FC2ブログ

2013.12.26 (Thu)


靖国神社参拝 「ミヤネ屋」も批判

一行
メルケル独首相がヒトラーの墓参りをしたのと同じ? 

 安倍首相の靖国神社参拝をミヤネ屋が批判した。
ドイツの首相がヒトラー墓参りをする例をひいた馬鹿なタレントも居た。
頂いたコメントによればそのタレントのブログは炎上中とか。
大いに反省して勉強するいい機会である。

日本テレビ「ミヤネヤ」(2013/12/26)
安倍首相 靖国神社参拝
中国・韓国の反応は


 靖国神社の本殿に向かう安倍首相に一般の人から大きな声がかかった。

「安倍さん、よく来た! 待ってたぞ安倍さん! 有難う!」

おそらく英霊の声なき声も同じことを言っていただろう。
にもかかわらず、反日テレビメディアは中国と韓国の反応を紹介してネガティブキャンペーン。

イメージ 2館野縮小版

館野晴彦(幻冬舎専務取締役)
「キナ臭い状態になっている。ここで安倍さんが動けばどうなるか百も承知の上でやっているわけだら、秘密保護法案の事も含めてどうなって行くのだろうかなと。英霊を祀る、尊い命を大事にするのは日本国民全部同じだと思うが、歴代の指導者たちはそこを絶妙な間合いでやってきた。先送りと言われるかもしれないけれど、これからどうして行くかという事を考えていたんだけど、ここに来て本当にもうガチンコでちょっと危険も感じる
 

ビビるな館野。幻冬舎の本はもう買わないぞ。

イメージ 123春香縮小版


春香クリスティーン(タレント)
「海外でこの問題とよく較べられるのは、もしもドイツの首相がヒトラーの墓参りをした場合、他の国はどう思うのかと議論される。難しい問題ですよねえ」


デーブ・スペクター
「明らかに挑発的で支持層を喜ばせたい。ところが日本の企業や財界は喜んでないと思う。年末だから行きやすいという所があって、ちょっと欲張っているのは、一方外交に力入れたい反面いろいろイベント、行事やっていながらここも現職の総理なのにどうしても行くという、ちょっとなんかこう無理があるような気がする」


歯切れが悪いぞデーブ。
日本語は堪能なくせに、変な日本語をつかって誤魔化そうとしている。
他のコメンテーターが喋っている間も、どうコメントしようかと迷っている姿がミエミエだった。

イメージ 3春川縮小版


春川正明(読売テレビ解説員)
「安倍さんの強い気持ちは分かるけれど、一方で韓国の世論調査によると、日本が軍事的脅威だと思うという人が60%以上いる。日本人では考えられないが、韓国の人達はそう思っているという事も知っておかなければいけないし、A級戦犯の分祀論とか無宗教の追悼施設を建ててオバマ大統領にも天皇陛下にも来てもらえるような話はこの頃聞けなくなったけど、話し合った方がいい」


韓国の世論調査結果など考える必要は毛頭ない。
A級戦犯は存在しないし、追悼施設など必要ない。


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:22  |  靖国神社参拝  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.26 (Thu)


靖国参拝に反発する反日メディア

行明け
安倍首相の靖国神社参拝を反日メディアはどう報じたか見てみよう。

●TBS「ひるおび」(2013/12/26)

11時20分頃からニュース速報で取り上げ、安倍首相が官邸を出発して靖国神社に到着するまで上空ヘリから
追うという大袈裟な報道をした。
靖国神社は待機する報道関係者や警備の人間で一杯。


恵俊彰(司会)
「それにしても今後の中国や韓国との関係が気になりますね」

龍崎 孝(TBS政治部長)
「これは厳しい状況になると思います。今日中にいろんな反応が出てくると思う」

北京駐在レポーター
「今日は中国の建国の父とも言うべき毛沢東氏の生誕120年目の日にあたり中国各地で関連行事が行われています。(中略)まさにこのタイミングでの安倍総理の靖国参拝は、日中関係が経済や人的交流などの分野で少しずつ改善ムードにあるなか、これに水を差す事になりました。(中略)中国にとって安倍首相の靖国参拝は新しい対立軸が出来たということになりますが、同時に中国側には想定の範囲内と受け取る空気すら見られ、日中関係の最悪の状態が今後も続くことは間違いありません」

「改善ムードにある」? 嘘だろう!

韓国駐在レポーター
「まだ公式見解は出ていませんが、大統領関係者は日韓関係の今後は視界ゼロだと表現しました」

韓国テレビ
「戦犯が合祀された靖国神社参拝が韓日間のたの葛藤の火種になると見られます」

「韓国政府内にも肯定的評価が出るなか水を差す。アメリカも望んでいないだろう」


「肯定的な評価」? 嘘だろう。
アメリカを引き合いに出す汚さ。


八代英輝(弁護士)
「アメリカとの関係で、やはりアメリカはいい顔をしないんでしょうか。普天間の問題が進展したしても。オバマさんと安倍晋三さんとの間に距離を感じますね。そこの部分がキチッと納得が得られるのかなというのが心配」


何もこの問題でアメリカの顔色を窺う事はない。

田崎史郎(時事通信社)
「アメリカは中国と韓国の関係はうまくやってくださいね、刺激しないでくださいと言っているのに、それを今回グサッ!と行った。どういう風にアメリカが反応するか」

龍崎
「確実にアメリカにとっては不快感だと思う」

田崎
「ただ、安倍総理はお話をしていても物凄く深く考えて行動されている。だから安倍さんの頭の中で、日米関係、日中関係、日韓関係、公明党との関係を全部入れた上で決断されたのではないかと思う」

●テレ朝「ワイド!スクランブル」(同上)

古賀茂明(元経産官僚)
「アメリカが中国韓国と事を荒だてるなよとずっと言って来た。それが一番の障害だった。それが、このところ、安倍さんはアメリカに媚を売る政策をどんどん連発している。辺野古への移転、地位協定には手を付けず、ますます強固になってしまった。アメリカ物凄く安心してウハウハだ。集団的自衛権をやるという意思表示をしている。イタリアやドイツは不平等条約をどんどん改定しているのに、日本だけが守ってあげている。恩を売った今ならアメリカは文句を言ってこないだろうという判断だ」

東ちずる画像東ちづる縮小版

東ちづる
「これはこれからの日本の在り方を示すものだ。だからアメリカや中国や韓国の反応がある。だけど私の周りは何故靖国参拝が大事な事か真剣に受け止められていない。私は広島出身なので平和教育を受けて来た。なので、この参拝が単なる慰霊という事ではなくて、それを超えて政治や外交の問題に発展するんだということを分かるような日本でないといけない。政治家を選んだのも総理を選んだのも私たちだ。いま法律がどんどん変わって行こうとしている。なんか分からないけど変わってるみたいという大人があまりにも多い事がいま日本の危機だ。このニュースをきっかけにいま日本がどこに向かおうとしているのかという事を真摯に考えたい。二度と戦争を起こさないためにどうしたらいいんだろうと、地球レベルで考えて行ければなあと思う


「地球レベル」などとバカなことを言っちゃあいけない。

日本が向かおうとしているのは正しい日本の在り方だ。

安倍首相が左に行かないようにその舵取りをしている。

東ちづるはNHKの8月15日の特番によく登場して当ブログの「馬鹿女シリーズ」の常連でもある。
相変わらずお馬鹿さんぶりは変わらない。

テレビ局はこんなお馬鹿さんに政治を語らせるではない。


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:15  |  靖国神社参拝  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.26 (Thu)


靖国神社参拝後 安倍首相が談話

一行中韓に異例の配慮

安倍首相は靖国神社を参拝したあと、次のような談話を発表した。
読んでいく内に涙が出てしまった。
最近、涙腺が緩くなってしまって、いよいよお迎えが近い。

 安倍首相は世界の平和のために責任を果たすといっている。
これこそ「積極的平和主義」の神髄である。
「平和」「平和」と呪文のように唱えるだけで、一向に平和に向けて行動しない一国平和主義の9条信奉者とは違う。

 安倍首相は中国と韓国に対して「その気持ちを傷つけるつもりはまったくない」と異例の配慮を見せた。
言わずもがなではあるが言ったもん勝ちである。
こう言われても安倍首相を批判すれば、中韓はさらに世界の嘲笑を浴びるだろう。
「ドアはいつも開いている」「傷つける気持ちはまったくない」と低姿勢を示すことで中韓を牽制し、対応に苦しむように仕向けている。

 もちろん、安倍首相の戦略というよりも本音であろう。
それだけに中韓は安倍首相を怖れている。

家人は安倍首相は暗殺されるではないかと心配している。
そんな馬鹿な事は起こるはずもないが、安倍首相の葬式を出したいマスメディアが沢山居る。
それだけは心配だ。


産経ニュース(2013/12/26)
首相が靖国参拝、「御英霊に哀悼の誠」「恒久平和の誓い」 安倍首相談話

 本日、靖国神社に参拝し、国のために戦い、尊い命を犠牲にされた御英霊に対して、哀悼の誠を捧げるとともに、尊崇の念を表し、御霊安らかなれとご冥福をお祈りしました。また、戦争で亡くなられ、靖国神社に合祀されない国内、及び諸外国の人々を慰霊する鎮霊社にも、参拝いたしました。

 御英霊に対して手を合わせながら、現在、日本が平和であることのありがたさを噛みしめました。

 今の日本の平和と繁栄は、今を生きる人だけで成り立っているわけではありません。愛する妻や子供たちの幸せを祈り、育ててくれた父や母を思いながら、戦場に倒れたたくさんの方々。その尊い犠牲の上に、私たちの平和と繁栄があります。

 今日は、そのことを改めて思いを致し、心からの敬意と感謝の念を持って、参拝いたしました。

 日本は、二度と戦争を起こしてはならない。私は、過去への痛切な反省の上に立って、そう考えています。戦争犠牲者の方々の御霊を前に、今後とも不戦の誓いを堅持していく決意を、新たにしてまいりました。

 同時に、二度と戦争の惨禍に苦しむことが無い時代をつくらなければならない。アジアの友人、世界の友人と共に、世界全体の平和の実現を考える国でありたいと、誓ってまいりました。

 日本は、戦後68年間にわたり、自由で民主的な国をつくり、ひたすらに平和の道を邁進してきました。今後もこの姿勢を貫くことに一点の曇りもありません。世界の平和と安定、そして繁栄のために、国際協調の下、今後その責任を果たしてまいります。

 靖国神社への参拝については、残念ながら、政治問題、外交問題化している現実があります。

 靖国参拝については、戦犯を崇拝するものだと批判する人がいますが、私が安倍政権の発足した今日この日に参拝したのは、御英霊に、政権一年の歩みと、二度と再び戦争の惨禍に人々が苦しむことの無い時代を創るとの決意を、お伝えするためです。

 中国、韓国の人々の気持ちを傷つけるつもりは、全くありません。靖国神社に参拝した歴代の首相がそうであった様に、人格を尊重し、自由と民主主義を守り、中国、韓国に対して敬意を持って友好関係を築いていきたいと願っています。

 国民の皆さんの御理解を賜りますよう、お願い申し上げます。


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

13:47  |  靖国神社参拝  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.26 (Thu)


安倍首相靖国参拝 韓国紙「韓日関係が行き詰る」と

あき
安倍首相の靖国神社参拝決断に韓国メディアが早速反応した。
「韓日関係さらに行き詰まる」と。
いまさら何か。
朴槿恵政権でもうとっくにどん詰まっている。

 いや韓国メディアは「息詰まる」と言いたかったのかもしれない。
まさしく息が詰まるような思いであったことだろう。

 もうこれで、既成事実は出来てしまった。
いまさら、韓国が四の五の言おうと、首相参拝の既成事実を消すことはできない。
もうこれ以上の内政干渉は無駄である。


産経ニュース(2003/12/26)
首相の靖国参拝 「韓日関係さらに行き詰まる」韓国メディア

【ソウル=名村隆寛】安倍晋三首相の靖国神社参拝について、聯合ニュースなど韓国メディアは26日午前、参拝の約40分前から「本日、靖国神社を参拝」する」と速報で伝えた。
 聯合ニュースは「日本政府の発表」として、安部首相の午前中の参拝を報じるとともに、日本の首相の靖国参拝は小泉純一郎元首相以来7年ぶりであることなども説明。「安倍首相の靖国参拝で韓日、日中の関係がさらに行き詰まることが予想される」と付け加えた。


お蔭さまでランキング3位に急浮上!
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

12:24  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.26 (Thu)


快挙! 安倍首相が靖国神社参拝


靖国神社画像123靖国神社




安倍首相がようやくにして靖国神社参拝に踏み切った。

 一国の首相として祖国のために命を捧げた英霊に尊崇の念を表明するのは当然のこととはいえ、ここまでの道のりは遠く、厳しかった。

 保守派のなかにも安倍首相が靖国神社を参拝しないことを声高に批判する者もいて、同じ保守派としてじっと耐え忍んで安倍首相を応援していた人たちもこれで救われる事であろう。

中国と韓国の反応が見ものである。
朝日新聞、毎日新聞の反応も見ものである。


産経ニュース(2013/12/26)
安倍首相、きょう靖国参拝 政権1年、就任後初 

 安倍晋三首相は政権発足から1年となる26日午前、靖国神社に参拝する。首相による靖国参拝は平成18年8月の小泉純一郎首相以来、7年4カ月ぶり。首相は第1次政権時代に参拝しなかったことについて、かねて「痛恨の極み」と表明しており、再登板後は国際情勢などを慎重に見極めながら参拝のタイミングを探っていた。「英霊に尊崇の念を表するのは当たり前のことだ」と主張し続けた首相が、参拝に反発する内外の圧力をはねのけ、参拝を実行した意義は大きい。

 「痛恨の極みとまで言った以上、その発言は重い。戦略的にも考えている」

 首相は25日夜、周囲にこう語り、靖国参拝の可能性を示唆していた。10月半ばにも周囲に「年内に必ず参拝する」と漏らしていた。
 首相は昨年12月、いったんは就任翌日の27日に靖国に「電撃参拝」することを計画したが、このときは周辺に慎重論が強く、見送った。就任直後でまだ中国、韓国など近隣国や同盟国の米国の反応や出方が見えにくかったこともある。
 だが、その後も中韓は、首相が「対話のドアはいつでも開かれている」と呼び掛けているにもかかわらず、首脳会談に応じようとしていない。それどころか、韓国の朴槿恵大統領は世界各国で対日批判を繰り返し、中国は尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む東シナ海上空に一方的に防空識別圏を設定するなど、一切歩み寄りを見せない。
 また、戦没者をどう慰霊・追悼するかはすぐれて内政問題であり、東アジア地域で波風が立つのを嫌う米国も表立った反対や批判はしにくい。米国とは安全保障面や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)など経済面での関係を強化しており、首相は反発は一定レベルで抑えられると判断したとみられる。


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:17  |  歴史認識  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |