FC2ブログ

2014.05.23 (Fri)


関電の控訴は「恥の上塗り」?

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 福井地裁が大飯原発の再稼働差し止めの判決を出したことは前エントリーでご紹介した。

「運転停止で多額の貿易赤字が出たとしても国富の流出や喪失というべきではない」

という偏見に満ちた独断には驚いた。
裁判官としての知見も常識もない。
専門家が再稼働の可能性についてまだ検討中だというのに、この始末だ。

火力発電と原油の輸入で何十億という赤字が生まれるだけでなく、地球温暖化と空気汚染につながる。

当然のことながら、関電側はこれを不服として翌日控訴した。

そうしたら、「控訴するのは恥知らずだ」と原告側の男性は批判し、反日メディアもそれを応援した。

上級審に控訴するのは法律で認められた正当な行為である。
それを「恥知らず」とか「反省しろ」(岸井成格)というのはおかしいのではないか。

TBS「NEWS23」(2014/5/22)
判決無視?関電翌日控訴

ナレーション
「関西電力は大飯原発の運転差し止め判決を不服として控訴しました。原告団は今日、関西電力を訪れ、判決に従うよう申し入れましたが、関電が控訴したのは申し入れの直後でした、申し入れの後、開いた集会では、原告から批判の声があがりました」

原告の男性(なぜか楽しげに)
控訴するなんて恥の上塗り!としか言いようがない。そういう人達と闘わなければいけない私達の決意はものすごく大きいものがあります」

仲間のまばらな拍手に上機嫌の男性。
日本の運命がこのような一部の人たち(プロ市民)に委ねられていいのか。


ナレーション
「福井県庁や大飯町を訪れた原告団側は、大飯原発の再稼働を認めないよう改めて要請しました」

膳場貴子
「判決の翌日に控訴。この対応をどういう風にご覧になりますか?」

岸井成格(毎日新聞特別編集委員)
「そうですねえ、判決を無視するような対応じゃないですかね。おそらく関電としてはですね、時間を置くと今後の原発再稼働とか、あるいは原発政策に深刻な影響を与えるということを怖れたと思うんですよね。その流れを(に)ストップ掛けたいという思いだったんだと思うんですけど、やっぱりこの判決内容というのはヒジョーに内容ありますからね。もう少し吟味して、反省すべきものは反省する、そういう対応をしてもらいたかったですね」


「ヒジョーに内容がある」と力を入れたのには笑えた。
産経新聞は「現実を無視した"思想"もにじませた」と裁判官を批判した通り、それは(偏った)思想であり、日本の現状を正確に捉えていない。
裁判官は偏った思想で判決を下してはならない。

 産経新聞は今日も、「司法判断が国を滅ぼす」と批判している。

「司法判断が国を滅ぼすのか? 
専門家も『これは判決ではない』川内原発への影響懸念」


 今迄もそうであったように、知見ある上級審で逆転判決されることを期待したい。
それにしても、こんな下らない裁判に私たちの税金が使われるということはまことに耐えがたいことである。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:15  |  原発再稼働  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |