FC2ブログ

2014.12.16 (Tue)


強い安倍首相を報じたワシントンポスト紙

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

米ワシントンポスト紙が、今回の選挙で信任を得た安倍首相に靖国神社に参拝するなと求めたと共同通信が伝えた。

産経ニュース(2014/12/16)
政治的行動は避けるのが賢明」靖国参拝にくぎ刺す 安倍首相“信任”でワシントン・ポスト

 米紙ワシントン・ポスト電子版は15日、衆院選で安倍晋三首相が国民の信任を得たとして、日本経済の再生へ「結果を出す」ことに期待を表明する社説を掲載した。同時に「政治的な行動は避けるのが賢明だ」として、靖国神社を参拝しないようくぎを刺した
 社説は安倍首相が日本では珍しい長期政権を築く見通しだと指摘し、アベノミクスの「第3の矢」である成長戦略の完遂を促した。環太平洋連携協定(TPP)では「農業分野における、より現実的な姿勢」が米国を動かすことになると訴えた。
 一方で「安倍氏は力の入れどころを経済改革から、議論が分かれる国家主義的な課題へとそらすかもしれない」と警戒感を示し「1年前のように、戦犯がまつられた神社を訪問すること」は考えず、経済再生にエネルギーを注ぐよう求めた。(共同)


靖国神社に参拝するなとは大きなお世話、内政干渉だと思い、原文に当ろうとワシントンポストの電子版から、以下その大意を翻訳してみた。

Abe emerging as a rare strong leader in Japan

安倍晋三、日本に類い稀なる強力なリーダーが現れた。

By Associated Press December 15 at 9:14 AM

共同通信(2014/12/15)

TOKYO Most Japanese prime ministers come and go, their names soon forgotten. Yasuhiro Nakasone was an exception in the 1980s as well as Junichiro Koizumi in the early years of this century. Now, Shinzo Abe could be emerging as one of the rare strong ones after a decisive election victory.

 日本の首相の名前は、今迄すぐに忘れ去られてしまう。
例外は1980年の中曽根康弘と今世紀の小泉純一郎ぐらいなものだ。
そして今回の総選挙の勝利で安倍晋三は類い稀なる強力な首相となるだろう。

It’s a surprising turn for a politician who flopped in his first stint as prime minister, succeeding Koizumi in 2006 and lasting just one year before stepping down, citing health reasons.

2006年の小泉政権の後継者として僅か一年、健康上の理由で敢え無く辞職した政治家の驚くべき復活である。

Since getting a second chance in late 2012, Abe has been one of the more effective prime ministers in recent years. Just surviving two years, longer than any of his five immediate predecessors, is an accomplishment in Japanese politics.

2012年の二度目の就任以来、安倍首相は5人の前任者の誰よりも長く首相を務める、近年で最も強力な首相である。

His economic revitalization plan, dubbed “Abenomics,” revived growth and boosted stock prices until the economy recently lost steam, and he also pushed through difficult changes in national security policy over a divided public.

安倍首相のアベノミクスと呼ばれる景気対策は経済成長を回復させ、株価を上げ、国論を二分する困難な安全保障政策の変革を推進している。

With a clear victory in Sunday’s elections, which he forced by dissolving the lower house last month, the 60-year-old Abe has reaffirmed his hold on power for up to four more years. Doubts remain about whether he can achieve his broader economic and political goals, which face opposition from both national security policy over a divided public.

14日の衆院選挙で大勝した60歳の安倍氏は今後4年間の政権担当を確実なものにした。
しかし、彼が広範な経済的・政治的目標を達成できるかどうか疑問は残る。
安全保障政策で国内を二分する反対があるからである。

But Abe sounds confident and determined.

しかし安倍首相は自信に満ち、その決意は固い。

“The victory gives us strength to follow through on our political will,” he said at a news conference Monday.

「今回の勝利で自民党の政策を今後遂行する力を得た」

と安倍首相は15日の記者会見で述べた。

The prospect cheers right-wing nationalists, who see Abe as one of their own. It equally causes consternation among liberals, who fear he is moving the nation away from its post-World War II pacifist path. The United States and other foreign partners have welcomed a leader with staying power who has gotten things done, though Abe’s nationalist leanings have strained ties with China and South Korea, both victims of Japan’s military aggression before and during World War II.

安倍首相の姿を自分に重ねる右派ナショナリストは今後の展望を喜んでいる。
同時に第二次世界大戦後の日本の平和主義から逸脱することを恐れるリベラリストはパニックに陥っている。
安倍首相のナショナリスト的な傾向は第二次世界大戦の軍事的侵攻の被害者である中国や韓国との緊張を高めてはいるものの、アメリカやその他の友好国は権力を持って物事を成し遂げる安倍首相を歓迎している。

Love him or hate him, Abe is setting himself apart from Japan’s tradition of revolving door prime ministers who last a year or so in office. Nakasone held on to power for nearly five years, and Koizumi slightly more. Political fortunes are difficult to predict, but Abe could well be on a similar track.

彼を好きであろうと嫌いであろうと、安倍首相は一年前後しか持たない日本の従来の「回転ドア首相」とは異なる首相になろうとしている。

“It’s possible he will be considered a great prime minister like Koizumi,” said Yu Uchiyama, a Tokyo University professor and author of a book on the Koizumi administration and how it influenced Japanese politics. “The problem will be defense policy or foreign relations, especially with East Asian countries. If he can manage these issues, he can be a great prime minister.”

「安倍首相は小泉元首相のように偉大な首相になる可能性がある」

小泉首相が日本の政治を変えたとする著者の内山融東大教授は言う。

「問題は防衛政策、特に東アジア諸国との外交関係である。安倍首相がこの問題を処理できれば、偉大な首相となるだろう」

Abe is benefiting in part from good timing. He led his Liberal Democratic Party ? a conservative party despite the name ? back to power in 2012 after voters lost confidence in the upstart Democratic Party of Japan, which ruled for three unsteady years, leaving the opposition divided and in disarray.

安倍首相はタイミングにも恵まれた。
彼は自由民主党(党名とは異なる保守党である)が民主党に敗れて下野した後、3年間の民主党政権に国民が愛想を尽かした2012年に復権した。

Voters are fairly evenly divided on Abe’s policies, but many felt there was no viable alternative to his party. So victory was virtually assured when he dissolved the lower house. His party alone won 291 of the 475 seats, and its coalition with the Komei party took a two-thirds majority.

投票した人達は安倍政権に賛否両論あるものの、大方の人は自民党に代る政党がなと思っている。
だから解散した時点で自民党の勝利は約束されていた。
自民党だけで475議席のうち291議席を獲得した。公明党との連立で与党は3分の2の議席を得た。

Abe’s survival suggests that he has inspired a least a measure of confidence among voters, and some like his more assertive stance toward neighbors like China at a time when Japan’s clout in the world is receding.

世界における日本の影響力が後退するなか、安倍首相のサバイバルは有権者を勇気づけ、隣国の中国に対する断定的なスタンスを歓迎する者も居る。

He has also tried to learn from the mistakes of his first administration, when his heavy focus on a nationalist agenda sent his popularity tumbling.

安倍首相は最初の政権でナショナリスト的な議題に焦点を当てた失敗から学ぼうとした。

“He was too ideological and he tried to rush those policies too quickly during his first administration,” said Hidetsugu Yagi, a conservative constitutional expert who is close to the prime minister. “Many people were puzzled over what he was trying to do.”

「最初の政権では安倍首相は理想に走り過ぎ、性急過ぎた」

と首相に近い保守憲法の専門家である八木秀次氏は言う。

「多くの人が安倍首相が何をしようとしているか理解できなかった」

While Abe doesn’t appear to have abandoned his nationalistic goals, including revising the country’s constitution, he hasn’t been too outspoken in that way. Instead, he boned up on economics and shrewdly made that his main focus.

安倍首相は憲法改正などのナショナリスト的な目標を放棄したとは見えない。
経済に焦点を当てているように見せ掛けている。

Abe is trying to follow in the footsteps of Ronald Reagan and Margaret Thatcher, who lifted countries out of slumps, said Yagi, a professor at Reitaku University in the outskirts of Tokyo.

「安倍首相は母国をスランプから立ち直らせたロナルド・レーガンやマーガレットサッチャーの足跡を辿ろうとしている」

と東京郊外にある八木秀次麗澤大学教授は言う。

He also has become more hard-nosed as a politician, Yagi said, describing his recent dissolution of parliament as very tactical.

「今回の衆議院解散は極めて戦術的であり、鼻っ柱の強い政治家になった」とも言う。

“I think he has become very wily, in a positive way,” he said.

「彼は良い意味で非常に狡猾になった」

Abe also has a role model in his grandfather, former Prime Minister Nobusuke Kishi, who held power for more than three years before resigning after ramming the U.S.-Japan Security Treaty through parliament in 1960, over huge public protests.

安倍首相には祖父の岸信介元首相というお手本がある。
岸は3年以上も権力を持ち、1960年に国民の猛反対をものともせず日米安保条約を締結した。

As a child, he often visited his grandfather’s residence and once mimicked demonstrators’ chanting “No to the security alliance,” he wrote in a book laying out his vision.

幼少の頃、安倍首相は度々祖父の家を訪ね、デモ隊の「アンポハンターイ」の口真似をしたと書いている。

Abe has praised Kishi’s move as an achievement that contributed to Japan’s security. Last July, he built on that legacy when his Cabinet approved a reinterpretation of Japan’s pacifist constitution that divided public opinion and could allow the military to play a larger role in the U.S.-Japan alliance.

安倍首相は日本の安全保障に貢献した岸元首相を称賛している。
その岸元首相の遺産の上に、昨年7月、国論を二分した日本の平和憲法の再解釈を閣議決定し、日米同盟での自衛隊の役割を拡大した。

“I think Abe is feeling a lot more confident and strong,” said Jeff Kingston, a professor at Temple University’s campus in Tokyo. “And when you see the body language of Abe and his key ministers, they are confident. These are not people filled with doubts. They are not worried about public opinion. They think things are going according to plan and going their way.”

「安倍首相は一層自信を深め、強くなっていると思う」

とテンプル大学東京キャンパスのジェフ・キングストン教授は言う。

「安倍首相と主要閣僚のボディ・ランゲージを見ると、彼等は自信に満ちている。疑念がない。世論を気にしていない。物事は計画通りに進んでいると考えている」
(終わり)

靖国神社に参拝するなとは何処にも書いてない。
保守派の論客八木秀次紙の言葉を引用するなど、極めて真っ当な記事である。
どうやら社説と勘違いしたらしい。
無駄な翻訳だった上に、版権侵害のおそれがあるが、折角なので敢えてアップする。
誤訳、珍訳は乞うご容赦。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:04  |  2014衆院選  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2014.12.16 (Tue)


安倍自民党の大勝を警戒する中国と韓国

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 安倍政権は国民の信任を受けて憲法改正という最終目標に向けて走り出した。
しかし、共産党が予想以上に躍進したことは反日メディアの情報を読み解くリテラシーがまだまだ脆弱であることの証左だ。
安倍首相の前途は厳しい。

 日本を敵視する中国と韓国は安倍長期安定政権になることを怖れている。
ということは安倍政権の正当性を証明しているとも言える。

 中韓は日本がこれ以上強くい国になることを警戒している。
日本共産党を始め日本の左翼は「安倍政権で日本は戦争できる国になる」とか「若者が徴兵される」とネガティブキャンペーンを張っているが、日本は戦争できる国にならなければいけないのだ。
戰爭しなくても済むために。

読売新聞(2014/12/15)
韓国主要各紙、自民党の大勝を1面で大扱い

 【ソウル=宮崎健雄】15日の韓国主要各紙は「『安倍機関車』が再び満タンになった」(朝鮮日報)などの見出しで、自民党の大勝を1面で大きく扱った。
 朝鮮日報は、安倍首相が野党にも党内にもけん制する勢力がないため「日本の首相としては類を見ない『大統領のような権限』」を行使する見込みで、「平和憲法改正の足場を確保した」と報じた。また、来年の戦後70年に合わせ、過去の植民地支配などを謝罪した1995年の村山首相談話を傷つける談話を出すだろうと警戒感を示した。

読売新聞(同上)
安保政策に警戒感…中国・新華社が衆院選で論評

 【北京=五十嵐文】中国国営新華社通信は15日、自民党が大勝した衆院選結果について、「今回の選挙の勝利が、安倍首相に新たな政治資源を注入したのは間違いない。憲法改正も早晩、(政治)日程に上がってくるだろう」とする論評を伝えた。
 論評は、安倍首相が「突発的なことがなければ、あと4年間首相を務める」と指摘。安倍首相の「侵略の定義は定まっていない」との国会発言や、集団的自衛権行使の容認と専守防衛は両立するとの主張などを改めて取り上げ、安倍政権の歴史問題への対応や安全保障政策に警戒感を示した。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:32  |  2014衆院選  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |