FC2ブログ

2013.11.26 (Tue)


中国に屈したJALとANA

中国にフライトプラン提出

NHKニュースで台湾に飛行するJALとANAが不当な防空識別圏を設定した中国にフライトプランを提出したと聞いて驚いた。
NHK WEBニュースで確認しようとしたがどこにも見当たらない。

しかし、産経その他のメディアは既に報道していた。

国会での安倍首相の答弁にみるように、政府が不当な中国と戦う姿勢を示しているのに民間企業が腰砕けになってどうする。
乗客の安全を理由としているが、防空識別圏を民間機が飛んでも撃ち落されることは無い。

 しかし、中国のことだ。万一撃ち落されたら中国は国際的な信用をさらに失い、中国を支持する日本国内の左翼は居場所が無くなり、日本は軍拡、核武装への道を急ぐことができる。

・・・というのは極論としても、これでは完全に中国のペースに嵌まり、完敗である。


産経新聞(2013/11/26)
日航・全日空が飛行計画提出 防空識別圏設定の中国に

 中国が尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む東シナ海上空に防空識別圏を設定したことに関し全日本空輸と日本航空は25日、防空識別圏を通過する台湾便などの運航で、中国当局に飛行計画の提出を始めたことを明らかにした。ただ両社とも、これらの便の発着時刻などには変更はないとしている。
 防空識別圏を通るのは主に台湾便や香港便で、天候などによってはバンコク便などの東南アジア路線も含まれる可能性があるという。一方、上海など中国本土への便は従来から飛行計画を中国当局に提出しているため対応に変更はない。全日空は24日、日航は23日から提出を始めている
 国土交通省によると、中国はこの防空識別圏を通過する場合は、中国当局に飛行計画を提出することや、無線で中国側と相互交信できるようにすることなどを各国に求めているという。


このニユースに関しては毎日新聞の方が「外務次官は提出拒否」と踏み込んだ報道をしている。

毎日新聞(2013/11/25)
飛行計画:航空各社、中国に通知 外務次官は提出拒否

 外務省の斎木昭隆事務次官は25日、中国の程永華駐日大使との会談で、中国が設定した防空識別圏を飛行する民間機に飛行計画(フライトプラン)を外務省か航空当局に提出するよう義務づけたことに関し「日本はこれまで通りのルールで運用していく」と述べ、日本政府としては民間の航空会社に提出させない考えを伝えた
 だが、日本航空や全日空など日本の航空各社は25日、識別圏を通過する台北便や香港便などの飛行計画を中国当局に提出したことを明らかにした。「円滑な運航のためには従わざるを得ない」(日航)として、中国側の要請を受け入れた形だ。
 国土交通省航空局は飛行計画の提出について「航空会社に特別な指示は出していない」としており、現時点で運航にも支障は出ていないという。ただ、政府内には「提出すれば中国の発表を追認したことになる。中国の思うツボだ」(政府関係者)との懸念が出ている
 一方、台湾交通部(交通省)は25日、台湾と日本の間などを運航する民間航空機の飛行計画書を中国当局に提出し始めたことを明らかにした。台湾中央通信によると、計画書の提出を始めたのは台湾から日本や欧州などに向かう路線で、1日約100便に上る。台湾の林永楽外交部長(外相)は同日、「(台湾当局は)日米と連絡を取った。平和的方法で地域の平和が維持されるよう望む」と述べた。【松谷譲二、台北・鈴木玲子】


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

17:31  |  -支那  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |