FC2ブログ

2014.04.16 (Wed)


疑問だらけの韓国史上最悪の船舶事故

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


 関わりたくない韓国だが、痛ましい事故が起きた。
修学旅行生らを多数乗せた旅客船が珍島沖で転覆して多数の死傷者を出した。

悪天候でもなく、座礁するような暗礁もない海域でどうして転覆、沈没したのか謎が多い。

 素人考えでは停船から浸水、転覆、沈没まで2時間半近くあったというのに、どうして乗客は逃げ切れなかったのかと不思議に思う。
かつて日本最大級の「飛鳥」に次ぐ2万6千トン級の「パシフィックビーナス」で旅行した経験があるが、それだけの時間があればたとえ傾いたとしても逃げ出せるような気がする。

 沈没船の周りを取り囲む韓国海洋警察のゴムボートやヘリの数も少なく、とても数百人の遭難者を救出する体制ではないのが不思議だ。

 米海軍は日本の佐世保基地から強襲揚陸艦を現場海域に派遣するという。
朝鮮半島有事でも、同様に日本の米軍基地から出動することになるだろう。
韓国は日本を敵視している場合か。

産経ニュース(2014/4/16)
修学旅行生ら、なお280人以上不明 米軍艦も現場海域へ


その日本政府は韓国に救援の打診をしたが、21時になっても返事が無い。
朴槿恵大統領が反日姿勢を取る韓国は面子があって日本に助けてくれとは言えないのか。

産経ニュース(同上)
政府、韓国に支援申し出 返答待つ

 日本政府は16日、韓国の旅客船沈没で多数の安否不明者が出ていることを受け、韓国政府に支援の提供を申し出た。韓国側からの回答を受けて迅速に対応する構えだ。
 防衛省は行方不明者捜索の協力要請があれば、国際緊急援助隊として自衛隊を派遣する考えだが、16日夕時点で韓国側から要請は来ていないという。
 外務省関係者は「どういうことが必要か韓国側に照会しているが、まだ返事がない」と語った。


 尖閣諸島問題、竹島問題などで信頼のおける情報発信をしている東海大海洋学部の山田吉彦教授は今回の事故に多くの疑問点を指摘している。

産経ニュース(同上)
時間短縮の航路で暗礁に? 「待機」指示は訓練不足 専門家分析

 韓国の珍島付近で旅客船が沈没した事故で、日本の専門家から航路の選択や乗客の避難方法を疑問視する声が上がっている。
 海難事故に詳しい東海大海洋学部の山田吉彦教授は、霧で出港が遅れた船が時間短縮のため通常とは異なる航路を選んだとの情報に着目。「予想より近くにあった暗礁にぶつかり、船底に亀裂が入って浸水した可能性が高い」と話す。
 日本の旅客船が遅れを取り戻す際は航路を変えずに速度を上げるのが一般的だが、燃料を多く消費することになるという。
 また、事故当時、船内での待機を指示する放送が流れたという乗客の証言について、山田教授は「船体が大きく損傷していることを船長が認識できず、多数の乗客を避難させる訓練も不十分だったのではないか」と推し量った。
 直ちに救命ボートを降ろし、乗客を海上に逃がすべきだったと指摘。「船長の判断が問われることになるだろう」と述べた。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:07  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.16 (Wed)


河野洋平またも国を売る

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

河野洋平は売国奴だと藤岡信勝教授

河野洋平2

  河野洋平が中国を訪問してまた国を売った。
中国の副首相と会談して安倍政権を散々批判され、「戦後秩序を懸命に守るから信頼して欲しい」と哀願した。

なんという破廉恥行為、売国行為であることよ。

 中国は政治と経済、日本国民は別というトリックを用いて日本の分断を図っている。
「日本の国民には戦争責任がない!」と周恩来が言ったのも、戦後にGHQが同じ事を言ったのもすべて分断を意図したものである。
騙されてはならない。

安倍政権は河野談話の検証結果を国民に明らかにし、決断すべき時に来ている。

ZAKZAK(2004/4/16)
河野洋平氏、中国の内政干渉に謝罪 藤岡教授「河野談話も含めて最悪」

 河野洋平元衆院議長が、また売国外交を展開している。中国の汪洋副首相との会談で、内政干渉である日本政府批判を散々言われながら、「申し訳ない」と謝罪してきたのだ。河野氏が1993年、ずさんな調査のまま慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」については今週19日、早期撤廃を求める国民大集会が開かれるが、いつまで日本を貶めるのか。
 河野氏は15日、会長を務める日本国際貿易促進協会の中国訪問団として、北京で汪氏と会談し、日中の経済協力などについて意見交換した。
 汪氏は冒頭、「先生は中国人民の古い友人であり、長期にわたって中日両国の友好協力推進に心血を注いでこられた」と河野氏を絶賛し、日本の安倍晋三政権について、こう語り始めた。
 「今の日本の為政者には戦略的、長期的な認識が欠けている。中国やアジアの人民に不愉快なことをしており、それが中日の経済にも悪影響を与えている」「中国政府は日本の為政者と経済界を1つに見ているわけではない。日本の国民も同様だ」
 
こんな理不尽な言い分はない。

 中国は沖縄県・尖閣諸島に艦船を連日侵入させ、東シナ海に一方的に防空識別圏を設定するなど、「反日」強硬路線を取り続けている。これらは民主党政権時代から続いており、安倍政権が理由ではない。汪氏の発言は内政干渉であるうえ、日本の指導者と経済界、国民にクサビを打ち込む分断工作といえる。

ところが、河野氏は反論もせず、村山談話を踏襲している日本政府の基本姿勢を説明し、「(中国で)疑念が出てきたことは申し訳ないが、今後も戦後の秩序が崩れないよう懸命の努力をするので、ぜひ信頼してほしい」と応じたのだ。

 「『河野談話』の早期撤廃を求める国民大集会」(19日午後6時半から、東京・池袋の豊島公会堂)にも登壇する、拓殖大学の藤岡信勝客員教授は、「どうして、こんな政治家が出てくるのか。『売国奴』という言葉以外、見当たらない」といい、続ける。

 「相手に何を言われても、迎合して緊張から逃避する姿勢は、日本国内で一般の人がするならまだいいが、国際社会で国家指導者や政治家がすれば国家の独立や名誉は守れない。河野氏は『日本の政治についてはご論評に及びません』と内政干渉をはね付けるべきだった。『河野談話』も含めて最悪のパターンだ

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:59  |  -支那  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.16 (Wed)


慰安婦問題 安倍政権は韓国に歩み寄るな

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

妥協は許されない  

 安倍政権が韓国との慰安婦問題を年内に決着させる方針だと共同通信が報じている。
どの程度の信憑性があるか疑わしいが、事実だとすれば安倍首相は大きな間違いを犯すことになる。

 それはいままでの政権が何度も繰り返してきた過ちである。
「人道的措置」は何回繰り返しても韓国の日本批判はやまないだろう。
延々と続く蟻地獄にこれ以上日本は嵌ってはならない。

 反日メディアは安倍首相の集団的自衛権への取り組みを「前のめり」と非難する。
しかし、慰安婦問題で韓国に歩み寄ることこそ「前のめり」と批判すべきであろう。

 野田政権の解決案を参考にするというが、それも間違っている。
野田政権は韓国の求めに応じて朝鮮儀軌を韓国に「返却」したが、それは韓国の更なる要求に火を付けただけだった。

 慰安婦問題の「最終決着」は日本が最後まで韓国の嘘を暴き続けて対決姿勢を続け、韓国が諦めることにしかない。
そして、それは韓国という国が地球上から消滅する時でしかない。

共同通信(2014/4/16)
政府、慰安婦の年内決着打診 日韓関係修復図る

 安倍政権は、旧日本軍による従軍慰安婦問題について、韓国との間で今年末を期限に「最終決着」を図る方針を固め、外交ルートを通じて韓国側に協力を打診した。複数の政府関係者が15日、明らかにした。元慰安婦の賠償請求には応じない構えだが、一定の人道的措置を講じ、関係修復と日韓首脳会談の実現を図る必要があると判断した
 16日にソウルで開かれる日韓局長級協議などの議論を通じて、韓国側と歩み寄りを目指す。
 人道的措置は、2012年に当時の野田政権が韓国に非公式に示した解決案を参考にする。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:02  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.16 (Wed)


ヘイトスピーチと「非難の言葉」との違いは?

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

シバキ隊の元隊長が逮捕  

 「在日特権を許さない」(在特会)の活動に対抗して妨害・暴力行為を重ねてきたならず者集団の「シバキ隊」の元隊長林啓一が生活保護費の不正受給で逮捕された。
当然の報いである。

 しかし、110万の生活保護費詐取でいきなり逮捕とは尋常ではない。
やはりその暴力行為に目が余るものがあったからではないか。

 それにしても、ヘイトスピーチという言葉が独り歩きして穏健な抗議活動までもが白眼視される傾向にあるのは許せない。
マスメディアにしてもヘイトスピーチに対する暴言を「非難の言葉」とは表現が甘すぎる。
マスメディアは中国や韓国のヘイトスピーチこそ徹底的に批判すべきである。

共同ニュース(2014/4/15)
反ヘイトスピーチ団体元代表逮捕 生活保護費を不正受給疑い

 大阪府警警備部は15日、生活保護費を不正受給したとして詐欺の疑いで、ヘイトスピーチ(憎悪表現)への反対行動を行っていた市民団体「友だち守る団」(昨年5月解散)の元代表林啓一容疑者(52)=大阪市西成区橘=を逮捕した。
 警備部によると、守る団は「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などの右派系市民グループに対抗するとして、昨年2月に結成。最大で約30人のメンバーを抱え、ヘイトスピーチが行われる場所に行き、非難の言葉を浴びせてきた。
 逮捕容疑は無収入とする虚偽の申告書を大阪市に提出し、2011年6月~12年2月に生活保護費約110万円をだまし取った疑い

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

01:01  |  事件  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |