FC2ブログ

2014.02.25 (Tue)


安倍内閣支持率 産経と朝日で食い違い

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

産経新聞 河野談話検証を主張、朝日新聞はスルー

 産経新聞が今日の一面トップで伝えるところによれば、22-23日のFNNとの共同世論調査の結果、河野談話を見直すべきだという回答が58%となった。
本来ならば、もっと高い数字となるべきだが、多くは望むまい。
思わない(23.8%)の倍数以上になった事だけでも取り敢えず可とすべきだろう。

産経新聞(2014/2/25)
河野談話「見直し」58% 集団的自衛権「賛成」47%


河野談話世論調査2
産経(産経新聞より)

 集団的自衛権の行使容認も朝日新聞を筆頭とする猛烈なネガティブキャンペーンにもかかわらず、約48%が賛成(反対38%)と回答した。
安倍内閣の支持率は前回調査より0.8ポイント増の約53%。不支持率は約32%と0.6ポイント減となった

ところが、テレ朝ニュースではまったく違う世論調査結果を発表している。

テレ朝ニュース(2014/02/24)
内閣支持率5割下回る「日米ギクシャク」は半数超


 発足以来、ほぼ50%以上を維持してきた安倍内閣の支持率が、今月は48.8%となり、7カ月ぶりに5割を割ったことがANNの世論調査で分かりました。  調査は22日、23日に行われました。安倍内閣の支持率は前の月より4.5ポイント下がり、48.8%となりました。5割を割ったのは去年7月以来、7カ月ぶりです。安倍総理大臣が進める憲法9条の解釈変更による集団的自衛権の行使については、半数の人が反対しています。また、憲法の解釈変更を内閣が決める前に国会で議論すべきとした人は80%を超えました。さらに、安倍総理の靖国神社参拝をきっかけに日米関係がギクシャクしていると思うと答えた人は半数を超えています。


それにしても、朝日新聞は河野談話をどう報道しているのか。

朝日新聞デジタル(2014/2/25)
河野談話巡る説明を批判 共産・山下書記局長

 共産党の山下芳生書記局長は24日の記者会見で、慰安婦をめぐる河野官房長官談話を見直すべきだとの意見が出ていることについて、「当時の文書は(戦後に)全部燃やしているわけで、(慰安婦の証言の)裏付けも取りようがない。わざわざ、あるはずがないものを持ち出して、談話全体を否定するようなやり方はひきょうだ」と述べた。談話作成にかかわった石原信雄・元官房副長官が国会で「証言の裏付け調査は行われていない」と答えたことに関連して述べた。


朝日新聞は自分の主張を示さないで、共産党の批判を載せて代弁させている。
卑怯な新聞である。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:33  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014.02.25 (Tue)


「アンネの日記」事件は日本を貶める陰謀だ

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

 東京都内や近郊の公立図書館で「アンネの日記」や関連書籍が破りとられている報道を見てこれは陰謀だと直感した。
犯人が韓国人であれ、中国人であれ、日本人であれ、ユダヤ人であれ、その目的はまさしく日本の名誉を貶(おとし)めることが目的の犯罪行為である。

いま韓国は虚妄に過ぎない旧日本軍によるいわゆる「従軍慰安婦」の強制連行を海外に喧伝し、日本の名誉を毀損しようとしている。
しかし、いずれ河野談話の嘘が明らかになれば、この努力も失敗することになるだろう。
あまり突っ込み過ぎると、自分たちのベトナムでの行為が明るみに出てしまう。

だとすれば、次の手はヨーロッパ人が忌み嫌うホロコーストを利用することだ。
東条英機をヒトラーに擬する反日メディアの論調もそのひとつである。

中国も習近平国家主席がホローコスト施設の訪問をドイツに打診しており、歴史認識でドイツを巻き込んで日本を貶めようとしている。

韓国に端を発した慰安婦問題を巡る歴史認識から、戦勝国でもない中国が戦勝国面をして国連の常任理事国に居座り、「連合国戦勝史観」を日独に押し付けようとしているのである。

日本もいよいよ先の大戦を「総括」し、自虐史観から脱出すべき時にきているのではないか。
さもなければ、先人たちが命をかけて守ってくれた日本という国が溶解する。

世界の愚かな人権屋たちも、このような国際政治の謀略に引っかかって右往左往する。
ドイツはコール首相が土下座して過去の戦争の過ちを反省したと言うのに、日本は反省していないという、もう手垢にまみれた日本攻撃の手法である。

日本人は戦時中もユダヤ人の解放に手を差し伸べていた博愛主義者であり、アンネの日記の本を破るようなことはしない。
やるとすれば日本人の雇われ工作員である。

 安倍首相の日本を取り戻そうという政治目的をなんとかして妨害しようとしているのが中国、韓国、米国の一部、そして日本国内の反日勢力である。

TBS「サンデーモーニング」(2月23日)で司会の関口宏がこの事件について次のような講釈をした。

関口宏
「なんか、いま日本の中にあるね、ひとつの空気がまたこういう事を誘ってしまうようだったら、これは残念なことだと思います」


前記事でも書いたように、関口は「時代を覆っている空気が、これからお伝えする(ニュースの)流れの中にある」と前置きしていた。
つまり「アンネの日記破損事件」も右傾化する安倍政権のせいだと日本人を犯人扱いにしている。

毎日新聞(2014/2/24)
中国:習主席、訪独で日本けん制へ ホロコースト施設打診

【北京・工藤哲】ロイター通信は23日、中国の習近平国家主席の3月の欧州訪問に向け、中国政府がドイツ政府に対し、ドイツのホロコースト(ユダヤ人大虐殺)関連施設の訪問を打診したと伝えた。中国は安倍晋三首相の歴史認識を巡る対応への批判を続けており、習主席はドイツ訪問時に、戦後処理などを巡る問題で日本とドイツとの対応の違いを引き合いにして、改めて日本をけん制する可能性がある
 習主席は3月下旬、オランダ・ハーグで開かれる核安全保障サミットに出席する方向で調整している。報道によると、欧州滞在中にはドイツ、フランス訪問も予定している。中国側は、習主席の第二次大戦中のナチス・ドイツによるホロコーストについて伝えるベルリンの施設訪問を打診したが、ドイツ側は難色を示した。別の関連施設の訪問も調整しているという。中国側は、ドイツ政府関係者が訪日し、歴史問題の対応についてドイツと日本が協力することを求めているという。
 ドイツ側はコメントを控えているが、外交筋によると、ドイツは日本との対立に巻き込まれるのを望んでおらず、中国側がドイツの悲惨な過去に再三言及していることに不満を抱いているという
 中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)副報道局長は24日の定例記者会見で「まだ把握していない。中国はドイツとの関係を非常に重視しており、関係をさらに深め、新たな成果を得たい」と述べるにとどめた。


1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:59  |  安倍バッシング  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |