FC2ブログ

2014.07.13 (Sun)


「SAPIO」8月号は韓国のベトナム大虐殺特集

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


サビオ7月号SAPIO 8月号

「SAPIO」8月号の特集は韓国軍の「ベトナム大虐殺」特集。

 「正論」7月号でベトナムを現地調査し「『慰安婦』を言う資格なし! 韓国のベトナム大虐殺を告発する」を書いた北岡俊明(「シンクタンク戦略大学」主宰)・北岡正敏(神奈川大学名誉教授)の兄弟が、今回はカラー写真入りでベトナム戦争での韓国軍の「大虐殺&レイプ」を告発している。

アマゾンでこの「SAPIO」8月号を買おうとしたら中古品しか売っていない。
しかも700円の定価が969円とプレミアが付いている。その上、送料が257円では買う気になれないので近くの本屋に行ったが売り切れでなかった。
しかし今日、別の本屋で見つけて買った。

 韓国批判の本を書けば飛ぶように売れる昨今の日本。
それほど韓国憎しの国民感情が高まっているという事だ
全ては2012年に李明博大統領が竹島に不法上陸し、天皇陛下に謝罪を要求したことから始まる。

しかし朝日新聞は嫌韓ブームで便乗する出版界を「これでいいのか『嫌中憎韓』ブームの出版界に疑問の声」(2014/6/18)と批判した。

これに対し、お前が言うなとSAPIOの巻頭言が朝日新聞を批判している。

「"嫌韓ブーム"を生んだのは『どこ誰か』と朝日に問いたい」

慰安婦問題も河野談話も諸悪の根源は朝日新聞であることを忘れてはならない。

韓国軍のベトナム大虐殺の摘発について産経は・・・

「執拗な歴史攻撃に対して、日本は黙っている必要などない。期せずしてだが今回起こってきた韓国軍によるベトナム民間人虐殺問題は、日本の中からおのずと出てきた反応といえる。ただ、過去の応酬合戦にしなくてよいと筆者は考える。日本は中韓と同レベルに堕するべきではない

産経ニュース(2014/7/12)
【河村直哉の国論】再燃する「韓国軍ベトナム人虐殺事件」から考える…自国の戦争犯罪は振り返らぬ韓国の唯我独尊、「歴史忘れた民族」とは誰のことか

という。

 たしかに韓国と言い争って同じレベルに落ちたくはないが、情報戦争に勝つためには相手の痛い所を突くことも必要である。

北岡兄弟も言っている。
今回の調査の目的はただ一つ、韓国の対日侮辱や、日本を貶める行為を、即刻、中止させるためである」(「正論」7月号 80頁)

両氏は2人は今週から「韓国の戦争犯罪」を告発するため渡米する。


ZAKZAK(2014/7/11)
韓国軍ベトナム大虐殺で新事実 神奈川大名誉教授ら現地調査 世界に“告発"へ>


北岡兄弟の現地調査報告の他に「呆韓論」の著者・室谷克実氏とブロガーのシンシアリー氏も寄稿している。

この特集は英語と韓国語に翻訳して韓国を含む海外に情報を流布させるべきだと思う。

この他の特集記事以外では「『ラストエンペラー』習近平の難局」(相馬勝)は中国経済の崩壊と習近平体制の行方を予想している。

「日本人だけが知らない『洗脳の戦後史』今も99%の日本人は操られてることを知らない。NHK、東京地検特捜部、旧通産省 すべてはGHQが作った『洗脳装置』である」(苫米地英人)

「英国人記者があえて問う 『日本はなぜ米国の戦争犯罪を告発しないのか』」(ヘンリー・S・ストークス)


ストークス氏の著書は当ブログでもご紹介した。

安倍首相の「戦後レジームからの脱却」はそこが狙いだが、今のところ首相は「匍匐前進中」ゆえ東京裁判史観批判は控えている。

「"報道キャスター" 古館伊知郎は何様た゛」(新井克弥)

も面白い。

NEWSポストセブンがその一部を転載している。

「古館伊知郎ちぐはぐな言動分析 無知をさらけ出して恥じない」(2014/7/10)

「古舘伊知郎氏 情報を処理できずピント外れの発言を繰り返す」(2014/7/13)

どうやら古館伊知郎氏は嫌われ者のようだ。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:26  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |