FC2ブログ

2014.08.19 (Tue)


ローマ法王まで騙した朝日新聞の大罪

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

ローマ法王ローマ法王縮小版

 韓国を訪れたローマ法王は18日、自称元慰安婦の手を握り、手渡された慰安婦支援バッジを法衣に付けて「彼女たちは連行され利用された」と元慰安婦を慰めた。

 朝日新聞の捏造記事にローマ法王まで騙されてしまった。
外交問題になっている慰安婦問題にローマ法王が口出しされるのはいかがなものか。

しかも「侵略下」というが、日本は韓国に侵略した事はないし、「兵舎に連行」は「慰安所に連行」以上に暴力的イメージを高めている。

これで捏造された慰安婦問題を利用した韓国の日本バッシングは一層勢いを得ることになるだろう。
ローマ法王お墨付きの慰安婦になってしまったからだ。

 日本は至急カウンターを打たないと国際社会で益々不利になってしまう。

昔、韓国に行った時、あちこち十字架を屋根に乗せた教会だらけだった。夜はネオンサインになっていた。日本でもオンヌリ教会などという怪しげな教会を見かける。

あれはプロテスタント派なのかカソリック派なのか知らないが、仮に今多いプロテスタントだとすれば、ローマ法王の威力は韓国では限定的なものかもしれない。

いずれにしても朝日新聞の犯した罪の深さを思い知るばかりである。
朝日新聞にその大罪を知らしめるには、購読中止と広告出稿停止しかない。

読売新聞(2014/8/19)
法王が韓国寄りの発言「少女連行、利用された」

 ローマ法王フランシスコは記者会見で、いわゆる従軍慰安婦について、「侵略下、少女だった彼女たちは兵舎に連行され、利用された。しかし、彼女たちは人間としての威厳を失っていなかった」と語った。
 法王は18日、ソウルでのミサで、韓国カトリック団体からの招待で出席した元慰安婦の女性7人の手を握り、肩に手をかけて慰めた。韓国紙・中央日報によると、このうちの一人は「慰安婦問題の早期解決」への支援を訴えたという。また、元慰安婦を支援するために売られているチョウ形バッジを手渡し、通訳の神父が法王の衣服に付けた。
 ソウルの外交筋は本紙に対し、「バチカンは慰安婦問題が日韓間の敏感な外交懸案になっていることを十分理解していた」と話すが、法王の発言は「少女たちが強制連行された」とする韓国側の主張を色濃く反映したものとなった。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:37  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |