ではなく、色々と注文を付けている。
一方、読売・産経は安倍首相の積極外交と成長戦略に期待している。

朝日新聞は安倍首相が大勝した事が余程お気に召さないらしく・・・

「忘れてはならないのは衆院選で示された民意のありようだ。
 投票率は戦後最低の52・66%に終わった。自民党の小選挙区での得票率は、そのうちの48・10%。小選挙区で4分の3の議席を得たのは、「民意の集約」を重視した選挙制度の特性によるところが大きい。

選挙後の朝日新聞の世論調査では、自民、公明の与党が定数の3分の2超の議席を得たことには59%が『多すぎる』と評価。自民勝利の理由については、72%が『野党に魅力がなかったから』と答えた。
 これらを考えあわせると、与党が勝ったというよりも、野党が負けた選挙だったと見るのが妥当だろう


と、「民意が私の背中を押してくれた」とする安倍首相を容認しようとしない。

「(憲法改正、集団的自衛権、沖縄基地問題など)選挙戦であまり論じられなかったこれらの課題もまとめて認められたと解釈するには無理がある

と民意を否定している。

毎日新聞は朝日新聞のようにいつまでも選挙の正当性を疑問視することは諦めて・・・

「安倍内閣は国政選挙の公約で自民党が正面から掲げなかった政策を遂行するケースが目立ってきた。特定秘密保護法制定や、集団的自衛権行使を可能とする憲法解釈の変更などは今も国民の幅広い理解が得られたとは言えまい

憲法を論じることは大切だが、内外の課題が山積する中でいたずらにエネルギーを費やすべきではあるまい


と改憲に釘を刺す。

またアベノミクスについては・・・

「確かに株価は上昇したが、頼みのアベノミクスも実際には成果どころか、国内総生産は2四半期連続でマイナス成長を記録、円安に伴う物価上昇など負の側面も目立ち始めている。トリクルダウン理論に基づく政策が本当に成長をもたらすか、冷静に再考すべき段階だろう」

と否定的な姿勢を示している。

一方、読売新聞は安倍首相の「積極外交」を評価しつつも「政高党低」を懸念し、集団的自衛権や特定秘密保護法について、野党に対して「配慮した、丁寧な国会運営を心掛ける必要がある」と注文をつけている。

また成長戦略を強化し、日中韓首脳会談を急げとも注文している。

「領土や歴史認識で2国間関係全体を停滞させ、相手国に対する国民感情を悪化させるのは、双方にマイナスだ。首脳や閣僚の対話を重ね、接点を探る必要がある」

というが、相手国に対する国民感情を悪化させているのは中韓の方である。

以上の3紙に対して産経新聞の立ち位置は明確だ。

冒頭に・・・

「成長」「憲法」で成果を示せ

 第3次安倍晋三内閣の発足に先立ち、首相は「強く誇りある日本」をつくる決意を表明した。それは衆院選で国民が信任した路線であり、首相は言葉通り、山積する困難な課題に逃げることなく取り組み、実績を挙げてほしい。
 強く、誇りある日本がなぜ必要か。周辺国の威圧に負けないためにも、経済を揺るぎないものにすると同時に、国のかたちを整える必要があるからだ。


・・・と、「周辺国の威圧」に言及し、「国のかたち」を問うている。

「安倍首相よ驕るなかれ」という反安倍勢力に対しては・・・

衆院選で大勝しても、過去最低を更新した低投票率を理由として『おごってはいけない』との注文が相次いでいる。
 為政者がおごってはならないのは言うまでもない。しかし、『おごるな』という注文が『安倍政治』の路線を否定し、政策遂行のスピードダウンを迫る意味だとすれば、大きな間違いだ


ズバリと朝日・毎日の主張を切り捨てている。

アベノミクスについては成長戦略の強化を求めている。

≪首相が国のかたち語れ≫ という小見出しで・・・

「首相自身が憲法改正の必要性を具体的に説いていかなければ、国民の間に理解は広がらない。自民党任せではなく、自分の言葉で国民に語りかけてほしい。
 その際、日本の防衛を不備なままにしている憲法9条の改正は避けて通れない。国防軍の保持を明記した自民党憲法改正草案の意義を訴えるべきだ」


と憲法改正を急げと要求している。
ここまで強く憲法改正を主張しているのは産経新聞だけである。

最後に・・・

「小渕優子前経産相の問題は、説明責任が果たされていない。首相と自民党は自浄能力を示すべきだ」

と注文を付けている。

おそらく、産経新聞の憲法改正の要求に応えられるのは安倍首相しかいないだろう。
今後4年間の政局は予断できないが、政権担当の最後までに憲法改正の糸口を掴んでほしいものだ。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:26  |  2014衆院選  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2014.12.25 (Thu)


第三次安倍内閣にケチ付けるNHK「時論公論」

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍首相の憲法改正チャレンジを無視

 第三次安倍内閣の発足についてNHK「時論公論」はまたもやネガティブなに解説を行った。
NHKは「皆様のNHK」ではなくて「安倍様のNHK」だなどという左翼の言い掛かりはまったく間違っている。
「左翼様のNHK」「反日勢力様のNHK」なのである。

NHK「時論公論」(2014/12/25)
第3次内閣発足 安倍政権の行方 坂本勝解説委員

1234NHK01.jpg

坂本
「一強多弱の時代になりました」

1234NHK02.jpg

坂本
「来年の総裁選に勝って今後4年間の任期を全うすれば、戦後三番目の長期政権になります」

1234NHK03_201412250952184c3.jpg

坂本
「では本当にそういう風に上手くいくんでしょうか?
私はいくつかの課題を乗り越えていく必要があると思います」

1234NHK04_20141225095358e47.jpg

坂本
「今夜の記者会見で安倍総理はこの道をまっすぐ行けと国民から背中を押してもらったと言いました
ただ円安株高で物価が上昇した分に賃上げが追い付いていないために、実質賃金は下がり続けています。また地方や中小企業に恩恵が行き渡っていないことは安倍総理も認めています。
実は経済状況そのものが悪化しているのではないかという見方すら出ている状況です。
家計が厳しさを増して増税が先送りして社会保障の充実について見直しが必要になっております」


 まるで野党が安倍首相の失政を攻撃しているかのようである。

坂本
「安倍政権の前途が容易ではないことがわかります」

「アベノミクスが支持されたと言いましても、戦後最低の投票率の選挙だったという事はやはり深刻に受け止める必要があります。安倍総理にとっても戦後まれな長期政権の出発点が最低の投票率だったと後から言われるようなことは不本意でしょう
だとすればどうやって国民の支持を得ていくか。集団的自衛権、原発再稼働、沖縄の普天間基地移設問題と国論が分かれていても選挙で信任されたんだから『この道しかない』『従来どおりの方針で行くんだ」という姿勢では国民の本当の意味での支持を得るのは難しいと思います

坂本
「来年は戦後70年という節目の年になります。中国や韓国だけでなく国際社会全体が戦後の歴史に向き合い、議論が交わされることになると思います。(少子化、格差拡大など)戦後日本を築いてきた社会システム全体がいま揺らぎ始めています」


中国と韓国が歴史認識をタテに来年は日本を貶めようと着々と準備を進めている。
日本はこの歴史戦争の準備を急がなければならない。
しかしNHKにとっては他人事である。中韓に歴史戦争を仕掛けられると言う危機感が全く欠如している。

坂本
「戦後レジームからの脱却」を目指している安倍総理大臣ですけども、その理念が多くの国民に支持されるかどうか、それこそが今後の安倍政権の最大の課題になると思います。今夜はこの辺で失礼します」


 NHKはTBS「News23」の岸井成格氏ですら言及していた安倍首相の「憲法改正への意欲」を全く無視していた

岸井氏は・・・

岸井成格
「今日の会見で安倍首相は細かく一つ一つ(政策を)述べていたが、それが成功するかどうかがまず問われて来る。あと会見で印象深かったのは長期政権を前提にしているのだと思うけれど、宿願の憲法改正について『これは歴史的チャレンジだ』と語っていたのが印象的だった


と述べている。

 しかし、「成功するかどうかが問われる」などという言い方は解説でも何でもない。
これも単なる言い掛かりに過ぎない。
しかし、憲法改正という言葉に敏感になっている。

NHKは意図的に「憲法改正」を国民の目から隠蔽した。

あなたはこのようなNHKに受信料を喜んで払おうと思うだろうか。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

01:27  |  --反日NHKウォッチング  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |