FC2ブログ

2014.08.10 (Sun)


TBS「サンモニ」 朝日記事取消事件をスルーしてアッパレ反日談義

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

自民党一党独裁は危ないと

 朝日新聞の慰安婦強制連行の記事取消しのビッグニュースは完全スルーのTBS「サンモニ」。
今日は自虐的歴史観を持つ作家の保坂正康氏をフルに活用して反日的な報道をしていた。

保坂正康とは
「当事者の証言に偏重する研究姿勢には、実証的立場からの批判も多い(中略)また第二次世界大戦当時の軍部については極めて批判的であり、このことにあわせ、「大東亜戦争は自衛の戦争」と主張する靖国神社にも否定的である。そのため総理大臣の靖国神社参拝にも極めて批判的であり、一般人の靖国神社参拝についても「個人の自由」としながらも、「靖国神社に参拝することは靖国神社の主張を受け入れるということだ」と批判的」」(ウィキペディア)

保坂
「三権分立が壊れ、行政(政府)主導体制か始まった。国会が機能しなくなった。あの戦争の時もそうだ」


保坂正康の四角四角縮小版

大政翼賛会で戦争に突入したと解説。

ナレーション
「大政翼賛会が発足し、国会は政府の提案を承認するだけになった。そして今の支持率を見ると自民党単独で30.6%なのに対して、野党全部を合計しても9.8%と圧倒的な一強多弱の状況だ」


一強多弱は民主的な選挙の結果だから仕方ないではないか。

保坂
「これから10年間どうなるだろうと懸念を持つ」


安倍長期安定政権で日本を立て直して欲しい。
そう思っている人が多いという事だ。

関口宏(司会)
「保坂さんの四角ねえ。独裁といわれる所はみんなあれをやる。行きすぎると危険なことになりますから」

田中秀征
「保坂さんが言ったような行政主導体制になって、日本はどんどん劣化して行く状況だ。なんとか新しい勢力が出来ない限りは始まらないと思う。第三極に期待していたが腰砕けの状態だ」


田中氏は集団的自衛権でも反対する公明党に大いに期待していた。

大宅映子(評論家)
「大政翼賛体制が一番怖い。メディアの問題がある。戦争になった時もメディアが煽った。私達は情報に直接辿りつけない。メディアが仲介者として情報を呉れる。メディアは色々な意見があると私達に示してくれないと困る。偏ったものを提供されるというのはものすごく危険だ。
我々もそれを読み取る力を持たなくちゃいけないと思う」


吹き出してしまった。
「偏ったものを提供」しているのはサンモニそのものではないか。

今やインターネットの時代で「偏向意見」は直ちに見破られる。
メデイア・リテラシーは戦前とは比べものにならない。

朝日新聞が5日、32年経って耐えきれずに慰安婦捏造の吉田証言の記事を「取り消した」のも、一つにはインターネットによる朝日新聞攻撃にある。

岸井成格(毎日新聞特別編集委員)
「自戒の念も含めて言うと、大宅さんが厳しく言われた通り、こういう時代になるとメデイアやジャーナリスムの役割が物凄く大事になってくる。自由に物が言えなくなる、政府を批判したり反対する意見が封じられてしまう風潮の時代が一番怖い。保坂さんが言う通り、危ないなという兆候があったらメディアが積極的に警鐘を鳴らしていく努力が絶対必要だ。右傾化とよく言われるが、なんか右寄りになって来ているのではないか


相変わらず身内だけで呑気なお花畑談義である。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:19  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.10 (Sun)


安倍首相の式典演説をコピペと腐す反日メディア

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

いっそのこと
原爆落としたアメリカに抗議する記念式典にしたら


 広島も長崎も平和記念式典は反日勢力の自己顕示の場である。
心静かに祈りたい被災者やその家族は大変迷惑している。
知り合いの広島の人が言っていた。
原爆の日は嫌いだ。県外から関係のない人達がたくさん集まってくるからと。

 朝日新聞が「慰安婦強制連行の記事は取り消す」と5日に発表してから、危機感を覚えたのか反日メディアの安倍首相バッシングが一段と強まって来た。

 そのひとつが安倍首相の広島・長崎でのスピーチ。
挨拶文の半分が去年と同じだ、誠意が無い、がっかりしたと批判している。

広島に続いて長崎もそうだったと反日メディアの共同通信が配信したために地方紙やスポーツ芸能紙が揃って報道した。

共同通信(2014/8/10)
昨年と酷似、長崎も「コピペ」? 首相あいさつに批判続出(伊藤大地)

 原爆投下69年の6日に広島市で開かれた平和記念式典でのあいさつが「昨年のコピペ(文章の切り貼り)」と指摘された安倍晋三首相は9日、長崎市の平和祈念式典でも昨年と酷似した文章を読み上げ、被爆者から「がっかり」「使い回しだ」と批判の声が上がった
 長崎市の式典で安倍首相はあいさつの冒頭、「被爆の辛酸をなめた私たちは、にもかかわらず、苦しみ、悲しみに耐え立ち上がり、祖国を再建し、長崎を美しい街としてよみがえらせた」と昨年と同じ言い回しを使った。「被爆68周年」「68年前の本日」の数字部分がそれぞれ「69」に変わっただけだった。


 佐賀新聞という地方の新聞が産経抄の真似をしてコラムで、広島で批判されたのに長崎でもコピペを繰り返した安倍首相の神経にゾッとしたと批判している。

佐賀新聞(同上)
【安倍首相のあいさつの使い回し】批判を物ともしない神経にぞっとする
被爆者の声は聞こえても、心に届かないのか


 文章術で好ましくない事例に紋切り型がある。例えば、台風はいつも「爪跡を残して」去り、その後は「復興の槌(つち)音」が高く響く。新聞やニュースでよく見聞きする◆よりふさわしい言葉を探り出す工夫が足りず、その局面とセットになった言い回しを使う。コラムニストの小田嶋隆さんは「紋切型には『何も考えない』という偉大な知恵が宿っている」(『小田嶋隆のコラム道』ミシマ社)と言い切る。耳が痛い◆広島の原爆忌の式典で、安倍晋三首相のスピーチの冒頭部分が昨年と同じだった。紋切り型どころではない。犠牲者を悼み、原爆投下の惨状と復興の歩みに思いをはせる3段落を使い回していた。違いは68年前が69年前に変わり、雨の中の開催になって「蝉(せみ)時雨が今もしじまを破る」が削除されただけ◆年に1度、平和や核廃絶を願う気持ちを新たにする式典。時候のあいさつのように決まり文句で語られていい場所ではない。同じ事は繰り返さないだろうと、きのう長崎の式典をテレビ中継で見た。昨年のあいさつ文を片手に聞いたが、冒頭部分はここでも一字一句一緒だった◆忙しい首相である。用意された原稿を読むだけの場合もあろう。被爆者代表の「平和を軽視している」との批判が、首相の周囲に届いていないはずがない。それを物ともしない神経にぞっとする。(勝)

「昨年のあいさつ文を片手に聞いた」という執念も凄い。

朝日新聞系のハフポストもご丁寧に去年と今年の挨拶文を並べて、同じ個所を赤色でマークして鬼の首でも取ったように勝ち誇っている。
まったく下らない。
いっそのこと昨年とまったく同じにして、反日メディアの鼻を明かしてやったらどうだろう。
それとも、形骸化した平和記念式典など止めてしまうことだ。
憲法を改正して、原爆を落としたアメリカに抗議する式典にすればいい。

ハフィントンポスト(同上)
安倍首相、「広島原爆の日」の挨拶 "去年のコピペ"疑惑を検証する
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:44  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.10 (Sun)


朝日捏造記事取り消し問題 「新報道2001」で激論

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 朝日新聞が5日、吉田証言記事の取り消しをしてから今日まで反日メディアは一斉にスルー。
産経新聞は連日取り上げ、産経系のフジテレビ「新報道2001」が今日取り上げた。
ご覧にならなかった方のためにその要約をご紹介する。

フジテレビ「新報道2001」(2014/8/10)
激論“従軍慰安婦”強制連行…証言はウソ


新報道20新報道2001


冒頭、橋下大阪市長が・・・

橋下徹
「保守を自称する政治家または保守論客といわれる人たちが『朝日の記事をもって日本は悪い事をしていないと、何も問題なかった』ということをまた言い始めるかも分からない。
僕はこれは間違ってます。違うんです。反省と謝罪はきちっと当時の女性に対して意志を示すのが政治家の役割ですよ。ただ道義上のものですよ。道義上の」


歴史観も国家観も無い男がこういう事を言い出すから話がややこしくなる。
この男は弁護士の経験から弁が立ち、一部正しい事を言うが全体としての思想信条が定かではない。

橋下氏は次のようにいう。

「韓国、英、米、仏、独など世界各国は慰安婦を持っていたのだから世界の指導者が、戦場の性の問題をしっかりと受け止めて、当時の女性たちに対して反省と謝罪をしなければならない。
日本は正当化できない。
しかし、日本だけを侮辱するなと世界に言わなければいけない。
韓国には反省とお詫びをして日韓基本条約ですべて解決済みといわなければならない」


日本だけ正当化しようとは保守論客の誰も言っていない。
他の国々も同じ事をやっていたではないかという言い方は、朝日新聞が5日の記事で、産経、読売も吉田証言を引用していたではないかという論法と同じで説得力が無い。
「日本だけを侮辱するな」という必要はない。
そういう青臭いことを言うから要らぬ敵を作るのである。
にほん政府は淡々と軍の強制連行や慰安婦虐待の無かったと世界に主張すればいいのである。
韓国に何度も(無用な)謝罪しても認めてくれないのが問題なのである。

金 慶珠(東海大学准教授)は強制連行があったかないかが問題ではなくて、慰安時の運営の在り方に問題があると、見たこともない慰安所を想像して日本を批判する。

金 
「慰安婦が筆舌に尽くしがたい苦痛を強いられたこと自体が性奴隷的状態だ。最近も国連の人権高等弁務官も言っている。そこを糺す必要がある」


金氏はまくしたてるだけで、相手の話を聞かず議論にならない。
韓国人のおぞましさを見せるためにスタジオに呼んだのかとさえ言いたくなる。

安倍首相は必要以上に「耐え難い苦痛を」と繰り返し述べている。

橋下氏は国連のクマラスワミ報告書もジョージヒックスも吉田証言が根拠になっているから、この証言が崩れればすべてが崩れると反論。

これは周知の事実。だから吉田証言がいままで問題になっていたのである。

萩生田光一自民党総裁特別補佐が司会に問われて、ここで初めて口を開く。

萩生田
「大事な話は、吉田証言を誰も信じていないなどと今言うのはおかしな話だ。この32年間、吉田証言によって、どれだけ日本が貶められているか」


と吉田氏自身が如何に売国的行為をしたかを簡単に説明。人権問題にすり替えるなと主張。

まさしくその通り。
人権、特に女性の人権問題にすり替えると、物が言えなくなるという落とし穴がある。

 萩生田氏は司会者に「朝日新聞には謝罪の姿勢が見えないが」と聞かれて同意し、記事の取り消しは出来るが教科書の取り消しはできない。それで何十年も子供が教育されたと大事なポイントを示す。
これが食品会社だったら普通は社長が記者会見する。消費者は当然不買運動を起こして会社の存続に関わる問題だ、朝日新聞だけが自社の紙面で記事を取り消して事を終わらせていいのかと指摘。

この重い言葉に、騒々しく言い合っていたコメンテーターたちが静かになる。

橋下
「自民党の保守系の政治家にも問題があった。稲田行革担当大臣ですよ。産経新聞の正論に当時は合法だったと、日本には公娼制度があったから合法だった、何も日本は悪くないという主張もあった。片山さつきさんもこの問題をずっと取り上げて強制連行は無かったから日本は悪くないと言っていた。保守系の議員の人たくさん居たんです。
去年5月、僕がもう世界から国内からバッシングを受けた時に稲田さんも片山さんも『女性蔑視だ』と急にころっと変わってしまった」


このへんの経緯は知らないが、橋下発言は世界の誤解に油を注いだだけだったのは紛れもない事実だ。

橋下
「朝日新聞が頑なになったのは、日本の保守系の論客が強制連行は無かったのだから日本は悪くないとずっと正当化して主張し続けて来たから朝日が意地になって、強制連行は無かったという事を認められなかったこともあったと思う」


弁護士あがりの癖に原因と結果を取り違えている。
「朝日が意地になって」などとは青臭い。
朝日新聞の反日思想に基づく行動原理はそのような生易しいものではない。

朝日新聞は巨額な社費を投じて海外に英文の説明書を配布せよと注文。


「なぜ私と小池さんと朝日新聞を一緒にするのか分からない」


同じ穴のムジナである。

橋下
「我々は道義的責任は(韓国に対して)負います。民間だけではダメだ、日本政府も金を入れろいうなら、国会議員の文書通信滞在費の領収書のいらない金を月100万貰っているから合わせて年間70億をみんな出して、朝日新聞が100億ぐらい出して、そういう基金を作ってもう一回、道義的責任を負えというならやりますけど、法的責任は違うということをになんとか韓国の人に認めてもらいたいんですよ」


おいおい自分は一銭も出さないのか。
「やりますけど」と首相にでもなったつもりか。
「なんとか韓国の人に認めてもらいたい」
その考えが間違っていたという事の繰り返しではなかったのか。

小倉紀蔵(京都大学大学院教授)
「日本は接点を求めようと20年間ずっとやってきた。それを否定して来たのが韓国の運動体だ。それを抑えられない韓国政府もある。日本は何とかしたいという気持ちはずっと持っている。
日本が悪辣な不道徳国家だというのは違う」


金氏が話を遮って割りこもうとする。

小倉氏は韓国が家父長制のために親の命令で慰安婦になった例もあり韓国の問題だ、日本だけがなぜ悪いのかと主張。
ちょっとピントがはずれていて論点が弱い。

橋下氏が日本の「償い金」を韓国が拒否したのは韓国の挺対協のせいであり・・・

橋下
「朝日紙聞が焚きつけたことによって、1965年の日韓基本条約で何とかみんなが、韓国の皆さんもはらわたが煮えくり返るような思いでなんとか我慢してくれた所をもう一回蓋を開けて焚き付けてしまったのがこの報道なんです」


「腹わたが煮え返る」とは仰山な。
日本は今の価格で4.5兆円の賠償をし、朝鮮に残したインフラは全てタダで上げたのに「何とか我慢してもらった」のか。

こういう事をいうから韓国がつけあがるのである。

最後に、河野談話の見直しがあるのかと司会の須田慎一郎に聞かれた萩生田氏は、河野談話は継承するという政府の立場を繰り返し、来年は戦後70年、日韓との関係は50年の節目だから新たな声明(談話)を出した方がいいと答えた。

来年はいよいよ日韓の決着をつける時である。

この番組のキャスティングには問題がある。
萩生田氏は良いとしても、「すべては朝日新聞から始まった慰安婦問題」の著者・山際澄夫氏もコメンテーターとして招くべきであった。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:34  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |