FC2ブログ

2014.01.26 (Sun)


籾井NHK新会長潰し狙う反日メディアスクラム

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


NHKの籾井新会長が反日メディアスクラムによって総攻撃を受けている。
質問する記者たちは籾井氏の失言を狙ってわざと意地悪な質問を投げつけてくる。
籾井氏はその悪意に満ちた罠にかからぬように慎重に答えていた。

それでも反日メディアは発言の趣旨を意図的に捻じ曲げて誤った印象を読者に植え付けようとしている。
しかも一斉に。
これそそまさしく西村幸祐氏の言う「反日メディアスクラム」である。

共同通信ニュース(2014/1/26)
NHKの籾井発言に内外から反応 「不適切で偏向」「妄言」

 NHKの籾井勝人会長が25日の就任会見で従軍慰安婦問題を「どこの国にもあった」などと発言したことに対し26日、国内外からさまざまな反応が上がった
 民主党の大畠章宏幹事長は「不適切で偏向した発言だ。会長になった自覚がない。今後のNHKの在り方を非常に心配している」と述べ、通常国会で追及する姿勢を示した。社民党の又市征治幹事長も「とんでもない話だ。歴史認識がなっていない」と批判した。
 波紋は海外にも広がった。韓国メディアは「妄言で物議を醸している」などと批判的に報道し、籾井会長の就任に安倍晋三首相の意向が反映されたとみられると強調した。(引用終わり)


反日の止まない韓国メディアの発信を取り上げる方が間違っている。
朝日新聞もそうだが、反日隣国に「ご注進、ご注進」と告げ口をして、反日諸国が期待どうりの反応を示すと、ほれ見ろ中国も韓国も起こっているぞと焚き付ける。
国民もそろそろこういう売国行為に気付いて「ノー!」を突き付けなければならない。

東京新聞(同上)
秘密保護法しょうがない・慰安婦どこもあった NHK新会長 問題発言

 NHKの籾井勝人(もみいかつと)会長は二十五日、東京・渋谷のNHK放送センターで就任会見を行い、「特定秘密保護法はしょうがない」「国際放送で政府の考えと真逆になることはない」などと安倍政権寄りの発言を連発、「従軍慰安婦は戦争地域ではどこでもあった」とも発言した。視聴者の受信料で成り立つ公共放送の在り方について論議を呼び、国際的にも波紋を広げそうだ。 
 籾井会長は「放送法に沿った経営が重大な任務」と述べた上で、表現の自由を定めた憲法にも「従わなければならない」とした。
 その一方で特定秘密保護法が「NHKスペシャル」などで一度も取り上げられていないことを問われると「一応(国会を)通っちゃったんで、言ってもしょうがない。政府が必要だと言うのだから、様子を見るしかない。昔のようになるとは考えにくい」と述べた。
 また、政財界の一部から強い要請のある国際放送の強化を最重要課題とする考えを示した上で「尖閣諸島や竹島など領土問題について日本の立場を主張するのは当然。政府が右と言っていることを左と言うわけにもいかない」とした。
 これに関連して靖国神社や従軍慰安婦について問われ「コメントは差し控えたい」としたが、質問が相次いだことなどから、「昔の人は『死んで靖国に帰る』と言って心を慰めた。千鳥ケ淵(戦没者墓苑)ではだめだという人が大勢いる」「従軍慰安婦は今のモラルでは悪いが、現実としてあった。戦争地域ではどこにでもあったこと」などと持論を展開。その後、「発言を取り消したい」と弁解する一幕もあった。


籾井氏は「慰安婦」とは言ったが、「従軍慰安婦」などという朝日新聞の造語は一言も言っていない。

朝日新聞(同上)
「NHK会長は慎重な発言を」 与野党、国会審議影響も

 NHKの籾井勝人会長が25日の就任会見で、従軍慰安婦について「戦争をしているどこの国にもあった」などと発言したことに与野党から批判が強まっている。公共放送トップの政治的中立・公平性を疑われかねない発言で、通常国会でのNHK予算案審議への影響は避けられない
 自民党の佐藤勉・国会対策委員長は26日、朝日新聞の取材に「NHK会長として発言すべき内容ではなかった。慎重に発言してもらいたい」と語った。
 NHK予算は国会の承認を受ける必要があり、3月にも衆院総務委員会で審議が始まる見通し。籾井氏も答弁に立つ予定で、野党各党が発言の真意について説明を求めるのは必至だ。


「公共放送トップの政治的中立・公平性を疑われかねない発言」というが、「戦時中に慰安婦はどの国にもあった」というのは厳然たる事実であって、中立公平もヘチマもない。
「日韓基本条約で全て解決済み」というのも事実であり、間違っていない。
反日メディアスクラムに対しては、われわれネットの住人のスクラムで対抗して行かなければならないと心底思う。
1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:44  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.26 (Sun)


民主党はどこまで馬鹿なのか

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


籾井NHK新会長を国会で追及?
 
 籾井NHK新会長の慰安婦をめぐる発言は「正論」である。
それを民主党や社民党の左巻きが国会で追及すると意気込んでいる。

 大畠民主党幹事長の「不適切で偏向した発言だ」というが、どこを指して言うのか。
籾井氏の発言は至極真っ当であり、なんら批判される筋合いはない。

 籾井NHK新会長NHK新会長の「正論」を国会で議題に上げてどうするつもりなのか。
まったく時間と金の浪費である。
国民はそんなつまらないことに国会議員が時間を費やして欲しくない。

それともこの際、徹底的に民主党や社民党の反日行為を国会で槍玉に上げてギャフンと言わせてしまおうか。
かれらの愚かさをNHKの国会中継で全国に知らしめることが、新生NHKの初仕事になるかも知れない。

産経ニュース(2014/1/26)
NHK会長の発言追及 従軍慰安婦問題で民主

 民主党の大畠章宏幹事長は26日、NHKの籾井勝人会長が従軍慰安婦問題で
どこの国にもあった」などと発言したことに関し「不適切で偏向した発言だ。大きな影響力を与えるNHKの会長になった自覚がないと述べ、通常国会で追及する姿勢を示した。東京都内で記者団に語った。
 社民党の又市征治幹事長も「歴史認識がなっていないと言わざるを得ない」と批判した。
 一方、日本維新の会国会議員団の松野頼久幹事長は「目くじらを立てて、萎縮させるようなことを国会でやるべきではない」と述べた。

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

13:16  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.26 (Sun)


NHK会長に毎日新聞が報道テロ

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


毎日新聞の報道テロを許すな

 公共放送でありながら偏向報道を続けるNHKを改革するために、安倍首相は経営委員会に百田尚樹氏、長谷川三千子教授らの有識者を送り込んだ。
すると反日メディアは一斉に「お友達人事だ」と総攻撃した。

籾井勝人新会長を選んだ経営委員会の一人、百田氏は籾井氏を・・・

「経営委員会でお話しさせて頂いた際、非常にバランス感覚があり、聡明でしっかりした考えをお持ちの方だと思いました」(「WILL」3月号37頁)

と高く評価している。

 その籾井新会長が慰安婦問題について問題発言をして「NHK内部からは会長の資質を疑問視する声が出始めている」
と毎日新聞が騒ぎ出した。

しかし、その発言全く真っ当であり、いささかも非難される筋合いのものではない。
そもそも慰安婦問題は朝日新聞が火をつけて、焚き付けて、中国にご注進したことから始まっている。
靖国神社参拝問題もそうである。

毎日新聞の記事は明らかに悪意を持って籾井新会長を引きずり落とすためのテロ行為であるといってよい。
断じて許すことはできない。

【慰安問題発言趣旨】

 「慰安婦は、今のモラルでは悪い。僕はいいと言っているのではない。しかし、そのときの現実としてあった。この2つを分けないと分かりづらい。個人的見解だが、韓国だけではなく、戦争地域に僕はあったと思う。ほかの地域になかったという証拠はない。ドイツにもフランスにも、ヨーロッパにはどこでもあっただろう。この問題は、韓国が日本だけが強制連行したように主張するから話がややこしい。それは日韓基本条約で国際的には解決している。それを蒸し返されるのはおかしい。」


毎日新聞(2014/1/26)
NH:解説 内部から疑問の声…新会長の慰安婦発言

 NHK会長としての一歩を踏み出す晴れ舞台となるはずだった就任会見で、籾井勝人(もみい・かつと)氏は窮地に立たされた。自らの不用意な発言が進退問題にも発展しかねない状況だ。

 従軍慰安婦問題について記者から質問され、籾井氏は「コメントは控えていいですか」と言いながら「戦時中はどこの国にもあった」と口を滑らせ、韓国の姿勢などについて持論をまくしたてた。

 籾井氏は昨年12月にNHK経営委員会から会長に選出されたばかり。経営委員側からは「外交問題に発展しかねない。選んだ側の責任も問われる。国際放送の役割についても事前に十分説明したのに、正しく理解していない」と失望の声がもれた。発言の真意をただし、今後の対応を検討するため、浜田健一郎委員長は週明けにも籾井氏と面会する予定だ。28日には経営委もあり、各委員から直接追及されるのは必至だ。さらに来年度予算の国会審議も間近に控え、議員の質問攻めにあって同じ過ちを繰り返すことも懸念される。
 NHK内部からは会長の資質を疑問視する声が出始めている。公共放送トップとしての自覚と説明責任が問われている。【土屋渓、有田浩子】

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

07:57  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |