FC2ブログ

2014.12.14 (Sun)


自民圧勝!偏向テレビはどう伝えたか

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 自民党はマスメディアの予想通り圧勝し単独過半数の議席を得た。
投票率が低いから民意を表していないと批判する向きもあるが、棄権はある意味、白紙委任状と言える。

テレビ各局の選挙特番の一部をご紹介すると・・・

テレビ東京
池上彰の総選挙ライブ(2014/12/14)


 池上氏をどうしてテレビが持て囃すのか、まったく理解できない。

小泉進次郎議員に対する池上彰の愚問賢答。

池上
「原発にしても憲法改正にしても、小泉さん自身の声が聞こえないのですが」

小泉進次郎
「自衛隊の陸海空がありながら、憲法の『戦力は保持しない』というのは建前に過ぎない。自民党の議員は全員憲法改正だ。なぜならそれが党是だからだ。『自身の声が聞こえない』と言うが、自分は組織人だ」

池上氏は一本取られた。
少し付け上がっているのではないか。

【安倍政権はいつまで続く】


安倍自民党が圧勝するなか、有権者は安倍政権の存続を望んでいないという世論調査のデータを出して足を引っ張っている。

【安倍総理の"野望"を解剖!】

憲法を改正し、オリンピックの時も首相でありたいとう野望を安倍首相は持っていると下衆の勘繰り。
結構なことではないか。
長期安定政権で憲法改正、「戦後レジームからの脱却」を実現してもらおう。

日本テレビ「ZERO X 選挙」
安倍首相に村尾直撃
アベノミクスの今後
自民"圧勝で"どう変わる


チャネルを回すと、村尾信尚MCが安倍首相とのインタビューで自民党批判を続けている。

安倍首相は途中からイヤホンを耳から外して、一人でアベノミクスの効果を喋りはじめた。
村尾MCの問いかけも無視。

安倍首相
「村尾さんのように批判ばかりしていては・・・」

村尾
「私は批判してません」


それは嘘だろう。
散々ケチをつけておきながら。

安倍首相
「そちらの音がやかましくて良く聞こえない」


インタビューを終えて・・・

村尾
「しっかり聞くことが出来なかった」

TBS「乱!総選挙2004」


自民党候補者に「政治と金」のスキャンダルがあったことについて・・・

岸井成格
「選挙に勝ったからといって禊(みぎ)が済んだというわけにはいない」


でも有権者が再び選んだという事は禊が済んだのでは?

テレ朝「報道ステーション」
自民"勝利" 単独過半数
日本の行方は・・・


後藤謙次(元共同通信編集局長)
「2016年の増税の前に、安倍さんはもう一度解散を考える時期が来る」

藤岡信夫(テレビ朝日放送部長)
「今日勝った後、再来年の2016年の参院選がある。この勝ち方を見て参院選で有権者のしっぺ返しのようなことがあり得るかも知れない

これを人は「希望的観測」と呼ぶ。

フジテレビ「FNN衆院選2014」

FNN衆院選2014
宮根誠司と安藤優子がMC。
宮根は日本テレビでミヤネ屋をやっているから不思議な組み合わせだ。

櫻井よしこ氏が出演してアベノミクスの効果を主張していた。
反アベノミクスの急先鋒の小幡績(経済学者)を叩く。
家計簿おばさんの萩原博子のピントはずれなコメントにもやんわりと反論。

元旦のテレ朝「朝ナマ」でパネラーたちの安倍首相の靖国神社参拝の批判が続く中、熱血漢の山際澄夫元産経記者がただひとり安倍首相を支持した。
山際氏の要望で急遽、視聴者アンケートを取ることになり、番組間の最後に結果を公表したら、安倍首相支持が71%で出席者は茫然。
その時・・・

「まあ統計的にはあまり意味の無い数字だけどね」

とケチをつけた古市憲寿センセイも出席。

TBS「サンモニ」に時々出でくる怪しげな金髪の若者も参加。

櫻井女史は日中関係を論じて尖閣諸島問題で中国に譲歩したとする民主党の白眞勲議員の発言を訂正していた。
安倍首相は靖国神社参拝と尖閣諸島問題について中国に妥協するなと指示していたと。
中国が国際法に違反しているとも批判していた。

内容的にはフジテレビが一番見ごたえがあった。

なお、NHKは民主党の長島昭久議員を当選と報じたが、実は自民党候補に敗れて落選。比例で復活した。

NHKは誤報を謝罪した。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:45  |  2014衆院選  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2014.12.14 (Sun)


沖縄は独立せよと寺島実郎

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


反日メディアの中の最大の反日番組TBS「サンデーモーニング」で寺島実郎コメンテーターが沖縄の独立を促すようなコメントをした。
鳩山政権の元外交ブレーンで日米関係をメチャクチャにした寺島実郎氏はいつになったらおのれの過ちに気付くだろうか。
いやそれが彼が中国から与えられた使命だから死ぬまで遂行することだろう。

TBS「サンデーモーニング」(2014/12/14)
普天間移設は・・・
翁長新知事が就任


サンモニサンモニ1214

 知事選に敗れて退任する仲井真弘多前知事が・・・

「普天間基地への移設を心から祈念する」

と辞任の挨拶をした。
一方、新任の翁長知事は・・・

「辺野古埋め立ての取り消しか撤回を求める。基地は作らせない」

と宣言した。

県知事の分際で国の防衛政策に反逆し、国を危うくすることが許されるのか。
「そこまで言って委員会」では新知事は沖縄を占領しようとする中国に完全に籠絡されているとの事だった。

関口宏(司会)
「さあどうなりますか」

寺島実郎
「いまワシントンにね。沖縄に事務所を出すってのが話題になってましてね。それはどういうことかと言うと、やっぱり沖縄がですね、あまりにも無責任な本土のですね、沖縄に対するスタンスに対して、自治だとかですね、自立だとかっていう方向に向けて自覚を深めてってんのかな?と。
 つまり世界的に言うと、例のスコットランドだとか・・・」

関口
「はー!」

寺島
「それからスペインのカタロニヤだとかですね、その独立自尊っていうような考え方が出て来ているなかでですね、沖縄に対する考え方を我々が根底から考えなきゃいけないのかなっていう気がしますね」

関口
「あ、そうですか」


 寺島コメンテーターのいつもの「ワシントンが・・・」というガセネタの類いであろう。
沖縄に事務所を出したがっいるのはワシンシンではなくて北京だろう。
その北京の意向を受けた寺島発言であろう。

沖縄を独立させよというのは中国が泣いて喜ぶ論法であり、日本の国益に真っ向から反するものである。

 安倍政権はマスメディアを弾圧しているそうだから、いっそのことこのような日本の国益に背くコメンテーターたちを駆使しているTBSの放送免許を剥奪したらどうだろうか。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

15:55  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2014.12.14 (Sun)


今日、自民党を選ぶこれだけの理由

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 ポリタスという総選挙を特集したウェブサイトがある。
アンチ安倍政権の投稿に満ち溢れているなか、高橋洋一嘉悦大学教授の解説が目を惹いた。
自民党と民主党の金融政策の違いを明確に説明しているのだ。

 それによれば、就業者数が民主党政権時代に50万人減ったのが、自民党政権になって100万人増えたとグラフで説明している。
これはアベノミクスの成果だという。
安倍首相も選挙演説で繰り返し主張しているが、グラフを見ても歴然としている。

就業者数就業者数

 高校生の就職率が20何年ぶりの数字を示したとNHKが伝えていた。
景気が良くなることを見越して企業が採用を急いでいると解説していた。

民主党などは、非正規が増えたので正規でないという。まったく反論になっていない。正規でも非正規でも職があるほうが、無職よりいいのは自明だ。それに増加に転じる時には非正規がまず増える。この意味で良い方向であることは間違いない。今の政策を続けていけばいいという根拠でもある。」(高橋洋一氏)

前回の選挙では民主党や反日メディアが「ジミンガー」と盛んに言っていたが、今や「ヒセイキガー」である。

高橋氏は「雇用政策は金融政策である」とし、各党の金融政策を比較した上で・・・

「本来雇用重視の左派政党が国際レベルから見るとお寒い状況だ。かろうじて国際レベルなのが自民党だけではちょっと政策論争しようにもできないだろう。」

と野党の政策をこき下ろしている。

アベノミクスで中小企業はバタバタと倒産していると民主党はいうが、実際は違う。

倒産件数倒産件数

 「金融緩和で株価が上昇すると、半年後には金融緩和は就業者数も増やしているのだ。これは、金融緩和は、金持ちだけでなく、職のない弱者にも恩恵を与えていることを示す。
繰り返しになるが、政権運営としてもっとも重要なのは、国民に職を与えられるかどうかだ。
それは経済政策であり、同時に社会政策である」(高橋氏)


投票日の今日、あなたがどの政党を選ぶか、もう決まったようなものだ。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

ポリタス(2014/12/13)
【総選挙2014】各党の経済政策の比較は金融政策を見よ
高橋洋一嘉悦大学教授


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

01:10  |  2014衆院選  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |