FC2ブログ

2014.12.12 (Fri)


秘密保護法反対!集団的自衛権反対!でも自民党??

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 総選挙の投開票日を2日後に控えて、相変わらず有権者の関心は「年金・医療・介護・子育て」が最多の33%だと毎日新聞が伝えている。
国民の大半は自分の暮らしの事だけを考えるのが精一杯で、安全保障だの外交だのはどうでもいいのである。

 だからこそ政府は国民のかわりに国益を率先して追及していかなければならない。
産経新聞は今日の朝刊で憲法改正を封印した安倍首相を咎めているが、いまこの時期に憲法改正を声高に叫んでも百害あって一利なしだ。
新聞が理想を追うのは正しいが、安倍首相はまず勝たなければ憲法改正もできない。

 毎日新聞の世論調査では特定秘密保護法も集団的自衛権も反対が賛成を上回る。
そのくせ「比例代表での投票先は自民がともに22%でトップだった」とはどういうことか。
B層はマスメディアが反対しているからなんとなく反対し、にもかかわらず、それを推進する自民党に投票するとは支離滅裂である。
それは反日メディアに頭の半分を洗脳され、残りの半分で安倍政権を評価しているということだろう。

毎日新聞(2014/1211)
2014衆院選:秘密保護法「反対」49% 集団的自衛権「反対」51%−−毎日新聞世論調査

 毎日新聞が9、10両日に行った世論調査で、国家機密の漏えいに厳罰を科す特定秘密保護法について聞いたところ、「反対」が49%を占め、「賛成」の30%を上回った。同法は10日に施行されたが、国民の知る権利が脅かされることへの懸念が強いことが浮き彫りになった

(中略)

集団的自衛権の行使については、「賛成」35%に対して「反対」は51%だった。
(中略)

しかし、特定秘密保護法に反対の人でも、集団的自衛権の行使に反対の人でも、比例代表での投票先は自民がともに22%でトップだった。

(中略)

衆院選で最も重視する争点を尋ねたところ、「年金・医療・介護・子育て」が最多の33%、「景気対策」が26%。原発・エネルギー政策が9%と続き、「外交・安全保障」は4%にとどまった。

(引用ここまで)

 国民の感情が反日メディアの洗脳で引き裂かれてることを示すもうひとつのデータは同じ毎日新聞で報じられている。
10万人の調査で56%が原発は必要ないとし、一番イライラしている。
政治の現状を「たのもしい」と感じる層では76%が原発は必要と回答したという。
反日メディアが一部の国民をイライラさせ、原発反対、安倍政権の否定に走らせている事がよく分かる。

毎日新聞(2014/12/12)
えらぼーと:2014衆院選 10万人突破 
原発「必要ない」56% 政治への感情、6割否定的

イライライライラ

 インターネット上で政党・候補者との一致度を測れる「毎日新聞ボートマッチ・えらぼーと 2014衆院選」(http://vote.mainichi.jp/47shuinsen/)の利用者が11日、10万人を突破した。10万人の回答を集計したところ、政治への感情を問われて「イライラする」(37%)、「かなしい」(21%)と否定的な回答をした利用者が6割近くに達した。ネット利用者は原発問題への関心が高い傾向にあるが、いら立ち・悲観層は特に脱原発を求める意見が強い。
 原発は日本に必要かについて10万人全体では56%が「必要でない」、36%が「必要」と回答。政治への感情別にみると、いら立ち層は63%、悲観層は72%が「必要でない」だった。「なんとも感じない」という無感情層では「必要」が49%で「必要でない」の39%を上回り、政治の現状を「たのもしい」と感じる層では「必要」が76%に達した。アベノミクスの評価でも同様の傾向が鮮明になった。
 えらぼーとは誰でもネットで利用できるため、選挙の有権者ではない20歳未満も含まれる。政治への関心が比較的高い層が中心とみられるが、いら立ち・悲観層の割合は電話による全国世論調査と同程度となっている。
 戦争放棄を定めた憲法9条の改正については、政治に頼もしさを感じる層は79%が賛成なのに対し、いら立ち層は63%、悲観層は73%が反対と回答。政治の現状に否定的な層には、改憲への警戒感が強いこともうかがわれる。【石戸諭、大隈慎吾】


 もう反日メディアの呪縛から解き放されて、安倍首相と共に「憲法改正」、「戦後レジームからの脱却」、「(正しい)歴史修正」に向かって邁進することがあなたを幸せにするのである。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:02  |  2014衆院選  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2014.12.12 (Fri)


麻生副総理の失言も忘却の彼方へ

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 記事のアップを忘れている間に、マスコミの麻生叩きも収まったので、いまさら眠った子供を起こしたくはないが、取り敢えず投稿する。

マスコミ各紙は自民党の圧勝を予測し、このあと自民党がコケるのは閣僚の失言だと手ぐすね引いて待っていた。
その失言の主は麻生財政・金融相になるだろうという予想さえされていた。
そこへ この失言だ。
あえて失言という。

 内容が間違っているとか間違っていないとか言う前に、こう言えば足を掬われるという警戒心がまったくない麻生氏には自民党支持者として腹が立つ。

反日メディアはシメタッ!とばかりに麻生失言を利用している。

TBS「News23」(2014/12/8)
麻生副総理の発言で波紋
「子供を産まないのが問題」


昨日の札幌市の麻生副総理の講演での発言を紹介したうえで・・・

海江田民主党党首
「2007年の『女性は子供を産む機械』と言った厚生労働大臣の事を思いだした。やっぱり自民党はいくら女性が活躍する社会をつくると言っていても本心ではやっぱりそういう考え方だ」


と街頭演説で自民党を批判。

ナレーション
「こうした批判を受け、麻生氏は今日夕方の演説で、女性が子供を生みやすくするために環境整備を進めることが重要たという趣旨でだったと釈明した」


今回は珍しく岸井成格センセイのコメントもなく、事実だけを1分33秒費やして報じた。
(「女性は子供を産む機械」(柳沢伯夫氏)をテレ朝が猛批判し、当時の橋下徹弁護士が擁護した記事は⇒こちら)

テレ朝も連日しつこくこれを報道している。

テレ朝「報道ステーション(同上)
麻生財務大臣"円安株高で・・・
「儲からないの経営能力のせい」


(1分40秒)
古館アナも恵村論説委員)も敢えて解説しない。

テレ朝「モーニングバード」(2014/12/9)
「少子高齢化は子供を産まないのが問題」発言で波紋


女性
「とっても女性として傷つく方が沢山いらっしゃると思います」

男性
「そういうことを簡単に言うっていうのは問題を感じますけど」

女性
「言い方の問題だと思ってますので、多分本当にそうは思っていないと思うんですけど」

ナレーション
「官邸は火消しに動いた」

世耕官房副長官(記者会見で)
「そこの言葉尻だけつかまえるのはどうかと思いますよ(以下略)」

赤江珠緒(キャスター)
非常に想像力に乏しい発言だと思います。それ以外にも高齢者と若者の対立構造のように仰ってますけど、少子化になることはずうっと前から分かっていた事で、それに対して財政とか社会保障のお金とかどうやっくかという問題もあると思います」


珠緒くんは副総理を相手にそこまで言うか。
いつからコメンテーターになったのだ。

羽鳥慎一(司会)
「不妊治療クリニックに本当に沢山、ご夫婦とか女性とか行ってるわけですから、そういう人はやっぱり聞くと、もうかなりショックを受けるわけですよね。これは大きな問題だと思いますね」

赤江
「はい。野党は猛反発しています」


麻生失言麻生失言批判

羽鳥
「こう言われてもしょうがないですね」

(2分45秒)

テレ朝「報道ステーション」(同上)
「生まないのが問題」発言


麻生氏釈明 野党は批判麻生氏の発言に反発する海江田(民主党)、江田憲司(維新の会)のコメントを紹介。

麻生氏が苦々しい顔をして記者会見で釈明していたが、みっともない。

麻生
「日本の場合は少子高齢化になっている。昔みたいに働く人6人で高齢者1人の対応をしていたものが、今どんどん子供を産まないから、なんか高齢者が悪いようなイメージを作っている人が一杯いるけど、子供を産まないのが問題なんだからね。長生きしたのが悪いことなんか言ってもらっちゃ困りますよ」


麻生太郎麻生太郎

 独特の麻生節だが、保育所が足りなくて「子供を産めない」という連中に絶好の攻撃のチャンスを与えてしまった。

 子供を産めない状況にあることも事実だが、自分たちが生活をエンジョイするために、あるいは一人の子供に高教育を受けさせて一流会社に勤めさせてという親の欲目で子供を産もうとしない夫婦がいることも事実だ。
ここでのポイント後半の高齢者が悪いと言うなという所である。
このブログでも高齢者が悪いというコメントをする常連が居るが即削除している。

 確かに高齢者にも悪いと言う点はある。
近くの整形外科に毎朝早くからたむろして、「今日は何とかさんが来てないけどどうしたかな」などと世間話をしている。
病院が老人たちのサロンになっている。老人臭が立ち込めていた。
会計はなん百円の単位で、後期高齢者の1割負担。あとは税金だ。

しかし、最近はばったり老人たちの姿が消えてむしろ寂しいくらい。
死んでしまったのか、動けなくなってしまったに違いない。
立ち込めていた老人臭も消えてしまった。

老人にもピンからキリまであるが、やはり基本は大事にしてあげなくてはいけないのだ。

Q 不適切だったという御認識は?
麻生「ありますね」


時間が無くて省いてしまって誤解を招いたと釈明したが、いつもの麻生節である。

ナレーション
「麻生大臣の発言はほかにもある」

麻生
「会社は儲かってるはずですよ。2年前より悪くなっている業界があったら教えて。よほど経営者の能力が無いか、運が無いか、ほとんどの企業は儲かってますよ、間違いなく」


「運が悪いか」と付け加えたところで少々救われるが、経営難に苦しんでいる中小企業の経営者は自民党には投票しなくなるだろう。

甘利経済財政相が麻生副総理は「時々『てにおは』の使い方を間違ってしまうということがある」と苦しい弁明をしていた。

海江田民主党党首と江田憲維新の党党首が街頭演説でここぞとばかりに麻生失言を批判していた。
劣勢な選挙をくつがえす絶好のチャンスだとばかりに。

麻生氏の釈明会見で失言騒動は収まるかどうかは分からない。
しかし、これで自民党に行く筈だった票がかなり失われることは間違いない。

安倍首相は僚友麻生氏の失言にほぞを噛んでいる事だろう。

【追記】
しかし、反日メディアの麻生叩きは盛り上がらずに終息した。
偶然と言うか、予期した通りと言うか少し前に自民党から在京テレビ局に中立・公平な報道をというお達しがあった。
それがだいぶ効いたのかなと推察する。

政治評論家の有馬晴海も似たようなことを書いていた。

東洋経済(2014/12/11)
安倍首相、7年前の参院選リベンジ達成か
今回の衆院選を日本一早く「総括」する


【「解散の大義」に反応薄の国民、首相の執念が勝るか】
(抜粋)

 無風で怖いのは、一発のホームランである。野球で両チームともに点が入らない緊迫した試合を決するのは、大抵の場合、不用意な一球と失投を逃さないホームラン。失投は、気の緩みだが、各紙の世論調査の結果が自民党に良すぎる余り、党幹部は候補者に文書で通達し引き締め、「失投の予防」をはかる。
 また、一発の被ホームランを避けるべく、各マスメディアに「報道の中立を求める」文書を送り、一発大逆転に対しても注意を払う。結果、自公与党にとって計算通りの手堅い選挙となり、勝利を確実なものにする選挙戦が展開されている。
 7年前の参院選では、「宙に浮いた5000万件の年金」問題で安倍自民党は大敗を期し、総理辞任の引き金になったが、その轍は二度と踏まないという信念が感じられる。再度総理に返り咲いてまで、憲法改正を成し遂げたい、それまでは辞められないという安倍総理の並々ならぬ堅い意志があり、今回の衆院選はその思いが表れた選挙だといえる


今朝の産経新聞は憲法改正を選挙運動で封印した安倍首相を批判していたが、せいては事を仕損ずる。
安倍首相 頑張れ!

 選挙まで3日もないのに、いまだに「選挙の大義」などと馬鹿なことを言っている自民党議員が居る。
小泉進次郎議員である。
野党議員ですら「解散の大義」は票にならないと見て言わなくなった。

 最初のツカミにご当地の方言で挨拶するのが彼の手だが、「選挙の大義」もある意味B層への迎合だ。
そこを反日メディアが特に取り上げて報道する。
だから無駄な迎合は止めた方がいい。
小泉進次郎はまだ若すぎる。
安倍首相は時間を掛けていずれ後継者として育てて欲しい。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

12:29  |  2014衆院選  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |