FC2ブログ

2014.03.15 (Sat)


テレ朝「報ステ」竹富町是正要求に大反発!

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

既報のとおり、朝日新聞は今日の社説で沖縄県竹富町に対する政府の「是正要求」に反発したが、テレ朝「報ステ」も大反発した。

テレビ朝日「報道ステーション」(2014/3/14)
「公民」の教科書採択めぐり
竹富町に初の"是正要求"

報ステ1

古館伊知郎
国が今日、中学で使っている教科書を変えなさいという異例の事を言いました


と冒頭、「国」を批判した。
頑なに採択地域(与那国町・石垣市・竹富町)が決定した中学の育鵬社版の公民教科書に反対して東京書籍版の教科書を篤志家の寄付で購入して使用している事に対して国が是正要求をしたのは初めてのケースではあるが決して異例ではない。

慶田盛安三(竹富町教育長)
軍事力に頼らない平和への努力や憲法9条の果たしてきた役割が(育鵬社版では)ほとんど記述されていない」

自衛隊と日米安保で保たれて来た平和を憲法9条のお蔭だとする能天気な平和主義者には笑える

ナレーション
「東京書籍では、『日本は第二次世界大戦で他の国々に重大な損害を与えもみずからも大きな被害を受けたため、憲法で平和主義を基本原理とした』とある。一方、石垣市などが新たに選んだ育鵬社。『第二次世界大戦に敗れた日本は連合軍に軍事占領され、連合軍は非武装化の趣旨を憲法に反映するよう要求したため、平和主義を基本原理とすることにした」としている」

育鵬社の解説の方が正しい。

ナレーション
「米軍基地に関しては東京書籍では普天間基地移設など沖縄の基地問題について触れる一方で、育鵬社は触れず、米軍基地は日本の防衛に役立っていると評価している。どちらを選ぶのか」


アメリカに守られているというのは情けない話だが、米軍基地は日本の防衛に役立っている。

石垣市の保守派の教育長が「独断で教科書の選定方法を変えた」と批判。
教師が推薦しない教科書でも選べるように変えたのは下村博文文科相や義家議員ら保守系の議員が後押しをしたからだと批判。

それはそうだろう。日教組の赤い教師の自虐教育で子供たちが「日本は悪い国だ」と信じたら日本の未来は無いからだ。

選定委員は教科書を読んでいないのに育鵬社を選んだと竹富町は反発して東京書籍を選んだと解説。
当時の民主党政権は法律違反として教科書の無償提供を止めたが、文科省は容認して来た。

竹富町で公民を教える教師
「実質的には無償で(東京書籍の)教科書を使っているので混乱は現場ではない」

竹富町の中学生
「私たちには不利とか不便なことはないのでいいのかなと」

無理に言わせている感じ。

ナレーション
しかし、安倍政権になってから、国は一気に強気に出た。
育鵬社に変えるよう再三求め、応じなかったため、文科省は今日ついに初めて是正要求に踏み切ったのだ」

慶田盛安三(竹富町教育長)
「教育は絶対に中立性を保たんといかんと言いながら、今の文科省は恣意的な介入じゃないですか、これこそ政治介入だ」

報ステ2

中島岳史(北海道大学大学院准教授)
「まず非常におかしなことが起きているのは、竹富町と言う一市町村が決定した決定が、周辺の別の自治体の決定によって覆されるということが起きているわけですね


中島さん、それはアベコベだろう。与那国町、石垣市、竹富町という選択地域で決定した事を竹富町が覆しているのだが(笑)
以下中島氏のコメントは引用に値せず省略。

育鵬社の教科書に反対する左翼活動家の活動の様子がVTRで見られる。

曰く・・・

「沖縄戦の実相をゆがめ、戦争美化の教科書は子供たちに渡さない 子どもと教科書を守る住民の会」の横断幕。

報ステ3

住民ではなくて本土から駆け付けた左翼活動家と住民票を移した偽住民だろう。

報ステ4


「日本軍による『集団自決』命令を隠蔽する教科書採択を許さないぞ!」

そう書いたゼッケンを背中につけた若者が、沖縄教組の幟の準備をしている。

報ステ5

「東京書籍は真実の教科書 育鵬社 自由社版はNO!」

「住民の声を無視するな 採択協議委員は市民を裏切らないで!」


プロ市民たちも頑張っている(笑)
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:35  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2014.03.15 (Sat)


竹富町教科書是正要求に朝日と毎日が社説で反発

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

自虐教科書が好きなのは反日勢力である証拠

 朝日新聞と毎日新聞はルール違反である竹富町の公民教科書選定を以前から後押ししている。
だから13日の竹富町に対する文科省の是正要求に反対する社説を今日も掲げて政府を批判した。

朝日新聞は「両方使ってみては」と妙な事を言いだした。

この言い様は、尖閣諸島を中国と共有してみたらというのとある意味同じである。
そう思って読み下して行くと、ある私立中の教諭が生徒に尖閣諸島に関する日本の外務省と中国大使館のホームページを読み比べさせて、物事を多面的に見る勉強をさせたと褒めている。

冗談じゃない。
多面的に見る勉強ではなくて中国が如何に日本の領土を掠め取ろうとしているかを学ぶべきだろう。

「竹富町だけに責めを負わせるのは一方的にすぎる。
私たちはそう考えている」


朝日新聞のいやらしい所はこのように「私たち」を多用することである。
私たちとは一体誰なのか?
朝日新聞の編集委員たちだけではないのか。

「最後にひとつ、みんなで考えてみたい問題がある。教科書選びが市町村どうし、さらには政府まで出てくるような争いを招くのは、どうしてなんだろう?」

と最後はとぼけてみせる。

「市町村教委は無償措置法による協議の結果に基づいて同一の教科書を採択しなければならない」(文科省)

というルールに違反したという事実には一切触れないのである。

また育鵬社の教科書に反対する勢力は左翼平和主義者、プロ市民であるという事実にもまったく触れとていない。

朝日新聞社説(2014/3/15)
沖縄の教科書 両方を使ってみては

 一方、毎日新聞社説は・・・

本来外からの圧力を警戒すべき教育行政が対象で、現場を萎縮させる懸念もある」

とルール破りをした竹富町の教育委員会を非難せずに擁護している。
こんなことがまかり通っては日本の教育は駄目になる。
もっともそれが朝日、毎日の狙いではある。

「今回の措置は『前例』として後に影響を残すだろう。地方の教育行政が独自の判断を回避するような風潮を生むなら、自治理念を根幹とした教育行政を大きく損なうことになりかねない」

「地方の独自の判断」を認めろという趣旨だが、教育という国家の大事業に「地方が独自の判断」をされてはかなわない。

民主党政権時代の「地域主権」は国を危うくするだけだからである。

毎日新聞社説(同上)
国の是正要求 教科書選びにそぐわぬ
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:19  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014.03.15 (Sat)


朴大統領、河野談話見直さぬ安倍首相を歓迎

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 安倍首相が14日、参院予算委員会で「河野談話の見直しはしない」と明言した事を受けて朴槿恵大統領が歓迎した。
実は安倍首相の答弁に先だって韓国側には、官邸から答弁内容を伝えており、日韓合意の上の外交芝居と言える。

これで仲介したアメリカの顔も立ち、朴槿恵大統領も上げた拳の下げ時を掴んだ。
残るは安倍首相に対する日本国民の失望である。

安倍首相はこの国民の失望を如何にして回復できるのか。
今回の解決法は一時的であり、韓国が相手では同じことは今後も繰り返されるだろう。

何時になったら完全に終止符を打てるのか。
反日メディアに騙される事なく、憲法改正という大事の前の小事として国民がそれまで我慢できるかどうかが正念場であると思う。

産経ニュース(2014/3/15)
河野談話継承を前向き評価 韓国大統領「幸いに思う」 首脳会談実現へ前進も

 韓国の朴槿恵大統領は、安倍晋三首相が過去の植民地支配と侵略を認めた95年の村山富市首相談話と従軍慰安婦問題をめぐり旧日本軍の関与と強制性を認めた93年の河野洋平官房長官談話を継承すると表明したことについて「幸いに思う」と述べた。大統領府報道官が15日明らかにした。
 朴氏が安倍氏の発言を前向きに評価したことで、今月下旬のオランダでの核安全保障サミットに合わせた日韓、日米韓首脳会談の開催実現に向け前進する可能性が出てきた。
 朴氏は、安倍氏の表明が「今後、慰安婦被害者のおばあさんたちの傷を癒やし、韓日関係と北東アジア(各国)の関係が強化されるきっかけとなることを願う」と述べた。一方、米国務省報道官は14日、河野談話の見直しを否定したことを「歓迎する」と述べ、日韓対話につながることに期待を表明した。(共同)

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

17:59  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2014.03.15 (Sat)


首相を「安倍」と呼び捨てにする時

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍首相ふたたび「痛恨の極み」

 今日の産経抄子が珍しく直情的に韓国とアメリカに腹を立てている。
それは国民の気持ちを代表してくれたものだ。

 アメリカは安倍首相に陰に陽に圧力を掛けて、国会で「河野談話は見直さない」と言わせた。
役人の書いた答弁を棒読みする安倍首相の顔に「痛恨の極み」と書いてあったという。

 安倍首相は靖国神社を参拝出来なかった事を「痛恨の極み」と言い、一年後に靖国神社参拝の約束を見事果たした。
ならば、いつか必ず安倍首相は河野談話を否定する行動に出るだろう。
だから、残念ではあるが、ここで安倍首相を見限ってしまっては元も子も無くなる。

安倍首相が河野談話を否定しなかった事を「安倍」と呼び捨てにして非難するコメントを頂く。
保守派を装う左翼の回し者であろう。

第一、首相を「安倍」と呼び捨てにするだけで許せない。
Ponkoもかつて鳩山と呼び捨てにしたが、頭に必ずルーピーとつけた。

それはさておき、韓国は絶対に許せない。
韓国が日本に援助を求めて来た時、安倍首相が無条件に援助の手を差し伸べた時こそ、「安倍」と呼び捨てにすることにする。

産経新聞(2014/3/15)
【産経抄】

日ごろ能弁な安倍晋三首相が、きのうの国会答弁では、珍しく下を向いたままお役人が書いた紙を棒読みしていた。慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」を安倍政権では見直さないと答えたが、顔に「痛恨の極み」と書いてあった

 ▼オバマ米大統領は来月、アジア各国を歴訪するが、その前に泥沼化している日韓関係を修復しようと米国は余計な世話を焼いている。日米韓首脳会談を実現させるため、韓国の機嫌を損ねぬよう「河野談話を見直さないでくれ」と陰に陽に日本側に圧力をかけているという

 ▼国防費を大幅に削減する米国は「米軍をアジア太平洋に重点的に配備する」と公言している。とはいえ実態は、米国防次官補自ら「もう実行できない」と口をすべらしたほど、カネに困っている。

 ▼米国にしてみれば、軍事的膨張を続ける中国を牽制(けんせい)するため、日韓が一致結束して米軍の肩代わりをしてほしいのだろうが、ムシが良すぎる。日韓関係がここまでこじれたのは、2年前の8月、当時の李明博大統領が竹島に上陸し、天皇陛下に謝罪を要求してからという事実を米国は無視している。

▼慰安婦問題も韓国側のプロパガンダ(宣伝)によって、娼婦(しょうふ)である慰安婦が「性奴隷」だった、とのウソも米国内に広まっている。韓国側につけいる隙を与えた河野談話が、裏付け調査なしのいいかげんなしろものだったのは、国会でも明らかになっている。

 ▼証拠があやふやなら、STAP細胞論文の例をひくまでもなく、再検証し、撤回するのが当たり前。米史上最も考えの甘い大統領やソウルの頑固なお姫様のご機嫌をとって、わざわざ首脳会談をする必要もない。朝鮮半島が有事になって最も困るのは、日本ではなく韓国なのだから

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:47  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2014.03.15 (Sat)


野党 今度は小松法制局長官たたき

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


小松長官

 安倍首相が任命した小松一郎内閣法制局長官を「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とばかりに野党が一斉に集中攻撃し、「小松の首を取る」などと物騒なことをいう恥ずかしい議員も現れた。
安倍首相が起用した者は、長谷川三千子氏であれ、百田尚樹氏であれ、委員会の選んだ籾井NHK会長であれ、気に入らないのだ。
安倍首相が推した彼らを何とか辞任に追い込んで安倍首相の座を脅かそうと言うのが魂胆である。
とても国の在り方や行く末を議論する国会議員の振る舞いではない。

 小松氏は共産党の参院議員から「安倍晋三政権の番犬だ」と批判され口論となった。
小松氏は胃癌の疑いで入院していたが、安倍首相を命を賭けてサポートすべく早々と退院した。
その容貌は病を抱えているようにも見え鬼気迫るものがあり、健康が心配である。
共産党議員の挑発に乗ってしまったのも集団的自衛権の行使を早めたいという焦燥のゆえかとも推察する。

国会は集団的自衛権の重要性を論ずる本質論からはずれ、野党と自民党の一部は政局で動いている。

産経ニュース(2014/3/14)
松野幹事長「小松氏のクビを取る」 維新からも「実際は政権の番犬」

 日本維新の会の松野頼久国会議員団幹事長は13日の国対役員会で、小松一郎内閣法制局長官について「あまりに国会をなめており、行政官としての、のりをこえている。実質的に首を取る態勢をとらなければならない」と発言した。
 小沢鋭仁国対委員長は役員会後、自民党の佐藤勉国対委員長に電話で「越権的な発言だ」と伝え、政府に注意するよう求めた。
 維新は当初、野党各党で抗議することを検討したが、民主党とみんなの党が野党国対委員長会談からの「維新外し」を画策したことなどから、野党共闘ではなく単独行動となった。
 小松氏は共産党の参院議員から「安倍晋三政権の番犬だ」と批判され、口論となったが、13日の維新の国対役員会でも「実際は政権の番犬だ」との声が出た。


産経新聞は小松氏を追及した民主党の福山哲郎議員が自己矛盾した質問をして墓穴を掘ったことを揶揄している。

産経ニュース(2014/3/13)
小松法制局長官を野党一斉狙い撃ち

 安倍晋三首相が目指す集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈の見直しをめぐり、野党が政府のキーマンの一人である小松一郎法制局長官を狙い撃ちにしている。小松氏を追い込めば行使容認を頓挫させられると考えているからだ。小松氏は発言の一部を陳謝したが、自民党内でも行使容認慎重派がうごめき始めた。与野党の動きは後半国会の焦点となりそうだ。(桑原雄尚、力武崇樹)

 「『安倍晋三首相は国家安全保障基本法案を提出するかどうか述べていないと私は理解している』という趣旨だった。言葉足らずで、誤解を招いたとしたらおわびする」
 小松一郎内閣法制局長官は13日の参院外交防衛委員会で、こう陳謝した。
 質問した民主党の福山哲郎氏が問題視したのは、小松氏の11日の参院予算委での答弁だった。

 小松氏は、集団的自衛権の行使容認を担保するために自民党が平成24年末の衆院選と25年夏の参院選で公約に掲げた国家安全保障基本法制定について「首相は国会に提出する考えはないと思う」と答弁していた。

 首相は現在、行使容認の閣議決定を行った上で、自衛隊法改正などで対応する考えを示している。基本法への言及はなく、今月5日の参院予算委でも「自衛隊法などの自衛隊の行動に関する法律の改正が必要になる」と明言している。
小松氏の11日の答弁は首相の考えを紹介したにすぎなかった。だが、野党勢力にとっては、安倍政権にダメージを与える格好の材料と捉えているようだ。

 特に民主党は集団的自衛権の行使容認に関する見解が定まっていない。2月27日にまとめた党見解も、容認なのか反対か判然としない。それだけに、共産党議員と“場外”で口論を繰り返す小松氏の「資質」を攻撃すれば、行使容認の是非に踏み込まずにすむ。

 福山氏は13日、小松氏が憲法解釈見直しについて政府の有識者懇談会の報告が出る前に「内々に議論している」と答弁したことも追及した。小松氏が法制局内で「頭の体操」を行うのは問題ないとの考えを示すと、こう迫った。

 「どんな頭の体操をしているのか開示してほしい」

 小松氏は「資料を出す」と応じたが、今度は「まだ懇談会で議論しているのに、政府の一部局が『事前の準備を表に出す』と発言するなんて許されるのか」。
自身の最初の質問を否定するかのような批判を行った。
 民主党の大畠章宏幹事長も13日の記者会見で、小松氏について「本当に適切な人事だったのか、安倍政権として任命責任を考えるべき段階に入った」と罷免を要求した。
 これに対し、菅義偉(すがよしひで)官房長官は記者会見で「全く当たらない」と拒否。首相周辺は「小松氏の続投で微動だにしない」と明言しており、集団的自衛権をめぐり冷静な議論ができるよう沈静化を図りたい考えだ。


朝日新聞の今日の社説も・・・

「駐仏大使だった小松氏は昨夏、「長官は内部昇格」という慣例を破って起用された」

と安倍首相が起用したことを批判。

その上で、公明党の漆原国対委員長も批判している、谷垣法相も懸念していると我田引水。
公明党やリベラル谷垣の言い分を利用する事からして間違っている。

朝日新聞社説(2013/3/14)
法制局長官 法治国家の番人とは


朝日新聞が「小松はずし」を企んでいるということは、小松法制局長官は安倍政権にとって、日本にとって必要な人間だということの証左である。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:18  |  憲法改正  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |