FC2ブログ

2014.04.10 (Thu)


韓国には「助けず教えず関わらず」

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 先月一杯で閉鎖されたイザブログでランキング常時一位だった阿比留瑠比氏の産経新聞「阿比留瑠比の極言御免」はいつも読むのが楽しみである。
最近はスクープした慰安婦問題で気を吐いている。

今回は韓国ファンだった作家の豊田有恒氏が早くも20年も前に韓国嫌いになっていたという逸話を紹介している。
韓国は日本人を人種差別しているというのである。

 しかし、それは人種差別しているというよりも、韓国人の日本人に対する劣等感の裏返しであると思う。
韓国の過去の歴史を紐解けば、かつては中国に隷属していた。
その後、みずからの力ではなく日韓併合で近代化された。
日本は中国と南下するロシアに蹂躙される韓国を救ったのである。
勿論、それは日本の国益を考えての上ではあるが、列強国の略奪的な植民地政策と同等には論じられない。

太平洋戦争では韓国人は日本国民として連合国と戦い、敗れた。

 戦勝国である連合国は日本を弱体化させるために併合を解消し韓国を独立させた。
韓国は自らの力で独立を勝ち取ったのではない。

 1950年の朝鮮戦争では中国の援軍による北朝鮮の猛攻撃で、一時は朝鮮半島の片隅まで追いやられた。
この時、大東亜戦争で連合国と戦った旧日本軍に所属していた退役軍人が招集され、不遇をかこっていた彼等が経験を生かして果敢に戦ったために戦況は一変し、38度線まで盛り返し、休戦となった。
そして現在に至っている。

以上の歴史からも韓国の日本に対する負い目は彼らのトラウマになっている。

このような韓国に対しては「助けず教えず関わらず」(筑波大学大学院・古田博司教授)が最も正しい付き合い方である。

産経新聞(2014/4/10)
知れば知るほど…「嫌韓本」に学ぶ韓国対応法

 韓国を訪ねる観光客はめっきり減り、テレビドラマの韓流ブームも下火になった。書店の店頭には「嫌韓本」が平積みされ、インターネット上では韓国批判の論説があふれている。
 こうした現象について、日本社会の右傾化や排外主義の高まりだと戒める向きがあるが、ちょっと違うと感じている。むしろ、韓国に対する関心と認識が深まったがゆえ、という部分が大きいのではないか。

 「日本人を差別」

 「周囲の日本人のあいだに、韓国嫌いが増えている。(中略)嫌韓論と名付けたマスコミもあるが、これすら当たっていないだろう。韓国を疎(うと)ましいと思う日本人が、増えているのである。疎韓(そかん)論とでも言えば、いいのだろうか」
 これは、最近書かれた文章ではない。作家で島根県立大名誉教授の豊田有恒氏がちょうど20年前の平成6年3月末に刊行した著書「いい加減にしろ韓国」から引用したものである。
 ネットを通じて情報の共有が進んだ現在より割合が低いだけで、当時から韓国に対してうんざりしていた人は少なくなかったのだ。
 豊田氏はこの本で日韓友好を誰よりも願いつつ「韓国人は、はっきり言って、日本人を差別している」「ここまで居丈高な対日要求を突きつけてくるのは、日本人に対する人種差別のため」とも明言している。
確かに現在も、韓国の政府やメディアによる日本だけを狙い撃ちした「ヘイトスピーチ」は異様であり、あまりに一方的である。
 豊田氏は今月出した新著「どの面(ツラ)下げての韓国人」では、民主党政権が行った韓国への「朝鮮王朝儀軌」引き渡しが逆効果だったことを指摘し、「日本側の善意は、韓国には通じない。こうした際、韓国人は、善意として受け止めるのではなく、日本人は、疚(やま)しい点があるから、そうしたのだと解釈する」と強調する。そしてこう主張している。
 「反日が高価な代償を伴うことを韓国に教えないかぎり、韓国の捏造(ねつぞう)に基づく反日は止(や)まない」

 知るほど距離感

 このように韓国に手厳しい豊田氏だが、もともとは大の韓国好きだった。左派系メディアや社会党が北朝鮮を賛美し、韓国に否定的だった昭和53年2月の著書「韓国の挑戦」では、韓国の経済成長を称賛し、韓国人に対する差別、偏見を批判してこうも記していた。

 「家族連れで、よく韓国に行く。うちのワイフも子どもたちも、すっかり韓国が気にいっている」

 それが韓国語が上達し、韓国人との付き合いが深まり、韓国を深く理解していく過程で、かえってその異質性と対日感情の御し難さに気付き、逆に距離感が広がったのだ。新著ではこう突き放している
「韓国相手では、同じ地球人と考えずに、どこか遠い異星の宇宙人だと考えたほうが、対応法を誤らないだろう」
 もとより隣国に関心を持ち、理解しようとする姿勢は大切である。ただし、相手を理解すればそれで友好が深まるとはかぎらない。政治学者の故坂本多加雄氏はこんな言葉を残した。

 「国と国の関係も人間関係と同じで、知れば知るほど相手を嫌いになるということもあるんじゃないか」

 いわゆる嫌韓本が売れるのは韓国の反日の正体を知り、適切に付き合い、適度に距離を置くためのヒントが提供されているからだろう。(政治部編集委員)

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:36  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |