FC2ブログ

2014.12.24 (Wed)


祝 第三次安倍内閣発足!

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


安倍政権第三次安倍内閣

 今日の衆参両院本会議で安倍首相が第97代総理大臣に指名され、第三次安倍内閣が発足した。

安倍晋三 328票
岡田克也  73(党首でもないのに。生活の党も投票)
江田憲司  41
志位和夫  18
平沼赳夫   3
以下略

 防衛大臣を固辞した江渡氏に代わる新しい防衛大臣に中谷・元防衛庁長官が起用された。
中谷新防衛相で思い出すのは、第一次安倍政権で安倍首相の辞任を強く迫った一人であるということだ。
安倍首相は谷垣幹事長や石破地方創生担当相のように取り込んでしまったのか。

折しも第3次安倍政権を祝福するかのような一文を読んだ。

「国民は安倍首相の憲法改正に向けての重い覚悟を受け止めよ」

というのである。

「閣僚も全員を再任予定」の予想だけ違ったが、安倍首相の解散の決意に政治家としての本気度を見たと言う。
マスコミは安倍首相の解散を「大義なき解散」とか「今のうち解散」とか批判し、揶揄していたが、いずれも安倍首相の覚悟を見損じた的はずれな誹謗中傷であった。

いや、穿った見方をすれば安倍首相の覚悟を知り、それに恐れ慄いて安部叩きに走ったとも言える。
いずれも戦後利得の享受者か左翼イデオロギーに凝りかたまった輩である。

 アメリカから押し付けられた憲法ではなく、自主憲法を制定して自分の国は自分で守る、自衛隊を世界の国々のように軍隊にする環境を安倍首相は今後最低4年かけてつくりあげて行こうとしているのである。

この最終目標である憲法改正への重い覚悟を国民は受け止めなければならない。

最後まで読むと、丸川珠代と書いてあるように見えて、何だ、身内の自民党丸川議員の「自党自賛」かと一瞬失望したが、よく見ると細川珠代とある。
かの有名な政治評論家・細川隆元氏を叔父とする細川隆一郎氏の娘さん(政治ジャーナリスト)であった。

ZAKZAK(2014/12/24)
【しっかりして!永田町】「憲法改正」安倍首相の重い覚悟を国民は受け止めるべき

 安倍晋三首相は24日、第97代の総理大臣に指名された後、直ちに第3次安倍内閣を発足させる。閣僚も全員を再任予定である。めまぐるしく動いた約1カ月も、終わってみればも何もなかったかのように安倍政権が粛々と続いていくのである。

 しかし、本当に「何もなかったのか」というと、そうではない。私は今回の選挙を行う決断をした安倍首相に、政治家としての本気度をみた。今後取り組むであろう政策課題を成功させるためには、今ここで選挙を実施しなければならなかったのである。

 安倍首相率いる自民党は、ほぼ現状維持の291議席を確保し、比例代表の獲得票数からも「圧勝」という結果は一目瞭然である。自民党と公明党で3分の2を超える議席を得た。

 ただ、野党陣営も、民主党が解散時から11議席増の73議席とした。維新の党も「半減もあり得る」といわれた当初の予測に反し、1議席減の41議席で踏みとどまった。自民党とは比較にならないほど少ないが、批判票も根強く存在したのである。

 安倍首相は、解散表明の記者会見で「自公で過半数を取れなければ退陣する」と明言した。「あえてハードルを低くした」という辛辣(しんらつ)な批判もあったが、有権者の不信感がそれなりに存在することや、決して楽観できない選挙だと分析していたのだろう。

 報道各社の情勢調査でいくら「優勢」といわれても、選挙は投開票するまで分からない。安倍首相や与党幹部が徹底して、民主党幹部の選挙区や激戦区に入ったことにも、これまでにない闘志・執念を感じた。

 どうして、それほど「安倍政権への信任」がほしかったのか。アベノミクスを加速させ、経済を本格的に回復させることはもちろんだが、安倍首相がその先に見据えているのは「憲法改正」に他ならないと思う。
占領下で押し付けられた憲法を「日本国憲法」としている限り、日本は真の独立国とはいえない。自衛隊が憲法の行間にあるような状態では、国民の平和と安全は守れない。本物の政治家なら「この状況に終止符を打ちたい」と思うはずだ。そのためには、あと2年では短すぎたのだろう


 安倍首相は衆院選勝利後の記者会見で、憲法改正について「自民党結党以来の主張だ」「国民的な支持と理解を深めるため、党総裁として努力していく」と語った。今回の衆院選で勝利したことで、国民に理解を広めていくための、4年という時間を確保できた

 どんな人も多忙を極める12月に、しかもまだ任期が2年も残るなかで、安倍首相はあえて選挙を断行した。その重く深い覚悟を、国民としてしっかり受け止めることが重要だ

■細川珠生(ほそかわ・たまお) 政治ジャーナリスト。1968年、東京都生まれ。聖心女子大学卒業後、米ペパーダイン大学政治学部に留学。帰国後、国政や地方行政などを取材。政治評論家の細川隆一郎氏は父、細川隆元氏は大叔父。熊本藩主・細川忠興の末裔。著書に「自治体の挑戦」(学陽書房)、「政治家になるには」(ぺりかん社)

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:39  |  2014衆院選  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2014.12.24 (Wed)


蓮舫氏、2位じゃダメだと党首選

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


蓮舫議員松島帆法相うちわ


 民主党の蓮舫氏が民主党代表戦に意欲を燃やしている。
口先だけのスタンドプレイで国会を劇場化し、愚かな観客の喝采を浴びているR4氏。
そんな愚かな有権者のお蔭で転がり込んだ与党の座も3年3ヶ月の失政のために失った。
それを与党になって民主党は保守的になったとするR4氏。
党首になって左に舵を切りたいらしい。

 口先だけのスタンドプレイの社民党福島瑞穂党首がテレビから姿を消してやれやれと思っていたが、今度はR4氏では堪らぬ。
民主党はどうあがいても先行きの見通しが無い。
解党してイメージを一新し、党名も変えて出直さなければ安倍首相を脅かす事は到底不可能である。
いやそれでも個々の議員の政治理念、歴史観、行政能力において自民党の議員にはかなわない。

 2位じゃダメなんですかと言ったR4氏、いやずっと2位でいいんですよ。
団扇かざしてスタンドプレイ、足を引っ張るだけで大事な政策論議もできない議員は国費の損失ですから。

日刊スポーツ(2014/12/24)
蓮舫氏、民主代表戦へ「挑戦」

 民主党の蓮舫元行政刷新担当相(47)は23日、自身のツイッターに「私は代表選に挑戦します」と書き込み、来年1月の党代表選に出馬する意欲を示した。出馬には国会議員20人の推薦人が必要。関係者によると、若手や中堅を中心に半数程度確保できるめどが立ち、今後女性議員らに支持を働き掛ける。「ハードルは高いです。でも向き合いたい」とも書き込んだ。
 蓮舫氏は「いつも若手が挑戦をしてきた」「いつからか、特に与党になってから保守的になった。今は下野したのに」と指摘。新鮮な顔ぶれが党再建策を議論することで、代表選を盛り上げたい思いもあるようだ。代表選には細野豪志元幹事長が出馬表明し、岡田克也代表代行も出馬の見通しだ。桜井充前政調会長も意欲を示している。
 地方議員からは、知名度が高く発信力を持つ蓮舫氏への期待が出ている。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

17:42  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |