FC2ブログ

2014.11.12 (Wed)


解散の大義がないとTBS

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


反日メディアは解散総選挙に大反対、安倍長期政権が出来ては困るのだ。
戦後利得者は安倍首相の「戦後レジームからの脱却」が実現しては困るのである。

TBS「Nスタ」(20014/11/12)
なぜいま解散? 消費税めぐり強まる"解散"

飯田康之
「選挙によって何をしたいのかというと、党内の統制を高めたい、つまりは現在自民党の党員の多くは消費増税賛成を投じて当選して来てます。彼らに消費増税反対に回ってもらうためは、言質を取らなきゃいけない、踏み絵を踏まさなきゃいけないという意味で、自民党内の都合のために選挙をしてるような形になってしまう。僕自身は今は解散すべきではないと思ってるんですけども、むしろこれだけの多数を持っていて、安倍首相とその閣僚たちが景気を配慮して消費増税の先延ばしますとガンと言って党内をしっかりと固めれば解散しないで済むじゃないですか。
なのに解散という形を使って党内の統制を高めるというのは決していいことではないと思いますね。お金もかかります」


 飯田康之氏もかつては局側の意向を無視した発言をしたり、局側にこう言えと言われたと内情を暴露したりしていたが、最近はめっきり局側のお抱えコメンテーターに成り下がってしまった。

松岡ゆみこ(タレント)
「やる必要は一切ないと思うんですけどもやる方向に行ってるんですね」


 タレントは政治に口を出すなって。
どうせ局側が用意したコメントを口にするだけなのだから。

飯田
「内閣は改造で弱くなり、解散で強くなると言う格言がありますから」


 確かにその格言はあるが、最近では2005年の小泉元首相の郵政解散で自民党の議席数は212から296に上がったものの、2009年の麻生政権の解散では自民党は300議席から119議席に減らして民主党に政権を明け渡した。その民主党も2012年に野田前首相が解散し、議席数を230からなんと57に減らして大敗の末、自民党に政権を明け渡した。
だから解散で必ずしも強くなるとは言えないのである。

押尾正明MC
「女性活躍に関する法案とか、地方創生の法案とか揉まれてるのに、廃案になる可能性もあるし、選挙には629億円もかかる」


自公「12月14日投票」で準備へ
「党利党略で解散」野党は反発
自民党からも「大義ない選挙」


永江孝子(民主党前衆議員)
「党利党略で解散を打つという事に対して不信が大きいですよね。野党は出来るだけ協力してそんな政治でいいのかと強く訴えていく」


前回落選したなら選挙になって嬉しくはないのか。

解散の大義解散の大義

佐古忠彦
「これらの重要法案が廃案になるのですね」

竹内明
「そうですね。解散を優先してこれらの法案を廃案にするということになれば、解散の大義が問われる事になりますね」

「労働者派遣法改正案」は野党の方から廃案にせよと言ったのではないか。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:58  |  2014衆院選  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.12 (Wed)


安倍首相は「解散しない」と言えと大谷昭宏

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 解散風が吹き荒れて永田町は大混乱。
そして何より反日テレビ各局が大騒ぎ。

 解散は総理大臣の専権事項だと言いながら、なぜ「解散しない」と言わないのかとコメントするコメンテーターのアホさ加減に呆れて文字起こししてみた。

 ネズミ男こと大谷昭宏コメンテーターは、野党が選挙で争点を突き付けろというが、そんなことは当り前田のクラッカー(古い!)なのである。

 選挙で700億円かかろうが、それで印刷屋が儲かり、花屋が儲かり、テレビ局だって儲かるわけだから景気回復の一環だと考えれば安いものではないか。

 そして何より選挙で安倍政権がますます盤石なものになり、長期政権が確実になるというなら願ったり叶ったりである。

テレ朝「スーパーJチャンネル」(2014/11/12)
加速 来週解散へ「もう止まらない」
ソワソワ ポスター、胡蝶蘭も
総理からの "電話" 内容は?


大谷昭宏
大谷昭宏

大谷昭宏(ジャーナリスト)
「解散総選挙は総理の専権事項ですから、一言『解散はしません』と、『やりませんよ、何言ってんですか』と言えば済むものを、『解散のタイミングについては何ら決めていません』と。こういう答をすればですね、やっぱり解散はあるんでしょうと。何で一言『やらないっ!』ってはっきり言わないのかという話になるわけですから・・・」

安倍首相は解散する気なのだから「やらない」と言うわけがない。

渡辺宜嗣アナ
「『やらない』と言わないことでみんな動きはじめる」

大谷
「風は止まないわけですよね。『おそらくやるでしょう』と。ただその時に消費税の先送りだけをテーマにするのか、争点にするのか、一杯あるじゃないですか、沖縄もあります、集団的自衛権の問題もあります、それから原発の問題もあります。野党はそこを突き付けて、これで勝負して下さいということでなければ選挙の意味はないと思いますね」

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:23  |  2014衆院選  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.12 (Wed)


いよいよ解散か 猛反対するマスコミ

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

大義なき解散か?

 今朝の産経新聞一面トップは「消費再増税 延期へ」「来月総選挙検討」と報じた。

かいさんだ解散


 しかし、フジサンケイグループのフジテレビ「トクだね!」で、小倉智昭MCが・・・

「師走の忙しい時に冗談じゃないよ」
「無駄に税金使って」
「今度だけは本当に許せない!」


と目を三角にして激高していたのは異様だった。

高山正之氏曰く「金髪の朝日新聞」ことデーブ・スペクターも女性コメンテーターも反対の大合唱。

「2閣僚の辞任で女性活用が頓挫した安倍政権の保身のためか」

「自民党内のゴタゴタを解消するためか」

「国民の信を問うというが、国民は再増税に反対してるのは明らかだから選挙する必要はない」


等々・・・

 しかし、自民党内の増税派を退治し、安倍長期政権を揺るぎないものにするためには来月の総選挙に大賛成だ。
民主党の海江田代表を始め野党は「やれるものならやってみろ」と強がりを言っているが、いざ総選挙になれば野党はさらに議席数を減らすだろう。
ただ、保守派の悩みとしては「次世代の党」や「太陽の党」と半分腐っている自民党のどちらを選ぶかということである。

テレ朝「ワイドスクランブル」(2014/11/12)
「年内解散?」「また解散?」街頭で厳しい声も

街の声
「選挙の費用がかかったりすので、消費税の問題だけで決断するのはもったいない思う」

「解散して国民の信を問うというのが常習化してるっていうか、一度選ばれのであれば、任期を守って成果を出すのが大事なのとちゃうんかなあ」

「国民の意見を聞くと言う意味ではいいと思いますけど」

「増税の白黒はっきりさせてから解散して欲しい」

それにしても、まあ永田町で勝手に風を起こしてというきが国民から見ればすると思うんですが、もう止まりようがない?」

「なんで止める理が困難なのか、ちょっと分からないですけども」

秦万里子秦万里子


秦万里子(音楽家)
「分かりにくいですよねえ。9日に(総選挙は)考えてないと言ってからたった3日間ですよねえ」

有馬晴海(政治評論家)
「今国会は重要法案がほとんど上がっていなくて、集団的自衛権も原発再稼働も来年なんです。だから総理は勝てる時期にやっていきたいと」


「支持率が下がる可能性があるというけど、支持率が上がるようなことをすればいいですよねえ。要はね。それが無いからやるってのは本末転倒のような気がするのと、(解散)風が吹いて止まらないからと言ってもとっても分かりにくい。大体の事は説明すると段々分かって来るものなんだけど、説明されればされるほどそれはあなた達勝手にやってることで700億円も使っちゃうんですかという感じですよねえ」


本当にもうワイド番組で素人に政治の話をさせるのはやめたらどうだ。

川村晃司(テレ朝コメンテーター)
「永田町サイドから言えば『政党のご都合主義による党利党略的な解散』だと思うんですよね。しかし国民有権者を置き去りにして解散してしまうのというのは『置き去り解散』ではないか。従って、来年春から法案が通過するための解散と言いながら、果して本当に法案がキチンと通過して行くのか、これは解散の結果を見てみないと分からない。何しろまだ一本も法案が通過していない。地方創生の法案を少なくとも通してから19日以降ということを官邸筋は考えている」


安倍政権の閣僚の不祥事とは言え、そればかり攻めて法案の審議をしなかったのは野党の方である。

反対する街の声を紹介・・・

街のこえ解散反対の声


木下容子アナ
「やっぱり永田町とちょっと温度差があるような・・・」


「そうですね。なんか学級委委員だけでワイワイワイワイやってて、クラスのみんなの事は一体どこに主役が居るのか分からなくなっちゃってる感じがしますよねえ」

景気弾力条項というのがあるわけですよね。延期することもあるのでは」

川村晃司(テレ朝コメンテーター)
「きちっと付帯条項を国会で審議することもいいのだけど、民主党の当時の野田総理はそのために2段階に分けたんじゃないかと。私からすれば、僅か1年半の2つの段階で5%を倍の10%にするという事自体がおかしかったんだということが今問われてるんじゃないかなと思いますね」

橋本大二郎MC
「女性の活用という法案も間違いなく廃案になって行く」

木下アナ
「議員定数削減とか政治とカネの問題とか続けて審議してもらいたいのに有耶無耶になってしまう」

橋本
「みんなが納得しない内に風だけがピュウピュウ吹いている感じですよねえ」


 マスゴミが解散反対に民意を誘導しようとしても解散風は止まらない。
朝日が言うことの反対をすれば間違いないから、解散総選挙すべきだ。
自民党内の増税賛成派は選挙演説で堂々と増税を主張して国民の信を問うてもらいたい。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

16:03  |  2014衆院選  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |