FC2ブログ

2014.06.14 (Sat)


集団的自衛権進める安倍総理はヒットラーか

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍総理の我執とは?

 安倍総理は間接的とはいえ国民が選んだ総理であるから国民のために働いてくれていると思っている。
そして実際に国民の生命と財産を守るために日々働いている。

 ところが安倍総理は国民のためではなく、「自分の思いを実現」するために政治をしているという。
そしてヒットラーと同じだとまで言う。

「安倍総理の思い」とは国益を追求し、国民を幸せにしてくれることではないのか。

最初、この記事の執筆者が分からなかったので、一体こんな頓珍漢な事を言うのは誰だろうと思った。

安倍憎しの天木直人氏かなと思った。

あなたはいったい誰と思うだろうか・・・

安倍総理の我執(2014/6/14)

 安倍総理の今の姿は「我執」そのものだ。安倍一次内閣で出来なかった集団的自衛権を滅茶苦茶な屁理屈で押し通そうとしている。

安倍総理は国民や国のことよりも自分の思いの実現が大事と考えている。正に「我執」だ。そうでないのなら60年間定着してきた憲法解釈を、国会でいろいろな立場の参考人の話を十分聞く事もなく、閣議決定するというのはあまりにも滅茶苦茶だ。

 ヒットラーが首相になってから短期間で全権を掌握し、実質的に憲法を廃止して独裁者となった歴史を思い起こしている。ヒットラーも国民や国よりも、自分の思いの実現を全てに優先させ、国を滅ぼした。安倍総理にもその危険性がある。


書いていたのはなんとあの菅直人氏である。
産経新聞の阿比留瑠比記者が「アレが」としか言わなかったほど軽蔑した男である。

集団的自衛権の行使に反対する勢力の主張は多分に情緒的であり(「アメリカと一緒に人を殺す」古賀茂明)、非論理的であり、現実無視であり、まったく説得力に欠けている。

現在の警察権で事足りるとする公明党や、集団的自衛権など無くても自衛隊は自由に活動できるという両極端の主張は安倍総理の折角の努力に水を掛けることになる。

憲法を改正してからやれというは、いかにも正論らしく聞こえるが、それを主張しているのは改憲反対派だから笑える。

かくして左翼と公明党の猛反対を押し切って、安倍総理は着々と閣議決定に向けて突き進んでいる。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:36  |  集団的自衛権  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.14 (Sat)


大江健三郎は産経新聞読んで勉強しろと産経抄

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


  ワールドカップの開幕戦で日本の審判が活躍した。
ホームチームのブラジルにベナルティキックのチャンスを与えた判定が問題になっているが、正しい判断だった。

  今日の産経抄は日本人ならみんなそう思っているサッカーの話から始まって、アメリカが世界の警察官のバッチを返却し、審判の居ない国際社会ではロシアや中国がラフプレイをしまくりだと嘆く。

  誰が見ても日本は集団的自衛権の行使は必至なのに、作家の大江健三郎らの左翼が反対しているが産経新聞を読んで国際情勢を勉強してはどうかと皮肉っている。

 まさしくその通り。

 左翼かぶれの新聞が多い中で、産経新聞こそが真のジャーナリズム精神を貫いている。

といったら少々ほめ過ぎか・・・

産経抄(2016/6/14)

 審判とは因果な商売である。野球にせよ、サッカーにせよ、どんなスポーツにも欠かせない存在であるにもかかわらず、褒められること少なく、けなされることヤマのごとく多い。

 ▼サッカーのワールドカップ(W杯)開幕戦で、ブラジルのペナルティーキック(PK)をめぐり、クロアチアの監督は「主審は試合のレベルに達していない。恥だ」とまでののしった。ビデオで見返したが、西村雄一主審の判断は的確だった。しかも激しい抗議にも毅然(きぜん)としており、頼もしかった。日本人審判団は、自信を持って次の試合に臨んでもらいたい。

 ▼スポーツと違って、国際政治には審判がいない。国際司法裁判所や海洋法裁判所など審判に近い存在はあるにはあるが、十二分に機能しているとはいい難い。審判の代わりに、つい最近まで、米国という「世界の警察官」がいたが、オバマ米大統領はあっさりバッジを返上してしまった。

 ▼案の定、中東は混乱し、ロシアはクリミアをわがものにした。レッドカードを突きつけられる心配がなくなった中国も尖閣諸島沖や南シナ海で、ラフプレーを繰り返している。

▼海だけではなく、空でも中国の振る舞いは、傲慢このうえない。東シナ海の日中中間線付近の上空では、自衛隊機への中国軍機の異常接近が相次いでいる。まるで「不測の事態」を起こし、戦端を開きたがっているとしか思えない。

 ▼警官なき世界を日本人はどう生き残るか。集団的自衛権行使容認に反対する集会で、作家の大江健三郎氏は「日本の若者が海外で人を殺し、殺されることになる」と訴えたが、無為無策のまま中国軍に自衛隊員が殺されてもいいのだろうか。小紙でもお読みになって、もう少し国際情勢を勉強されてはいかがかな。


付け加えて置けば、FIFAは西村主審の判定を擁護している。

産経新聞(同上)
FIFAが西村主審を擁護「非常にいいポジション」 ブラジル決勝点のPK判定

 サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会開幕戦となった1次リーグA組のブラジル-クロアチア(12日・サンパウロ)で西村雄一主審が微妙な判定でブラジルの決勝点となったPKを与えた場面について、国際サッカー連盟(FIFA)審判部門責任者のブサカ氏は13日、「(西村氏は)非常にいいポジションを取っていた」と擁護した。AP通信が報じた。
 クロアチアのコバチ監督や選手からの批判が相次いだが、ブサカ氏は「われわれは人間」とした上で「ミスを犯さない人間はいない」と話した。(共同)

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

13:45  |  集団的自衛権  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |