FC2ブログ

2014.04.05 (Sat)


小学校の領土教育 産経・読売は賛同

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


ここでも朝日・毎日VS産経・読売

 朝日新聞と毎日新聞の社説が、小学校の教書で領土問題を扱い、尖閣諸島や竹島が日本の領土であることを教えるようになった事を素直に歓迎せず、「両論併記」や「複眼的視点」を主張したのは前エントリーの通りである。

 一方、朝日・毎日の対立軸である産経新聞と読売新聞は日本の領土教育に積極的に賛同している。
両紙は中韓両国が日本の領土教育に猛烈に反対していると報じている。

 そういえば、朝日と毎日は中韓の拒否反応について社説で一言も触れなかった。
正当性のない身内の言い掛かりが恥ずかしかったからに違いない。

産経新聞社説(2014/4/5)
小学校教科書 領土理解へ授業も工夫を

 来年春から使われる小学校教科書の検定結果が公表された。社会科で竹島と尖閣諸島について全社が取り上げるなど、領土に関する記述が増えたことを評価したい。
 子供のころから自国の領土に理解を深める意義は大きい。授業も工夫して教えてもらいたい。

(中略)

韓国や中国は反発しているが、いわれのない抗議である。下村博文文部科学相も述べているように、自国の領土を正しく教えるのは当然だ。文科相は「学校現場では記述を生かして十分に領土教育をしてほしい」と話している。その通り授業でどう分かりやすく教えるか考え、実践してほしい。

(中略)

領土に関する教育があまり熱心に行われてこなかったことを反省したい。

(中略)

教える側も、領土の歴史などについて理解していない教師が少なくない。日教組の教研集会で北方領土について教えるうち、教師自身が「日本の領土かどうか判断できなくなった」などという論外の授業を報告した例もあった。
(以下略)

読売新聞社説(同上)
小学教科書検定 自国領土の学習が欠かせない

 国の将来を担う子供たちに、自国の領土について、教科書で正確に教えることが大切だ。

(中略)

領土教育の充実に向けた意義ある一歩である。
記述の仕方は教科書により異なるが、「日本固有の領土」「日本の領土」と明記している。
竹島に関しては、韓国が「不法に占拠」「占領」と記し、尖閣諸島では、領有を主張する中国の漁船が領海侵入を繰り返しているなどと指摘した。
いずれも、最低限知っておかなければならない事実だろう。

(中略)

(中韓の反発は)いずれも、誤った事実認識に基づく、不当な主張だ。
 菅官房長官は、教科書に「ごく当たり前のことを書いただけに過ぎない」と述べた。
教育は内政問題であり、他国が口を出す筋合いではない
 竹島と尖閣諸島は、歴史的にも国際法上も疑いなく日本の領土である。小学生のうちから、基礎知識を身に付けるのは重要だ。
 学校での領土教育をさらに進めることが、国際社会で日本の立場の正当性を堂々と訴えることのできる人材育成にもつながろう。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:34  |  これぞ正論  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.05 (Sat)


毎日社説も「複眼的」教科書を主張

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

毎日新聞は「小朝日」であることを証明

「小朝日」と蔑称されている毎日新聞の社説も領土問題が小学校の教科書に明記されたことを取り上げている。
しかし、「小朝日」と言われるだけあって論調は前エントリーでご紹介した朝日新聞並みである。

「小学生の教科書だから簡単に書いてはいるが『中国も領有権を主張している』と書いてあるのは客観的でよろしい」と評価している。
しかし、領土問題には複眼的思考など必要ないのである。
日本の領土は日本の領土だからである。

毎日新聞社説(2014/4/5)
教科書 複眼的思考力を養おう

「・・・今回の検定では社会科を扱った全社が「領土問題」を記述した。尖閣諸島に対し「中国が領有を主張しています」と記す教科書もあるなど客観的だが、小学校段階では簡略だ。
 今後、言語活動の比重が増す中学、高校で、お仕着せではなく、歴史や世界に関心を広げて複眼的で掘り下げた論議、思考にもつながる教科書の記述や学習になるかが肝心だ。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:13  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.05 (Sat)


朝日社説 小学校教科書の領土問題記述にイチャモン

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

愚かなり朝日新聞

 今朝の朝日新聞社説を読んで、つくづく朝日新聞はどうしようもない新聞だと痛感した。
小学校の全ての教科書に竹島と尖閣諸島は日本の領土だと明記された。
いままで一社の教科書に過ぎなかったから、素直に喜べばいいではないか。

 それを「政府見解だけを教科書にのせても、身内の結束を確かめ合っても国際社会を説得できなくては問題は解決しない」とか「子供にはちんぶんかんぷんだ」と理由にもならないイチャモンを付けている。

 おのれのスタンスを明確にしないで、物事の部分を捉えて説得力の無い難癖をつける事をイチャモンと言う。

 そのなかに自ずから己の立ち位置が垣間見えてしまうというのも朝日新聞の愚かさである。
以下、Ponkoの合いの手も入れてご紹介する。

朝日新聞社説(2014/4/5)
領土の教育―冷静に、しっかりと

 おなじ取りあげるならもっとしっかり書いてはどうか。

(尖閣諸島と竹島は間違いなく日本の領土だとしっかり書け、と言うのかと思うと読んで行くうちにそうでないことが分かる)

 来春から小学校で使われる社会の教科書で、各教科書会社がそろって竹島と尖閣諸島の領有権問題を扱った。09年度の前回教科書検定のときは1冊だけだったから、大幅な増加だ。

 だがどの本も、竹島・尖閣は日本固有の領土だが「韓国が不法に占拠している」「中国が領有を主張している」と、政府見解をなぞった程度の書き方だ。対立の背景や、双方の主張の根拠には踏み込んでいない。

(小学校の教科書に「対立の背景や、双方の主張」など要らない。竹島・尖閣に韓国と中国が不当に領有権を主張しているが、日本固有の領土である、ピリオド」。これで十分である)

 「子どもがこれを読んで領土問題を理解できるか」という肝心な視点が置き去りにされてはいないだろうか。

(小学生レベルにはこれで十分。その他に何を理解とさせようとしているのだ。中韓の根拠なき言いがかりか)

 尖閣について「政府は解決に向けて努力を続けている」と書こうとした教科書には、検定で「尖閣に解決すべき領有権の問題は存在しない、というのが政府の立場だ」と物言いがつき、このくだりは削られた。
 問題が存在しないならなぜ争っているのか、中国は何を根拠に領有を主張しているのか、子どもたちはちんぷんかんぷんに違いない。

(中国の領有権主張には根拠がないから説明のしようがないではないか(笑) 朝日の論説こそチンプンカンプンである)

 政府見解だけ教科書に載せ、「竹島も尖閣も固有の領土だ」と身内の結束を確かめあったところで、国際社会を説得できなくては問題は解決しない。審判に背を向け、応援席に声援を求めるようなものだ

(政府見解以外の国内の反日勢力や中韓の見解も載せろというのか。朝日新聞は小学校の教科書で「国際社会を説得」しようとしているのか(笑)。)

 私たちが育てるべきは身びいきなサポーターではなく、問題の解決に動くプレーヤーであるはずだ。双方の主張をふまえ、自分の頭で冷静に考えられる力を養うことをめざしたい。

(小学生に日本の領土だと教えることが、「身びいきなサポーター」を育てることになるのか。小学生に領土問題で争う二国間の問題を解決する能力を期待するのか。領土問題で「双方の主張をふまえる」のが必要なのは第三国であり、当事国ではない。ましてや小学生ではない(笑)。) 

領土をめぐる対立は、戦争や植民地支配の歴史や、資源をめぐる思惑が絡みついた厄介な問題だ。たとえば尖閣について、中国は「日清戦争に乗じて奪われた」と主張し、日本は「中国は戦後も1971年まで異議を唱えていなかったのだから、おかしい」と指摘している。 数行の記述ですませず、もう少し紙幅を割いてこうした双方の言い分の要点も紹介した方が子どもたちも解決の難しさを想像しやすいだろう。
 教科書のページが足りなければ資料集に盛り込んでもいい。新聞や図書館の本を使った調べ学習に導く注釈をつけるのも手だ。教師も教科書をおぎなう教え方を工夫してほしい。
 教科書に政府見解を書かせるルールができたとはいえ、異論の紹介はもちろんできる。奥歯に物の挟まったような書き方をする必要はない。知識は客観的に教え、そのうえで自分で考えさせる。そうでなくては意見を言える子に育つまい。


(領土問題は政府の見解ではなく、日本人全員の見解だ。小学生のレベルで領土問題を扱う場合は、日本の領土だと認識し、愛国心を培うことが大切である。
最後まで読んではっきり分かったことは、朝日新聞は小学校の教科書で竹島と尖閣諸島が日本の領土だと教えることに反対なのである。つまり中国と韓国の利益の代弁者なのである。それを「奥歯に物の挟まったような書き方」をしているのは朝日新聞そのものである)

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:33  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |