FC2ブログ

2014.07.02 (Wed)


安倍首相の行く手を阻む朝日・毎日

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

TBS「サンモニ」が安倍首相の正当性を証明

 石原慎太郎氏が「アサヒは飲むもので読むものではない」と言ったとか言わないとか。
けだし名言である。

この朝日新聞と連携を組む反日メディアの毎日新聞とTBSは安倍首相の集団的自衛権の行使容認に全力を挙げて反対して来た。

にもかかわらず昨日、安倍首相が閣議決定にこぎつけたのは御同慶の至りである。

 たびたび言うように、新聞社が自己主張するのは勝手である。
「表現の自由」は民主主義の基本的なルールである。

しかし、B層を含む全国の善男善女が毎日接しているテレビ媒体は違う。
放送法という縛りがある。

ひとつの論点に対して異なる意見がある場合は、その両方を公平に報道し視聴者の判断に委ねなければならない。

その放送法に違反しているのがTBSでありテレ朝であり、公共放送のNHKである。

 数ある反日テレビ番組の中で、TBSの「サンデーモーニング」はとりわけこの違反が突出している。

司会者、レポーターをはじめ、出て来るコメンテーターは全て一方的な立場を主張して、恬として恥じない。
全てプロデューサー、ディレクターの指示どおりのお約束発言である。

仲間内だけで盛り上がっている。
盛り上がらなかった唯一の例は東京オリンピックが決定した時の番組であったというのも有名な話である。
司会者をはじめ、コメンテーターたちは意気消沈してお通夜のようであった。

 毎日新聞(TBS)は終始一貫して安倍首相の「戦後レジームからの脱却」に反対し妨害している。
「サンモニ」は毎週一貫してひとつのチャートを視聴者に示し、如何に安倍首相が憲法を改正し、日本が普通の国になるという目標に向かってまい進しているかを批判的に解説している。

ある意味、知見ある者にとってはそれが安倍首相の進む方向が間違っていない事を示すチャートになっているのが皮肉である。

イメージサンモニ0629

 チャートの上段に「日本国憲法」という青色の横枠がのし掛かってており、憲法の「国民主義」「平和主義」「基本的人権」の三原則が示されている。

 安倍首相の顔写真入りの"戦後レジームからの脱却"の赤い目の横枠は下段から日本国憲法が示された上に向かって反逆するかのように立ち向かっている。

「安心」を示す青色に「危険」を示す赤色で対比させているあたり、視聴者のイメージコントロールが巧みである。

憎っくき安倍首相は就任後次々と強く正しく美しい日本国憲法に刃向い、それを変えようとしているのである。

日本国憲法に対して下から突き上げる矢印は「日本版NSC」であり「特定秘密保護法」であり、「防衛装備移転三原則」である。
これらは既に成立または閣議決定がなされてしまった。
6月29日の放映日にはまだ決定されなかった「集団的自衛権の行使容認」は7月1日に閣議決定されてしまった。

残るは平和主義の最後の砦、「専守防衛」であるが、これも「敵地攻撃」「先制攻撃」が可能になってしまうのではないか。

かくして、安倍首相の提唱する「積極的平和主義」は日本国憲法の平和主義を変貌させてしまう。

(左翼メデイアは安倍首相の「積極的平和主義」とは何の事がさっぱり分からぬととぼけているが、いやいやこうしてみると十分ご存じのようである)

そして「基本的人権」のひとつである「知る権利」も「道徳を教科化」する教育改革で戦前に戻るので危うい。

以上がTBSが主張する安倍政権の危うさである。

 しかし、この絵を見て思い出したのは、その昔流行った「スペースインベーダー・ゲーム」である。

チャートkk2インベーダーゲーム

 今から70年前、戦勝国のアメリカから押し付けられた憲法は日本をいつまでもアメリカの意のままに操ることできる国にするためのものであった。

インベーターは勝者の驕りで日本の歴史や文化を否定しようとしたのである。
石原慎太郎氏がよく言うように、終戦の日のニューヨークタイムズ紙には日本という醜悪な化け物がアメリカによってその牙を抜かれる漫画がでかでかと掲載された。

その戦後体制のインベーターを安倍首相が次から次へと撃ち殺して、日本が世界の他国と同じ「普通の国」にしようとしているのである。

そう考えると、TBSの意図する日本国憲法をないがしろにして再び戦争の出来る国にする危険な安倍政権という構図が、逆に安倍政権の正当性を証明してしまっているという真に皮肉な結果になっているといえよう。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:44  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |