FC2ブログ

2013.12.28 (Sat)


安倍首相の靖国参拝を支持する米大学教授

1
FC2バナー2

日本の反日メディアはアメリカ政府が安倍首相の靖国参拝への失望を表明した事を受けて全米が批判しているかのように報じているが、正当に評価している学識者も居ることを今日の産経新聞は報じている。

 中韓がなぜ日本の内政問題に首を突っ込むのか理解できないとし、安倍首相が本殿だけでなく世界のあらゆる国の戦没者が祀られている鎮霊社も参拝したことは「安倍首相が国民を、『民族主義』から(国民を重視する)『国民主義』へと導こうとするもの」としている。

民族主義と国民主義の原語がどうなっているか不明ではある。
EthnismとNatinalismになっているのだろうか?

 ただし、識者はアメリカ人ゆえアメリカ政府の「disappointed(失望)」と異例の表明をしたのは中韓の感情を害する事を心配しただけと擁護している。
ならば日本人の感情はどうしてくれるのかとも言いたくなる。

 中韓はなぜ日本の国内問題に頭を突っ込むのかと批判しているが、それは同盟国アメリカに対しても言えることだ。

とは言うものの、安倍首相の靖国神社参拝に理解を示してくれているのは有難いこしである。


産経新聞(2013/12/28)
⇒鎮霊社訪問「平和望む意思明白」米ジョージタウン大 ケビン・ドーク教授に聞く

 安倍晋三首相の靖国神社参拝に対する評価を、6月に安倍首相とも会った日本研究者で、米ジョージタウン大学教授のケビン・ドーク氏に聞いた。(ワシントン 青木伸行)



 靖国参拝は日本国民と、民主的な選挙で国民から選ばれた安倍首相ら国会議員が自身で決める、日本のすこぶる国内問題だ。
 中国と韓国がなぜ、この日本の国内問題に首を突っ込むのか、いまだに理解できない。安倍首相の靖国参拝は、戦争を始める意思の合図でもなければ、旧日本軍を奉じるものでもない。首相は国内外で国家と国民のために命を落とした人々の霊を、慰めたいと欲しているのだ。中国と韓国の指導者は、同じように(自国民を)慰霊したいと望まないのだろうか。
 靖国神社には戊辰戦争の戦死者らが祭られている。このことは、米国のアーリントン国立墓地(バージニア州)に(南北戦争などの)戦没者が慰霊されていることと類似している
安倍首相の靖国参拝で最も印象的なのは本殿だけではなく鎮霊社も参拝したことだ。外国の人々には、鎮霊社を訪れた意味を理解してほしい。
 重要なのは、鎮霊社には世界のあらゆる国の戦没者が祭られているということだ。ここには第二次世界大戦で、旧日本軍と戦った米国人や中国人なども含まれている。安倍首相が鎮霊社を参拝したのは平和を望む意思があったからであることは明白である。
 鎮霊社参拝はまた、安倍首相が国民を、「民族主義」から(国民を重視する)「国民主義」へと導こうとするものでもある。
 日米関係に負の影響がないことを望む。米政府が「失望している」と表明したのは(中国、韓国が)感情を害する事態を、避けようとしただけだろう。


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:00  |  靖国神社参拝  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.28 (Sat)


安倍内閣支持率82%!?

1
FC2バナー2


安倍首相の靖国神社参拝に内外から様々な声が上がっている。
今週末行われる各社の世論調査の結果が待たれる。

ネットでは早くも「安倍内閣の支持率」と「靖国神社参拝は妥当だったか」の世論調査が行われている。
 ヤフーユーザーはリベラルが多いと聞いていたが、意外なことに安倍内閣の支持率は81.9%と高い。靖国神社参拝も78.1%が支持している。

ネトウヨが必死に投票しているという書き込みもあるが、どうだろうか。

 反日メディアが特定秘密保護法の「強行採決」をしきりに訴え、無実の国民が罪を着せられと騒いで支持率を落としたとされる安倍内閣は、反日勢力の必死の靖国参拝批判で再び支持率を落とすだろうか。


⇒安倍内閣を支持しますか?

世論調査B

⇒安倍首相の靖国神社参拝は妥当?

世論調査A


FC2バナー2

      

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:49  |  靖国神社参拝  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.28 (Sat)


安倍政権打倒狙うNHK

1
今日正午のNHKニュースでアメリカのニューヨークタイムズ紙が、安倍首相の靖国神社参拝について、「平和主義からの離脱」だと報じた事を伝えていた。

 たかがアメリカの左翼紙「NYタイムズ」が何を書こうが知った事ではない。
僅か103万部の地方紙であり、産経新聞の161万部を下回る。
そんな新聞の片棒をNHKが担ぐ必要はないはずだ。
ノリミツ・オオニシ記者の反日記事は日本のネット保守から徹底的に叩かれたことは記憶に新しい。

つい最近まで朝日新聞の社屋を利用していたNYタイムズは朝日新聞とズブズブの関係であり、安倍政権を打倒するこが共通目標である。

 それにNHKが一枚加わっている。
NHK、朝日、毎日は反日トリオであるということの証左である。

 安倍首相は速やかにNHKの改革を実施し、偏向しない正しい情報を国民に伝える組織にして欲しいものだ。

NYT1.jpg

NYT2.jpg

NHKニュース(2013/12/28)
米有力紙「参拝は平和主義から離脱」

 安倍総理大臣の靖国神社参拝について、アメリカの有力紙のニューヨーク・タイムズは日本が戦後の平和主義から離脱しようとしているという論説記事を掲載し、日本と中国や韓国との関係が一層冷え込み、アメリカの対アジア政策にも悪影響を及ぼしかねないと懸念を示しています。

27日付けのニューヨーク・タイムズは、国際面のトップに「神社への参拝によって日本のリーダーは平和主義から離脱する姿勢を鮮明にした」という見出しの論説記事を掲載しました。
記事には安倍総理大臣が靖国神社参拝に先立ち、野党やメディアの反対にもかかわらず特定秘密保護法を成立させたほか、自衛隊の装備を拡充する防衛大綱をまとめるなどして、政治的なリスクを負いながら日本の戦後の平和主義からかじを切ろうとしているとしています。
また、外交的には今回の靖国神社参拝が日本と中国や韓国との関係を一層悪化させ、アメリカにとってももはや日本は、中国に対抗するうえで頼りになる存在ではなく、中国との緊張を高める「アジアの問題」になろうとしていると指摘し、アメリカの対アジア政策にも悪影響を及ぼしかねないと懸念を示しています。


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

14:30  |  --反日NHKウォッチング  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.28 (Sat)


嫌中、嫌韓から嫌米へ

1
ケネディ駐日大使は靖国神社参拝を

 安倍首相の靖国神社参拝をアメリカ政府は「中韓を刺激したことに失望した」と批判した。
すると、常日頃は同盟国アメリカを批判し、親米派を「アメリカのポチ」と揶揄していたマスメディアが手の平を返すように「アメリカも安倍首相を批判している」と大喜びしたのには笑えた。

さらにEUもASEANも批判していると安倍首相はあたかも世界中で非難の的となり、四面楚歌であるかのような印象操作を続けている。
これこそ反日メディアの情報テロと言ってよい。

 その反日メディアを今朝の産経抄が皮肉っていたのは実に痛快であった。

コラム記事は直球の剛速球よりも、一捻りしたカーブの方が効果的だ。
産経抄子の絶妙のカーブに朝日・毎日がきりきり舞いをしている姿が目に浮かんで来る。

 アメリカが靖国神社参拝で国民との約束を果たした安倍首相を批判するなら、日本人は間違いなく嫌米派に転ずるだろう。
戦後体制を維持したいのは、実は国内の既得権益を享受する者だけでなく、いつまでも日本をアメリカのポチにしておきたいアメリカそのものではないのか。 

 産経抄子は日本を嫌米にしないためにもケネディ駐日大使が靖国神社に参拝することを勧めている。


【産経抄】(2013/12/28)

長生きはしてみるもので、きのうの朝日、毎日両新聞の1面にそろって「国益」という活字が躍っていた。朝日新聞ではコラムでも使っており、「国益」より「平和と民主主義」が大事だと考えておられる両紙の愛読者はさぞ失望されたのではないか。

 ▼両紙ともに、安倍晋三首相の靖国神社参拝に中韓はもとより、米国も「失望した」と表明したのを喜ぶかのように「国益を損なった」と筆をそろえている。日ごろの紙面からは、想像できぬほど国益を重視する筆致に感心した。確かに、中国、韓国の対日嫌がらせは増し、進出企業が少なからぬ損害を受けるのは免れまい。

 ▼日中韓の首脳会談実現も望み薄だ。ただし、参拝せずとも対中韓関係は冷え込みっぱなしだったから、影響は「雪の上に霜がおりる」程度にしかすぎない。むしろ、首相の靖国参拝で得られた国益はかなり大きい。

 ▼第一は、首相が公約を守ったという事実だ。アベノミクスがうまくいっているのに中韓と波風を立てる必要はない、としたり顔でいう識者は、約束を守らない政治家を見過ぎたのだろう。政治家が自らの発言に責任を持ち、実行に移すのは当たり前の姿であり、「政治力」アップは間違いなく国益に資する。

 ▼米国務省が「失望した」と、表明してくれたのも国益に大いに役立った。日米同盟が永久不変なものではなく、歴史認識ひとつとっても日本が逐一、主張しなければ、中韓のプロパガンダ(宣伝)工作にしてやられかねないことを教えてくれた。

 ▼米国はかけがえのない同盟国ではあるが、国のために命をささげた先人への感謝は譲れぬ一線である。心ある日本人が「嫌米」にならぬようケネディ駐日大使はぜひ、靖国神社にお参りいただきたい


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:00  |  靖国神社参拝  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.28 (Sat)


安倍首相 世界で孤立化の情報テロ

L
安倍首相が靖国神社を参拝し、国民との約束を果たした(産経新聞社説)にもかかわらず、反日勢力は安倍首相を貶めようと必死である。

 共同通信社もそのひとつであり、中韓米のみならず欧州連合(EU)やユダヤ系団体、ASEANの有識者達も安倍首相の靖国神社参拝に反対していると報道している。

これは明らかに報道テロである。

 ASEAN諸国の多くが安倍首相の「積極的平和主義」に賛同し、安倍首相の靖国神社参拝を支持している。

靖国神社を参拝したのは安倍首相が初めてではない。
過去の首相たちは当然の事として靖国神社を参拝し、世界も当然の事として認めていた。

 ところが、中国が外交カードとして使い始め、中曽根元首相が靖国神社の参拝を断念したことから始まった。

中国はこれに味を占めて以後この外交カードを振り回し、中国に通底する日本国内の反日勢力がこれに加担した。

 安倍首相はかつて靖国神社参拝の公約を果たせなかったはことを「痛恨の極み」と自省し、今回、国民との約束を果たした。

そのどこが悪いのか。

 中韓は言うに及ばず、同盟国のアメリカに「失望した」などと言われる筋合いはない。
ましてや何の関係もない欧州やユダヤ系団体に文句を言われる筋合いはない。

ユダヤ系団体はヒトラーの亡霊に怯えているのだろうが、すべて内政干渉である。

 ここで大事なことは、反日勢力の情報戦に日本人は負けてはならないことである。
とりわけ、国内の反日勢力に注意しよう。

 日本を取り戻そうと日夜心血を注いでいる安倍首相をここで失っては日本の未来はない。


安倍首相イメージ 1安倍首相3

共同通信(2013/12/28)
靖国参拝に広がる批判、日本孤立 EUやユダヤ団体も

 安倍晋三首相の靖国神社参拝には27日も、世界各地でさらに批判の声が広がった。中国、韓国の猛反発が収まらないだけでなく、欧州連合(EU)やユダヤ系団体なども非難。静観姿勢の東南アジア諸国も日中のトラブルを嫌っているのが実情で、参拝は国際社会の理解を得られず、安倍政権は孤立を深めている。
 中国や韓国のほか、「失望」を表明した同盟国の米国に加え、EUのアシュトン外交安全保障上級代表の報道官も批判。東南アジア諸国連合(ASEAN)の有識者からも参拝すべきではないとの声も出ている。

共同通信(同上)
首相、米の参拝自制要請を無視 靖国、国際社会で批判拡大

 【ワシントン共同】米政府当局者は26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝について、オバマ米政権が「中韓両国の反発を招き、大きな国際問題になる」として、外交ルートを通じて首相に参拝を自制するよう求めていたことを明らかにした。米側の意向が無視された格好で、米政府声明も「遺憾」などではなく、より批判的なトーンの「失望」を選んだとしている。
 靖国参拝をめぐる日米間の温度差が、さらに浮き彫りになった。今後の日米関係にも影を落とすことになりそうだ。欧州連合も声明を出し、批判は国際的に広がった。


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

09:14  |  靖国神社参拝  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |