FC2ブログ

2014.07.09 (Wed)


セクハラ野次騒ぎはもう幕引きに

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 セクハラ(セクシュアル・ハラスメント)という言葉は、Ponkoがその昔、外資系の多国籍企業に勤めていたとき、全員が集められて本社から直輸入の社内教育用映画を見せられた時知った。
会社内でのセクハラに注意せよという事例集だったと記憶している。
ハラスメントという英語は受験英語で覚えていたが、当時はそんな言葉は普及していなかったから、外国ではこんなことが問題になっているのかとやや唖然とした覚えがある。

 それがいまでは、議会での野次がセクハラだとか、女性の人権問題だとかマスコミは騒がしい。
たしかに下品な野次は慎むべきだが、野次を飛ばされた女性のなかにはそれなりの理由無きにしも非ずという場合もある。

 なかにはグラビアアイドルかポルノ女優かと思われる女性議員も居て、マスコミが経験も実力もない議員を「美人過ぎる議員」とか称して持て囃すのがよくない。

女性国会議員にアンケートを取ったら、78人中12人がセクハラ野次を受けたり聞いたりしたことがあると回答した。
意外に数が少ない。

野次を受けた称する議員のなかには、辻元清美、福島瑞穂、片山さつきが居るが、うーん、さもありなんと言ったらセクハラだと批判されるかもしれない。このほか野田聖子なども居たりして。

 逆に、稲田朋美、山谷えりこ、有村治子、高市早苗、佐藤ゆかりなどの議員、議員ではないが櫻井よしこ、金美齢等の各氏らは野次られないような気がする。
凛として気迫があるから下手に野次ったら反対にやり込められそうだ。

 いずれにしても、いつまでもこの問題を取り上げて外国のメディアにご注進し、日本を貶めようとする日本のメディアこそ野次り倒して退場させなければならない。

産経ニュース(2014/7/9)
女性国会議員やじアンケート「離婚しただろ」「黙れ」…受けた・聞いた12人 辻元清美、片山さつき氏ら

 都議会などのセクハラやじ問題を受け、共同通信が衆参の全女性国会議員78人にアンケートした結果、12人が「女は黙ってろ」と言われたり、「離婚しただろう」「早くやめろ」などのやゆや暴言を受けたり聞いたりしたことを認めた。
 25人が回答。日本維新の会の上西小百合衆院議員(31)を含む3人は、セクハラやじや暴言を受けたとし、9議員は容姿や身体的特徴に触れるなどの不適切なやじを聞いたことがあるとした。セクハラやじを受けたと回答した民主党の辻元清美衆院議員(54)は「初当選以来、『女は黙ってろ』などのやじは日常茶飯事」とした。「うるせえ、早くやめろ」と暴言を受けたとしたのは自民党の片山さつき参院議員(55)。民主党の男性議員に言われたという。本会議場でセクハラやじを聞いたと回答した社民党の福島瑞穂参院議員(58)=比例=は平成11年、登壇した女性議員の発言中に「あんたも離婚したじゃないか」と議場から声が飛んだのを聞いた。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:10  |  事件  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |