FC2ブログ

2014.01.15 (Wed)


靖国参拝は韓国を助けない高等戦術

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日韓併合は英米に押し付けられた
(「新報道2001」西尾幹二氏激論のつづき)

CMが終わって・・・

須田哲夫(司会)
「さあ西尾さん、韓国について」

西尾幹二
「日本の国民は圧倒的に日韓会談をして欲しくないという感情が非常に強いと思いますが、外交的には仕方がないのかなあと見ているのが実態でょう。
ですが、韓国の経済が危ないという事も伝えられていますよね。それから韓国はどんなに酷いことを日本にしても、どんな仕打ちをしても日本は必ず助けてくれるという前提で動いているんですよ。で、それがもう限界に来ているという事を韓国人に知らしめる必要があるんですよ、そろそろ。

 で、その理由はですね、アメリカの軍事的に韓国を守ると今の所言っておりますから、しかし、経済的にはとてももうアメリカはそれだけ・・・韓国の事は日本に頼むよと多分そう言ってくる。そう言って来ることは目に見えてるんですが、靖国参拝はそれを阻止しました。これ高等戦術なんじゃないですか?韓国を援助しないという。
なぜならば、今迄の歴史を見てると、いつもアメリカやイギリスの日本に対する韓国の押しつけなんですよ。
つまり日韓併合というのは、英米による日本に対する押しつけ行為ですから、あれは結果として。
それが日韓併合なんです。
日韓併合と言うのは、結局自立できない国、自分で自分を助けることのできない国が、必ずどこかに寄り添うという形でしか自分を救えない。
これが日本だったわけです、あの時。

 それだけのことに過ぎないのに、それを逆恨みしてですね、今に至れば、総理大臣の顔にバツをつけてナチスの印を付けたり、それから日の丸だけでなく旭日旗まで燃やしたり、やりたい放題の事をやっていて・・・」


ネットの世界でも西尾氏のいうようなことが流布されている。
つまり安倍首相の靖国神社参拝は韓国を助けないという意思表示だと。

須田哲夫(司会)
「西尾さん、朴さんの意見を・・・」

朴一


「ウォン高で経済はきびしい。そのためにも韓国は日本と軌道修正して行く必要が・・・」

西尾
「ずるい!」


「ずるいとかそういうことではなくて、生きていくために、そういう意味で日韓首脳会談をやらなければいけないと考えている国民が世論調査で5割を占めている。歴史問題と切り離して、日韓が連携できるものは連携して行くという、ある意味では現実的な選択を韓国人は望んでいるということを理解して頂きたいと思います」


朴氏、急にしおらしいことを言い出した。
やっぱり助けてくれか。
アメリカの田舎のあちこちに慰安婦像を建て、バージニアでは州内の公立学校の教科書に日本海を東海と併記するよう数日中に州議会が決めようとしている。

やはり「ずるい!」

日韓通貨スワップその他の経済支援や協定は一切受け付けない事だ。
(画像は「おもしろ画像」より引用)

終わり

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

タグ : 靖国神社参拝 フジテレビ「新報道2001」 西尾幹二 朴一

22:06  |  靖国神社参拝  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.15 (Wed)


靖国参拝で日本は失点したのかとフジTV解説委員長

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


靖国神社行っても行かなくても同じ
公明党は連立離脱か


 12日中のフジテレビ「新報道2001」で意外だったのは刈上げ君こと平井文夫フジテレビ解説副委員長。
最近時々キラリとした事を言うので見直していたが・・・

フジテレビ「新報道2001」(2004/1/12)
外交・安保で溝も
公明党はいかなる決断を?


平井文夫


平井文夫(フジテレビ解説副委員長)
「ちょっと不思議なことがあってね。さっきオウンゴールと(富坂 聰が)仰ったけども、
じゃあ日本は失点したのかと。あるいは外交は不安定になっているのかというと、なぜか今回中国では反日デモが起こらず、それから大使も召喚せず経済制裁も起きない。韓国も割合とおとなしい。
結局行っても行かなくても一緒じゃないかと僕も思ったんですが
、それはどうですか」


(青山繁晴氏の情報によれば、今秋、日中首脳会談が予定されているらしい。
宮崎哲弥氏も別のルートから同様の情報を握っているらしい。
だから昨年末に決行したのだと)

平井氏は番組の最後でも、今年の安倍首相の日程と国会スケジュールを示しながら、

平井
「安保の最大のトピックスは安倍さんが集団的自衛権の見直しをするのではないかと見られている事です。スケジュールから言うと4月に安保懇が報告書を出して、どこかの時点で集団的自衛権の見直しを閣議決定して、それを受けて秋の臨時国会で自衛隊法などの関連法を改正し、年末の日米合同防衛ガイドラインに間に合わせるというふうに言われている。閣議決定は通常国会の後なのか間なのか?」


磯崎氏は国会が終わってからやるのは敵前逃亡だと見られるから国会開催中にやると答えた。

平井文夫
「その場合、太田国交大臣が閣議決定の際に判を押さなければ罷免されて連立離脱ということになるんですが、どうするつもりですか」


斉藤鉄夫(公明党幹事長代行)
「集団的自衛権はこれまでの日本のこれまでの平和国家としての在り方、生き方に大きくかかわって行く重大問題です。従いまして憲法第9条をどう理解するかということにも関わってきます。国民的議論をしっかりやっていく必要があるのではないか。(中略)今はデフレ脱却に専念して行くべきではないかというのが多くの国民の意見だということを今日是非お伝えしたいと思います」


こりゃダメだ!

平井
ただ随分長い間議論をして来たような気がするんですが、いつまでも決めないと、それもちょっとどうかなと思うんですけど。そろそろ決めてもいいんじゃないかなと・・・


自民党の磯崎陽輔氏がさえぎって・・・

磯崎
「公明党さんは慎重な議論をと仰っているので、勿論慎重な議論をやらなきゃならんと思っていますから、それは頑張って行きたいと思います」


自民党が公明党に助け舟をだしている。
こんなことではダメだ。
それとも油断させてバッサリか。
それも面白い。
(画像は「おもしろ画像」より引用)

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:14  |  靖国神社参拝  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.15 (Wed)


靖国参拝で国家意志を表明したと西尾幹二氏

1
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


日本の宗教文化に外国は口を挟むな

(「新報道2001」西尾幹二氏激論のつづき)

朴一氏が中国は安倍首相が辞めなればダメだと言っているが韓国は違うと温度差を主張。

須田哲夫(司会)
「西尾さん、朴さんが仰ったように韓国はまた違った位置にいるのではないかと」

西尾幹二
「今のお話はまったくおかしな話で、北朝鮮が韓国の国内に非常に勢力を伸ばしていて、韓国政府の7-8割はすでに北朝鮮に抑えられているという危ない・・・(そんなことはないと朴氏が横槍をいれる)・・・ちょっと待ってください。危ない事態になっている。韓国はそのために中国に擦り寄った。ものすごい勢いで擦り寄って、日韓軍事秘密協定も拒絶した。そしてアメリカがそれで慌てた。韓国の反日はこれはタダ事ではないとアメリカがびっくりしたわけですよね。それほど韓国は中国サイドにぐーっと傾いている。実は韓国軍は日本に向かってるんじゃないかというぐらい日本は警戒してるわけですよ。
こういう事態を生み出したのは韓国なんですよ。だからこれは何もね、そういう事態に対して日本は本当に孤立して防衛しなければならない事態になっていて、やっと今頃になってアメリカさんに強く言われたために、靖国参拝はこういう韓国を見ていて、もうどうしようもないから、やるべきことはやらなきゃいけないという事が一つあります。
それから、もう一つ大事なことは、先程から『平和のために大事なんだ』というお話は、それはその通りですが、靖国神社を平和のための参拝だということを総理が仰いましたよね。でも、総理がそういう事をおっしゃるのが大事なんですよね。ひとこと。

しかし、出掛けて行った自民党議員らがアーミテージに「平和のための参拝です」なんてこと一所懸命弁解したらしいですが、愚かもいいところであって、よろしいですか?そんな弁解は何のためにも立たない。なぜならば、戦没者ヘの参拝というのは国民の義務であり、アーリントン墓地は何のためにあるのか。キリスト教で、キリスト教の追悼で行われているわけですよね。キリスト教文化なんですよ。同じように宗教文化はそれぞれの国が違うんです。日本は神社神道が守っている宗教文化のもとにあるわけですよ。神様と仏様の国なんです。神社と仏教とが一体化してこの国の宗教精神伝統を守ってきているんです。それは何人も他国が干渉すべきことではないのであって、簡単に言うとですね。宗教文化が中国や韓国と日本は違い過ぎるんですよ。わたしども日本は、死んだ者はたとえA級戦犯であろうとも、神様になるんです。死んだ者は。
 ところが中国は墓を暴く文化なんですよ。墓を暴いて死体をさらし出して、もう一回死体を粉々にするという、恨みを晴らすにはそういうことをやる国、これは日本では理解できないんですよ。で同じように韓国は今度、チャンソントクが処刑されたらば、死体をバラバラにしたとか、そういう話をよく聞きますよ、韓国では。これは大陸の文化てのはね、日本と違うんですね。
 それで、我が国の文化と言うのは、そういう和で成り立ってきた文化で、死者はたとえば平安末期に皇室に反逆した平 将門という武将ですが、ちゃんと将門神社というのがあるわけです。日本の宗教文化なんだということを私達は曲げることはできない、キリスト教が曲げることが出来ないようにと。という事をアメリカに訴えるべきなんですよ。平和のための弁解なんてものは、平和のための参拝だなんて言うべきじゃない


宗教文化の違いはその通り。
しかし、西尾氏はA級戦犯を認めているかのように聞こえる。

西尾氏の長弁舌に司会の須田哲夫が磯崎議員に振る。

磯崎陽輔
「首相の参拝はあくまで私的参拝です。不戦の誓いということあまり強調するのではなく、あくまで魂をお鎮めするための場所であって・・・(以下略)」


「私的参拝」などと弁解不要。安倍首相は内閣総理大臣と記名したではないか。

富坂 聰氏
「靖国問題は日本のある新聞社と野党の議員が中国に輸出した」


これは正しい。

朴一
「靖国の問題は日本だけの問題ではない」


と日本兵として戦った韓国人がA級戦犯と一緒に祀られてるのはケシカラン。「韓国人は一切物申すなというのは言い過ぎではないのか」と反論。

西尾幹二
「『韓国人に物申すな』と言うのは韓国政府みずからが穴掘ってるんですから。朴槿恵さんが出て以来。やり続けたことは日本に対する一連の侮辱発言の繰り返しですよ」

朴一
「それは別にしましょう」


朴氏が日本の戦争責任を追及すると・・・

西尾
それは終わってるんです! 戦争責任の処理は終わってるんです!70年経ってるんです!

朴一
「いやいや終わったかどうかは先生がお決めになることではないでしょう」


と食い下がる。

朴一
「戦後処理が終わっていないという人たちが沢山おられます。あの戦争は二度復活して欲しくないと考えている人達もたくさんおります」

西尾
「戦争しようとしているのは中国です。
あなたの仰るのはそれは韓国の意見で、今回靖国参拝に関する反響が大きかったのは韓国中国に留まらず、中国は抑制してるのかも知れないけれど、ロシアとかヨーロッパにも及びましたが、久しぶりに日本の国家意思の表明になったんですよ。これがそうなんですよ。日本が久し振りに、これほどおとなしくしている日本が俄かにこれで国家意思を表明した。その事が実は日本の政治が国際政治を動かしているという事の証拠なんですよ、これは。日本人は自信を持っていいんです。靖国参拝はこれからも相次いで進めていくべきです。そしてこれを定着させて宗教文化には何人も口を挟ませないという、これをやるとウェストファリア条約の違反ですよ。宗教文化に口出しするというのは」


ここで宮家邦彦氏が「日本はまだ戦後処理が出来ていない」と主張。

西尾
「あの戦争は何かと言う議論がその後止まっていると言うんですか? 『新しい歴史をつくる会』を立ち上げた私としてはとっても納得できない話で、そのために教科書問題はたちあがったのであり、教科書問題は共産主義に対する否定だけではなくて、アメリカからの自立独立と、この国をしっかりした国にするということが基本にあるわけですから、戦争の問題は当然正面から・・・(宮家氏が口を挟む)・・・国会は明らかに逃げています」


公明党の斎藤副幹事長が国会で安倍首相が村山談話を踏襲するといった、安倍総理も侵略戦争であったと認めていると反論。

(つづく)

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:40  |  靖国神社参拝  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.15 (Wed)


靖国参拝、フジTVで西尾幹二氏が激論

>
↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


中国帝国主義と韓国の擦り寄りあばく

12日のフジテレビ「新報道2001」の西尾幹二氏の発言は実に印象的だった。
既にご覧になった方も多いと思うが、ユーチューブの動画は削除されることがあるため、あえて文字起こしし、アーカイブとして保管することにした。

フジテレビ「新報道2001」(2014/1/12)

出席者は

●磯崎陽輔(総理補佐官)
●斎藤鉄夫(公明党幹事長代行)
●富坂 聰(ジャーナリスト)
●朴  一(大阪市立大学大学院教授)
●西尾幹二(ドイツ文学者)
●宮家邦彦(ジャーナリスト)

新報道2001-1


安倍首相の靖国神社参拝をどう見るか

富坂 聰「日本のオウンゴール」
朴  一「靖国よりも北朝鮮」
西尾幹二「アメリカはダブルスタンダード」
宮家邦彦「日米の認識ギャップ埋めよ」


 当ブログは「中国の事情に詳しい」という肩書を持つ富坂 聰(ジャーナリスト)をずっと批判してきた。
テレビメディアは彼をたびたび使っているが、中立の仮面を被った中国の代弁者である。
今回も安倍首相の靖国神社参拝を「オウンゴールだ」と批判した。

この番組では隣に座っていた西尾幹二氏の正論にタジタジとなり目が泳いでいた。

「日本がトラブルの種を撒いた」(富坂 聰)
文字起こしに値しないので省略。

宮坂氏の発言を受けて・・・  

須田哲夫(司会)
「ということは日本がトラブルのタネを蒔いた? 西尾さん、日本人てのはトラブルメーカーになりにくい国であると国民の多くの人が思ってると思うんですが、いかかですか今の意見に対して?」

新報道2001-3


西尾幹二
トラブルを撒いたのは中国であり韓国であって、最初にロシアの大統領が北方領土に行き、韓国の大統領が竹島に登って天皇を侮辱し、そして尖閣を犯したと。こういう事が相次いで、それでもじーっと日本人は我慢してきたわけですね。それは現実にみんな見てきたわけじゃないですか。日本人はとにかく我慢強い、しかしあるところまで行くと突然怒り出すわけですよ。そういう所がいままでも歴史であったわけですから、こんな風に我慢強くさせていることを『失望した』と。さらに日本を・・・(失望と言いましたよねと司会が口を挟んで話の腰を折る)」

新報道2001-2

西尾
「御承知の様にアメリカ大使館に何千と言う数のフェイスブックで国民の声が届いて、先程のアンケートはおかしいんで、私は『朝までナマテレビ』を観ましたけども、79対21で靖国参拝賛成ですよ。テレビ朝日ですが
それから他の統計では大体8対2から9対1ぐらいで賛成賛成です。さつきのアンケートの取り方は意図的で変ですよ。
とにかく国民は圧倒的に賛成しているという事と、アメリカ大使館にフェイスブックが炎上するぐらい怒りの声が届いた」


司会の須田が少し弁解する。

西尾
「いや、それは違うんじゃないでしょうか。まあ先程アンケートはやり方によって違うという事が出ましたから。
それよりも、国民の声がアメリカ大使館に届いために、黙っていてもアメリカはびっくりした筈ですよ。アメリカの大体◯◯範囲というのは、朝日イブニングニュースとか、毎日イブニングニュースとかを見て、それが国民の声だと思ってアテにしてたんでしょう。今迄のメディアはそういうことだったんですが、要するに◯◯という時代が始まったんですよ。ですから自由な国の自由な発言の国民の声が何処にあるかという事で、アメリカは慌てたと思いますよ。ですからアメリカの発言トーンダウンしたでしょう。ですから国民の声というのは非常に重要だということがこれで分かったと思うんです。
それはどういうことかと言うと、中国の話が出ましたけど、85年という年はゴルバチョフが登場してソ連が崩壊した時なんですよ。ということは、ソ連が、いや世界が共産主義の思想では国家を統一できないという事をソ連が示したわけで、同じ波が中国をも襲っていたわけです。
そうしたら中国はどういう判断をしたかというと、日本を叩いて愛国主義、つまり戦争、中国共産党は日本に勝利していないんですけども、それを嘘にして中国共産党が旧日本を叩いたことが我が国の柱だと言って、それを精神の柱にして中国が自己統一した、国家統一をした。
あの時から一斉にいろんな(反日)施設が生まれたり、蝋人形が出来たりするわけですね、どんどん。
つまり、あれは明らかに靖国を利用した、あるいはまた日本の戦争を利用した中国の方針転換、それによって中国帝国主義がアジアに覇を唱えようとする、これ帝国主義ですよ!中国のやろうとしてることは。
そしてアメリカの帝国主義と中国の帝国主義がぶっつかっているというのが今の現実ですから、その今の中国帝国主義の拡大膨張というものに恐れをなして韓国が中国に擦り寄っているというのが現実ですが、日本はそんなことは恐れないという国なので、それは日本は断固としてはねつけるというのが歴史上そういう事ですから、中国の帝国主義に譲歩すれば、これはどんどんどんどん後退するだけで、先程公明党さんが言ってることはまことにおかしい!これは日本人は我慢してですね、後退したら何が起こると思いますか?靖国は止めましょう、参拝はやめます、その次に靖国神社を潰せと言ってます。そのうち何を言うと思いますか?皇室を潰せといってますよ中国は。それが帝国主義ですよ。それでいいんですか?」


テレビ番組が一人のコメンテーターにこんなに長い弁舌を許すのは珍しい。
というより西尾氏の正論に思わず全員が聞き入ってしまったのであろう。

新報道2001-4

斎藤鉄夫(公明党)
「今回の参拝は中国や韓国の対日強硬派に口実を与えてしまった。改善に努力してきた良識派の努力を水の泡にした。(西尾「向こうはそう言いうんですよ)
一から出直されば行けない。やはり向こう三軒両隣、仲良くして行かなければ。
いま東日本のこの地域が世界の中で最も緊張の高いと言われてる
わけですから、ここで日本が平和の主導を担って行かなければいけない。大人(たいじん)ぶりが必要だ」


「東日本」は東アジアの間違い。
「世界の中で最も緊張が高い」というのも間違い。
「大人(たいじん)」と呼ぶのは中国。

自民党の足を引っ張る公明党は要らない。
沖縄県名護市の市長選でも自民の足を引っ張り、「公明との連立の終わりの始まり」と政府筋も言っているようだ。
(画像は「面白画像」より引用)

(つづく)
1

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:55  |  靖国神社参拝  |  TB(1)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |