FC2ブログ

2013.12.11 (Wed)


朝日新聞は「愛国心」がお嫌い

個人の心の領域に踏み込むなと

The Huffington Post日本語版は御存知の様にハフポストと朝日新聞の合弁事業で、その内容は朝日新聞の色が濃い。

 今回も与党が国家安全保障政策に「愛国心」を謳うことに反対している。
その理由が「国が個人の心の領域に踏み込むことにつながる」というのだから呆れる。

 この言いざまは、国旗掲揚、国歌斉唱を強いられるは「個人の心の領域に踏み込む」として起立しない左翼教員と同じである。

 政府が「愛国心」というと右傾化だ、戦争が始まると騒ぎ立てて日本の防衛力を弱体化させようとする中国の手先が多い。
戦争を避けるためにはパワーバランスを取ることだというのは国際常識である。
バランスが崩れると戦争が起こるというのは過去の歴史が物語っている。
日本が軍事力を高めれば中国は尖閣諸島に手を出せない。
 
 したがって、防衛予算を倍増し、公明党に遠慮せずに武器輸出三原則を廃止し、中国に備えることが戦争回避の最良の手段なのである。
そのためには時代遅れの憲法を早く改正しなければならない。


The Huffington Post(2013/12/11)
安全保障戦略に「愛国心」明記へ 自公が了承

自民、公明両党は10日、政府の外交・安全保障政策の指針となる国家安全保障戦略(NSS)に、「愛国心」を明記する方針を了承した。国の安全保障政策が、個人の心の領域に踏み込むことにつながり、論議を呼びそうだ。
政府がこの日の与党・安全保障に関するプロジェクトチーム(PT)にNSSの政府案を提示。その中で、国家安全保障を支える社会的基盤を強化する目的として、「国を愛する心を育む」と記した。
これに対し公明党は、2006年の第1次安倍内閣下で成立した改正教育基本法に基づき、「我が国と郷土を愛する態度を養う」とするよう求めた。そのため「愛国心」に関する記述をすることは確認。具体的な表現ぶりについては、今後政府と公明党とで調整したうえで、17日をめどにNSSと防衛大綱を閣議決定することを了承した。(朝日新聞社提供) 


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:03  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |