FC2ブログ

2014.10.07 (Tue)


蓮舫議員「うちわ」で松島法相を攻めるもブーメラン!

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 テレビメディアは相変わらず衆院予算委員会の模様の一部を切り取って、偏向報道を続けている。
今日は、民主党の蓮舫議員が松島みどり法相が配布したうちわの実物を手にして選挙違反だと詰め寄る場面を興味本位に伝えていた。

 個人的な好みを言って申し訳ないが、Ponkoは蓮舫議員が大嫌いである。
その仕草、顔つき、物言いが大嫌いなのである。
民主党政権時代の「事業仕分け」でその気持ちは頂点に達した。

 大事な議論の場である予算委員会で、うちわを持ち出して選挙違反を言い募る蓮舫議員も嫌いだが、答弁措した松島みどり法相も同様に嫌いである。
赤いマフラーなのかストールなのか知らないが、似合わないし議場にそぐわない。
その経歴、思想信条にも賛同できない。

 安倍首相は「こうしたものは配布しない方が望ましい」と苦しい答弁。
自分が選んだ閣僚のなかでも松島氏は失敗例である。

産経ニュース(2014/10/7)
松島法相、今度は“うちわ配布問題” 「法律を自分に都合良く解釈するな!」蓮舫氏が追及 参院予算委

蓮舫議員蓮舫と「うちわ」

 参院予算委員会が7日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席のうえ始まった。この中で、民主党の蓮舫元行政刷新担当相が松島みどり法相を厳しく追及する場面があった。
 蓮舫氏は松島氏が経済産業副大臣だった今年夏に選挙区の東京都荒川区などで、うちわを配布したことが、公職選挙法が禁止する「寄付」に該当すると指摘した。
 松島氏は「討議資料として配った。有価物に値するとは考えていない。うちわのように見えるかもしれないが…」と釈明したが、蓮舫氏は「法律を自分に都合良く解釈するな!」と追及の手を緩めなかった。
 松島氏の法相の適性を問われた安倍首相は「こうした疑いを受ける以上、今後、こうした物の配布を行わないことが望ましい」と答弁した。


 ところが、数時間も経たないうちに、民主党お得意のブーメランに蓮舫議員も襲われたことが分かった。
松島法相を批判した「うちわ配布」を自分もしていたというのである。
自分の配布した「うちわ」は骨組みが確りしていないから「うちわ」ではないと釈明したとやら。

 だから言わんこっちゃない。詰まらぬ事を詮索して、議場で政策論争に関係のないスタンドプレイをすることなどもういい加減に止めることだ。

蓮舫議員蓮舫「うちわ」

産経ニュース(同上)
松島法相追及の蓮舫氏も4年前に「うちわ」配布 骨組みなし、承認済みを強調

 7日の参院予算委員会で選挙区内で「うちわ」を配布した松島みどり法相を追及した民主党の蓮舫元行政刷新担当相が、平成22年の参院選の際に自らも「うちわ」を配布していたことが分かった。
 蓮舫氏は7日の記者会見で「個人ビラとして届け出をし、使用することについては選挙管理委員会の承認を得ている。公職選挙法の寄付にはあたらない」と説明した。
 蓮舫氏は行政刷新担当相だった22年の参院選で、紙だけで作った円形の「うちわ」に公約などを書き込み、配布。公選法で定めた証紙も貼ってあった。
 外見はどちらも「うちわ」にしか見えないが、蓮舫氏は「松島氏が選挙でない時に、骨組みがしっかりしたもの(うちわ)を不特定多数の有権者に配るのは明らかに抵触する」と主張し、松島氏との違いを強調した。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:59  |  国会より  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2014.10.07 (Tue)


朝日植村元記者の大学を励ます会の愚

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 慰安婦問題の捏造で日本の名誉を棄損した朝日新聞の植村隆元記者が、神戸松蔭女子大の教授になり損ねて札幌の北星学園大の非常勤講師をしていることがネットで広く知られた。
そこまでは良かったが、この大学に脅迫状が送られたとして問題になっている。

 朝日新聞に対するメディアやネットの批判を不当なバッシングだとする朝日擁護派にとっては反転攻勢の願ってもない事件となった。

ちょうど、在特会の一部の過激行動をヘイトスピーチというレッテル貼りで、その本質的な部分を葬り去ろうとする動きと似ている。

 表向きは「北星学園大を励ます会」となっているが、発起人の顔ぶれをみれば、それが植村元記者を励ます会であり、朝日新聞を励ます会であることは明々白々である。

作家の池澤夏樹、山口二郎・法政大教授(前北海道大学教授)、それに写真には父親が日教組の創始者である護憲派の憲法学者小林節教授の顔も見える。
野中広務元自民幹事長まで出席したというから決定的である。

藤岡信勝氏によれば、「親朝日勢力による慰安婦問題継続の工作活動が進んでいる」と言う。

「親朝日」勢力による慰安婦問題継続の“工作活動” 藤岡信勝氏が指摘

彼らはいまや必死になって反日勢力の立て直しを図っている。
そうすればそうするほど、彼らの姿がはっきり見えて来て、われわれにとっては有難い。
B層にも分かりやすい展開になって来た。

毎日新聞(2014/10/6)
慰安婦問題脅迫:大学励ます会を設立 400人以上が賛同

北大左翼朝日を励ます会の愚

 従軍慰安婦問題を報道した元朝日新聞記者(56)が非常勤講師を務める北星学園大(札幌市厚別区)に、「辞めさせなければ学生に危害を加える」との脅迫文が届いた問題で、作家の池澤夏樹さんらが6日、脅しに屈しないよう大学を励ます市民団体「負けるな北星!の会」を設立した。
 43人の呼びかけ人と、野中広務・元自民党幹事長や札幌市の上田文雄市長ら400人以上の賛同者が集まった。東京都内で記者会見した山口二郎・法政大教授は「不当な脅迫に対して、大学の自治と学問の自由を守るため、外部から応援したい」、札幌市で記者会見した小野有五・北星学園大教授は「自由に発言できる社会の実現のために市民が声を上げる必要がある」と話した。
 元記者は1991年8月に慰安婦問題を報道した。同大によると、大学には5月と7月に脅迫文が届いたほか「大学を爆破する」と脅す電話もあった。【青島顕、山下智恵】


また、この植村元記者は7日の朝日新聞に「記事を捏造した事実は断じてない。今後、手記を発表するなどしてきちんと説明していきたい」というコメントを寄せた。
逃げ隠れしないで堂々と国会で捏造ではないと証明せよ。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:35  |  --朝日新聞捏造謝罪問題  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |