FC2ブログ

2014.12.15 (Mon)


自民圧勝!各紙の社説検証

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


前評判通り自民党の圧勝から一夜明けて各紙社説はどう主張したか検証してみよう。

毎度のことながら、安倍政権に対する朝日・毎日・東京の風当たりは強く、ネガティブである。
対するに読売・産経は安倍政権に対する期待が示されている。

●朝日新聞
自公大勝で政権継続 ― 分断を埋める「この道」に

●毎日新聞
衆院選 「冷めた信任」を自覚せよ

●東京新聞
「1強」ゆえに謙虚たれ 安倍政権継続へ

●読売新聞
衆院選自公圧勝 重い信任を政策遂行に生かせ

●産経新聞
自公圧勝 安倍路線継続への支持だ 規制緩和と再稼働で成長促せ


朝日新聞は・・・
勝ったからと言っていい気になるなよと言う。

「憲法に基づく民主主義は、選挙の勝利によって生まれた政権に全権を委任するものではない」

そんなことは改めて念を押すまでもなく、分かっている。

「そうした条件のもとで勝利を得た安倍首相は何をすべきか。過去2年の政策がみな信任され、いっそうのフリーハンドで政策を進められると考えたとしたら、間違いだ」

盛んにブレーキを掛けようとしている。

「富はやがて社会全体に滴り落ちるという「トリクルダウン」を悠長に待つのではなく、抜本的な底上げ策が急務だ」

安倍首相は悠長に待っているとは言っていない。

集団的自衛権の行使、特定秘密保護法、原発再稼働の3点セットの反対はいつものお約束。

最後はアメリカの大学教授の言葉を引用して・・・・

「投票日の翌日こそが、本当の始まりである」

などと言う。
確かに投票日の翌日から反日メディアスクラムの安倍政権叩きが始まっている(笑)

毎日新聞は・・・

「消費増税先送りを理由とした解散の大義には疑問がつきまとい、争点がつかみにくい選挙は異常な低投票率に沈んだ。それが厚い地盤を持つ組織型の政党に有利に働き、与党の議席を積み上げた」

 大義なき解散で低投票率になり、組織票が動いたから与党が勝ったというお馴染みのロジック。
「大義なき解散」と騒ぎ立て低投票率を呼び込んだのは反日メディアの責任であろう。
「大義が無い」ということは「選挙する必要が無い」 ⇒ 今のままの政治体制で良い ということは安倍政権を信任することであり、棄権して安倍政権を容認することにつながる。
また、組織票は民主党でも労組などあるのでお互い様だ。

「消費税率再引き上げを先送りしての解散・総選挙。「社会保障と税の一体改革」3党合意の当事者だった民主党も、首相の表明前からこの判断を受け入れ、争点にはならなかった」

これは嘘である。

「解散と言われてから民主党は増税はないと言い出したので争点にならなかった」と長谷川幸洋氏も言っている。

「低投票率は政権に批判的な人の多くが棄権した結果でもある」

棄権は白紙委任状である。
政権に批判的なら野党への投票行動を取る筈である。

「集団的自衛権」「特定秘密保護法」「原発再稼働」などを正面から論じなかったと与党の選挙活動を批判した上で・・・

「首相は何もかも授権されたかのように民意をはきちがえてはならない」

と釘を刺す。

東京新聞も集団的自衛権行使と原発再稼働を牽制した上で・・・

「選挙結果だけを見れば、有権者は当面、安倍政権の継続を認めたことになる」

そうではないというなら何のための選挙だったのか(笑)
それこそ600億だか700億円の無駄というものである。

低投票率だから民意ではないと東京新聞も言う。

「安倍政権の側はまず、全有権者の三割に満たない支持しか得られていないことを自覚しなければならない」。

「首相は選挙結果を安倍政権の信任と受け止め、政策遂行や政権運営の推進力とするに違いない」


首相は選挙後、まさしくそう言っている。
そうでなければ何の為の選挙だったのかということになる。

読売新聞は・・・

「経済政策『アベノミクス』を継続し、デフレ脱却を確実に実現してもらいたい。そんな国民の意思が明確に示された」

と選挙結果を肯定的に捉えている。

「今回示された民意を、新しい安全保障法制の整備、原発の再稼働など、世論の分かれる様々な重要政策の推進力として活用し、政治を前に進めることが肝要だ」

と方向は朝日・毎日・東京と真逆である。
アベノミクスについても朝日・毎日・東京は暗い部分を強調するが読売は明るい面を強調する。

「アベノミクスは、円安を実現し、株価を高騰させた。雇用情勢は改善し、賃金も上昇傾向にある。大企業と中小企業、都市部と地方の格差や、輸入品の価格上昇などの弊害も指摘されるが、アベノミクスの恩恵が全国に広がることへの期待は依然、根強い」

安倍首相の「電撃解散」が成功し野党は大敗した。
最大野党の民主党のアベノミクスに対する反論も具体性に欠けた。準備不足だったという。

そう言えば、自民党議員の誰かが「我々は民主党に負けたその日から次の選挙活動を開始した」とテレビで言っていたのが印象的だった。
民主党は他党に比べてダントツの100億以上の政党助成金をため込んでいながら油断して碌に使わなかった。

産経新聞は・・・

「『強い日本』を取り戻す路線を継続、加速することに国民は強い支持を与えた」

「内政・外交にわたり、第2次安倍晋三内閣の2年間の実績が信任を得たことに加え、デフレ脱却や安全保障体制の強化など諸懸案の解決が、現政権の枠組みの下で強力に推進されることへの期待感が示されたといえよう。」

と、今回の選挙結果を肯定的に捉えている。

「尖閣諸島をねらい、国際ルールを無視した海洋進出を図る中国の台頭」を念頭に集団的自衛権など安全保障を強化せよと朝日・毎日・東京とは真逆のスタンスである。

「今回の解散総選挙を野党側は大義がないと批判した。だが、有権者の関心度が高まらず低投票率を招いたのは野党側の要因も大きい。とくに政権交代を掲げず、過半数に届かぬ候補者しか擁立できなかった民主党の責任は重い」

と、健全な二大政党制を構築できない民主党の責任を問うている。

与党内で憲法改正の協議を始めよと促し・・・

「国益を守る現実的な外交・安全保障政策を持ちながら、与党とは異なる日本の再生策をまとめられる勢力の存在が不可欠だ。健全な民主主義のため、国家像を論じあえる受け皿の構築が急務だ。」

と野党の奮起を求めている。

国際環境を視野に入れ、憲法改正にも言及したのは産経新聞だけであった。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:48  |  2014衆院選  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2014.12.15 (Mon)


佐藤ゆかり議員当選にミヤネ屋絶賛!!

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


佐藤ゆかり佐藤ゆかり


 衆院選は予想通り自民党の圧勝となったが、民主党の海江田党首の落選は渡辺喜美議員の落選と併せて哀れを催した。
比例の最後の一人として当選した民主党の菅直人元首相などみっともない限りである。

 そんななか、大阪11区で民主党政権で幹事長をつとめた平野博文候補を1万3千票の差を付けて破った自民党の佐藤ゆかり議員は称賛に値する。
ニューヨーク大学大学院を卒業した英才で前職は証券会社エコノミストであり、美人である。
国会答弁でも頭の切れが分かる答弁をしていた。

稲田朋美政調会長とはまた違うタイプの女性議員である。

 比較して申し訳ないが、民主党の蓮舫、辻元清美、自民党の野田聖子、猪口邦子議員らが束になって掛かっても敵わない。
2005年の小泉元首相の郵政解散で愛知1区に落下傘候補として立候補したが、残念なことにリベラルの野田聖子議員の泣き落とし戦術に負け、比例で復活した。
その後、2009年に東京5区に鞍替えしたが落選。2010年参院選で当選。
ところが今回、参議院議員を辞職して衆議院選挙に挑戦し、自民党が勝ったことのない大阪11区で強力な民主党候補に挑戦して見事に当選した。 

 おそらく本人の意志とは関係なく参議院と衆議院を股にかけて歩き、選挙区の鞍替えに耐えた精神力はすごいと思う。
美人であるだけに週刊誌で数々のバッシングも受けた。
それに耐えた精神力も大したものである。

今日の日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」でも称賛の声が上がった。

日本テレビ「ミヤネ屋」(2014/12/15)
衝撃 自民圧勝 沈む野党
大物続々落選


佐藤ゆか佐藤ゆかり

宮根誠司(司会)
「この人もある意味すごいですねえ」

春川正明(読売テレビ解説員)
「そうですね。私も取材で選挙区に言ってお話しましたけど、『大阪に住む覚悟でやってるんですか』と聞いたら凄いキツイ目で見られた。(スタジオ内大爆笑)
 『参議院辞めてまで来てるんです』と言われたけど、この方の演説を聞いて成程なと思ったのは、地元の枚方のインフラが整ってないと。今まで民主党議員がやってて、どうしてこういう風になってるんだと。落下傘、落下傘とすごく非難する方が多いけれど、私は何のしがらみも思い込みも無くパッときた方(かた)しか見えないことがあるんだなという風にこの人の演説を聞いてて思いましたね
 たとえば枚方の淀川に橋が1本しかなくて、枚方に住んでる人はそれが普通だと思ってるじゃないですか。『地震が来た時に一本でいいんですか?』というお話をされたんだけど、これは地元の人ではなかなか言えないだろうなという思いがあった。」


 負けた平野博文候補は大臣までやった人だが、今までやったことも無い戸別訪問をしていたが、逆に言えば今迄労働組合に頼っていてそんな選挙はやっていなかったのではと思ったという。

宮根
「いやあ、しかし宮本さんね、佐藤ゆかりさんも参議院に行け、あそこにいけ、衆議院に変われ、あそこ行けと変わってはるわけですよ、いろいろと。普通だったら『もういい加減にしてくれ』てなるでしょう。
野球のピッチャーでもトレードになって、先発だ中継ぎだと変わるのと一緒ですから。」

宮本
「そうですねえ。ほんとに落下傘候補ですよねえ。平野さんを小選挙区で破ったというのは凄い事だと思いますねえ」

宮根
「これは五郎さん、佐藤ゆかりさんて安倍さんご褒美上げなきゃいけない程の活躍じゃないですか」

橋本五郎(読売新聞特別編集委員)
いや、これはねえ、誰でも彼でも出来るもんじゃありませんよ。その意味では非常にやっぱり強い女性だと思いますねえ

ZAKZAK(2014/12/15)
「落下傘」佐藤ゆかり氏が勝利 自民“鬼門”の大阪11区で

 「落下傘候補」として大阪11区(枚方市など)で当選を果たした自民党の佐藤ゆかり氏は「保守政治を取り戻してほしいという市民の危機感が一つにまとまった」と感謝の言葉を繰り返した。同選挙区はパナソニックの社員が多く住み、同社労組出身の民主党重鎮、平野博文氏の牙城とされ、過去6回中、平野氏が5回連続当選し、自民が勝ったことのない鬼門だった
 東京都出身の佐藤氏は2005年の郵政選挙で「小泉チルドレン」として岐阜1区で出馬し、比例復活で初当選。09年衆院選では東京5区で落選、10年参院選では比例代表で当選し、「政界の渡り鳥」と揶揄された。

 今回は地元府議から呼ばれる形で出馬。平野氏と前回、「橋下チルドレン」として平野氏を破った維新の党の伊東信久氏による三つどもえの戦いを自民、公明の地方議員らの支援を受けて制した。地元関係者は「平野、伊東両氏がともに比例で復活当選したように激戦の中、追い風を受けられた。平野氏がうちを意識し、労組による組織戦を改めたのも大きい」と振り返った。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:57  |  2014衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |