FC2ブログ

2013.12.27 (Fri)


テキサス親父の署名運動 あと21,000人

b
安倍首相の靖国神社参拝という快挙に多くの国民が興奮しているなか、大事な事を忘れていた。
先のエントリーでご紹介をしたテキサス親父が推進する米グレンデール市の慰安婦像撤去署名運動である。

 11日前はまだ25,000人しか集まっておらず、後75,000人を1月10日までというのは困難かと思われたが、今現在なんと78,651人から署名が集まり、残す所21,349名になった。
みなさまの周りでまだ署名されていない方が居たら是非呼びかけを!

安倍首相の靖国神社参拝に「失望した」リベラル・オバマに請願するというも癪な話ではあるが・・・


イメージ 1テキサス親父テキサス親父縮小版

産経新聞(2013/12/27)
【読者サービス室から】
テキサス親父「慰安婦像撤去署名あと一息」

 「テキサス親父(おやじ)」の愛称で活躍する米国人男性が、グレンデール市の「慰安婦像」撤去を求め、オバマ大統領への請願署名活動を始めたことを17日付で紹介すると「米国にこんなやさしい男がいると思うと感激だ。東日本大震災のトモダチ作戦を思い出した」(鹿児島市の60代男性)▽「日本を理解してくれる人もいる。やはり米国は米国だ」(横浜市の65歳女性)▽「この活動をよくぞ紹介してくれた」(福岡市中央区の女性)▽「涙が出るくらいうれしい」(大阪府和泉市、59歳男性)など感謝と喜びの声。一方で「さっそくネット経由で署名しようとしたが難しい。どうすれば…」(山梨県笛吹市、60代女性)という問い合わせも集中。これにテキサス親父日本事務局
http://staff.texas-daddy.com/ 
がホームページで署名の手順をわかりやすく解説するとともに、署名のためのアカウント(接続権)作成代行サービスも始めました。藤木俊一事務局長(49)によると25日現在の署名件数は約7万2500件。「請願には1月10日までに最低10万件の署名が必要。あと一息。ぜひ協力を」と呼びかけています。



FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:24  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.27 (Fri)


韓国銃弾1万発返却に菅官房長官が不快感


恩を仇で返す韓国

  前エントリーでご紹介したように、韓国が国連を迂回して日本に銃弾1万発の無償提供を要求して来たので、日本は急遽1万発を用意して南スーダンに送ったが、韓国は要らないから返却する言い出した。

 菅官房長官は武器輸出三原則に抵触しないかとか徹夜で検討して対応したのに、いまさら返却するのは何事かと怒っている。

 一体、韓国の誰がどのようなルートで日本の誰に要請したのか明らかにされていない上に、誰がどういうルートで返却すると言ったのかも不明である。
第一、菅官房長官は韓国政府から返却するという連絡はないというから真相は藪の中だ。

 いずれにしても、日本が苦心して緊急対応をしたにもかかわらず、感謝の念すら示さず(現地の韓国軍は謝意を表明したと聞くが)恩を仇で返す国民性は許しがたい。

安倍首相以下、政府は韓国に対し厳しい態度で対応して欲しい。
いまのところ、菅官房長官は直ちに反応しGJではあるが・・・


産経ニュース(2013/12/27)
菅長官、韓国の銃弾返還方針に不快感「極めて難しい問題あったが、徹夜で応えた」

 菅義偉官房長官は27日の記者会見で、南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に参加する韓国軍に日本が無償提供した銃弾1万発を韓国政府が返却する方針を示していることについて「国連と韓国の要請を受け、政府は人道的、緊急的措置として徹夜で応えた」と述べ、不快感を表明した。
 菅氏は、内閣法制局が銃弾提供を武器輸出三原則の例外とできるかどうかについて22日から23日未明にかけて検討を重ねたことを強調。「危機的状況で緊迫しているとの韓国の要請があった。極めて難しい問題があったが、極めて大事な隣国なので協力した」と語った。韓国政府からの返却に関する情報は「全くない」と述べた。


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:45  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.27 (Fri)


韓国が銃弾1万発を返すそうだ

b
 韓国が日本から無償供与された銃弾1万発を返却するという。
いやはや驚いた。

 最初は国連に頼んだ、日本からではないようなことを言ったかと思うと、次は1万発無償提供は無事納品されるまで両国間だけの秘密だったが、日本が暴露してしまったと怒り、政治利用は止めろと注文をつけ、挙句の果ては心証を害したから返却すると言い出した。

とても大人の対応ではない。
現地の韓国軍は弾丸の補給を大いに喜び感謝したというから、両国の政治的な葛藤は別として軍人同士は理解し合えていたはずである。

それにしても、追加物資到着後に返却ということは韓国からいずれ1万発の追加銃弾が送られてくるのか?
それが事実なら、国連を迂回してなぜ日本におねだりしたのか。
そうこうしている内に敵軍に攻撃されて避難民を守れなかったらどうするつもりか。
韓国は面子ばかり気にして、避難民の安全確保という主目的を忘れてはいまいか。

韓国とは関わらぬ方が良いという哲理の正さをまざまざと見せつけた出来事であった。
安倍首相も「韓国は本当に疲れる」と嘆いているそうである。

産経ニュース(2003/12/27)
韓国、日本提供の銃弾返却へ 追加物資到着後

 韓国国防省の副報道官は27日の記者会見で、日本が国連を通じて南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に参加する韓国軍に提供した銃弾1万発について、韓国から現地に追加物資が届き次第、「すぐに国連に返却する」と明らかにした。
 韓国内で、安倍政権が銃弾提供を「積極的平和主義」の推進に「政治利用している」との批判が出ていることを念頭に、返却方針を明確にした形だ。
 副報道官はまた、銃弾提供をめぐる日本の対応や安倍晋三首相の靖国神社参拝に触れ、「信頼を構築できない日本の動きがある中、どのような軍事交流ができるのか問いたい」と述べた。(共同)


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:58  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.27 (Fri)


安倍首相のFBに「いいね」4時間で3万件!


安倍首相がフェイスブックで靖国神社参拝の報告をしたところ、「いいね」が4時間で3万件を超えたという。
Ponkoはフェイスブックもツイッターもやらないので想像がつかないが、4時間で3万件とは凄い。
反日メディアの安倍首相批判にもかかわらず、コアな保守派がそれだけ安倍首相を支えているという事だ。


産経ニュース(2013/12/26)
首相の参拝報告フェイスブックに「いいね!」3万超

 安倍晋三首相が26日に靖国神社を参拝した後、自身のフェイスブック(FB)で参拝の「報告」を行ったところ、賛同を意味する「いいね!」の数が4時間あまりで3万件を超えた。首相のFBでの書き込みに対する「いいね!」は最近、多くても1万5000件程度だっただけに、靖国参拝は短時間で異例の高い支持を集めた。
 首相は昼前に参拝した後の午後2時ごろ、FBに写真入りで参拝について「御霊安らかなれとご冥福をお祈り致しました」と報告した。「いいね!」の数は直後から増え続け、約1時間後に1万件を突破。午後7時前に3万件を超えた。
 首相のFBはもともと人気が高いが、「いいね!」が2万件を超えることは珍しい。コメントの数も2000件を突破し、「よくぞ参拝してくれました」「ありがとうございます」といった肯定的な意見が目立った。

産経新聞は安倍首相の靖国神社参拝を歓迎する市民の声を取り上げている。
全国紙ではなかなかこのような市民の声は拾ってもらえない>
外国への配慮が足りないという声も一部あるが、可哀想に反日メディアに洗脳された人であろう。。


産経新聞(同上)
参拝見守った市民 「よく来てくれた」「外国へ配慮足りない」

 靖国神社には26日、安倍晋三首相の参拝をニュースで知った一般市民約50人が駆けつけ、手がかじかむ寒さの中、参拝を見守った。
 26日朝に参拝を知って急遽、靖国神社に来たという東京都東久留米市の無職、数野俊彦さん(60)。先の大戦などで叔父2人と大叔父を亡くしたといい、「今の日本があるのは悲惨な時代を耐えた先人たちがいたから。安倍首相にはよく来てくれたという思いでいっぱい」と涙ぐんだ。

 就職活動で長野県から上京していた大学院生の川口拓郎さん(23)は短文投稿サイト「ツイッター」でニュースを知って駆け付けた。参拝には間に合わず「残念」とがっかりした様子だったが、「戦没者に慰霊の気持ちを持つのはいいこと。若い世代も参拝についてもっと考えないといけない」と評価した。

 大阪市の大学4年、小川佳南さん(22)は「他国から批判もある中での参拝で、それなりの覚悟があったと思う」と首相の心情を察した。

 一方、兄弟に戦没者がいる横浜市の主婦、笹川八重子さん(71)は「参拝するのが遅かったのではないか」と、この時期の参拝に疑問を呈した。東京都文京区の会社員、石井剛さん(59)は「諸外国への思慮が足りないのではないか」と眉をひそめた。


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:12  |  靖国神社参拝  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.27 (Fri)


安倍首相の靖国参拝を全面的に支持した産経新聞

L
先のエントリーでご紹介したように、産経新聞を除いてすべての新聞社説が靖国参拝を参拝した安倍首相を非難した。

産経新聞は社説と大原康男国学院大学名誉教授のコラム「正論」記事で全面的に安倍首相の靖国神社参拝を支持している。

産経新聞(2013/12/27)大原康男
⇒【正論】首相は今後も堂々と参拝重ねよ


歴代首相の靖国神社参拝の歴史に触れながら、安倍首相の靖国神社参拝を「壮挙」と称賛し、今後も参拝を続けるよう要望している。
朝鮮日報日本語版(12月8日付)で「アジアで中国と韓国が仲間はずれになった」としている事を紹介。
筆者が過去に「韓国は日本と東京裁判を設ける連合軍と共に戦ったではないか」とやり返したこと、中国の王穀駐日中国大使に安倍首相が「A級戦犯の重光外相が国連総会で演説した事実を紹介したら絶句してしまったことを挙げ、その都度きちんと対応すべきと主張している。

産経新聞社説(同上)
⇒【主張】首相靖国参拝 国民との約束果たした 平和の維持に必要な行為だ

 安倍晋三首相が靖国神社に参拝した。多くの国民がこの日を待ち望んでいた首相が国民を代表し国のために戦死した人の霊に哀悼の意をささげることは、国家の指導者としての責務である
安倍氏がその責務を果たしたことは当然とはいえ、率直に評価したい。

 ≪慰霊は指導者の責務≫

 参拝後、首相は「政権が発足して1年の安倍政権の歩みを報告し、二度と戦争の惨禍によって人々が苦しむことのない時代をつくるとの誓い、決意をお伝えするためにこの日を選んだ」と述べた。時宜にかなった判断である。
 安倍氏は昨年の自民党総裁選や衆院選などで、第1次安倍政権で靖国神社に参拝できなかったことを「痛恨の極みだ」と繰り返し語っていた。遺族をはじめ国民との約束を果たしたといえる。
 靖国神社には、幕末以降の戦死者ら246万余柱の霊がまつられている。国や故郷、家族を守るために尊い命を犠牲にした人たちだ。首相がその靖国神社に参拝することは、国を守る観点からも必要不可欠な行為である。
 中国は軍事力を背景に、日本領土である尖閣諸島周辺での領海侵犯に加え、尖閣上空を含む空域に一方的な防空識別圏を設定した。北朝鮮の核、ミサイルの脅威も増している。
 今後、国土・国民の防衛や海外の国連平和維持活動(PKO)などを考えると、指導者の責務を果たす首相の参拝は自衛官にとっても強い心の支えになるはずだ。
 安倍首相が靖国神社の本殿以外に鎮霊社を参拝したことも意義深い行為だ。鎮霊社には、広島、長崎の原爆や東京大空襲などで死んだ軍人・軍属以外の一般国民の戦没者や、外国の戦没者らの霊もまつられている。
 これからの日本が一国だけの平和ではなく、世界の平和にも積極的に貢献していきたいという首相の思いがうかがえた。
 安倍首相の靖国参拝に対し、中国外務省は「強烈な抗議と厳しい非難」を表明した。韓国政府も「嘆かわしく怒りを禁じ得ない」との声明を発表した。
 いわれなき非難だ。中韓は内政干渉を慎み、首相の靖国参拝を外交カードに使うべきではない
 在日米大使館も「近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに米国政府は失望している」と、日本と中韓両国との関係を懸念した。
 繰り返すまでもないが、戦死者の霊が靖国神社や地方の護国神社にまつられ、その霊に祈りをささげるのは、日本の伝統文化であり、心のあり方である。
 安倍首相は過去に靖国参拝した吉田茂、大平正芳、中曽根康弘、小泉純一郎ら各首相の名前を挙げ、「すべての靖国に参拝した首相は中国、韓国との友好関係を築いていきたいと願っていた。そのことも含めて説明する機会があればありがたい」と話した。
 両国は、これを機に首脳同士の対話へ窓を開くべきだ。
 以前は、靖国神社の春秋の例大祭や8月15日の終戦の日に、首相が閣僚を率いて靖国参拝することは普通の光景だった。

≪日本文化に干渉するな≫

 中国が干渉するようになったのは、中曽根首相が公式参拝した昭和60年8月15日以降だ。中曽根氏は翌年から参拝をとりやめ、その後の多くの首相が中韓への過度の配慮から靖国参拝を見送る中、小泉首相は平成13年から18年まで、年1回の靖国参拝を続けた。
 安倍首相は来年以降も参拝を続け、「普通の光景」を、一日も早く取り戻してほしい。
 また、安全保障や教育再生、歴史認識などの問題でも、自信をもって着実に安倍カラーを打ち出していくことを求めたい。
第2次安倍政権は発足後1年間で、国家安全保障会議(日本版NSC)創設関連法や特定秘密保護法など、国の安全保障のための重要な法律を成立させた。
 しかし、集団的自衛権の行使容認などの懸案は先送りされた。憲法改正の発議要件を緩和する96条改正についても、反対論により「慎重にやっていかないといけない」と後退してしまった。
 これらは首相が掲げる「戦後レジーム」見直しの核心であり、日本が「自立した強い国家」となるための基本である。首相自身が正面から、懸案解決の重要性を国民に説明し、決断することが宿題を片付けることにつながる。


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:58  |  靖国神社参拝  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.27 (Fri)


NHKも巧みに安倍首相を牽制

L

NHK「ニュースウォッチ9」(2013/12/26)
安倍首相 靖国参拝


イメージ 1NHKニュースウオッチ9

NHKの巧みな安倍首相牽制はいつもながら感心する。

街の声や関係者の賛否の意見を並べて、一見公平のように見せているが、それとになく反対の声を多く取り上げているのが反日メディアの筆頭NHKの巧みな技である。

宮家邦彦
「この一年間、彼は信念をずっと持っていた。しかし、中国・韓国との関係もあって、おそらく色々な配慮をして来たと思う。しかし、この1年間で何が変わったのかと考えると、これ以上配慮してもあまり変化はないのではないかということも今回の判断の要素だったかもしれない」


宮家氏は一定の理解を示しているだけで賛成しているわけではない。

しかし、アリバイ作りをしたうえで、反対論をしっかりと聞かせるのはいつものNHKの手口である。

ナレーション
「一方、懸念する専門家も・・・」

上村秀樹(流通経済大学教授)
「安倍政権は新たに国家安全保障戦略を発表して、これから中国・韓国との関係改善という形で安全保障環境の改善を図ろうとしている矢先に、みずからの行動で自らの政策の出鼻をくじいてしまった。外交的な対外的な影響を考えると安倍政権が進めなければいけない外交課題をいろいろな形で遅らせてしまう。日本に対するアメリカの信頼を損なうことにもなりかねない」


安倍政権の国家安全保障戦略は、中国と韓国への迎合ではなくてむしろ実質的には対決を意図しているともいえる。

原 聖樹(NHK政治部 官邸キャップ)
「安倍総理大臣の周辺によると、今回の靖国神社参拝を本格的に検討し始めたのは今週に入ってからで、最終的な決断は今朝だということだ。安倍総理大臣は参拝に先だって、政府与党の幹部に直接みずから電話をして、理解を求めた。安倍総理大臣には中国や韓国との関係に配慮し、総理大臣が靖国神社に参拝できないという状況を打破したいという思いがあった。靖国神社参拝を期待する保守層との約束を果たしたいという思いもあったと思う」


今後の日中、日韓関係は・・・


「率直に言って立っていないと思う。中国や韓国が強く反発しているので、首脳会談が遠のくのは間違いない。政府内には中国や韓国との関係改善を望むアメリカとの関係にも影響を与えるのではないかと言う見方もあるだけでなく、中国や韓国に新たな外交カードを与えてしまったと懸念する意見もある」


「新しい外交カードを与えてしまった」というのは間違っている。
今日の安倍首相の靖国神社参拝で、もはや外交カードでは無くなってしまったのだ。

大越健介
「信念に基づく靖国神社参拝への参拝でした。ただ中国や韓国の猛反発に加えて、同盟国アメリカが出した『失望している』という談話は異例といっていい厳しいものでした。政治的・外交的なリスクを覚悟しての靖国参拝。波紋は尾を引きそうです」


安倍首相の指名した新しい経営委員会のメンバーがNHKを叩き直してくれることを切に願うものである。


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

17:41  |  --反日NHKウォッチング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.27 (Fri)


安倍首相の靖国参拝 支持したのは産経新聞だけ

B
「国民との約束果たした」(産経新聞)


安倍首相の衝撃的な靖国神社参拝から一夜明けて、マスメディアは朝から安倍首相への非難轟々である。
安倍首相が脱却しようとしている日本の戦後レジームの闇が如何に暗く、深いものであるかを証明していると言える。
各紙の今日の社説は産経新聞1社を除いて全て安倍首相の靖国神社参拝を徹底的に批判している。

朝日新聞「首相と靖国神社 独りよがりの不毛な参拝」

毎日新聞「安倍首相が靖国参拝 外交孤立招く誤った道」

読売新聞「首相靖国参拝 外交立て直しに全力を挙げよ」

日経新聞「靖国参拝がもたらす無用のあつれき」

産経新聞「首相靖国参拝 国民との約束果たした 平和の維持に必要な行為だ」


《朝日新聞》

まず「英霊とは何の関係もない日」に参拝したと批判。
それなら関係のある日だったら批判しないのかと笑える。
靖国神社参拝は安倍首相の個人の思いに過ぎず、政教分離の原則を示した憲法違反だという。
A級戦犯の合祀と遊就舘は戦後の歴史を正当化するものだとし、中韓の反発と米政府の異例の声明を生んだ外交は「下策である」と批判。
 米軍のオスプレイ配備などいつもは口を極めて米国を批判する朝日新聞が、今回は手の平を返したように米政府の声明を有難がることこそ「異例」だ。
安倍首相の靖国神社参拝を「個人的な思い」と矮小化しているのも許せない。
最後は「新たな追悼施設を」と提案している。

《毎日新聞》

天皇陛下が靖国神社を親拝されなくなったのはA級戦犯が合祀されたからだと主張。
極東裁判、サンフランシスコ条約を否定する「歴史認識」だと批判している。
米国民の世論調査では最も重要な国は中国で日本は2位に転落したと指摘して日米関係を心配。
個人の政治信条を国益より優先し、「靖国を外交問題化し、日本を国際社会で孤立させ、国益を損ないかねない」と批判している。

《読売新聞》

アメリカの「異例な声明」に危惧感を抱き、外交の立て直しに全力をあげよと安倍首相に注文。
一方で・・・

「対日関係を悪化させたのは歴史認識問題を政治・外交に絡める中韓両国の方だ」

と中韓を批判した。
最後は「A級戦犯の合祀が問題」だから「無宗教の国立追悼施設の建立」をせよと提言している。

安倍首相の歴史認識を批判する朝日・毎日は中韓の外交戦略と通底している。
読売新聞の国立追悼施設の提案は頂けない。


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:39  |  靖国神社参拝  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.27 (Fri)


TBS「Nスタ」も安倍首相批判

外交の失敗と言わんばかり
top
反日テレビ局TBS(毎日新聞)も中韓米の3国が安倍首相の靖国神社参拝を批判していると報道。
嬉しくてしょうがないらしい。

TBS「Nスタ」(2013/12/26)
米「失望」と異例の声明
「緊張を悪化させる」


竹内明キャスター
「中国韓国は強く反発。アメリカからは失望したと異例の声明かず出されるなど、外交への影響は計りしれないものがあります」


 北京とソウルから現地特派員が市民の声やテレビ局の報道番組のVTRを流しながら、如何に中国と韓国が憤慨しているかと報道。
ワシンシンからも米政府が失望したと発表したと報道。
ケリー国務長官とヘーゲル国防長官が千鳥ヶ淵戦没者墓苑で献花したのは「靖国参拝」否定だという勝手な憶測を伝えたいた。

緒方記者
「中国韓国が納得するとはとても思えません。『対話のドアは常にオープンだ』と暗に首脳会談が出来ないのは先方の事情だという姿勢を示して来ましたが、むしろ総理自身が対話しにくい環境を作っているのではないかという指摘も出て来そうです」


「出て来そう」と言ったって、まだ出ていない。

何かそういう指摘を期待しているかのような口ぶりには笑える。

緒方
「政府与党内に『失望した』とのアメリカの談話に戸惑いのも見せています。中国や韓国との関係改善が一層難しくなったのは確実で、靖国神社を参拝した事が日本の外交の責任者である総理大臣の判断として正しかったのかどうか、今後一層厳しく問われることになると思います」


アメリカでの安倍首相の記者会見で、関係のない質問をして顰蹙を買ったオガタ記者はまだ健在である(笑)。


FC2バナー2



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:04  |  靖国神社参拝  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |