FC2ブログ

2014.07.15 (Tue)


飛んで来い来いオスプレイ

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


オスプレイオスプレイ

 普天間基地のオスプレイが関東に飛んで来たとマスメディアは大騒ぎである。
テレビのチャネルを回すと、どの局もオスプレイに反対する市民団体のデモの様子を伝えている。

テレ朝「ワイドスクンブル」(2014/7/15)
オスプレイ きょう東日本に初飛来へ

ナレーション
「政府は沖縄県内のオスプレイの訓練を半減させる方針で、今後全国各地で低空飛行訓練が行われる」

厚木基地周辺の住民(女性)
「正直、来て欲しくないですけどね。やっばり騒音問題とかあるので」

同(男性)
「全然僕は気にしないですね。騒音は厚木基地なんてもっとひどいのが飛んでいる」


「怖いですね。良く墜落も聞きますから」

ナレーション
「周辺の住民は、機体の安全性の問題やアメリカ軍からの情報提供がないという不安の声も上がっています。反対する市民団体は抗議活動を行っていて、午後から基地周辺でデモを行う予定です」

橋本大二郎(キャスター)
「政府としても沖縄の知事選が11月にありますので、沖縄だけに負担を負わせないという姿勢を示そうという思惑があると思います。ただ、そうであれば神奈川県など地元の自治体にもっとキチンとした説明がもっとないと、なかなか地元の理解が得られないのではないかという気がしますね」


(地元の自治体に全然説明がなかったという証拠はないのに決めつけている)

レポーター
「住民の方はやっぱり住宅の密集地の上を飛ぶと言うことにかなり不安を持たれてる」

橋本
「200万人の人たちが住んでる地域ですからね」

レポーター
「地元の自治体も強く反発している状況です」


(マスメディアは沖縄には米軍基地の75%が沖縄に集中している再三再四いう。
この統計値は間違いらしいが、沖縄基地の負担を軽減せよと言いながら、本土にその負担が来れば来たで反対する。
早い話が、米軍基地が日本か居なくなればいいということである。
それはそれで結構な話だが、日本はアメリカに頼ってばかりいないで自主防衛せよという意味ではなくて、中国の侵略を容易にするための米軍基地反対なのである)

(TBSはこのニュースに便乗してKC-130空中給油機が岩国基地に移転したと地元住民の不安を煽る)

TBSニュース(同上)
沖縄の"負担軽減"の一環
米軍空中給油機 岩国へ


ナレーション
「アメリカ軍は普天間基地や 島などで引き続き空中給油の訓練を行う予定で、沖縄県内には実際に負担軽減につながるのか疑問の声があります」

宜野湾市民
「宜野湾市民としては少しは危険から逃れられるのかなと」

子供を抱いた若い女性
「沖縄から少しずつ少なくなるのはいいんだけど、ほかの所でまちあつて、向こうで迷惑するなら大変かなと思います」


(子供を抱いた女性とか、乳母車を引く女性のインタビューは反戦運動にぴったりの絵になる素材である)

ナレーション
「アメリカ軍は訓練回数の減少など具体的な効果については説明していません」

TBS「ひるおび」(同上)
岩国へ空中給油機移転
市民団体は抗議続ける


市民団体
「岩国に来るなあ!」「来るなあ!」「来るなあ!」「来るなあ!」

ナレーション
「岩国基地周辺では基地使用に反対する市民団体が抗議行動を続けています」


(抗議活動と言っても、見たところ僅か20名足らず。カメラマンが一人撮影していて、なぜか抗議もカメラを意識しているのがアリアリ)

テレ朝「スーパーJチャンネル」(同上)
速報 オスプレイ首都圏に初飛来
「墜落怖い・・・」懸念の声も
政府「沖縄の負担軽減のため」


レポーター
「依然として機体の安全性の問題などに不安を抱える人も多く、政府として関係住民に丁寧に説明して行くことが課題になります」

渡辺宜嗣キャスター
「相当あちこちに今後は飛来してくるということになりますが」

大谷昭宏(ジャーナリスト)
こんな危ないものが沖縄だけでなくて日本全国を飛び回るという論理を私は受け入れてはいけないと思いますね。危ないものは沖縄だろうと全国だろうと、どこを飛んでも危ないわけですよね。なんとなく既成事実化して行くというか、2年ほど前はウイドウメーカー、未亡人製造機と言われて、これほど事故を起こしたじゃないかと言って、みんな懸念に思ってたわけですけども、いつのまにか既成事実というか、為政者にとって一番有難いことは、なし崩しにみんながそれに慣れてしまうことだと思うんですね。こういうものが全国を飛び回るという事の安全が担保されとているのかどうなのか。それだけ全国飛び回らきゃいけないものなのかどうなのか。特定秘密保護法も集団的自衛権もそうですけども、いつの間にかそれが既成事実になる。慣れてしまうということこそ私は恐ろしいと思うんですね」


(特定秘密保護法も集団的自衛権もなし崩しの既成事実化ではない。
「こんな危ないもの」と恐怖感を煽る大谷コメンテーターは相変わらずどうしようもない男である。
オスプレイがよく落ちたのは開発中の事で、今は極めて安全な乗り物だと森本敏元防衛相が今日の日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」で言っていた。
これはいまでは常識である。

オスプレイの雄姿は頼もしい限りだ。尖閣諸島までひとっ飛び、中国の侵攻に備えることが出来る。
自衛隊法の改正がなされてからの話だが・・・
政府は来年度の予算概算要求にオスプレイの購入経費を計上し、5年間で17機を離島防衛などに活用する。
災害時の避難民の大量輸送にも使える。
飛んで来い来いオスプレイ)

産経ニュース(同上)
オスプレイ、厚木に飛来 首都圏では初 訓練、全国に拡大も

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の新型輸送機MV22オスプレイ1機が15日、神奈川県の厚木基地に飛来した。日本に搬入されて約2年になるが、首都圏への飛来は初めて。人員輸送が目的で、同日中に静岡県御殿場市のキャンプ富士へ移動した。
 安全性の懸念から地元は反発し、反対住民らが抗議集会を実施。キャンプ富士には警察官も出動した。日米両政府は沖縄の負担軽減のため、訓練の県外移転を進める方針で、訓練が今後全国に拡大し、各地で反発が強まる可能性がある。
 オスプレイは15日正午すぎに普天間を離陸し、午後3時20分すぎに厚木に到着。午後4時半ごろ離陸し、同50分ごろキャンプ富士に着陸した。18日に普天間に戻るとみられる。
 ほかにも2機が19日、給油のため東京都の横田基地を経由し、20日に札幌市である航空イベントに参加する予定で、動きが活発になっている。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:09  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |