FC2ブログ

2013.12.17 (Tue)


「新防衛計画大綱」くさす海江田代表哀れ

 
 中国は拡大する軍事力で日本を威圧し、北朝鮮は首領が腹心を拷問・虐殺して軍部の発言力が一層強化された。
このような一党独裁国に隣接する日本は当然のことながら防衛力を再検討し、国民の安全を確保しなければならない。
そのために、政府はこのたび創設された国家安全保障会議が中心となって新防衛計画大綱を決定した。

 安倍首相は菅直人政権が策定した22年大綱を今年1月に凍結し、見直しを進めてきた。
国民の負託を受けた安倍首相としては当然の行為であり、国民はそれを当然支援する責務がある。
民主党政権時代に不備な防衛大綱を決定したものの5年足らずの僅か3年で改定しなければならなかった。
安倍首相は日本の安全を保障するとともに国際的な貢献もしたいと抱負を語っている。
これこそ首相のいう「積極的な平和主義」であり、「攻撃的な平和主義」(涌井雅之「TBSサンモニ」12月15日コメント)ではないのである。

産経ニュース(2013/12/17)
中国想定し防衛力強化、離島奪還部隊も創設
初の安保戦略策定、防衛大綱も決定


安倍首相写真写真安倍首相2
                 (酒巻俊介氏撮影)

 政府は17日、外交と安全保障政策の初の包括的指針となる「国家安全保障戦略」と、今後10年程度の防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」を閣議決定した。尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる中国との対立長期化を想定し、日本領域への脅威を排除するための防衛力強化や、離島奪還を担う部隊創設を明記した。武器輸出三原則の見直し方針も打ち出し、従来政策から脱却する姿勢を鮮明にした。
 安倍政権が目指す積極的な安保政策を具体化する内容。安保戦略は、基本理念に自衛隊の海外展開を図る「積極的平和主義」も掲げた。地域課題として、中国の軍事台頭を「国際社会の懸念事項」とけん制。海洋進出や防空識別圏設定に触れ「力による現状変更の試み」として自制を求めた。
 北朝鮮の核・ミサイル開発を「地域の脅威を質的に深刻化させる」とし、韓国との島根県・竹島問題は外交努力での解決を訴えた。
 武器輸出三原則に基づく従来の禁輸政策見直しを主張。国際共同開発への参画を進めるとした。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131217/plc13121711560004-n1.htm

産経ニュース(同上)
背景に膨らむ「中朝脅威」防衛大綱と中期防、わずか3年で改定

 政府は17日午前の国家安全保障会議(NSC)と閣議で、外交・安全保障政策の包括的指針となる国家安全保障戦略を初めて策定し、新たな防衛計画の大綱と来年度から5年間の中期防衛力整備計画(中期防)を決定した。民主党政権が平成22年に決定した大綱と中期防をわずか3年で改定した背景には、中国や北朝鮮の軍拡路線によりアジア太平洋地域の安全保障環境がこの間、急速に悪化したことがある。安倍晋三首相はこれに毅然と対処するには、新たな防衛力の整備が不可欠と判断した。(以下略)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131217/plc13121713080007-n1.htm

ところが、あの民主党の海江田代表が、「民主党が作った3年前に防衛大綱と変わらない」と批判している。
民主党はどこまで恥知らずなのか。

 1強多弱の政界と言われ、与党を牽制する野党の必要性がいま問われている。
しかし、与党の仕事を頭からけなし、自分たちが与党時代にやったことと変わらないと自画自賛する野党は果たして「健全な野党」と言えるのか。
今、問われているのは、議員数の数の問題ではなくて質の問題なのである。
そういった意味で、今の野党は実に不甲斐ない。

 鳩山・菅は言うに及ばず、前エントリーでご紹介した野田佳彦前首相の発言とか、海江田代表の発言とか、実に嘆かわしい。みんなの党を分裂させた江田憲司新党首もしかり。
根拠なく自民党政権を批判する反日メディアもしかりである。

産経ニュース(同上 19:50)
防衛力強化を与党評価 野党は「具体策ない」と批判

 政府が17日に防衛力強化を鮮明にした国家安全保障戦略や新たな防衛大綱を決定したことについて、与党は評価する一方、野党は安倍晋三首相が掲げる「積極的平和主義」が「具体的ではない」(海江田万里民主党代表)などと批判した。
 自民党の石破茂幹事長は記者会見で、安保戦略に武器輸出三原則の見直しなど従来の防衛方針の転換が盛りこまれた点に関し「コストの高い武器の費用分担を図り、相互運用性を重視しなければいけない。抑止力を向上させ、地域の平和と安定に資する」と歓迎した。
 対して海江田氏は会見で「首相は『歴史的文書』と言っていたが、大風呂敷。大綱の内容は(民主党政権下でつくられた)2010年大綱でほとんど触れている」と指摘したうえで「(中国との)相互連絡メカニズムの構築などに触れていない」と非難した。


イザブログが今年一杯で閉鎖されるため、FC2から人気ブログランキングに挑戦します

共感頂けたらクリックよろしく!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:36  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.17 (Tue)


テキサス親父が慰安婦像撤去署名運動

テキサス親父テキサス親父2縮小版

 既に他の多くの有名ブログでは取り上げており、エントリーのタイミングとしては遅きに失したが、あの日本で人気のテキサス親父がアメリカの慰安婦像の撤去運動を日本のためにしてくれている。

テキサス親父テキサス親父縮小版

 今朝の産経新聞が2面でテキサス親父のインタビュー記事を載せている。
請願運動の協力の呼びかけは当ブログでも過去にしたことがあるが、当時と違って最近では10万件とハードルが高くなったとは知らなかった。
来年1月10日までに10万件の署名が必要だというが、まだ今現在約25000人で、後7500人集めなければならない。
https://petitions.whitehouse.gov/petition/remove-offensive-state-glendale-ca-public-park/3zLr8dZh

 韓国では激怒してテキサス親父暗殺の話までまことしやかに伝えられている。


産経新聞(2013/12/17)
米の慰安婦像撤去を ホワイトハウスの請願サイトで 米男性が開始

 米カリフォルニア州グレンデール市に設置された慰安婦を象徴する少女像をめぐり、米国人男性がこのほど米ホワイトハウスのホームぺージ(HP)の請願コーナーでオバマ大統領に像撤去を求める請願活動を始めた。請願が正式に受理されるには、来年1月10日までに10万件の署名が必要だが、16日の時点で集まったのは2万件余り。達成は容易ではない。(田北真樹子)

 「グレンデール市の公園に設置された侮辱的な像の撤去を」と題した請願を始めたのは、米テキサス州在住のトニー・マラーノさん(64)。反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)による調査捕鯨への抗議活動で日本が不当におとしめられていると問題意識を持ったのをきっかけに、動画サイト「ユーチューブ」を使い告発を続けている。「テキサス親(おや)父(じ)」のあだ名で知られる。
 請願コーナーで取り上げられる案件のほとんどは実現していないとされるが、マラーノさんは産経新聞の取材に「慰安婦像が平和よりも憎悪を助長するものだと感じる人にとって、請願が不快感を示す手段になればと思った」と請願活動を始めた動機を説明した。
請願の正式受理に必要な署名はこれまで2万5千件だったが、最近になって10万件に引き上げられた。米国内で複数の都市が慰安婦像の設置を検討しているといわれる中、10万件のハードルを越えられれば、グレンデール市以外の都市に「安易な決断をしないように働きかける事になる」(日本国内のマラーノさんの代理人)と期待する。

 慰安婦像撤去を求める署名サイト(英語)はhttp://goo.gl/mnXO3Y、英語での署名方法が分からない場合は
http://staff.texas-daddy.com/?eid=454   
に解説がある。


イザブログが今年一杯で閉鎖されるため、FC2から人気ブログランキングに挑戦します

共感頂けたらクリックよろしく!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:31  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.17 (Tue)


野田前首相の見苦しい自画自賛


あの野田佳彦前首相がこの一年を振り返って散々だったとに嘆いている。
それだけならまだ可愛いのだが、世の中アベノミクス一色だが、その道筋をつけたのは野田政権だと恩着せがましい事を言っている。
これはまずい。こんな事を言ったら自分を貶めるようなものだ。

 TTPに舵を切ったのも自分の政権だが、今の自民党には交渉力のかけらもない、オバマ政権との信頼関係は今より私の方強かった云々。
負け犬の遠吠え、自画自賛は見苦しい。

 最後は自分は安倍政権の踏み台になった。しかし、自分を踏み台にしてこそ政権交代の意義があると尤もらしいことを言っているが、国民は「無駄な踏み台」だと思っている。

 民主党政権を選んでおきながら国民も無責任なものだが、もう二度と過ちは繰り返しませぬからと誓っている。
だから野田さん、負の遺産としか思えぬ民主党をいつまでも引きずっていないで一刻も早く解体し、出直した方が政治家としてのあなたの力を発揮できる思うのだが。


ブロゴス(2013/12/16)
踏み台 野田佳彦

野田佳彦写真野田佳彦

 2013年もいよいよ暮れを迎えました。民主党は東京都議選に敗れ、参院選にも敗れねじれ国会は解消されました。その結果、先の臨時国会では「特定秘密保護法案」が強行採決されるなど、自民党一強時代を招来してしまいました。民意の結果は真摯に受けとめなければなりませんが、それにしても散々な1年でした。
 ところで、この1年間を振り返って、安倍・自民党政権は何をやったのでしょう。確かに世の中はアベノミクス一色に染まりましたが、それは野田政権が社会保障と税の一体改革を通じ、消費税引き上げに対処し財政面の道筋をつけたからでしょう
 安倍政権が対処した最重要な通商問題はTPPでしたが、その対応に舵をきったのは私の政権でした。交渉力のない民主党政権下のTPP参加には反対すると明言してきた自民党のはずですが、現下の手詰まり感はどのように説明するのでしょう。交渉力のかけらも見えません
 また、民主党政権の初期段階ではギクシャクした日米関係でしたが、私の政権段階では相当に関係修復は進んでいたと自負しています。オバマ大統領との信頼関係は、むしろ今よりも強かったのではないでしょうか
 要するに、野田政権を「踏み台」にして、今の安倍・自民党政権はあるはずです。しかし、その自覚もないし成果も出ていません。誤解なきようにお願いしたいのは、私は踏み台になることを嫌がっているのではありません。むしろ、前政権を踏み台にして現政権がより良い政治を実現することこそ、政権交代の意義だと信じたいのです。
 アベノミクスを通じて、実体経済に好影響が出るか。国益を守りながらTPPは妥結できるのか。日米関係を軸に、困難な国際問題を好転できるのか。来年は重要な年になりそうです。踏んづけられながらも、その帰すうをしっかりとチェックしていく決意です。


共感頂けたらクリックよろしく!
***
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:07  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |