FC2ブログ

2014.11.03 (Mon)


アマチュアリズム満開のTBS「サンモニ」

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 最近のテレビ番組は素人が政治や経済の話を得々と語る場面が多くて辟易とする。
年端もいかぬ女性がNPOに参加した事があるというだけで世界の動きを論評して、日本は戰爭に行くなといい、政治家の追っかけが趣味のハーフの女性が政局を語る。

 そのアマチュアリズムの害を最もまき散らしているのがTBS「サンモニ」である。

 先週もちょっとチャネルを回して驚いた。
涌井雅之(造園家・東京都市大学教授)が黒板を使ってエボラ出血熱の解説をしていた。
植木屋にエボラを語って貰っても困るのである。

流石の関口宏(司会)も・・・

「なんか分かったようで、難しいかなと・・・」

とコメントに窮していた。

涌井雅之涌井雅之

植木屋と呼ぶと職業差別と怒られるかもしれないが、Ponkoは植木屋を尊敬している。
庭木の刈り込み作業中に煙管で一服しながら全体の植木のバランスを確認する姿は職人としてサマになる。
でも、エボラウイルスが「人畜共通」だと講義されてもサマにならないのである。

姜尚中姜尚中

9日の「サンモニ」も経済のドシロウトである姜尚中氏が「予想外の日銀の金融緩和」について相変わらずの猫なで声で・・・

関口宏(司会)
「実態経済は良くないという事を聞いていて、なんかおかしいですよね、これは」

姜尚中
「僕は、やっぱり、あのうルビコンを渡ったと言うか、もう後戻りできなくなっちゃって、これは、やっぱりあの、異次元緩和は失敗だったということですよね。第三の矢は何処に行ったんだろう。第三の矢は幻になっちゃったしね」

関口
「あー」


「だからアベノミクスて結局、金融緩和と財政しかなくて、せいぜいこう、まあIRAですかねえ、この ああいうようなカジノ、まあそう言うものしかなかったということで、そういう、こう、本体が分かってしまったもんだから、もう一回もとに戻らざるを得ないって言うんでしょうかねえ」

ルビコン川を渡ってもう引き返せない数秒前に言ってなかった?


関口
「はー」


「だから、そういうことだから、出口戦略がどうなるか分からないけれど、これハイパーインフレを起こして、そこで着地しなければいけないので、やっぱり我々は生活防衛に走らざるを得ないんじゃないかなと、まあ場合によっては少し預貯金があれば、ドルに換えとくとかですねえ」

関口
「えーえー」


「やっぱり円の価値がガーっと下がっていく可能性が今後あるんじゃないか、ちょっと怖い状態ですよね」

関口
「確かに円安、円安っていってますよね今日は。緊急に小幡さんに来て頂きました」


ここで専門家の小幡 績氏が登場。
小幡氏は過去記事でも取り上げた様にアベノミクス反対派であり、アベノミクスで日本の経済は良くならないと解説していた。

関口
「岸井さん、政権が相当行き詰った最後の策みたいな感じですか?」

岸井
「消費増税を控えて先手を打ってるのかという感じがします。それは良く分かりません」


誰も分かっていないようで・・・
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:58  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |